« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.28

福津市の「かろまつ」 手軽な洋食屋

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Dsc_5273syukusyoumoji 今回紹介する福津市のグルメは、「かろまつ」です。  

福津市を含めた宗像近辺では、グルメなレストランはいくつかありますが、洋食屋さんは少ないような気がします。福津市にも、以前は「田舎の洋食屋」と称していた「ムッシュアズマ」がありますが、現在は昼は洋食屋、夜は居酒屋と称しており、純粋な洋食屋さんではなくなったようです。

Dsc_5274syukusyoumoji  レストランと洋食屋さんの違いは、レストランがフランスやイタリア等の料理を提供する店ですが、洋食は、これはもう和食の一分野だと思います。

 つまり、西洋料理を日本人好みに変容させていき、もはやフランス人もイタリア人も、これらの洋食を自分達の国の料理とはとても思えないものとしており、一方、オムライスなどのように西洋のどこを探しても見当たらないオリジナルの料理を作り出していったものが洋食であります。

Dsc_5271syukusyoumoji  洋食であると言う判断基準のひとつには、箸で、味噌汁つきでも食べられることもあるかもしれませんが、最近のレストランにはこのスタイルも出てきているので基準もぶれつつあります。 

 さて、「かろまつ」ですが、最近時々ネットでも検索すると出てくる店となっており、私もネットで発見しました。というのも、かろまつの店構えも看板もなかなか控え目で、車で店の前を通ってもまず気づくことはないでしょう。

Dsc_5260syukusyoumoji  かろまつに車で行くには、駐車場が少し離れた大和町商工会の駐車場と言う所に停めることになります。この店が商工会の加入店らしく、有料駐車場ですが、お店で申し出ると無料券をくれます。

 この駐車場で車を停めて、ちょっと歩くと「かろまつ」ですが、看板も小さくおまけに店は2階にありますので、なかなか見つけることができませんでした。行かれる方は、所在地をよく頭に入れておいた方が良さそうです。

Dsc_5263syukusyoumoji  階段をトントンと上がってかろまつに入ると、以外に広いフロアーです。何人か先行のお客さんがいました。

 メニューをもらいましたが、結構品数が多く迷いましたが、ハンバーグ、魚のフライそしてチキンと盛りだくさんの「スペシャル」を注文しました。これには、ライスとコーヒー等のドリンクが付きます。

Dsc_5259syukusyoumoji  程なく出てきましたが、ハンバーグとチキンにはデミグラスソースがたっぷりかかっています。また、魚のフライにはタルタルソースではありませんが、マヨネーズが載せられています。また、サラダには程好いドレッシングがかかっています。

Dsc_5264syukusyoumoji  味の方は、案外コッテリとしていて洋食の雰囲気が感じられます。なかなか、美味しく食べられます。ただ、惜しむらくは少し量が控えめかもしれません。女性にはちょうど良い量でしょう。コーヒー付きで値段も安く、コストパフォーマンスはあると思います。

Dsc_5268syukusyoumoji なお、かろまつは、オムライスも得意な料理のようで、次回はこちらを試してみたいと思います。気楽に行ける洋食屋さんとしては貴重な存在でしょう。


「北の大地」をはじめとするオムライス各種 
銀座資生堂パーラーや浅草ヨシカミの洋食もありますよ




ハンバーグの週間ランキング
楽天のハンバーグの週間ランキングです。美味しいハンバーグを食べる参考にしてください。


○ かろまつ 

所在地   福岡県福津市中央6丁目10-1-2F お店の場所はここをクリック(Google map)
電話    0940-42-0108
営業時間 11:00~15:00   17:00~21:00
休日    不明
駐車場  50mくらい離れた所の大和町商工会駐車場の無料券配布

スポンサードリンク

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007.02.25

地デジの格安チューナー購入

スポンサードリンク


 我が家でも、やっと地方デジタル放送が楽しめるようになりました。地デジの格安チューナーを購入したからです。地方デジタル放送とは、従来のアナログ地上波放送をデジタル放送に置き換えるものです。

Dsc_5249syukusyoumoji  デジタル放送自体は、2002年の12月に開局したBSデジタル放送が先行していました。この時は、速攻で私もデジタルチューナーを購入しすぐに視聴を開始しました。

