« iPodはビデオプレイヤー機能がすごい! | トップページ | 自作ボート、2.4mプラムの製作(船底の切り出しとステッチ&グルー工法) »

2007.05.22

自作ボート、2.4mプラムの製作(目的と合板の調達)

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボートの自作を始めました。何故、ボートを自作するのかと言うと理由はいろいろあります。

 もうすでにタイガー号と言うボートを持っているではないかとのご意見もありましょうがまず、私のボートの目的は、フィッシングです。シーバスをはじめとする釣には、ボートがあれば圧倒的に有利です。防波堤にしろ、通常の釣り場は人であふれています。しかし、ボートで行けば、人はいないし、魚はスレていないでパラダイスです。

 タイガー号で行けばいいじゃないかと思われるかもしれませんが、このタイガー号での釣行きが、けっこう大変なのです。重量が重いため、二人がかりでも車の上げ下ろし、釣り場でのボート出しとへとへとになります。そして、何よりも一人では気軽に釣に行けないことが、タイガー号の最大の欠点です。

 このため、ボートの重量が軽く、一人でも、できれば二人以上乗船可能な、釣に行けるボートを考え始めました。まず、市販のボートですが、選択肢は二つあります。インフレータブル(ゴム)ボートとFRP(プラスチック)ボートです。

 FRPボートは、安くても船体だけで5万円以上はします。5万円のボートでも、二人は乗れません。ゴムボートは、3万円台からあり、二人以上乗れますのでこちらの方が候補になります。

 ところが、ゴムボートも意外と軽くはありません。しっかりしたゴムボートはFRPのボートよりも少し軽いくらいです。また、空気を入れたり、帰ってきて折りたたんだりとけっこう手間ヒマがかかり、一人で気軽に行くといった感じでもないようです。

 そんなこんなを考えている時、舵社の「スモールボート」誌の古いの(No4 2004年12月)を見ていると、2.4mの自作ボートの記事「2,4mプラムの自作」を見つけました。材料代3万円以下、一人でも持ち運べる軽量さ、ボート作り初心者でも簡単にできる2.4mプラム(ボートの型式)の製作マニュアルです。タイガー号が、約3mのボートですから、60cmも小さいボートです。

Dsc_5945syukusyoumoji  このボートは、シハチ(4フィート×8フィート)の合板をステッチ&グルー方式で作ります。8フィートが2.4mですから、この合板をぎりぎりいっぱい使って作ることになります。ステッチ&グルー方式については、後述しますが、まずはシハチの耐水合板が必要になります。

 皆さんが通常見られる合板は、サブロクと言い(3フィート×6フィート)のサイズです。それに、耐水合板もあまり身近にはありません。

 すでに自作ボートを製作されたヨット仲間のHさんの話によると、輸入物のマリン合板がボート製作には質的には最上であるとのこと。スモールボート誌でも、フィンランドバーチ合板を使用しています。

 なかなか宗像では、簡単に耐水合板さえ手に入りません。ホームセンターのナフコで「合板それも耐水のを探しているのですが・・」と係員に尋ねると「ゴーバンって何ですか?」と目が点になるような返答。

 これじゃ駄目だと思い、ネットで合板取扱店を探してみると、津屋崎の「フジコオ」と言う店があったので、電話で尋ねるとツーと言えばカーと響くお答え。早速、シハチの耐水合板4mm厚(タイプ1)とサブロクの耐水合板5.5mm厚を発注しました。

 受け取りの日に、レガシーで取りに行きましたが、さすがにシハチは荷室には入らずルーフキャリアの新作スライダーのおかげで何とか持ち帰りました。


Smallboat

この自作ボート製作に参考とした記事、「2.4mプラムの自作」が載っている雑誌です。(注:2010年10月現在、この号は現在売り切れとなったようです。







初めて小型ボートを持とうと思った時に参考となるいくつかの本です。
小型ボートに関する本









 スポンサードリンク

|

« iPodはビデオプレイヤー機能がすごい! | トップページ | 自作ボート、2.4mプラムの製作(船底の切り出しとステッチ&グルー工法) »

04 自作ボート」カテゴリの記事

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

12 DIY・日曜大工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/15136004

この記事へのトラックバック一覧です: 自作ボート、2.4mプラムの製作(目的と合板の調達):

» ヤマハ ボート [ボート 釣り & アウトドア ボートのある生活]
お得に舞浜!穴場スポット満喫術~雨もOK舞浜といえば東京ディズニーリゾート。ディズニーパークは楽しいけれど、実は周辺には穴場なスポットが目白押し。今回は舞浜の穴場な過ごし方をご紹介。夏休みはもちろん、梅雨の季節はお得度も◎でオススメです。lt;pgt;&am..... [続きを読む]

受信: 2007.06.16 14:24

« iPodはビデオプレイヤー機能がすごい! | トップページ | 自作ボート、2.4mプラムの製作(船底の切り出しとステッチ&グルー工法) »