« スモールボートの艤装 | トップページ | 地デジの格安チューナー購入 »

2007.02.22

福津市の「天津」 中国の方が料理する中華

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 Dsc_5075syukusyoumoji  旧3号線沿いの東福間病院、ちなみにこの病院は道を挟んで真正面に葬儀場があると言う稀有な病院ですが、ここの近くに飲食店やペットショップがある一角があります。この店舗のうちの一つが中国料理天津です。

 天津がある場所は、以前から本格的なインドカレー屋さんやトンカツ屋さん等がありましたが、いずれも長続きしませんでした。グルメな場所としては悪くはないと思うのですが、何故だか続かないのでした。

Dsc_5065syukusyoumoji  そんな場所に、昨年でしたか新しい店が開店しました。それが、天津。すぐに、入ってみましたが、中国人の方のお店で、まだ、お店商売に慣れていず、サービスに難点があり、味の方もいまいちでしたので、ブログで紹介するのは控えていました。

 最近、改めて食事に出かけてみると、サービスも味の方も格段の進歩がありましたので記事にすることにしました。

Dsc_5068syukusyoumoji  前述しましたが、ここの経営は中国の方で、おそらくご夫婦だと思うのですが、ご主人が厨房、奥さんがフロアーを担当しています。店名で分かるとおり、おそらく中国の天津の出身の方々だ思われます。

 ちなみに店内の雰囲気も、中国の田舎の中華料理店風な感じが少ししているような簡素なもので、日本の中華料理の整った店内よりも私は面白く思いました。

Dsc_5072syukusyoumoji  最近、福岡市内でも中国やベトナムの方々の飲食店が増えています。その波が、宗像にも来ているのでしょう。

 一般的な中華料理のメニューが並んでいますが、人気三麺というものがありました。「上海風豚角煮麺」、「本場坦々麺」そして「ジャージャー麺」です。これに、チャーハンの半分の量を組み合わせる半炒飯セットが200円加えればあります。

Dsc_5073syukusyoumoji  私は、本場坦々面と半炒飯セットにしました。これで、800円ですから安いものです。出てきた坦々麺は、写真でご覧のように赤みを帯びたスープではなく、独特の色合いのスープです。五丈原や赤坂飯店の坦々麺とは異なる風味で、これは好き嫌いがわかれるところでしょう。

 正直、私は赤い色合いの坦々麺の方が好みですが、これはこれでこの店の特徴ある坦々麺だと思います。炒飯の方は、ごく一般的な炒飯で美味しく食べることができました。

 本場中国の方が作る中華料理ですので、本来は、もっと異なる味付けなのでしょうが、東京や大阪ならいざ知らず、宗像では本場の味付けでは受け入れられることは難しいのかもしれません。そのため、日本人の嗜好にあわせた味付けになっていると思われます。
 
 この場所で、本格的なインドカレーがありました。、福岡のナーナックのような店でしたが、いかんせん宗像では受け入れられませんでした。天津も日本風中華ではなく、本場天津料理の片鱗をうかがわせるような料理で勝負してもらいたいものですが、コース料理もありますので、その中の一皿にひょっとしたらそのような料理があるのかもしれません。

全国各地の人気順坦々麺リスト
神戸南京町「大動向」指導の坦々麺、麺屋高尾の坦々麺等

中国の食文化研究(天津編) 
辻学園調理製菓専門学校中国料理研究室主任教授が執筆した天津料理の本です。

○ 中国料理 天津

所在地   福岡県福津市津丸1168-3  所在地図はここをクリック(Google map)
電話    0940-42-5782
営業時間 11:00~14:30  17:00~22:00
休み    月曜
駐車場     あり

スポンサードリンク

|

« スモールボートの艤装 | トップページ | 地デジの格安チューナー購入 »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