 思えば、BSのアナログ衛星放送もCS放送も、新しい放送形態はすぐにアンテナを立てて見ていました。概ね、放送を開始して1ヶ月以内には機材を購入していたものです。

Dsc_5340syukusyoumoji  ところが、今回の地方デジタルは、2003年に東京、大阪そして名古屋の3大都市圏で開始されたものの、福岡市には2006年4月に開局しました。ところが、我が家からは福岡市の放送アンテナは山陰に入り放送波のキャッチが困難な状況でした。

 2006年12月1日に北九州市の局(皿倉山)ができました。この時でも、受信できそうでしたが、本放送ではなく、100Wの送信出力でした。この100Wが1月22日から1Kwの定格出力に増力されました。

Dsc_5276syukusyoumoji  この定格出力への増力が、地デジ導入のきっかけとなりました。それと、導入にそれほど上りあがらなかったのは(熱中しなかったの意)、コンテンツ、つまり放送内容が従来のアナログ地上波と全く同じで、画像と音質の向上だけしかないことでした。ちなみに私のテレビ、ビクターのAV-36Z1500は、ハイビジョン対応のテレビですが、地上波アナログ放送のチューナーだけで、BSも地上波もデジタル放送には対応していません。

 導入を決意すると、次のステップは機材の決定です。一番簡単なのは、地デジチューナーを積載した薄型テレビを購入することですが、まだ、現役の36インチブラウン管テレビ(デジタルチューナー非搭載)がありますので、外付けチューナーか地デジチューナー搭載のハードディスクDVDレコーダーが選択範囲になります。

Dsc_5253syukusyoumoji  ところがハードディスクレコーダーは、ハイビジョンディスクに録画できるのは30万円近くもしますし、それ以外のレコーダーはハイビジョンでないので買う気がしません。

 残るは、外付けチューナーですが、BSデジタルと地デジの両方のチューナー搭載機は概ね3万円以上もします。

Dsc_5339syukusyoumoji  以前、ユニデンが出した地上波チューナーが2万円くらいであったのを思い出し、価格コムで調べてみると、地デジチューナーが17000円で売っています。YAGIとAVOX社の製品です。YAGIは八木アンテナで有名なメーカーですが、AVOXは聞いたこともありません。

 ここで2社の製品をよく見てみると、全く同じ製品のようです。少し調べてみると、あのユニデンのOEM製品であります。つまり、ユニデンのチューナーの外側の筺体を変えて売っているだけなので中身は全く同じものなのです。

Dsc_5343syukusyoumoji  ただし、安いだけあって、地デジのみしか受信できませんし、EPG(電子番組表)もありません。しかし、とりあえず地デジが映ればいいのですから、この17000円は相当魅力的です。

 価格コムの最安価格が17000円ですが、博多駅前のヨドバシカメラでは19800円、宗像のベスト電器では、22000円でした。送料や手続き等を考えるとヨドバシでいいやと思い、お店に行きました。

 ヨドバシでは、YAGIもAVOXも在庫があり、YAGIは黒、AVOXは白いチューナーでしたのでYAGIのDTC10を選択しました。ついでに、チューナーとテレビを接続するD端子ケーブルも購入しました。

 週末に新たにアンテナを立てて、チューナをセットしました。衛星デジタルで苦労するのは、アンテナの方向をピンポイントに合わせることですが、UHF波ですので比較的大雑把にやっても映像が出ます。

 テレビに出た映像は、さすがデジタルですので大変綺麗で精細です。地デジ自体がいわゆるフルハイビジョンではないようなので、HNKのBSHiやWOWWOWほどの高画質ではないのですが、今までの地上波と比べると段違いの高品質な画像が楽しめます。

 このチューナーの欠点と言えば、これだけ安いのですから欠点と言うと酷なのですが、チャンネル切り替えのレスポンスが一息ついてから替わります。それと、EPG(電子番組表)がないこと、最後がiLinkがなく、D-VHSレコーダーに録画ができないことが上げられます。

 しかし、2万円前後でハイビジョン機器が実現されているわけですから、この辺は要求する方がいけないのでしょう。

 いずれにしても、とりあえず地デジを見たい方、本格的な地デジ機器に変更する前のつなぎとしたい方にはうってつけの機材の一つだと思います。ただし、ハイビジョン放送に対応したテレビ機材をお持ちの方以外はあまりメリットはないと思いますので、ご注意ください。

