« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.30

コミックソングの「スーダラ節」を覚えていますか?

スポンサードリンク


スーダラ節 コミックソングというものがあります。これは、聞き手を笑わせるために作られた歌のことです。

 結構昔から唄われていて、私が記憶しているのでは、古くは植木等の「スーダラ節」があります。1961年(昭和36年)に大ヒットして、「無責任」時代を作り上げた曲です。この作詞家が、先日亡くなった青島幸男氏です。

 植木等は、無責任のイメージが強いのですが、実は、この楽曲の譜面を渡された時に,こんなふざけた曲を歌っていいものかどうか真剣に悩みました。

 そこで浄土真宗の僧侶である父親に相談すると、「“わかっちゃいるけどやめられない”は、親鸞聖人の生き様に通ずる」と諭され、歌うことを決意したそうです。

 ちなみに植木等は本名で、「等」は社会運動家でもある父親が「平等」の字から取ったものと言われています。そう言えば、映画「ニッポン無責任時代」の植木等が主人公である
「平均」(たいらひとし)の役名はこのエピソードから取ったものではないかと思われます。

石橋エータロー クレージーキャッツのギタリストであった彼は、音楽素養にも優れており、声楽も勉強しており、なかなかの名唱であります。

 ところで、この「スーダラ」がどういう意味かと調べてみましたが、よくわかりませんが、あるサイト「親こあらのレトロ館」で 「そこで辞書をひくと、梵語で『スードラ(シュードラ)』と言う単語を見つけました。この意味はインドのバルナ(四種姓)で、最下位の身分を意味するそうです。」との記述がありました。

 つまり、梵語の「スードラ」に由来していると言うのです。この説が正しいかどうかは、情報が無いので分かりませんが、かなり信じられている説でもあるようです。

 それにしても、上のレコードジャケットの中に、ピアノの石橋エータロー氏がいませんが、これは前年の1960年に発病した結核により芸能活動を中断していたためと思われます。1961年に復帰していますが、このレコードの発売は1961年8月であったため間に合わなかったのでしょう。

 なお、これも余談ですが、ザ・スパイダースのかまやつひろし氏が、レコードジャケットの撮影時間に遅刻したため、レコードのジャケットに載らないままレコードを発売したことがあるというエピソードも有名です。曲名は忘れましたが、初期の頃のシングルです。

○ 「スーダラ節」 作曲:萩原哲晶  作詞:青島幸男 歌:植木等(ハナ肇とクレージーキャッツ) 演奏:宮間利之とニューハード・オーケストラ 発売:1961年

 今年は、この記事で最後になります。皆さん、良いお年を! 来年もよろしくお願いします。

 By  Jun

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.26

スモールボート用のドーリーを自作しました。

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Legacyandboatsyukusyoumo  先日、カートップ・ボートを容易に車のルーフ・キャリアに載せるためのスライドを自作しました。これで、ボートをより簡単に車で目的地まで運ぶことが可能となりましたが、問題はそれからです。

 つまり、ボートを下ろす海に行っても、車と海までの距離が問題なのです。車を停める場所からボートを浮かべる海の間には、普通砂浜等があります。波止場の岸壁から下ろせれば、車と海の間は最も近いのですが、海面まで1m以上もありますので、クレーンがなければ不可能です。このためのボート用にヒッチ・クレーン>というものもあります。

Dsc_4805syukusyoumojiDsc_4803syukusyoumoji  砂浜にしても、ヤマハのメーカー名「つりっこ太郎」、タイガー号(11フィート)の重量は、60Kgではなくて、インターネットで調べると90kgもあり、二人で抱え上げて運んでも10mも行くとヘトヘトになります。それで、レガシィが砂浜に乗り入れることができれば、ロープで引っ張りますが、車が入ることができない場所も多々あります。

 そこで、出番となるのがボート移動用の「ドーリー」です。これは、ボートの下に置く台車が原型です。ところが、最近はボートの下にかませる台車ではなく、ボートの後部(トランサム)に取り付ける跳ね上げ式ドーリーが流行しています。

