« 宗像市のアレッタ(Aletta) ワールドキッチンスタジアムがコンセプトの | トップページ | 宗像市の本格インドカレーレストラン「MINA」 »

2007.03.25

「男はつらいよ」と船越英二さんの兵頭パパ

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Torasanhyoudoupapa_syukusyoumoji_2  3月17日に俳優の船越英二さんが死去されました。テレビドラマの「時間ですよ」 、「熱中時代」等に出演されていましたが、私にとって印象深いのは何と言っても、「男はつらいよ」第15作「寅次郎相合い傘」の兵頭謙次郎役、いわゆる兵頭パパの好演です。

 「寅次郎相合い傘」は、48作ある「男はつらいよ」シリーズの中でも白眉と言える作品で、私のランキングでは第1位、寅さんファンの中でも上位3位にたいてい入っているほどです

 もちろん、見所は寅さんと松岡リリー(浅丘ルリ子)のえもいわれぬ絡みにあるのですが、北海道での兵頭パパ、寅さんそしてリリーの道行き、兵頭パパの小樽での初恋の人との再会などもシリーズNo1の面白さ、胸打たれる場面が続きます。

Otaruungasyukusyoumoji そもそも、漂流者としての寅さん、リリーに対して社会的安定と家庭を持ちつつ北海道に逃れてきた兵頭パパ。その役を船越英二さんは、実に飄々とソフトに演じています。この演技を名演といわずして何が名演かと思うくらいです。

 特に、運河の街、小樽でのシーンは印象的であります。まず、今では観光地となってしまった運河ですが、この映画の運河のシーンは観光地化する前の運河で、本当に情趣があります。カメラは、日本の様々な風景を撮るのでは定評がある高羽名カメラマンです。

 それと船越英二さんの兵頭パパの初恋役として出演する女優の岩崎加根子さんも秀逸です。この方は、私もあまりなじみの無い俳優さんですが、俳優座が生んだ三大新劇女優の一人で、ちなみにあとの二人とは渡辺美佐子さんと市原悦子さんだそうです。

Hyoudoupapasyukusyoumoji  兵頭パパと初恋の人の再会舞台となった喫茶「ポケット」は、当時の小樽市緑町1丁目あたり、シェル石油、原田歯科医院てまえあたりで撮影されたようです。山田監督は、第8作の「男はつらいよ 寅次郎恋歌」でも、喫茶「ローク」(柴又帝釈天横)の女主人池内淳子を登場させましたが、同じようなパターンで女主人に岩崎加根子さんを起用しました。

 兵頭パパと喫茶「ポケット」の女主人の30年ぶりの再会の場面は、寅さんとリリーの雨の柴又参道の相合い傘シーンとで、私にとってこの映画のベスト場面の双璧であります。

Iwasakikanekosyukusyoumoji これらのシーンがどのように良いのかは、映画を観てもらう以外に無いと思います。ぜひ、船越英二さん、岩崎加根子さん、そして寅さんとリリーの名演を機会があれば、DVD、ビデオテープ等で楽しんでいただければ幸いです。

 最後に、船越英二さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

 By Jun

|

« 宗像市のアレッタ(Aletta) ワールドキッチンスタジアムがコンセプトの | トップページ | 宗像市の本格インドカレーレストラン「MINA」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

Ruuさん、今晩は。Junです。
植木等さんが亡くなられたのは、まことにもって残念です。無責任のイメージとは全く逆の誠実で思いやりのある方だったようです。このことは、寅さんを演じた渥美清さんとも通じるものがあります。
船越英二さんといい、昭和の名優が亡くなって行きますが、さて、平成の名優と言える人が今後出てくるのでしょうか?今の、テレビ界、映画界を見渡すと暗澹たる気持ちにもなります。

投稿: Jun | 2007.04.02 21:07

昨日植木等さんが亡くなられましたね!素敵な俳優さん達も去っていくのは仕方ない事だと思いますが、昨今は黙っていても絵になる俳優さんが少なくなりましたね!船越英二さんは、ハンサム(最近はイケメン)&優しさ&落ち着きの有る盟友でしたね!声も素敵でした。

投稿: Ryu | 2007.03.28 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/14363844

この記事へのトラックバック一覧です: 「男はつらいよ」と船越英二さんの兵頭パパ:

« 宗像市のアレッタ(Aletta) ワールドキッチンスタジアムがコンセプトの | トップページ | 宗像市の本格インドカレーレストラン「MINA」 »