« 自作ボート、2.4mプラムの製作(目的と合板の調達) | トップページ | 自作ボート、2.4mプラムの製作(船体の組み立て) »

2007.05.25

自作ボート、2.4mプラムの製作(船底の切り出しとステッチ&グルー工法)

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


  Dsc_5913syukusyoumojiDsc_5905syukusyoumoji ボートの船体となるシハチの耐水合板を手に入れると早速製作開始です。

 実は、このボートには設計図なるものがありません。非常に簡単な船底となる部分の合板の切り出し方と船べりとなる側板の図だけ。後は、雑誌記事のボートの写真やイラストだけが頼りです。つまり、ほとんどは現場で適当に作っていく、いわゆる現場合わせとなります。従って、船体の長さはシハチの合板で決まってしまいますが、その他の寸法は出来上がり次第となります。

  Dsc_5921syukusyoumojiDsc_5916syukusyoumoji ボート作りで、一番難しいのは喫水線以下のカーブの出し方でしょう。水の抵抗を少なくするため、いかに滑らかな曲線を持たせるかでしょうが、このボートでは型紙を使用します。

 つまり、合板で船底を作るために原寸大の型紙を作成し、これを合板に当てて切り出して組み立てると船底部分ができる寸法です。

 この型紙の作り方ですが、シハチの大きさの紙を四つ折にして、雑誌の記事の通りにハサミで切り、展開すると船底の型紙が出来上がります。あとは、この型紙を合板に当てて、商品名のゼットソーⅢ(精密ノコギリ)で切り出します。

究極の横挽きノコ Z ゼットソーIII
横挽き切断専用。独自のR刃特殊目立で「止め切り」に便利です。また切断に必要な部分にだけ鋸刃が接する形状のため、挽き心地が軽いと人気です。

 

シハチの大きさと同じ紙などありませんでしたので、大き目のクラフト紙を張り合わせて作りました。問題は、曲線をハサミで切り出すのですが、どうしても凸凹ができてしまいます。適当にハサミで切りましたが、多少凸凹でも、ステッチ&グルー工法のおかげで何とか形になります。

Dsc_5925syukusyoumoji_1Dsc_5924syukusyoumoji  切り出した合板をつなぎ合わせて底板部分を作りますが、ここでステッチ&グルー工法について少し説明しましょう。「ステッチ」とは縫うことで「グルー」とは糊、つまりエポキシ接着剤を意味します。簡単に言えば「縫い合わせ接着工法」となりますが、スモールボートやカヌーの自作はほとんどこの工法で行われているようです。


自作ボート製作に使用できるかもしれない2液式エポキシ接着剤 
スリーボンド 2液性エポキシ接着剤 パンドー 1kgセット 水中硬化タイプ。 
ロックタイト エポキシ系接着剤 445(エポキシ45)。他

 合板と合板を接合する際には、銅線(#18番)が通るほどの電気ドリルで穴を開け、銅線を通してペンチで捻り上げて、つなぎ合わせます。船底もこの方法で作りますが、銅線を通す穴が開きますし、銅線だけでは接合も大変弱いものです。そこで、このつなぎ合わせ目に接着剤を流し込み、がっちり接合するとともに穴もふさいで水が入らないようにします。

Dsc_5971syukusyoumojiDsc_5929syukusyoumoji ステッチは、合板に穴を開け、銅線の18番を通して捻り上げますが、電気ドリルのビット(キリの部分)の太さもこの銅線がかつかつ通る位が良いと思います。また、この穴の開ける位置も、よく考えた方が良いのですが、最初はどうしたらいいかわかりません。

 ステッチを重ねていくとその辺のコツはだんだんと分かってきます。それと、銅線のねじり具合も最初からギンギンに捻り上げるのではなく、最初はゆるめにしておいて、組み上げながらだんだんとあっちこっちを締め上げていく方法が良いようです。

 船底部分も、ステッチを終えて、開いてみるとなかなか船尾と船首の部分がカーブが出ませんでした。最終的には、なかなか良いカーブが出たのですが、この辺も初心者は苦労しがちな部分です。

スポンサードリンク

|

« 自作ボート、2.4mプラムの製作(目的と合板の調達) | トップページ | 自作ボート、2.4mプラムの製作(船体の組み立て) »

04 自作ボート」カテゴリの記事

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

12 DIY・日曜大工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/15168570

この記事へのトラックバック一覧です: 自作ボート、2.4mプラムの製作(船底の切り出しとステッチ&グルー工法):

« 自作ボート、2.4mプラムの製作(目的と合板の調達) | トップページ | 自作ボート、2.4mプラムの製作(船体の組み立て) »