そろそろ地デジチューナーを考える時期 人気順チューナーリスト 
地デジチューナー YDIT-10A AVOX。 地上デジタルハイビジョンチューナーハイビジョン出力端子搭載モデルBUFFALO DTV-H300。 他

地デジのことがよく分かる本、書籍等 
「地デジ完全ガイド(2010年版) この1冊でデジタル放送が丸わかり!」。  「地デジがまるごとわかる本」。 他

スポンサードリンク

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.02.22

福津市の「天津」 中国の方が料理する中華

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 Dsc_5075syukusyoumoji  旧3号線沿いの東福間病院、ちなみにこの病院は道を挟んで真正面に葬儀場があると言う稀有な病院ですが、ここの近くに飲食店やペットショップがある一角があります。この店舗のうちの一つが中国料理天津です。

 天津がある場所は、以前から本格的なインドカレー屋さんやトンカツ屋さん等がありましたが、いずれも長続きしませんでした。グルメな場所としては悪くはないと思うのですが、何故だか続かないのでした。

Dsc_5065syukusyoumoji  そんな場所に、昨年でしたか新しい店が開店しました。それが、天津。すぐに、入ってみましたが、中国人の方のお店で、まだ、お店商売に慣れていず、サービスに難点があり、味の方もいまいちでしたので、ブログで紹介するのは控えていました。

 最近、改めて食事に出かけてみると、サービスも味の方も格段の進歩がありましたので記事にすることにしました。

Dsc_5068syukusyoumoji  前述しましたが、ここの経営は中国の方で、おそらくご夫婦だと思うのですが、ご主人が厨房、奥さんがフロアーを担当しています。店名で分かるとおり、おそらく中国の天津の出身の方々だ思われます。

 ちなみに店内の雰囲気も、中国の田舎の中華料理店風な感じが少ししているような簡素なもので、日本の中華料理の整った店内よりも私は面白く思いました。

Dsc_5072syukusyoumoji  最近、福岡市内でも中国やベトナムの方々の飲食店が増えています。その波が、宗像にも来ているのでしょう。

 一般的な中華料理のメニューが並んでいますが、人気三麺というものがありました。「上海風豚角煮麺」、「本場坦々麺」そして「ジャージャー麺」です。これに、チャーハンの半分の量を組み合わせる半炒飯セットが200円加えればあります。

Dsc_5073syukusyoumoji  私は、本場坦々面と半炒飯セットにしました。これで、800円ですから安いものです。出てきた坦々麺は、写真でご覧のように赤みを帯びたスープではなく、独特の色合いのスープです。五丈原や赤坂飯店の坦々麺とは異なる風味で、これは好き嫌いがわかれるところでしょう。

 正直、私は赤い色合いの坦々麺の方が好みですが、これはこれでこの店の特徴ある坦々麺だと思います。炒飯の方は、ごく一般的な炒飯で美味しく食べることができました。

 本場中国の方が作る中華料理ですので、本来は、もっと異なる味付けなのでしょうが、東京や大阪ならいざ知らず、宗像では本場の味付けでは受け入れられることは難しいのかもしれません。そのため、日本人の嗜好にあわせた味付けになっていると思われます。
 
 この場所で、本格的なインドカレーがありました。、福岡のナーナックのような店でしたが、いかんせん宗像では受け入れられませんでした。天津も日本風中華ではなく、本場天津料理の片鱗をうかがわせるような料理で勝負してもらいたいものですが、コース料理もありますので、その中の一皿にひょっとしたらそのような料理があるのかもしれません。

全国各地の人気順坦々麺リスト
神戸南京町「大動向」指導の坦々麺、麺屋高尾の坦々麺等

中国の食文化研究(天津編) 
辻学園調理製菓専門学校中国料理研究室主任教授が執筆した天津料理の本です。

○ 中国料理 天津

所在地   福岡県福津市津丸1168-3  所在地図はここをクリック(Google map)
電話    0940-42-5782
営業時間 11:00~14:30  17:00~22:00
休み    月曜
駐車場     あり

