« シャンソン歌手、シャルル・アズナブールと笑福亭鶴光師匠との接点 | トップページ | 宗像市の「玄海食堂 温や」のたこカレー »

2007.01.22

東筑軒の折尾名物かしわめし弁当、最大の謎

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


今回は、北九州市折尾の名物弁当、東筑軒のかしわめしです。

 旅行に出かけた時、特に鉄道の旅の場合は駅弁が大きな楽しみの一つです。元来は、列車内の食堂車があったのですが、現在ではほとんど廃止されていて、夜行列車の「北斗星」、「カシオペア」そして「トワイライトエクスプレス」くらいしかありません。

 東京からの寝台車には、食堂車が連結していて、私は食事をしながら窓の景色を眺めるのが大変好きでした。カレーくらいしか食べませんでしたが、日本食堂だけでなく帝国ホテルなども食堂車に入っておりました。

Dsc_4985syukusyoumoji  食堂車の人員確保、列車のスピードアップによる食事時間が少なくなったこと、コンビニ弁当の普及等々様々な理由により食堂車は廃止されたのですが、駅弁の陶器製のお茶入れ同様、旅の情趣がなくなってしまいました。

 これとは反対に、駅弁は頑張っています。食堂車の非常に制限されたメニュー構成とは異なり、地域で特色ある駅弁が百花繚乱のごとく咲き乱れております。

 ここ宗像で唯一入手できる駅弁が、東筑軒の「折尾名物 かしわめし弁当」です。かしわめしとは、九州北部の郷土料理だと思いますが、鶏の出し汁で炊き込んだご飯のことで、このご飯の上に鶏肉のそぼろ、錦糸卵、海苔を載せたものがかしわ飯弁当になります。

Dsc_4989syukusyoumoji  ちなみに我が家でも、鶏の炊き込みご飯である「かしわ飯」は、時々作ってくれますが、大変美味しいものです。また、福岡のうどん屋さんでは、かしわ飯のおにぎりをうどんと一緒に食べることも多く、ゴボ天(ゴボウの天ぷら)うどんにかしわのおにぎりは、博多のうどん屋の定番と言えるものです。

 折尾の東筑軒だけでなく、このかしわ飯弁当のスタイルは、九州の主な駅でも販売されておりますが、佐賀の鳥栖駅、中央軒のかしわめし弁当とこの折尾の東筑軒の弁当が2大巨頭ではないかと私は思っています。

Dsc_4984syukusyoumoji_1  さて、この東筑軒のかしわめし弁当は、折尾駅の売り子さんから購入するのが一番なのですが、宗像でも、赤間駅、東郷駅そして福間駅の売店でも買うことが出来ます。福岡市内では、博多井筒屋、博多大丸の二つのデパートでも売っているようです。

 私は、ホカ弁を買う代わりに東筑軒のかしわめし弁当をよく買います。釣に出かけるときにも昼食の弁当としても最適です。言うまでも無く、大変美味しい弁当で東筑軒の弁当の味はどこも真似できないものと思います。

Dsc_4994syukusyoumoji  ところで、東筑軒の弁当の包み紙をよく見てみると、石黒敬七なる人物の文章が大変小さく掲載されています。

 「関門トンネルを出ると、緑と太陽の国 ”九州”に入る。そこには僕の楽しみの一つである東筑軒の ”かしわめし” が待っている。この駅弁の味から、夢多き九州の旅が始まるのである。 石黒敬七談」 

 この石黒敬七氏をご存知の方は少ないでしょう。私が子供の頃、未だテレビが無い時代、私もラジオを良く聞いていました。その頃、NHKラジオに「とんち教室」と言う番組がありました。NHKの青木アナウンサーが、青木先生と称し、毎回、レギュラー出演者とゲストが、生徒役となり青木先生の出題に名答、珍答を繰り広げると言う、笑点の大喜利見たいな番組でした。

Dsc_4984syukusyoumoji_3  このレギュラーに石黒敬七氏がいました。他にも長崎抜天氏、春風亭柳橋氏当たりがいたと記憶していますが、これくらいしか思い出せません。

 それにしても、今時、石黒敬七氏の文章を包み紙に載せても、何じゃこれはと皆思うはずですが、何故載せているのでしょうか。東筑軒のかしわめし弁当最大の謎の一つだと思います。

かしわ飯、鶏めしの人気順リスト
グルメ漫画、「美味んぼ」にも掲載された鶏飯もあります


本 「駅弁スーパーレディ    駅弁女将細腕奮闘記」 
売れ筋駅弁の知られざるエピソード、感動の誕生秘話。駅弁作りに賭ける、東筑軒を含む9人の女将たちの物語。

 ○ 東筑軒 かしわめし弁当

 販売場所 JR東郷駅、赤間駅、福間駅、折尾駅、黒崎駅の各売店
        新幹線小倉駅売店、博多麺王国(イオン香椎浜ショッピングセンター内)
        黒崎井筒屋、小倉井筒屋、博多井筒屋、博多大丸の各デパート

 By  Jun

スポンサードリンク

|

« シャンソン歌手、シャルル・アズナブールと笑福亭鶴光師匠との接点 | トップページ | 宗像市の「玄海食堂 温や」のたこカレー »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

コメント

美味しそうですね~!
自分は実家の広島に帰るときはいつも高速なので、駅弁は食べれないんですよね。
めかりSAのレストランも美味しいのですが、駅弁も食べてみたいな~って思うこともあります。
なので、今度どうにかして高速道路に駅弁を持ち込んでみようかな~って計画中です!

投稿: なつ | 2007.01.23 19:28

Ryuさん、今晩は。Junです。
深川飯は、東京の木場辺りの名物料理であったと思いますが、アサリをたっぷり使っているので美味しいと思います。
私も、東京駅近くの大丸デパートの地下で駅弁を買い込んでいたことを思い出します。
神戸も駅弁で有名ですが、確か牛肉ワイン弁当などもあったかと思います。いずれにしろ旅の楽しみの一つは駅弁に間違いありません。

投稿: Jun | 2007.01.23 19:23

食堂車もどんどん無くなっていきますね!でも、確かに駅弁は頑張っているようです。種類が沢山増えて選ぶのに困りますが、私は深川(アサリ)飯弁当が大好きで、東京からの帰りはいつも買っていました。神戸出身ですので、すき焼き弁当も好きです。車窓を眺めながら駅弁つつき、一杯やるのが楽しみですが、最近機会がありません。電車が速くなるのも良し悪しか?いつか九州を旅する時は東筑軒の「かしわめし弁当」を買って電車に飛び乗ってみようと思います。

投稿: Ryu | 2007.01.22 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/13590365

この記事へのトラックバック一覧です: 東筑軒の折尾名物かしわめし弁当、最大の謎:

» グーグル 地図 で京都 観光 [グーグル 地図 で京都 観光]
グーグル 地図で 京都 観光できます! [続きを読む]

受信: 2007.05.15 07:26

« シャンソン歌手、シャルル・アズナブールと笑福亭鶴光師匠との接点 | トップページ | 宗像市の「玄海食堂 温や」のたこカレー »