 砂浜を転がすときは、下に車輪を下げておき、海に浮かんでいるときは跳ね上げて水の抵抗にならないようにするまことに便利なものです。

 自作している人もいますが、市販を買うとなると3万円以上もします。自作するとなると、金属加工の必要もありますし、ハル(艇体)に穴も開けなければなりません。

Dsc_4824syukusyoumojiDsc_4809syukusyoumoji そこで、なんとか金属加工もなしにハルに穴を開けずにできる方法はないかと考えてみました。考えついたのが、おなじみ2×4材とクランプ(万力)を組み合わせたドーリーです。この方式は、インターネットでも見かけませんのであまり作っている方はいないと思います。

 2×4材でドーリーを組み上げ、ボートへの装着をクランプで行うという方式です。これだとボートに一切穴を開ける必要もないし、金属加工も全く必要ありません。作成費用も確実に1万円以下ですみます。

Dsc_4829syukusyoumojiDsc_4827syukusyoumoji 主な材料は、車輪として一輪車用の車輪2個、2×4材の4インチと8インチの部材、車輪の軸受け用としてシンプソン金具8個、ボートへの装着用としてC字クランプ2個です。

 具体的な構造や作り方は、写真を見ていただくとわかるかと思いますが、1日もあればできてしまいます。ここで、重要ポイントは、軸受け用に使用したシンプソン金具です。これは、2×4材でウッドデッキ等を作るときに使用する接続金具です。軸受け用に使用した金具の名称は不明ですが、この金具の穴が一輪車用の車輪の軸に加工無しでドンピシャです。

Dsc_4832syukusyoumojiDsc_4830syukusyoumoji ただし、金具の厚みが薄いため、強度を増すため2枚重ねとしています。そのため8枚となっています。シンプソン金具は、ホームセンターに置いていると思います。

 自作ドーリーは完成し、タイガー号に装着してみたところなかなか具合がよさそうです。非力そうなクランプ2個で固定していますが、意外としっかりしていて思ったよりは大丈夫です。もう少し、座金の大きい方がいいのですが、ホームセンターにはこれしかありませんでした。

 ただ、タイヤの位置がトランサム(船尾)より後方にあるため、艇全体の重心が船首よりになり、船首を持ち上げるのに結構力が要ります。そのため、船首付近にハンドルを付けて、持ち易いようにする課題が発生しています。

 未だ、実際の砂浜等で使用していませんので、これらの問題以外にも新たなトラブルが発生するかもしれませんが今からボートを海に持って行くのが楽しみとなりました。

 なお、自作は大変だと思われるかもいらっしゃるかと思いますので、市販品も紹介しておきます。


自作のボートランチャーもいいのですが、自作が面倒だという方には既成品のボートランチャーもあります。軽くて耐久性はこちらの方がありますが、値段は自作よりは高いです。
ボートランチャーの各社製品


ボートランチャーは、ボートの出し入れでボートの下に入れて運びますが、ドーリーは、ボートの船尾に取り付けます。
ボートドーリーの各社製品




スポンサードリンク


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.23

福岡市西区の「寿司割烹 達揮」 ヨット仲間の忘年会は、びっくりするほど大きな「どんたく巻き」が名物

Img_2416syukusyoumoji Img_2418syukusyoumoji  先日の週末、福岡市立ヨットハーバー管理事務所の主催による「安全講習会」がありました。案内の文書によると、安全なマリンレジャーの推進を目的として、海上保安庁の協力により開催するものとしてあります。

 各艇より1名以上の参加をお願いしますとありましたが、私たちのヨットは5名全員参加申し込みをしました。というのも、これを機会に忘年会をしようという目論見でした。

Dsc_4816syukusyoumoji Dsc_4811syukusyoumoji  当日の午前中は、ミゾレまじりで寒い上に北風が吹き荒れると言う悪天候でした。それにもかかわらず安全講習会は盛況で講習のある会議室はほとんど満員となりました。

 海上保安庁からの少し頼りない講習と管理事務所からの駐車場の有料化の説明がありました。ヨットハーバーに隣接している駐車場は、現在無料なのですが、有料化を福岡市役所の方で検討しているとの事。このことについては、当然ですが否定的な意見やヨット係留者には便宜を図ってほしいとの意見が多数出ました。