スポンサードリンク

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2007.02.19

スモールボートの艤装

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


釣りっ子太郎  艤装(ぎそう)と言う言葉を知っている方は少ないかもしれません。代表的な使い方は、船舶で、進水式後の船体にエンジンを含めて色んな装備品を取り付けていくことを言います。船だけでなく、鉄道車両や自動車でもボディを作った後の作業を言うようです。

 スモールボート、カートップボートでも艤装する事があります。スモールボートの月刊誌、舵社の「スモールボート」でもよく艤装の特集が組まれます。

釣りっ子太郎後部  そもそも、FRP(プラスチック)ボートでもゴムボート、最近はインフレータルボートとも言いますが、購入当初は船体とエンジンだけで、何も装備品はありません。これでも、釣りはできるのですが、もっと便利に快適にするために、艤装するのです。

 最近は、これがブームとなっていまして、専門誌もあれば専門店もあるのです。艤装したスモールボートのクラブまでできてしまっています。艤装する事が、趣味の一つとなっている感もします。

Dsc_5200syukusyoumoji  さて、タイガー号ですが、船体下ドーリーも作成しましたが、艤装にも踏み込んでいます。この艤装の目的は、フィッシング・ボートとしての機能、快適性のアップです。基本的には、市販品は使用せず、お得意のDIY、自作で頑張っています。

 まず、塩ビパイプとツーバイフォー材でロッドホルダーを作成しました。これがないと、狭い船の床に釣竿を置いておくと踏んづけたり、ラインが絡んだりして手に負えません。

ボート・船舶用ロッド・ホルダー 竿受け 
サイドロッドホルダー 組立て式 2連

 Dsc_5214syukusyoumoji 次は、イケスの所にコンソールを設置しました。矢崎のエレクターを使用してパイプのやぐらを組み、一番上の天板にイケスの蓋や魚探(魚群探知機)、その他もろもろの小物を載せることができます。

 コンソールの一番の効用は、魚探が見やすい位置に設置できること、前の座席と後ろの座席の間に共通の、例えば魚の餌袋などを置き、両者とも取りやすくなることです。もちろん、イケスに魚を投げ込むときに邪魔にならないよう天板の位置を高めにしています。

Dsc_5202syukusyoumojiDsc_5213syukusyoumoji_3  シートも装備しました。今までは、公園の手漕ぎボートと同じ様に、横に渡した板の上に座っていたのですが、長時間になるとさすがに疲れます。写真でご覧のように、二つシートを付けましたが、これらはナフコ(ホームセンター)で売っている座椅子で、一つ2000円もしません。専門店で、ボート用のシートを購入すると10000円以上もします。

Dsc_5209syukusyoumoji  本当は、スモールボートのシートは回転台を使用して回るようにしますが、その内、百円ショップでテレビ用の回転台を購入して取り付けようかとも考えています。

 これから装備を考えているのは、アンカーを手繰り上げる時の労力の軽減のための、バウに取り付けるアンカーローラー(滑車)です。市販品を購入すれば4000円くらいですが、自作するかどうか思案中です。

Dsc_5217syukusyoumoji  艤装でも、凝ってくるとスパンカー、(漁船の船尾に立ててある帆のようなもの)を付ける方もいます。これは、帆走するものではなく、風に対して船首を立てるためのもので、エンジンで推進力のコントロールをすれば、風に流されることもなく釣ができるものです。

船舶用スパンカー各種一覧リスト 
 20~27フィートのボート用 ヤマハ MIC小型スパンカーセット

 タイガー号の艤装で、考えなければならないことは、カートップであるため、ほとんどの艤装品は、取り外さなければなりません。ロッド・ホルダーだけは作り付けですが、後は全部取り外して、レガシィの荷室に積み込みます。

Dsc_5225syukusyoumoji  艤装は、着々と進んでいるのですが、肝心の海の状況が未だボートを出すには寒すぎます。水ぬるむ春を待ちわびる、今日この頃。

小型ボートの艤装・あれこれ Kaziムック 

スモール・ミニボートのバイブル、雑誌SMALL BOATのバックナンバー 
雑誌「SMALL BOAT」の存在を知らないと見にボートの楽しみは半減でしょう

スポンサードリンク 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.02.15

宗像市の「癒しのカフェ ゆーみん」 と アウトドアショップ「たびんちゅや」

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Dsc_5129syukusyoumoji_1 Dsc_5132syukusyoumoji  津屋崎から神湊を経由して鐘崎に至る県道495号線は、海岸近くを通っているせいかドライブする車やサイクリングの自転車も多くなかなか賑わいのあるグルメな道路です。

