« 年越し蕎麦と博多ブリ雑煮です。 | トップページ | 新宮町のレックスの懐かしいスパゲティ »

2007.01.06

正月はボート・フィッシングで

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Tuyazaki  正月三が日のある日、宗像の津屋崎海岸にボート・フィッシングに行きました。ここ数ヶ月魚釣りをしていなかったこととドーリーなどのボートの艤装のフィールドテストを兼ねた釣行です。

 ボートを海に出す前に点検しておかないといけないのはエンジンです。船外機のヤマハの8馬力エンジンは、1年以上も使用していなかったので正常に運転できるかどうかの確認が必要です。

Dsc_4876syukusyoumoji_1  昨年のある日、O君と一緒にエンジンを倉庫から持ち出して始動してみました。リコイルスターター(始動のために引っ張る紐)を何度か引くと、割と簡単に始動しましたが、ものすごい白煙を吐き出しました。これは、始動に使用した混合ガソリンが古くなって、いわゆる腐れたガソリンを使用したために起きた現象です。

Dsc_4959syukusyoumoji  船外機のツーストロークエンジンは、ガソリンにオイルを混ぜた混合ガソリンを使用しますが、これが変質してオイルが異常燃焼して白煙が出たのです。しばらくすると白煙もおさまり、快調にエンジンが回転していましたので、テスト運転を終了しました。

 釣行する当日、風は東から吹いていましたので、風裏となる津屋崎海岸から出港することにしました。カートップボートの良いところは、風の方向に応じて釣り場が選べることです。

Dsc_4958syukusyoumoji  N君と9時に出発する予定でしたが、ボートをルーフ・キャリアに載せるためのスライドの強度不足が分かり、部材の付け替えなどに手間取り10時半頃出発しました。

 津屋崎海岸に到着し、スライドを利用してボートを下ろし、ドーリーでボートを海岸まで運びました。船外機や燃料タンクその他の釣道具などを積み込んで、砂浜から出航しました。

Dsc_4960syukusyoumoji  遠浅の砂浜でしたので、ある程度沖合いまでオールで漕いで水深が深くなったら跳ね上げていた船外機を水中に下ろして始動することになります。

 やっと深いところまでボートが達したので、始動の準備をしていたら足元に海水が溜まっています。あー、やってもうた!ドレンを付け忘れたままだった!! 陸で船内の水を排水するための栓(ドレン)を付け忘れてたのです。水がジャンジャン入ってきています。あわてて船具ボックスの中の栓を取り出して付けましたが、時すでに遅し、かなりの水が入ってきていました。

Dsc_4962syukusyoumoji  この騒動で、周りを見回すと陸風でボートは50m以上も岸から離れしまいました。気を取り直してエンジンを始動しましたが、今度はエンジンがかかりません。これで、エンジンがかからなかったら沖に向かって漂流し、下手すると保安庁に携帯で連絡する羽目になりそうです。

 N君にバケツで船内の排水を頼みながら、気を落ち着けて、キルスイッチ(緊急エンジン停止スイッチ)やチョーク、アクセルの開度、燃料パイプの点検をして祈るような気でリコイルを引くと、ようやく始動しました。

Img_2423syukusyoumoji  ここでの反省点は、陸風である時は、岸から離れないようにアンカー(錨)で船足を止めて、エンジンを始動し、万一始動しなくてもオールで着岸できるようにしておくべきでした。基本中の基本を忘れてしまいました。

 エンジンが無事かかったので、沖合い100mの所にある消波堤に向かいました。ここは、インターネットでメバルの巣であるとの情報を得ていた所です。消波堤の岸よりの海面に錨泊し、釣を開始しました。メバル釣は後回しにして、とりあえず青ケブを餌にした投げ釣です。すると、数投目でN君に小さなカレイが釣れました。

Dsc_4950syukusyoumoji  水深が浅いのですが、かけ上がり状の所に餌を投げ込むと続いて当たりがあり、2匹のカレイがかかってきました。

 このあと、釣り場を変えてメバル釣などを試みましたが、結局はここのポイントのカレイ3匹のみの釣果となりました。私は、一匹も釣れずボウズ。

 5時頃、納竿して海岸に到着しました。ドーリーを装着して引っ張ると途端にドーリーが外れてしまいました。荷重に負けて装着用のクランプ(万力)がグニャリと曲がってしまい、使い物にならなくなってしまいました。

Dsc_4954syukusyoumoji  水際からレガシィまで50m以上もありましたが、仕方が無いので手運びで行きますが、重量が重く、最後はレガシィとロープで結び引き上げました。これで疲れが出たのと薄暗くなってあまり見えなくなったため、スライドでルーフキャリアに持ち上げるのも要領が悪くえらい苦労しました。

 ドーリーにしろ、スライドにしろ現実のフィールドでは、うまくいきませんでした。しかし、改良点も見えてきたので、この経験を生かしてもっと使いやすいドーリー、スライドにしようと思っています。

 By  Jun

スポンサーリンク

|

« 年越し蕎麦と博多ブリ雑煮です。 | トップページ | 新宮町のレックスの懐かしいスパゲティ »

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

12 DIY・日曜大工」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、今晩は。Junです。
そうですね。2級で十分であれば、無理して1級をとる必要も無いでしょう。
1級が必要となれば、講習2日で取れるそうですから。
実技も講習も、ほとんど安全確保のためですので無駄に勉強していると思わないほうが良いと思います。
正しい知識と技術が無ければ、海の上は危ないですから。

投稿: Jun | 2007.01.10 21:21

junさん、今晩は!Ryuです。
先日からボート免許の自習を進めています。色々考えると1級免許は不必要で有ることが分かったので今日教室に電話して2級に変更してもらいました。安全第一で取り組みますが、覚えたことがとっさに出来るか否かが大切だと思います。しっかり身体に覚えこませねばなりません。

投稿: Ryu | 2007.01.09 23:38

Ryuさん、今晩は。Junです。
ボートに限らず海での活動、釣も含めてですが安全第一が本当に優先です。
まず、装備。ライフジャケットの着用もですが、確実に作動するようエンジン等の整備も大事です。
今回もエンジンがかからなければアウトでした。
ボート教室も、学ぶべきことは自分と他の人の安全確保でしょう。
ボート教室、あまり気を入れすぎなく頑張ってください。

投稿: Jun | 2007.01.08 20:16

junさん、新年早々ヒヤヒヤドキドキで読ませてもらいましたよ。海上保安庁にお世話にならず良かったですね!今月半ばからボート教室に行きますが常に気をつけねばと思っていますが、慌てものなので心配しています。色々と教えてくださいね!ドーリーとスライド改良が必要なようですが、Junさん魂で頑張って工夫をしてくださいね!楽しみにしています。

投稿: Ryu | 2007.01.07 19:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/13349052

この記事へのトラックバック一覧です: 正月はボート・フィッシングで:

« 年越し蕎麦と博多ブリ雑煮です。 | トップページ | 新宮町のレックスの懐かしいスパゲティ »