Dsc_4820syukusyoumojiImg_2404syukusyoumoji  有料化については、世の中の流れかもしれませんが20年以上も既得権化したような話ですからなかなか調整が難しいようです。

 12時過ぎには、講習が終わったので、それから忘年会に行くことにしました。場所は、姪浜の旧電車通り沿いの「寿司割烹 達揮」です。私にとっても初めての店です。

Img_2407syukusyoumoji Img_2408syukusyoumoji  駐車場がありますが、店からかなり離れていて店を見つけることができず少し戸惑いました。

 達揮は、以前は別のところにあったようですが、道路の拡幅に伴い新店舗となったようです。そのため、店は新しくきれいで明るくなっています。

Img_2410syukusyoumoji Img_2412syukusyoumoji  メニューが来ましたので、コース料理にするか一品料理にするか迷うところですが、今回は一品料理をとることにして、まず刺身の盛り合わせ。マグロのトロ、ウニ、海老そしてヒラメ等々豪華な刺身の数々。大変満足な一品。

 次が、達揮名物のどんたく巻き。女将のあれも・これもという欲張りな発想から、タイ・ハマチ・カンパチ・イカ・エビ・マグロ・サーモン・卵・きゅうり・カイワレ・シソ・すりゴマの12種類の具が豪快に巻かれたのり巻きの親分。

Img_2413syukusyoumoji  このどんたく巻きは、テレビのグルメ番組でも度々紹介される看板料理です。私たちのメンバーの一人は、お土産用に買っていました。大きすぎると思う方には、小さいのもあります。

 「ばってら」も注文しましたが、肉厚の大変美味しい「ばってら」でした。「ばってら」は、達揮のオリジナル寿司と店のホームページに出ていましたが、どんたく巻きはオリジナルだと思いますが、「ばってら」はどこがオリジナルかちょっと解せません。

 あと、「てんぷら」、「あんこうのテリーヌ?」、「鯛の酒蒸し」、「牡蠣フライ」そして「かき揚げ」と続いてお腹一杯となりました。

福岡・博多の寿司を色々 
博多の老舗料亭 てら岡 鯖寿司博多押し・あなご寿司博多押し、やまと寿司のちり酢など

Tatuki ○ 「寿司割烹 達揮」

所在地   福岡市西区姪の浜1丁目13-28
電話    092-881-1223
営業時間 11:00~22:00  (出前21:30まで/日・祭日出前20:30まで)
定休日   元旦のみ
席数     テーブル席/12名 カウンター席/10名 2F 座敷/40名 洋間/12名 個室/6名
駐車場   あり 店から少し離れています。

By  Jun

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.20

福岡市中央区の「なかむら」 ジャズともつ鍋

スポンサードリンク


Dvc00100syukusyoumojiDvc00098syukusyoumoji  福岡・博多にはもつ鍋と言うものがあります。

 浅手の鍋にだし汁を入れて、通常は醤油ベースですが、それと「もつ」(ホルモンのようなもの)、ニラ、キャベツ、ニンニク、唐辛子等を入れて煮て、頃合になったら食べるものです。仕上げには、豆腐、チャンポン麺を入れます。

 このもつ鍋は、1992年突如、東京を中心に全国的なブームとなりました。このブームは比較的早く収まりましたが、今、再びもつ鍋の第二次ブームらしきものが始まっていると言われています。

 さて、「なかむら」です。この店は、ずいぶん昔から営業されており、もちろんこのあいだのブームよりもずっと前に開店していました。私たちのヨット仲間もずいぶん利用していました。

Dvc00102syukusyoumojiDvc00103syukusyoumoji  1992年の東京のブームもこの「なかむら」が発信源となっていました。

 「なかむら」の近くに、以前はジャズスポットのニューコンボがあり、ここに出演していたジャズメン、渡辺貞夫、山下大輔、本田竹廣氏などのそうそうたるメンバーが通ってきておりました。