Dsc_5123syukusyoumojiDsc_5128syukusyoumoji 私も、ボートや釣の関係でしょっちゅう利用している道の一つです。この道路沿いに、ある日、洋風のウッドデッキのある建物が建設され始めました。何かなと思っていると「癒しのカフェ ゆーみん」の看板が立ちました。

 近くの勝浦浜には、しょっちゅう通っているのですが、なかなか立ち寄ることもできない日々が続いていましたが、やっと行くことができました。と言うのも、私は朝食はパン食なのですが、パンが底をつきはじめたので、新しいパンを求めて立ち寄ったのでした。なぜならこの「ゆーみん」の看板の下の方には「手造りパン」の文字が書き込んであるからでした。

Dsc_5122syukusyoumojiDsc_5127syukusyoumoji  朝、11時頃でした。ドアを開けて入ると、あ、ここは店内はスリッパに履き替えないとは入れません。フローリングの床なのですが、なぜか、スリッパに履き替えます。

 パンを求めて、カウンター近くを見渡しても、パンの姿はありません。カウンター内のお店のご主人(女性の方)に聞いてみると、パンは午後から売り出すとの事。

   パン屋さんではないので、パンの種類は、山形パンとフランスパン?の2種類だけですが、手作りですから何時でもあるとは限らないようです。

Dsc_5133syukusyoumoji 仕方がないので、折角だからとコーヒーを頼んで休むことにしました。モーニングセットもあるようですが、11時でタイムアウト。

 窓際に座って、近くの牟田池を眺めていると、ご主人がこの池には1羽、白鳥が来るんですよと教えてくれました。なんでも、鴨は多いらしいのですが、たまに白鳥が飛んできて、すぐに飛び去っていくとの事でした。

Dsc_5136syukusyoumoji  やがてコーヒーが出てきました。普通のコーヒーですが、静かに日曜の午後でもゆっくりと時間を過ごすにはいいのかもしれません。

 メニューを見ると、カレーやハンバーグランチなどの軽食もありますので、ドライブの途中によってみてはどうでしょうか。

 なお、隣接して、これも同時開店したアウトドアショップ「たびんちゅや」があります。宗像には珍しくアウトドアとドッグ用品の専門店です。店内を見てみると、本格的なアウトドア用品と言うよりか、ファッション的にアウトドアを楽しんだらといったコンセプトのようです。

ユーミンのCD・DVD等
「私をスキーに連れてって」、「SHANGRILA3 A DREAM OF A DOLPHIN」などがありますよ

○ 「癒しのカフェ ゆーみん」 と アウトドアショップ「たびんちゅや」

Yumin_1 所在地   福岡県宗像市神湊近く 495号線沿い牟田池そば
電話    不明
営業時間 10:00~19:00
休み    不明
駐車場   あり

By  Jun

スポンサーリンク

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.02.12

新しいボート・ドーリーを製作

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Dsc_5165syukusyoumoji  カートップ・ボート用のドーリー(運搬機)の新しいタイプを製作しました。

 実は、ドーリーについては、トランサム・ドーリー、つまりボートの後尾に取り付けるタイプを製作しましたが、正月の釣行であえなく壊れてと言うより、取り付け用のクランプ(万力)の強度不足のため外れてしまいました。

Dsc_5167syukusyoumoji  それも、干潮の波打ち際で外れたものですから、車まで手で持ち上げてボートを運んだものですから、それはえらく疲れ果ててしまいました。カートップ・ボートと言えども重量は70Kg以上あり、二人で持ち上げても限界があります。

Dsc_5172syukusyoumoji  このトランサム・ドーリーの改善点は、強力なクランプ(万力)を購入するしかないので、ナフコで数倍も強力そうなクランプを購入しました。その上、荷重がクランプだけにかからない様にドーリーに船底を持ち上げる腕木を取り付けました。

Dsc_5174syukusyoumoji  これで外れないとは思いましたが、実は、トランサム・ドーリーにも短所があるのです。それは、船尾はドーリーで持ち上がっていますが、運ぶためには船首(バウ)を持ち上げる必要があるのです。ところが、この船首の荷重が比較的重たいのです。

