« やっとシーバスが釣れました After | トップページ | アクセスが20万件突破のお礼 »

2006.11.29

福岡市東区の能古うどん 古式きり麦の店

 私はどちらかと言えばラーメン派ではなく、うどん派です。もちろん、ラーメンも美味しいと思いますが、味の濃いラーメンよりも薄味のうどんが好みです。

 それとうどんの方がバリエーションが多いと思います。温かいうどんからざるうどん等冷たいもの、それにトッピングと言うか具と言うか、博多であればごぼう天、丸天等バラエティにとんでいます。

Dsc_4603syukusyoumoji  それに何と言っても、博多は一応うどん発祥の地となっています。全国、うどん発祥の地は他にもありますが、博多区の「承天寺」には、「うどん・蕎麦発祥之碑」が立てられております。もっとも、発祥之碑があるから発祥地であるとは断定できないわけで、建てたもんが勝ちと言った様相ではあるようです。

 このような伝統ある博多のうどんですが、「古式切り麦 能古うどん」と名乗るうどんがあります。えらい大層な名前のうどんですが、聖一国師と言う坊さんが宋より、博多にうどんやそばの基となる技術を持ち帰り、謝国明の承天寺で博多の町人に、当時、「切り麦」と呼ばれていた「うどん」や「そば」を振る舞い、世に広めたことに因んだものだそうです。

Dsc_4593syukusyoumoji  この能古うどんは、「切り麦」を現代によみがえらせた物だそうです。なんでも、製麺所が博多湾に浮かぶ能古島(のこのしま)あることから能古うどんと名づけたようです。

 一昔前に、福岡市の天神、フタタの裏にそばの店、「多め勢」と言う店がありました。劇団民藝の宇野重吉氏などが贔屓にしていた店ですが、私はここで「能古うどん」を食べた記憶があります。このことからも、「能古うどん」はどうも「多め勢」と関係があるような気がしています。それにしても、「多め勢」はどうしたんでしょうか。

Dsc_4600syukusyoumoji  福岡市の天神から赤坂に引っ越して、それから室見の方に移転したと聞いていますが、天神にあった頃が懐かしいものです。

 さて、「能古うどん」ですが、長尾と和白にお店があります。私は、和白店に寄ってみました。なかなかきれいな店で、おまけに結構繁盛しているようです。

 席に座って、私はゴボウ天うどんとお握りを注文しました。博多のうどんでゴボウ天うどんはある意味定番といえましょう。大体私は、初めてのうどん屋では「かけうどん」またはゴボウ天うどんを多く頼みます。

Dsc_4595syukusyoumoji やってきたゴボウ天うどんは、かなり変わったスタイルで薄切りの短冊状のゴボウでした。これはこれで面白いうどんです。スメ(だし汁)は、まごうことなく博多のうどんで薄味の大変美味しいものです。

 ただ、うどんは、太くてフニャッとした博多うどんではなく、細身のうどんです。ここのうどんは、乾麺を使用しておりそういった意味では、冷やし麦に近いうどんなのかもしれません。この麺については、好き嫌いが分かれそうですが、私はあまり好みではありません。

 「牧のうどん」を好む人にはちょっと合わないかもしれませんが、上品なうどんを食べたい時には、良い選択の店だと思われます。

つるつるっとした喉越しが格別 能古うどんセット 
能古うどん」は、うどん発祥の地と云われる博多で、「古式切り麦製法」にて製造しています。細くてコシがあり、ツヤツヤとした白い麺に仕上がるのは、この製法と「うどん」の状況に応じた適切な判断かがあるからです。

Nokoudon ○ 「能古うどん 和白店」

所在地:  福岡市東区和白丘1-2-8                                           
電話番号: 092-606-7701
定休日:  年末年始(1/31 14:00~1/2迄)
営業時間: 11:00~22:00 (21:30OS)
駐車場   あり

 By   Jun

スポンサードリンク

|

« やっとシーバスが釣れました After | トップページ | アクセスが20万件突破のお礼 »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

コメント

赤ツバメさん、はじめまして。Junです。
能古うどん、たしかに高めの値段設定ですね。店の造りからして、気楽に立ち寄るうどん屋さんではないようです。
前原の曲がり田の「五島うどん」と言ううどん屋さんは私もはじめて聞いたお店ですが、やはり細めの乾麺なのでしょうかね。
長崎の五島うどんであれば、稲庭うどんや水沢うどん、讃岐うどんとも並び称されるうどんの一つでもあります。
その五島うどんの系統であれば、行ってみる価値があります。
 貴重な情報ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

投稿: Jun | 2007.02.01 22:07

こんばんは、はじめまして。
古賀市の赤ツバメといいます。よろしくお願い致します。
能古うどん、お店の外観が結構インパクト強いですね。
私も1度だけ行ったことがあります。
美味しいんだけどうどんにしては少し値段高めですね。
麺は何となく前原・曲がり田の里の「五島うどん」に
よく似ている感じがしました。

また覗きに来ます。よろしくお願いします。

投稿: 赤ツバメ | 2007.01.31 23:12

Ryuさん、今晩は。Junです。
うどんの発祥の地が福岡とは、一応、発祥之碑を建てているからで、全国には讃岐地方をはじめいくつかの発祥の地があるようです。
うどん店の数や力の入れ方から、讃岐がうどん発祥の地としてもいいのではないのかなと個人的には思っています。
牡蠣鍋美味しそうですね。私の家は、カミさんが苦手なので牡蠣は出てきません。
その分、外で牡蠣フライなどを楽しんでいます。

投稿: Jun | 2006.12.03 20:14

Junさん、今日は!またまたやって来ました。
いつものグルメ情報、楽しく読ませてもらっています。
饂飩の発祥が福岡とは知りませんでした。スライスした牛蒡天をトッピングした能古うどん、旨そうですね!ゴクッ!今日のお昼は昨晩の牡蠣鍋の残ったスープで「味噌煮込み饂飩」をいただきました。意外と牡蠣の出汁が絡んで旨かったです。

投稿: Ryu | 2006.11.29 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/12762120

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市東区の能古うどん 古式きり麦の店:

« やっとシーバスが釣れました After | トップページ | アクセスが20万件突破のお礼 »