 博多にうまいもつ鍋屋があると東京のジャズミュージシャン内で「なかむら」が評判となり、それを聞きつけたあるジャズライブハウスのオーナーが銀座に初めてもつ鍋屋を開いたのが1992年のブームの始まりだったそうです。このような経緯がある「なかむら」は、1992年のブームの時にあの「文藝春秋」にも紹介されました。

 博多には、もつ鍋の店としてブーム前から有名だったのは「月川」、「万十屋」、「深川」そして「みすみ」等だったと思います。記憶が薄れていますので店名は微妙に間違っているかもしれません。

Dvc00106syukusyoumoji  私たちも、これら有名店も食べ歩きしたのですが、結局一番うまいのは「なかむら」と言う結論に達し、もう20年以上も通っています。

 先日、ヨット仲間を中心とした集まりがあり、ひさしぶりに「なかむら」に出かけてきました。ヨット仲間の一人、Capt. Senohさんのホームページの「美食情報」には、「なかむら」の詳しい紹介記事がありますので、参考にしてください。

 ここはもつ鍋しかメニューにありませんから、座るともつ鍋を一鍋4人前から5人前くらい注文します。もつ鍋が出てくる間、小皿の「酢もつ」が供されますが、この「酢もつ」がこれまた絶品です。

 鍋が運ばれてくると、ガスに火を点けて煮込みますが、鷹の爪(唐辛子)を好みの分量鍋に加えます。やがて野菜やもつがちょうどいい具合に煮えてきますので戦闘開始!!

Dvc00112syukusyoumoji 一鍋などあっという間になくなりますので、また、4人前以上の鍋を追加注文します。この時、今まで食べていた鍋に追加されますので、だし汁はそのまま利用します。これが、博多のもつ鍋の伝統で、追加の鍋を重ねることにより味はだんだん深みを増してきます。

 私たちの場合、最低3回くらいの鍋を追加します。絶対に最初の1鍋で終わることはありません。

 大体もつ鍋が終わる頃、ここ「なかむら」では、私たちは豆腐を注文します。残っただし汁にさらに新しいだし汁と鷹の爪を投入して、豆腐に端で穴を開けて吸収しやすくして煮込みます。

Dvc00115syukusyoumoji そして最後の最後の仕上げがチャンポン麺となります。だし汁を追加してチャンポン麺を煮込みます。この頃は、お腹はパンパンとなっていますが、不思議にこのチャンポン麺をペロッと食べ上げてしまいます。

 こうしてジャズのBGMとともに仲間との博多の楽しい夜は更けてゆくのです。

  なお、今回の写真は全て携帯電話の画像ですので不鮮明の段ご了承ください。

美味しいもつ鍋 人気順リスト 
下関海響のマルチョウ鍋!(もつ鍋)、
『黄金屋特製もつ鍋』手間いらずセット みそ風味、楽天ランキング72週1位獲得!TV・雑誌で話題の若杉博多牛もつ鍋2~3人前セットなど

○ 「なかむら」

Nkamura 所在地   福岡市中央区春吉3-12-16
電話    092-714-6712
営業時間 18:00~22:00
休み    日・祝
駐車場  なし

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.12.17

宗像市の「チャオ」 スパゲティ生麺の店 

スポンサードリンク


 Img_2260syukusyoumoji  釣川の東郷橋付近を赤間に向かって車を走らせると、すぐ左手にログハウスが見えてきます。そこが、「生麺の店 チャオ」です。ずいぶん昔からあるイタリアンレストランです。

 店の前の駐車場に停めて、店内に入るとさすがログハウスで天井が高くて開放感があります。私は、ログハウスが大好きなのですが、チャオから少し北九州の方に行ったところ、稲本の城西けや木通りには、ログハウスのステーキレストラン「ハイポー」があります。

Img_2251syukusyoumoji  しかし「チャオ」は、ログハウスと言っても、いわゆる「ポスト&ビーム」の亜流といった造りで「ハイポー」の「ハンドカット」ログハウスの造りとは異なるものです。