Dsc_5176syukusyoumoji  正月の釣行の時にも、エンジン、燃料タンクそしてアンカー(イカリ)等をフル装備で船首を持ち上げようとしたら、とても持ち上がらず、全て降ろして持ち上げる羽目になってしまいました。

 このことは、波打ち際まで船体を運んでも、エンジンやアンカー等を波打ち際まで何回も往復することになります。できたら、エンジンやアンカーも船体と一緒に運べればこれは大変な省力化になります。

Dsc_5178syukusyoumoji  このことを実現するには、トランサム・ドーリーでは不可能で、残された方法は船体下ドーリーになります。なお、船体下ドーリーなる用語は一般的ではなく、私の造語ですのでよろしくお願いします。

 船体下ドーリーとは、写真でご覧のように、船底に当てるドーリーで、この当てる箇所が船体の重心と一致すれば、船首も船尾もそれこそ片手一本で上がるようになります。

Dsc_5179syukusyoumoji  この船体下ドーリーですが、構造はごく簡単で平面の板の両端に車輪を付けたら終わりです。後は船体の重心にこのドーリーを置くだけです。

 ところが、事はそう簡単にいきません。重い船体の下にどうやってドーリーを滑り込ませるのか、移動中にドーリーが船底を前後にずれるのをどう防ぐかが課題になります。

Dsc_5180syukusyoumoji  重い船体の下にドーリーを滑り込ませる方法ですが、船底の前後にいわゆる「ウマ」をかませることで解決します。つまり、まず船首側を持ち上げて、ウマを滑り込ませます。次に船尾側を持ち上げて船尾側のウマを入れ込みます。この前後のウマによって船底と地面の間に船体下ドーリーを入れ込む空間ができます。

 二人では簡単にできる作業ですが、一人でやる場合には、両手で船体を持ち上げて、足でウマを押し込みます。馴れれば比較的簡単にできます。

Dsc_5181syukusyoumoji  船体下にドーリーが入れば、重心点近くに当てて、後は船体が左右に傾かないようにするためと前後にずれないようにするため、ロープで船体に縛り付けます。前後については、通常、前進するために前の方にずれることは少ないために、後ろ方向にずれないように船首(バウ)からロープを取ります。

 ロープを縛り終わったら、ウマを外します。ボートの重心がドーリーにバランスよく乗っているため、前後のウマは簡単に外れますし、危険もありません。

Dsc_5190syukusyoumoji  ウマを外した後に、試しに移動してみると、これは大変快適です。重心が取れているために前後の荷重はほとんど感じませんし、必要な力は押す力だけです。これも、ドーリーのタイヤが良好なのでほとんど力が要りません。極端なことを言えば、重いボートを運んでいる実感さえ感じないほどです。

 舗装道路であれば、一人で1kmでも2Kmでも移動は可能です。早速、ボートを車庫に持ち込んでみました。これで、雨が降っていてもボートの改造作業ができるようになりました。

ボート用ドーリー各社製品一覧
10,000円から60,000円までの手頃なドーリーです。 船体に取り付けます。

ボートランチャー各社製品一覧
ボートランチャーとは、ボートの下に敷くもので、船体には取り付けません。

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.09

福津市の「萬点」 なにわ餃子の専門店

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 Dsc_5099syukusyoumoji  餃子の店は、最近、福岡市の「鉄なべ」を紹介しましたが、今回は宗像・福津市のお店です。福津市のグルメな餃子のお店は、「山八」餃子の記事を書いていますが、この「山八」はお持ち帰りの餃子としては良かったのですが、お店で食べる餃子としては、焼き方がいまいちでありました。

 宗像は、餃子の真空地帯でなかなかこれは!と言う餃子店がありません。実は、1年ほど前に福津市と宗像市の間にある白水峠に餃子の専門店が開店したので、早速行きましたが、ブログで紹介するほどもなく、案の定、早々と閉店してしまいました。

Dsc_5091syukusyoumoji  餃子は、ラーメン屋さんや中華料理店でも提供してくれますが、餃子一筋の専門店と比べると残念ながら太刀打ちできるものではありません。