コメント

ごりさん、はじめまして。Junです。
よろしくお願いします。
ごりさんのブログ、みんgoriを拝見しましたが、大変な情報量のブログで感心しました。
福岡県内をはじめ、県外も大変な記事の数ですね。
現住所は、プロフィールでは、福岡県となっていますが、地元関西との記載もあり、関西出身の方とお見受けします。
これほど広範囲にグルメの記事を書かれるごりさんは、どんな方だろうと興味もわいてきます。
こちらこそ、いろいろと参考にさせていただきますのでよろしくお願いします。

投稿: Jun | 2007.03.13 20:30

初めまして!!
いつも楽しく読ませて頂いてます♪♪

僕もココのお店が気になっていたのですが、人気がありそうでなさそうな・・・・・・近々に行って坦々麺を頂いてきたいと思います(^。^)
また色々と参考にさせていただきたいと思います。

投稿: ごり | 2007.03.13 17:53

赤ツバメさん、お早うございます。Junです。
大変失礼しました。能古うどんの記事で最初のコメントをいただいていましたね。最近は、忘れることが多くて本当に失礼しました。
天津は、味もなかなかですが、嬉しいことには量が多く満足させてくれることです。
中国の方の経営・調理と言うことも魅力的です。このようなお店が宗像にも増えてくるといいですね。

投稿: Jun | 2007.03.05 06:34

こんばんは、赤ツバメです
あの…前回の「かろまつ」で2回目なので、今回の投稿は3回目になります(^^;

天津、夜に行ってきました。Junさんの画像の通り、店内は広く作ってますね。
ジャージャー麺+半炒飯を注文。確かに厨房の中で中国語が飛び交っていました。
出てきた料理は、麺が茹ですぎの感はあったものの、肉味噌も良く出来ていて、
野菜のシャッキリ感も程よく、なかなかに美味しく頂きました。
でも、よほどお腹がすいていないことには、+半炒飯は
重たいかもしれません。
今度はランチに挑戦しようと思いますが、完食できるだろうか…(苦笑)

投稿: 赤ツバメ | 2007.03.04 23:43

今晩は!Ryuです。
そろそろグルメ本の出版が出来るほどの記事数ですね!あるいはグルメ雑誌の記者にもなれそうですね!私のBLOGは掴み様の無い物ですが、JunさんのBLOGは多趣味ながら奥が深く一本の大きな幹が有りますね!いつも感心しています。今日はプレハブ倉庫(≒1000w×400d×1800h)を解体/移設しましたが水平を出さないとスライドドアーの上(右)と下(右)に隙間が出来るんです。水準器出して調整するもなかなか上手く行かず、最後に離れてチェックして片側に薄っぺらな小石をかますと上手く水平になりました。Junさんなら理論的にやられるでしょうが、私は勘でやってしまいます。いつもストレスが残ります。これからも色々参考にさせていただきます。レコードプレーヤーはおっしゃるようにじっくり考えます。

投稿: Ryu | 2007.02.22 22:38

立ち寄ってみました。もし「飲食ビジネスを」なんて思いましたら参考にしてみて下さい。こちらからもこれから読ませていただきますね。。

投稿: グルメ集客コンシェルジュ | 2007.02.22 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/13987482

この記事へのトラックバック一覧です: 福津市の「天津」 中国の方が料理する中華:

» 梅蘭焼きそば [梅蘭焼きそば]
昨日、治郎に梅蘭焼きそばを食べに行こうと誘われた。 梅蘭焼きそばってなんじゃい??って思ったが、まぁ暇だったし、いいか〜と思って付き合うことにした。 そしたら、家を出たのはいいが、駅に着いたらなんと財布を忘れてきたことに気づいて、ガ、ガーン [続きを読む]

受信: 2007.02.22 09:42

» グーグル 地図 で京都 観光 [グーグル 地図 で京都 観光]
グーグル 地図で 京都 観光できます! [続きを読む]

受信: 2007.05.15 07:13

« スモールボートの艤装 | トップページ | 地デジの格安チューナー購入 »