 席に座って、注文したのはナスの入ったトマトソースのスパゲティでした。スパゲティが運ばれてくる間、店内に置いてあるイタリア料理の本などを読んだりしました。私は、本が好きで、こういう本が置いてあるのは非常に助かります。店によっては、置いてありませんが、それはそれでお店のポリシーもあるでしょうからかまわないのですが、注文して時間がかかる店では私は退屈してしまうのです。

Img_2254syukusyoumoji  運ばれてきたスパゲティは、トマトソースの大変美味しいものでしたが、私はここの生麺のスパゲティは好みではありません。乾麺と生麺は、根本的に違うもので、その味わいもそれぞれの持ち味があり、どちらがどうとは言えません。あくまで、好みの問題でしょう。

 ここの生麺は、どちらかと言えば太目の麺で、これがちょっと私には合いません。もちろん、うどんと一緒で、太目がすきか細目が好きかは好みの問題ですので美味しくないと言う意味ではありません。この太目がいいという方はたくさんいらっしゃると思います。

Img_2253syukusyoumoji  宗像の数少ないイタリアンで貴重な店の一つではありますが、「ピアット」、「上々屋」など本格的なイタリアンの店もだんだん増えてきており、今一層の奮起が望まれるところでしょう。

 なお、お店の敷地内に岩盤浴のお店が併設してありますが、これは私が思うにはマイナスに作用するのではないかと思います。「二兎を追うもの一兎を得ず」の格言が思い出されてなりません。

トスカニー@伊ワイン&グルメ食材

Chao

全国の生パスタのリスト 
自家製生パスタセット(2食入り)・明太子ソース、シェフ御用達!もっちもちのフレッシュパスタ

イタリア料理のお得な情報はこちら

○ 「スパゲティの店チャオ」

所在地   福岡県宗像市稲元315-1
電話    0940-35-5030
営業時間 11:30~22:00(オーダーストップ21:30)
店休日   月曜日

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.14

リベンジ! カートップ・ボートのルーフ昇降を楽にするスライドの自作

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日、カートップ・ボート(車の屋根に載せて運ぶボート)の屋根への積み下ろしを楽にしてくれる「スライド」を自作しましたが、ボートの横幅を測らなかったので、載せることができませんでした。

 今度の週末で、リベンジを図るべく作り直しました。まず、一番の問題は、「スライド」本体よりも、「スライド」を載せる台となるルーフ・キャリアの幅でした。

Dsc_4781sukusyoumoji レガシィを購入した時に、ルーフキャリアも新調したのですが、幅がマイボートの「つりっこ太郎」の130cmよりも相当狭かったのです。

 どうしたものかと思っていましたら、ボートに一緒に乗って釣しているO君が、以前ボートを積んでいたキャリアの鉄のバーを持っているとの事。これが、同じメーカーの「TERZO」でピッタンコ。早速、交換して一件落着。

Dsc_4783syukusyoumpoji  あとは、木製「スライド」のボートを立てかけてスライドさせる横バーを幅広いものに交換するだけで、これもまた30分もかからず工作終了。

 釣仲間のN君に手伝ってもらうことにして、ボート積み込みの実験に出かけました。ボートは、砂浜にありますが、こんな時四駆のレガシィの本領が発揮されます。普通の車だったらとても入り込めないソフトサンドの砂浜でもグイグイ。頼もしい限りです。

Dsc_4785syukusyoumoji  ボートをルーフに積み上げるためには、まず、ボートをひっくり返して車の後部に持ってきます。そして、ボートの舳先を「スライド」の先端の横バーに立てかけます。

 そのまま横バーにスライドさせながら、ボートを押し上げていきます。今までは、セーノで一気に車の横からルーフに載せ上げていましたが、このスライドを使用するとボートの荷重はスライドの横バーが受け持ってくれますし、途中で休むこともできます。

Dsc_4788syukusyoumoji  初めての積載だったので、ボートの縁の金具などが引っかかったりして、少し戸惑いましたが、労力のかかり方が大変少なくなるのを実感しました。

 ボートをルーフ・キャリアに無事載せ終えると、ロープで縛って固定します。このまま、自宅までボートを持ち帰ってきましたが、車のスピードを50kmにあげても何の不安もありませんでした。