 福間の防波堤に釣りの状況を偵察に行った時、偶然、なにわ餃子の看板がある店を見つけました。それが、「萬点」です。

 なにわ餃子と言ったら思い出す店があります。東京の麻布十番で「グリル満天星」の定番オムライスを食べた帰り、すぐ近くに大阪ひとくち餃子の「点天」のお店があり、満腹にもかかわらずついフラフラと入ってしまいました。

Dsc_5093syukusyoumoji  点天で出てきた餃子は、博多の餃子とは異なる姿かたちで、なにやら薄っぺらく、味も好みの問題とは思いますが、あまりジューシーにも感じられず、こんなものかいなといった感じで店を出てきました。

 さて、福津市の「萬点」です。お店の前に車を停めて、店内に入ると大変綺麗なお店です。新しく開店したお店ですからそうなのでしょうが、清潔感あふれるしつらえで好感が持てます。餃子のお店は、少し汚い方が美味しいと書きましたが、新装開店で汚くはできません。しかし、美味しければ店は長続きし、その間に餃子の油等で店内が自然と汚くなっていくのです。「旭軒」、「宝雲亭」しかりです。

Dsc_5095syukusyoumoji  メニューを見ると、専門店らしく餃子とかしわ飯(鶏飯)のみです。ん?かしわ飯?何故餃子専門店でかしわ飯なのかは、「きょう、ママンが死んだ」以上に不可解です。

 そのかしわ飯は、付いてくるスープをぶっ掛けて食べるようにとメニューに書かれており、「明日、オトンが生き返る」級に面食らってしまいます。

 夕食にと思って入りましたので、ここは餃子一皿とかしわ飯を注文しました。

Dsc_5096syukusyoumoji  ほどなく、餃子とかしわ飯がやってきました。餃子は、なにわ餃子ということで「点天」と同様に薄い餃子ですが、餃子の形は「点天」と異なり、丸っこいものです。

 餃子のタレは、醤油と酢を自分の好みで調合することになっています。酢を多めにした方が良いとメニューには書いてありました。

 醤油の皿には、柚子胡椒が付いており、ラー油で食べるスタイルではありません。一口、餃子を食べてみると、非常にあっさりとした味です。特筆すべきは、餃子の皮のパリパリ感です。この点は良い所なのですが、味は博多の餃子と比べると物足らない感じがします。

 博多の餃子と比べること自体、ナンセンスなのでしょうが博多の餃子とどうしても比べてしまいます。

 かしわ飯は、ごく普通のかしわ飯です。スープも美味しいものですが、どうしてもかしわ飯にぶっ掛けることはできませんでした。私は、かしわ飯やお赤飯にお茶をかけて食べることができない性でこのことが影響しているものと思われます。

 若い夫婦と思われる二人の方がお店をしていて、大変好感の持てるお店で頑張って欲しいものです。なお、このお店の隣に沖縄料理の店(屋号は忘れました)もありました。

萬天と同じ 珍しい大阪・浪速(なにわ)の餃子 
なにわのおつまみ餃子入り餃子メガセット、味の素のなにわのおつまみ餃子など

 ○ なにわ餃子専門店 萬点

所在地   福岡県福津市西福間2丁目17の26 所在地図 (Gopogle Map)
電話    0940-43-0820
営業時間 17:30~24:00
休み    不明
駐車場   あり

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.06

デカミルキーを知っていますか?

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 福岡には、ドォーモなる深夜テレビ番組があります。KBC放送で放映されているのですが、ずいぶん昔からあるバラエティ情報番組であります。

Dsc_5105syukusyoumoji  第1回目の放送が1989年(平成元年)ですから、もう19年近くも放送されていることになります。主に福岡市近郊を中心とした情報を発信しており、なかなか面白い内容です。

 さて、このドォーモで、先日、デカミルキーなどのお菓子の特別な変異体、というか普通の個体でなく、なんらかの特徴を持たせた個体が入ったものを販売していると言う内容の放送がありました。

 ちょっと難しい言い方ですが、例えば、ミルキーには、少し大きめのミルキー、つまりデカミルキーが入った袋があると言うのです。

Dsc_5115syukusyoumoji  私も、注意してミルキーを舐めていたら、発見しました! デカミルキー!!

