« 初のマイボート・シーバス釣行 | トップページ | iPodはビデオプレイヤー機能がすごい! »

2007.05.15

福岡市博多区のクラシック音楽喫茶シャコンヌでの憂鬱

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Dvc00166syukusyoumoji_1  名曲喫茶と言うものをご存知でしょうか。スターバックス等の新しいカフェに追われて喫茶店自体が、もう時代から遠ざかっているようですが、クラシック音楽を比較的立派なオーディオ装置によって聞かせる喫茶店です。

 気の利いた喫茶店では、BGMとしてそれなりのオーディオでクラシック音楽を聞かせるところもありますが、それは名曲喫茶ではないのでしょう。名曲喫茶では、曲名、演奏者等の客のリクエストに応じて曲を流してくれます。

 そのためには膨大なレコード、CDのストックが必要になります。ジャズ喫茶も同じような形態で、ジャズ喫茶のクラシック版が名曲喫茶と言ったところだと思います。

 さて、福岡市にも「クラシック音楽喫茶 シャコンヌ」と言う名曲喫茶があります。そもそもシャコンヌとは、スペインに起源を持つ古い舞曲であり、バッハをはじめとしてこのスタイルの曲が多くあります。

Dvc00167syukusyoumoji 喫茶の「シャコンヌ」は、昭和32年に開店した博多の街に古くからある老舗の喫茶店です。私も学生時代から時々は、寄っていた喫茶店でもあります。そのシャコンヌの近くにたまたま行くことがあったので、ちょっと立ち寄ってみました。

 昔のシャコンヌは、クラシック音楽を聴く部屋と喫茶だけの部屋と分かれており、確かコーヒー等の料金も異なっていたような記憶があります。

 今ではそんなことも無いようで、私は奥の部屋に行きました。そこは、正面に大きなスピーカーが2台あり、その間には不思議なことにリア・プロジェクションの大きなテレビが置いてあります。

 すでに先客が3人くらいいます。メニューを持って来てくれたので、ブレンドコーヒーを注文しました。スピーカーから流れてくる音楽はクラシックの曲ですが、何だか冴えない音です。

 注文したコーヒーが運ばれてきました。ビックリしたのは、コーヒーと一緒に生クリームの皿が付いてきました。昔の喫茶店では、ミルクの代わりに生クリームがあり、ブレンドコーヒーでも、ウィンナコーヒーが飲めると言うありがたいシステムです。

Dvc00168syukusyoumoji それにしても、昔のシャコンヌらしくなく、客もクラシック音楽を鑑賞している風でもなく、単なる喫茶店と変わりがありません。客からのリクエスト盤も準備されていず、今かかっているCDがポツンと置いてあるだけです。

 数年前に、東京・渋谷の「名曲喫茶 ライオン」に行ったことがありますが、ここは客もお店も名曲喫茶らしい所でした。ここのパンフレットに「帝都随一の音響装置」と書かれていたのには驚かされました。人の多い東京では、まだまだ名曲喫茶が元気でした。

東京の散歩道: Vol.2 【DVD】  
昭和元年創業の名曲喫茶「ライオン」を収録

 もう九州には、名曲喫茶はここしかないという話も聞きますが、もう名曲喫茶では成り立たないのでしょうか。

 最後に、レジのところで、店長と思しき男性の方に、「ここのスピーカーはどこ製ですか?」と聞くと、「よくわかりません。」とのこと。

Dvc00170syukusyoumoji 最後の最後まで、本当に寂しい思いをした「名曲喫茶 シャコンヌ」のひと時でした。

名曲喫茶に関する書籍、資料等 
名曲喫茶のクラシック~懐かしのクラシック小品集~、地図・現代図で歩く 昭和30年代東京散歩 (古地図ライブラリー等

○クラシック音楽喫茶 シャコンヌ

所在地   福岡県福岡市博多区綱場町9-7 所在地はここをクリック (Google マイマップ)
電話    092-291-2720
営業時間 不明
休み    不明
駐車場   不明

スポンサードリンク

|

« 初のマイボート・シーバス釣行 | トップページ | iPodはビデオプレイヤー機能がすごい! »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

kenji.yさん、お早うございます。Junです。

残念なことにシャコンヌは閉店してしまいました。

スターバックス等の進出等により、喫茶店は軒並み閉店してしまいました。

音楽喫茶も、東京の名曲喫茶ライオン等は残っていますが、それも東京のキャパの賜だと思います。

懐かしい居場所が次々になくなっていくのはほんとうに残念ですね。

投稿: Jun | 2012.10.07 08:11

ああ..やっぱりシャコンヌ..無くなってしまいましたか!
昭和33,4年頃、ふと立ち寄って以来10年以上、毎日のように通い詰めた店でした。
 奥の「音楽室」と書かれた部屋の、左側のトイレの入り口近くの壁に小さな黒板があって、いつもびっしりとリクエストが書かれていました。
 自分のリクエストがかかるまで何時間もかかるのです。
知らなかったいろんな曲を聴くことになり、クラシックにのめりこんでいきました。
 「落書帳」と題する大学ノートが置かれていて、その書き込みを読んだり、書き込んだりしながらリクエスト曲を待つたものです。
 「60年安保」の頃です...手前の「談話室」では、熱い政治論議が交わされたことも...

 その後、熊本に引っ込んで...2004年?ごろでしたか、博多に出張ったついでに懐かしく思って寄ってみました。
 音楽室の大きなスピーカーなど店のしつらえは昔どおりでした。
 サンサーンスの「序奏とロンドカプリチオーソ」をリクエストしました。
 年配の男性店員が「サンサーンスでございますか?」と席までわざわざ確認に来ましたが、流れ始めたのは別の曲!
 やがて新しい客が来ると、先の年配店員が「もうこの辺でようございましょうか」と言って引っ込み、新しい客のリクエストに切り替えてしまいました。

  シャコンヌは全く別物に変わり果てていました。

   それでも、今どうなっているのだろうか?
    時折、ふと思い出していたのですが...

投稿: kenji,Y | 2012.10.06 22:21

myumyuさん、今日は。Junです。
いよいよ2月29日でシャコンヌも閉店ですか。なかなか音楽喫茶も難しい時代になっていますね。
ご自宅のマンションでDVDの鑑賞会を開催していらっしゃるとの事。
私も、自宅でホームシアターを楽しんでいます。ピュア・オーディオもいいものですが、映像と音楽のコラボも面白く楽しいですね。

投稿: Jun | 2008.02.24 12:39

シャコンヌは2月29日で閉店です。
既に入口に掲示しているランチタイムのメニューの上に閉店まであと8日と記載しています。
私共は、クラシックコンサートやオペラ全曲、ヨーロッパ紀行ヨーロッパの世界遺産を自宅マンションのオーディオルームにてDVD鑑賞する会を催しています。
第1,第2,第4,第5土曜日の午後3時より開催しています。
詳しくは、シャコンヌのトイレの入口に掲示しています。

投稿: myumyu | 2008.02.23 00:37

myumyuさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
そうですか、シャコンヌも閉店ですか。
残念ですが、あの状態では仕方がないかもしれません。
これで、九州では名曲喫茶は無くなったのでしょうか。昔は、なかなか自宅では音楽を聞く環境にはなく、このような場所で鑑賞していたのですが、今では、iPodをはじめとして手軽に楽しめるようになりました。
しかし、そもそも音楽を楽しむような習慣も無くなっています。特にクラシックなどは、知識も無ければ意欲も無い状態でしょう。
機材は進化しますが、人の心は退化しているような気がします。

投稿: Jun | 2008.01.03 11:27

古典音楽喫茶「シャコンヌ」は1月を以って閉店のようです。

投稿: myumyu | 2008.01.01 00:48

tetsuさん、お早うございます。Junです。
都市開発の波の中で、色んな貴重なものが失われています。古くからの地名、建物などです。
建物には、それらにまつわる人、歴史、文化なども存在しており、いったん失われると復活は至難の業です。
シャコンヌもまたしかりです。

投稿: Jun | 2007.09.28 06:14

シャコンヌをはじめとする周りの店舗は立退きをめぐって裁判をしるとの事です。厳しいですね。

投稿: tetsu | 2007.09.22 00:37

tetsuさん、今晩は。Junです。
シャコンヌの横でマンション建設ですか。仕方の無いことかもしれませんが、残念ですね。マンションも入居者の方々もいらっしゃるので、それなりの社会的役割を果たしているとは思うのですが、再開発で老舗の店等が立ち退くのも何だかなーと思いますね。
老舗の店というのは、存在するだけで歴史であり、文化なのですが、無くなれば取り返しがつかないことにもなりかねません。
博多のあの辺は、変わってほしくないのは私だけでしょうか。そして、再開発で街が良くなるのでしょうか。博多の今までの移り変わりを見ていると、良くなった街は無いと思いますが。

投稿: Jun | 2007.06.28 22:42

福岡市で唯一の老舗のクラシック音楽喫茶「シャコンヌ」の隣に高層のワンルームマンション(15F建)が着工しています。この界隈は再開発地区で周りの老舗の店も立退きを余儀なくされているようです。残念ですね。

投稿: tetsu | 2007.06.28 20:25

Ryuさん、今晩は。Junです。
シャコンヌの全盛期を知っているだけに、落胆も大きかったのです。しかし、時代は流れています。栄枯盛衰は世の常でしょうね。
Jazzは、私も少し興味があった頃、サキソフォン・コロッサス(通称サキコロ)やマイルスのアルバムを買ったことがありました。
私の今のお気に入りは、サックスのポール・デスモンドです。彼のグリーンスリーブスを良く聴いています。

投稿: Jun | 2007.05.21 21:52

Junさん、今晩は!Ryuです。
私は少し若いので名曲喫茶やJazz喫茶はあまり行った記憶が有りません。団塊世代の少し上の方々の青春時代の思い出でしょうか?JUnさんにとってはシャコンヌは少し期待はずれだった様ですね!最近、風呂でJazz聞いています。w

投稿: Ryu | 2007.05.20 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/15046162

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市博多区のクラシック音楽喫茶シャコンヌでの憂鬱:

» スターバックスのマグカップは、 [雑学的ブログ]
スターバックスのマグカップに、世界各地限定のマグカップというのがあるそうです。旅行雑誌に載ってました。旅行に行って、そのお土産にその都市限定のスターバックスマグカップというのも面白いですよね。「スターバックス」で検索してみました! [続きを読む]

受信: 2007.05.15 08:35

« 初のマイボート・シーバス釣行 | トップページ | iPodはビデオプレイヤー機能がすごい! »