Dsc_4789syukusyoumoji  これで、カートップ・ボートが一層楽しめることになりました。ところで、カートップ・ボートは便利なのですが、この重量ゆえに海に運び込むことが大変なのです。

 ひとつには、長い海岸線を持つ福岡なのですが、意外とボートを海に降ろせるところがないのです。道路から波打ち際まで平坦なところしかボートは降ろせないのですが、コンクリの護岸や柵その他もろもろで駄目なのです。

Dsc_4792syukusyoumoji  たまにボートが降ろせるところがあると、そんな場所には水上バイクも降ろせるので、水上バイクが走り回ることになります。大部分の水上バイクは、マナーよく楽しんでいるのでしょうが、一部の水上バイクが顰蹙をかうような走り方、騒ぎ方をして、その結果、その場所はシャットアウトされてしまうのです。宗像にもそんな海岸があります。

 海は、みんなの資産です。できるだけ人に迷惑をかけないで楽しんでいただきたいものです。

 なお、重いボートを簡単にのせることができる市販のオーバースライダーを参考までに紹介しておきます。


FRPボート、アルミボートのカートップへの積み降ろしが一人でできるオーバースライダーです。なお、専用アタッチメントが必要となるようですので、ご確認ください。
カートップキャリアファクトリーゼロ オーバースライダー 基本ベース



オーバースライダー用のFRP、アルミボート用のアタッチメントです。
オーバースライダー用アルミ&FRPボートアタッチメント



スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.11

「DALLYOU ダロワイヨ」 銀座にパリの老舗が

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Img_2400syukusyoumojiImg_2395syukusyoumoji  東京・銀座で夕食を「つばめグリル」でとった後、JR有楽町駅まで銀ブラと洒落込むことにしました。 

 「昔恋しい銀座の柳」と名歌、東京行進曲で歌われた柳並木は、もう銀座大通には見られませんが、少し入った路地には所々残っているところもありなかなかの風情でありました。

 少し歩いていくと、小さなパン屋さんが目に留まりました。銀座大通に面した店ですから有店だろうと思ってよく見ると、これがフランスのグルメな老舗「ダロワイヨ」でした。

Img_2397syukusyoumoji_1Img_2401syukusyuoumoji 「ダロワイヨ」は、1802年に創業された店で、パンのみならずチョコレート、ケーキそしてパン等とパリでも有名な老舗です。特に、マカロンの評判やケーキの種類のひとつである「オペラ」を創り出すなどスイーツ好きにも見逃せないお店のひとつでもあります。なお、日本のダロワイヨの店は、あの不二家が100%出資している会社です。

Dsc_4608syukusyoumoji  マカロンといえば、私の大好きな映画のひとつ「フォローミー」(英語タイトル The Public Eye)のトポル(映画 屋根の上のバイオリン弾きのテビエ役)扮する探偵がいつも食べていた、そして自分でも作っていたのがこのマカロンでした。私がマカロンという食べ物をはじめて知った映画でもあります。

 この映画は、第三の男を撮った名監督、キャロル・リードの作品で名作だと思うのですが、日本ではビデオもDVD化もされていません。この辺が日本のビデオ産業の限界なのかなと思うことしきりです。

Dsc_4607syukusyoumoji  ちょっとわき道にそれましたが、「ダロワイヨ」ではパンは店の奥のほうにあります。このインテリア配置は、パリ本店と同じだそうです。

 私は、イギリスパン、クロワッサンそしてくるみパンの3種類買いました。これで1000円近くしましたから、やはり結構高い値段です。

Dsc_4613syukusyoumoji 家で、朝食にこれらのパンを食べましたが、イギリスパンは大変美味しかったのですが、クロワッサン、くるみパンは期待したほどでもありませんでした。もちろん、福岡の平均的なパン屋さんよりは美味しかったのですが、パリの老舗のパンと言う期待の方が大きすぎたようです。

 なお、福岡三越では、季節的にダロワイヨのマカロンを取り扱った形跡がありますので、少し調べられたら、このマカロンが手に入るかもしれません。少し不確かな情報で申し訳ないのですが。