 少しだけ大きいので、見落としそうですが、他のミルキーよりでかいのがお分かりでしょうか。

 だから何だと言わないでください。これでも一生懸命で探し出したのですから。

 おまけにミルキーの包み紙にペコちゃんが印刷されていますが、このペコちゃんが10人以上印刷されているのも珍しいそうです。これは、発見できませんでした。

Dsc_5116syukusyoumoji_1  何かと不祥事続きの不二家ですが、ミルキーだけは無くなってほしくないものです。

 あと、コアラのマーチで、眉毛付きのコアラも珍しいそうです。

 そう言えば、以前の記事、「ラッキーエビスを知っていますか?」 でも、エビスビールのラベルで鯛を二匹抱えた恵比寿さんの特別なデザインがあることをお伝えしましたが、似たような話ですね。

 By  Jun

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.02.03

福岡市博多区の鉄なべ 博多の一口餃子

スポンサードリンク


Dvc00059syukusyoumoji 時々、無性に食べたくなるものがあります。私について言えば、それは餃子です。そのような時に食べる餃子はこの上なく美味しいものがあります。

 ラーメンやチャンポンを食べる時に、ついでに注文する餃子は、美味しく感じることが少ないようです。その理由として考えると、その店はラーメン屋やチャンポン屋さんであり餃子専門店でないこともありますが、食事の主体はラーメンなどであり、餃子は添え物としかみていないことなのでしょうか。

 従って、美味しい餃子を食べる確率を上げるためには、まず、餃子を食べに行くと言う動機をもって、餃子の専門店に行くことなのかもしれません。

 そこで、博多・中州の「鉄なべ」に行ってきました。東京でも有名となっている鉄なべ餃子の店ですが、実は「鉄なべ」と言う名前の店はいくつもあります。

 北九州市にも鉄なべの餃子の店はありますし、福岡市の祇園町や荒江などにも鉄なべの店があります。今回の中洲の鉄なべもあります。どれが元祖か本家などは分かりませんが、共通して言えることは、浅い鉄なべで焼いた餃子が、鉄なべに入ったままお客さんの前に出てくることでしょうか。

 さて、中州の「鉄なべ」ですが、那珂川にかかる「であい橋」のすぐそばにあります。ネットで調べると、「であい橋店」と「中洲店」の二つがある「鉄なべ」のようです。祇園町の鉄なべとは異なるようで、祇園町の鉄なべの方が本来の鉄なべ餃子の店であるようです。

Dvc00064syukusyoumoji  中洲の「鉄なべ」の餃子も、十分美味しいのですが、昔の方が美味しかったような気がします。インテリアもなかなか綺麗ですが、餃子は少し汚れた感じの店の方が美味しく感じる気がします。これは、私の勝手な主観ですが。

 餃子と一緒に、ニラレバの卵とじも注文しましたが、これもどこと言って悪くは無い味なのですが、なんだか満ち足りた感じがしませんでした。餃子の店は、客の見える所で主人がジュウジュウ焼いてくれるのが美味しく感じるのであって、奥の見えない所で焼いてくるのが影響したのかもしれません。

 そんなこと関係ないと言えば関係ないのでしょうが、私には美味しい餃子を食べる条件の一つとなっています。

Dvc00061syukusyoumoji  福岡・博多には、美味しい餃子の店がたくさんあります。中州の宝雲亭は、一口餃子の店として有名です。美味しいのは間違いありませんが、私の好みとは少し異なる餃子です。

 私の好みに合う餃子は、「旭軒」の餃子です。ここは、目の前で主人が焼いてくれますし、少し汚いのもいい感じです。何より、ここはほとんど餃子だけのメニューで、餃子だけで勝負している姿勢もなかなか他の店には無い特長です。ここが私のお薦めの餃子店です。

 なお、携帯カメラの写真なので、不鮮明です。すみません。

博多中洲鉄なべ 鉄鍋+餃子(20個×2箱)【本格鉄なべ付き☆】福岡県博多名物
陳建一さんが日本の餃子ベスト5に選んだそうです。

 ○ 鉄なべ であい橋店

所在地   福岡市博多区中洲4-5-9  所在地図はこちら (Google Map)
電話    092-262-0488
営業時間 17:00~翌02:00
休み    日曜・祝日
駐車場   なし

   By  Jun

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »