« 福岡市博多区の洋食の名店「かね吉」がリニューアル・オープン | トップページ | 宗像市のグルメ 「DINING GARDEN 庫裡」赤間の唐津街道近くの古民家レストラン »

2007.03.13

我が家のアンテナは地上波テレビ用3本、衛星放送用が4本、計7本も

スポンサードリンク


 先日、地上波デジタル放送の受信用にアンテナを立てました。地デジは、UHF波用のアンテナですみますから、比較的簡単に設置できました。

BSアンテナ 屋根に上って設置していたら、UHF地上アナログ放送のアンテナがすでに2本、衛星放送用のパラボラ(皿状)のアンテナが4本ありますから、この新しい地デジのアンテナを勘定に入れると合計7本のアンテナが我が家に立っていることになりました。

 このうち、1本のパラボラが稼動していませんので、使用しているアンテナは6本になります。普通の家庭では、2~3本のアンテナ数が大多数でしょうから、明らかに正気の沙汰ではないかもしれません。

BSアンテナ  ここで説明を加えると、UHF波のアンテナは、1本が、地上波アナログの茶の間のテレビ用、2本目は茶の間のテレビ以外、つまりオーディオルーム、寝室、座敷、そして私の書斎の地上波アナログ共用アンテナです。最後の3本目が、今回の地デジアンテナで茶の間のテレビ用です。

 衛星のパラボラアンテナの1本目は、茶の間のテレビ用で、BSデジタル放送を受信しています。2本目は、オーディオルームのBSデジタル放送用です。3本目もオーディオルームのCS放送(スカパー)用、最後の4本目は、以前はCSのディレクTV(DirecTV)用でしたが、この放送は廃止となり、現在は無稼動となっています。

テレビアンテナタワー  私が主に、テレビ放送を見るのは、茶の間のハイビジョン・テレビ(36インチ)かオーディオルームのハイビジョン・プロジェクター(120インチ)かです。高画質映像を観るのが、趣味の一つである私にとって、それぞれ2台のハイビジョン機材には、独立したアンテナで入力するのが原則です。つまり、アナログ地上波、デジタル地上波、衛星デジタル、CSと4種類ありますから、4種類の放送波×2台=8本のアンテナが必要となるわけです。

 このうち、アナログ地上波、衛星デジタルについては、テレビとプロジェクター、それぞれ独立してアンテナがありますので4本、これにCSと地デジ(ハイビジョン・テレビ用)が1本のアンテナしかないので2本、稼動しているのは合計6本となります。

テレビアンテナタワー  ただし、CS(スカパー)は、特殊テクニックを使用していますので、アンテナ1本で、チューナー1台でも茶の間とオーディオルームでも視聴可能となっています。

 普通のご家庭では、ハイビジョン・機材が2台もあるのは未だ珍しいし、2台あっても、1本のアンテナから分配して入力できますので、それぞれにアンテナを立てることはほとんどないと思います。

 何ゆえ、アンテナをそれぞれ独立して立てるかというと、ひとえに高画質、高音質のためです。地上波アナログにしても、分配して受信すると画質が落ちるような気がするからです。現実には、それほど落ちず、ほとんどわずかの画質差しかないかもしれませんし、地上波アナログの画質は気にするほどのことでもないかもしれません。。

 オーディオと一緒で、音質の差もオーディオフアンでなければ気になりませんが、オーディマニアは少しの音質差でも気に入りません。

 今のテレビ放送は、皆さんの想像以上に高画質、高音質で放送しています。特に、36インチ、120インチのハイビジョン画面は圧倒的な迫力と現実感を伝えてくれます。そのような放送を、できるだけ質を落とさずに受信するためにアンテナを数多く立てているのです。

 ところで、アナログ地上波のアンテナですが、画質を気にする人たちの間では、アンテナの寿命は5年程と言われていたことがあります。アンテナ自体、配線ケーブルの寿命等から5年で全部取り替えると良いそうです。普通の家庭では、こんなことをする必要はないと思いますが、アンテナの方向だけは気にかけておいたほうが良いと思います。

 テレビの映りの悪い原因の多くが、アンテナトラブル、それも方向があっていないことに起因しています。特に、台風後は要注意です。あと、アンテナ・ケーブルもテレビ映りの悪い原因となりますが、この辺は話すとキリがありませんのでやめておきます。とにかく、テレビの映りが悪くなったら、まず、アンテナを疑ってください。

 By  Jun

 

スポンサーリンク

|

« 福岡市博多区の洋食の名店「かね吉」がリニューアル・オープン | トップページ | 宗像市のグルメ 「DINING GARDEN 庫裡」赤間の唐津街道近くの古民家レストラン »

12 DIY・日曜大工」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、今晩は。Junです。
6台ですか、すごい数ですね。でも、結構テレビの台数が多い家庭も多いですよね。
アンテナの設置は、全て私が屋根に上って行っています。作業自体は、覚えてしまうと割りと簡単ですが、問題は屋根から落ちたりする危険性です。本当は安全ロープを着けてする方が良いのですが、そこまではしていません。
しかし、落ちないように細心の注意を払っています。屋根の上では、出来るだけ這って移動します。
自信が無ければ、電気屋さんに頼んだ方が安全の上から、作業の確実さから言っても正解だと思います。

投稿: Jun | 2007.03.22 22:24

Ryuです。コメントしていたつもりになっていました。
我が家は義母の居間と寝室、亡くなった義父の部屋、台所とリビング、二階の客間、私の部屋とにテレビがあります。6台ですがアンテナ(VHF/UHF)と衛星放送用パラボラアンテナが各一本しか無く、画質が低下しているのでしょうね?アンテナも以前の台風で一部折れ曲がっている箇所も有りますし方向もやや歪んでいる様に見えます。一度電気屋さんに頼んで良いアンテナを付けてもらおうと思っていますが、延び延びになっています。Junさんは屋根に登ってご自身で工事されるんですよね!私には出来ません。

投稿: Ryu | 2007.03.19 14:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/14229719

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のアンテナは地上波テレビ用3本、衛星放送用が4本、計7本も:

« 福岡市博多区の洋食の名店「かね吉」がリニューアル・オープン | トップページ | 宗像市のグルメ 「DINING GARDEN 庫裡」赤間の唐津街道近くの古民家レストラン »