ダロワイヨ、1802年創業のパリの名店のスィーツたち 
マカロン12個詰、パンドミー エクセル3斤、ショコラノワゼット(チョコレートケーキ)など

全国スィーツ店のマカロン 人気順 
ふたば茶亭のマカロン、ル・コアンデザミのマカロン、エコール・クリオロのマカロンなど

Dallyou ○ ダロワイヨ銀座店

所在地  東京都中央区銀座2-6-16 銀二ビル1F
電話    03-3567-1930
営業時間 10:00~22:00、日祝~21:00
休み    なし

スポンサードリンク

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006.12.08

カートップ・ボートの積載用スライドを自作しようと・・・

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Slide 私と釣り友達で小さなフィッシング・ボートを持っています。ヤマハの「釣っこ太郎」と言うFRP製の12フィートくらいで、エンジンはヤマハの8馬力船外機を付けています。

 10年以上も前に購入しましたが、宗像沖の玄界灘でアジ、キス、アラカブ釣で大変活躍してきたボートです。

 毎年、夏にはキス釣をしていましたが、今年は一回もキス釣に出かけませんでした。その理由は、波止場のイカ釣りや河川等のシーバス釣りをしていたこともありましたが、もっと大きな理由は、寄る年波にはかてず、重いボートを引っ張り出すのが億劫になったのかもしれません。

 12フィートくらいですから手漕ぎボートのようなものですが、結構重量があり60Kg以上もあります。こんな重いボートを車のルーフに載せたり、降ろしたりするだけで一仕事で、このためボートから遠ざかっていたのです。

 今月、ボート免許の更新が近づいてきたので、これを機会にボートの上げ下ろしに便利な「スライド」を自作することにしました。

Dsc_4759syukusyoumoji  「スライド」とは、一番上の写真にあるように、車の後部からルーフのキャリアにボートを 載せるためのものです。つまり、キャリアから突き出したバーにボートを立てかけて、そのままボートをバー上をスライドさせながら載せ込むものです。

 今までは、60kgのボートを二人で、セーノで抱え上げていましたが、スライドだと荷重はスライドのバーに掛けたまま押し込めばいいだけですから楽にルーフの上のキャリアにボートを載せることができます。

Dsc_4762syukusyoumoji このスライドは、市販されていますが、価格は2万円くらいします。これを、ホームセンターの2×4材で自作すると3000円もあればできてしまいます。

 2m40cmのツーバイフォー材が3本で1500円、ネジや金具で1500円くらいで、合計3000円くらい。

Dsc_4766syukusyoumoji この材木を適当に切断、ルーフのキャリアに合うよう組み合わせます。ものの1時間くらいでできてしまいます。これをキャリアにロープで縛り付けて出来上がり。

 早速、友人と二人でボートを積む実験に出かけました。どっこいしょとボートをスライドのバーに立てかけようとしましたら、私の方がバーにかからないのでボートを向こうに押し込むと友人の方も押し返してきます。何故かなと思ったらバーが船体の幅より短かったのです。

Dsc_4768syukusyoumoji ボートの幅を計らずにいい加減に作ったらスライドのバーが短いことに気が付く始末。我ながら情けなくなりましたが、暇ができた週末に作り直すということで撤収しました。

 By  Jun

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.04

「つばめグリル」 銀座のハンブルグステーキ

Img_2391syukusyoumoji  先日東京に行った折、ランチで「銀座 芝蘭」を紹介しましたが、同じ日の夕食はこれまた銀座でとりました。

 用事が終わって、羽田発福岡行きの飛行機出発が、夜7時過ぎ。新宿や上野などに行くにはあまり時間がないので、銀座で夕食となったのです。

Img_2375syukusyoumoji  グルメな「銀の塔」のシチューや「煉瓦亭」のカツレツでも良いのですが、一度も行った事がないところで食べてみようかと考えたら、「ホテル西洋銀座」の近くに「つばめグリル」があるのを思い出しました。

 確か、この店は、婦人雑誌の「婦人画報」か「家庭画報」に載っていたものです。余談ですが、これらの婦人雑誌は、とにかく写真が良いのでよく私は読んでいます。風景や料理、インテリア等の写真は並みの雑誌や週刊誌の比ではありません。そうしたことから買うことはありませんが、本屋で立ち読みしたり、図書館で借りたりしています。

