« 宗像市の「CAFFE OFF COURSE」 飲食店不毛地帯に現れた喫茶店 | トップページ | ルアー釣のリール、シマノのアルテグラ3000購入 »

2006.10.20

東京の「日比谷松本楼」 森のレストラン

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Dsc_1173syukusyoumoji  先日上京した折、日比谷公園にある「日比谷松本楼」にカレーを食べに行きました。歴史ある東京のグルメ・レストランのひとつです。

 何がすごいかと言って、明治36年6月の日比谷公園に開園と同時にオープンしたレストランです。当時の人々にとって、松本楼でカレーを食べ、コーヒーを飲むのがハイカラな習慣であったとのことです。もっとも、古さでは明治5年創業のフランス料理店、上野の精養軒にはかなわないのですが。

Img_2121syukusyoumoji  松本楼で有名な逸話が、現社長夫人の祖父である梅屋庄吉氏が中国革命の志士、孫文を援助したことです。孫文の夫人、宋慶齢が弾いたピアノがロビーにおいてあります。

 さて、松本楼の料理ですが、これが意外と高くありません。「都民が気楽に食事できる場所」としてオープン時に、東京都から要請された方針を今でも守っているからです。このため、大体1000円前後のメニューとなっていますので、安心して食事ができます。

Img_2120syukusyoumoji  私が、訪れた時は2階でカレービュッフェが行われており、1300円くらいでバイキング方式で松本楼のカレーを堪能することができました。

 松本楼のカレーは、「ハイカラビーフカレー」と言い変なクセがなく本当に食べやすいカレーです。ビーフの固まりとカレーとご飯が、ちょうどよいバランスを保っています。

Img_2122syukusyoumoji  伝統に裏付けられた万人受けのするカレーと言った按配です。そのことから言えば、逆に刺激の少ないカレーですので、個性的なカレーではないかもしれません。

 ビュッフェ方式でしたので、サラダやデザートもいただきましたが、これらはごく普通の一般的な味でした。

Img_2123syukusyoumoji  日比谷公園の静かな森の中にたたずむレストラン、松本楼で食事を一度してみてはいかがでしょうか。

日比谷松本楼のカレー 
ポークカレー・ビーフカレー・ハヤシビーフ・野菜カレーの
日比谷松本楼カレー詰合せ。 日比谷松本楼で修行した目玉野坂昌之氏焼き専用ドレッシング たまらん 

○ 「日比谷松本楼」

所在地    東京都千代田区日比谷公園1-2
電話      03-3503-1451
Img_2124syukusyoumoji 営業時間 10:00~21:00(20:30 LO)
休み    なし

  By   Jun

スポンサーリンク

 

|

« 宗像市の「CAFFE OFF COURSE」 飲食店不毛地帯に現れた喫茶店 | トップページ | ルアー釣のリール、シマノのアルテグラ3000購入 »

03 グルメ・東京、大阪、福岡県外」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、お早うございます。Junです。
カレーは、うどんなどと同様にB級グルメの王様です。私も、週に一度くらいはカレーを食べます。福岡・博多にも
「湖月」、「ナイル」そして「サムソン」等良く通ったカレー屋さんがありましたが、いずれもなくなってしまいました。ナイルだけは、店は存続していますが、カレーは見る影もなくなってしまいました。
行きつけのカレー屋さん大事にしてください。私は、今ではCoCo一番によく行くようになりました。あまり行きたくはないのですが。

投稿: Jun | 2006.10.29 10:22

ryuです、こんにちは!
ちょっと風格を感じさせるお店ですね!私はカレー大好き人間です。友人と遊びに出たらカレーを注文することが多いです。匂いがそうさせれんです。先日も大阪に出た時、サラリーマン時代に良く通ったカレーショップに立ち寄りました。カツカレーが人気のようでしたが、いつも定番のビーフカレーを注文しました。白菜のピクルスがとっても美味しいお店です。

投稿: Ryu | 2006.10.26 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/12331964

この記事へのトラックバック一覧です: 東京の「日比谷松本楼」 森のレストラン:

« 宗像市の「CAFFE OFF COURSE」 飲食店不毛地帯に現れた喫茶店 | トップページ | ルアー釣のリール、シマノのアルテグラ3000購入 »