Img_2373syukusyoumoji  さて、「つばめグリル」ですが、銀座1丁目、ホテル西洋銀座のすぐ近くにあります。ランチが銀座7丁目の「銀座 芝蘭」でしたから、銀座の東の端と西の端で食事をしたことになります。

 店内は、新しくもなく少し古びた感じで大変よい雰囲気です。銀座ですから、客筋も大変上品な感じで、少しおめかしをしてファミリーで食事には絶好です。

Img_2379syukusyoumoji  大変歴史のあるレストランで創業は1930年。新橋駅構内の旅行案内所に併設された洋食レストランでした。この新橋駅に停車していた特急「つばめ」が停車を廃止されたところこれを惜しんで「つばめグリル」と名づけられたそうです。 

ここの定番料理は「ハンブルグステーキ」で、いわゆるハンバーグです。ハンバーグステーキも何種類かありますが、看板メニューは、「つばめ風ハンブルグステーキ」ですので、私もそれを注文しました。

Img_2384syukusyoumoji  これは、ハンバーグがアルミホイルで包まれています。このアルミホイルを外すのが一苦労です。鉄板は熱いし、アルミホイルも熱いしでどうやってアルミホイルを開けてハンバーグをつつき出すか悩まされました。

 フォークでつついたりして何とかハンバーグが出てきたので、一口食べてみるとこれが絶品の旨さ!久しぶりに美味しいハンバーグを食べました。ハンバーグ自体も柔らかく、味付けもGOODです。味の表現は難しいのですが、これならリピータになりそうです。

 付け合せの大きなジャガイモは普通の味ですが、ハンバーグだけでも大満足のおすすめのお店です。

東京の有名ハンバーグ・リスト 
浅草・今半の黒毛和牛ハンバーグ、銀座ローマイヤ・レストランの洋食ハンバーグセット、日本橋たいめいけんのシチュードハンバーグなど

Tubameguriru ○ 「つばめグリル 銀座通り本店」

所在地   東京都中央区銀座1-8-20
電話    03-3561-3788
営業時間 11:30~23:00(ラストオーダー 22:15)
定休日   なし(年末年始のみ)

スポンサードリンク

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.12.01

アクセスが20万件突破のお礼

 このブログのカウンター数が、本日20万件を超えました。あらためて、閲覧してくださっている多くの方々へ心からお礼申し上げます。 

20004年9月9日にこのブログをはじめました。きっかけは、雑誌「特選街」の記事にブログが紹介されていたのを見たからです。

 当然、始めた直後は訪れてくれる人はほとんどいませんでした。1日のカウンター数が7件くらいでした。その内、自分で見た回数が4回くらいもありましたから、実質他の人が見た件数は3件くらいの日もありました。

 その内、10件、20件とヒット数が上がってきました。記事は毎日書いていましたので、少しづつヒット数が伸びてきたのです。

小春パパさんのホームページに私のブログを紹介してくれた時、そこから来ていただいた方々のヒット数で1日100件を超えました。

 ブログを続けていく過程で、この1日100件を超えた時が一番嬉しかったような気がします。

 その後は、2005年3月 6日 10、000件
        2005年8月23日 50、000件
        2006年1月29日 100,000件
        2006年7月21日 150,000件

 とヒット件数を記録していきました。

 なお、カウンターに示されている件数は、各記事のヒット件数であり、訪問者の数ではありません。大雑把に言って、ヒット件数の3分の1強くらいが訪問者の数になります。それにしても、大変大勢の方がこのブログをのぞいていただいた事になります。

 このブログは、私のライフスタイルの記録と同じ趣味を持つ方々との交流・情報交換を目的としていますが、初期の毎日記事掲載から、二日に一度、そして最近は、忙しいこともあって数日に一度と記事掲載の間隔が伸びがちになっています。

 その分、情報量の多い記事になるよう努力していますので、今後ともよろしくお願いします。

 By  Jun 

スポンサードリンク

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »