« 玄界島復興と博多湾クルージング | トップページ | 宗像市のラーメン店「天龍軒」は「祇園清水」で営業中 »

2007.07.12

自作ボート 2.4mプラムの製作(2馬力エンジンの装着と2回目の試験航海)

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Img_2446syukusyoumoji  毎度、自作ボートネタで申し訳ありません。何しろ、自作ボート製作の記録も兼ねていますので、よろしくご理解のほどお願い申し上げます。

 最初の進水式及び試験航海では、オールの手漕ぎでしたが、さすがにこれではシーバス釣にはほとんど実用にはなりません。ということで、2馬力エンジンを装着することにしました。

Dsc_6277syukusyoumoji  私たちはすでにヤマハの8馬力船外機を所有していますが、何ゆえこの8馬力エンジンを使用せずに2馬力エンジンなのか? 答えは、ズバリ、2馬力エンジンであれば無免許、無登録で自作ボートを使用することができるからです。

 平成15年の法の改正により、大雑把に言って、長さ3m未満、推進力2馬力未満の小型ボートは、小型船舶免許が不要となり、船舶検査もいらなくなりました。

Dsc_6279syukusyoumoji  今回の自作ボートは、長さ2.4mですから、2馬力未満のエンジンを搭載すればこの条件に該当することになります。

 次に、2馬力エンジンの選定ですが、国産各メーカーからそれぞれ発売されています。その中でも、私はホンダの4サイクルエンジン、BF2Dのショートタイプを選択しました。

Dsc_6280syukusyoumoji

 この選択のポイントは、空冷エンジンと言うことです。他の全てのメーカーの2馬力エンジンは水冷です。空冷エンジンの最大のメリットは、使用後に真水で冷却水循環をしないですむことです。つまり、海で使用しているときは、冷却のため、海水をエンジン内に取り込んで循環させていますから、そのまま放置すると、海水の塩分がこびりつき、冷却周りが詰まってしまうことになります。

 そうなるとエンジンはオーバーヒートを起こし、下手すると海上でエンジンストップの羽目に陥ります。その点、空冷エンジンは、自宅でエンジンを起動させ、真水を循環させる必要がなくなり、これをフラッシングといいますが、メンテナンスが非常に楽になります。

Dsc_6282syukusyoumoji  それと空冷エンジンは、冷却水を循環させるインペラ等が無いので、冷却装置のトラブルも起こりにくくなります。良い事ばかりのようですが、空冷はエンジン音が高めの傾向になります。

 さて、実際に2馬力エンジンを船尾にセットしようとすると、問題が発生しました。船尾(スターン)の高さが高いために、スクリューが十分に水に浸からないのです。こうなると本来のエンジンの性能が発揮されません。

 そこで急遽、船尾のブルワーク(てすり)部分に切込みを入れました。ま、この辺が現場合わせの醍醐味です。なんとか、エンジンのスクリューが船底より下に位置するようになりました。

 エンジンが取り付けられるようになったので、N君の協力を得て、宗像の神湊にエンジンの試験航海兼エギング兼キス釣に行くことにしました。

 自作ボートを海の上に押し出し、早速、エンジン始動にとりかかりました。比較的、簡単にエンジンはかかりました。自作ボートを走らせて見ると、8馬力エンジンとは比較にならないくらい遅い!! 8馬力エンジンでは、倍以上も重いタイガー号でさえ簡単にプレーニング(滑走)しますが、プレーニングなど夢のまた夢。ジョボジョボと進んでいきます。

 時速10km以下でしょうが、4mm厚のベニア製の自作ボートですからこれくらいの方が安全面からも良いのかもしれません。

 釣果の方ですが、N君が小型の甲イカ1匹と、キスが10匹程度釣れました。2馬力エンジンですが、オールで漕ぐよりも比較にならないくらい楽に移動できます。

 次は、船内の塗装とさらなる艤装作業が残っています。それもまた楽しみの一つです。


私の自作ボートに付けているホンダの2馬力船外機です。4サイクルで空冷エンジンです。使用後の水通しの手間がいりません。
ホンダ船外機2馬力4ストローク




 スポンサードリンク

|

« 玄界島復興と博多湾クルージング | トップページ | 宗像市のラーメン店「天龍軒」は「祇園清水」で営業中 »

04 自作ボート」カテゴリの記事

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

12 DIY・日曜大工」カテゴリの記事

コメント

2馬力船外機は、当初10〜12kmくらいの速度でてたのですが、最近は、10km以内、へたをすると8kmとかいう数値です。 まあ、そんなに大した違いでもありませんが、音だけは違うような気がしておりました。
ガソリンは極力当日調達のものを使用しておりますので、慣らし運転の間違いかもと、自分を責めてしまったり・・・ふうう。。。

とはいえ、とりあえず2〜3キロ程度の距離ならエンストもせず動いていますので、こんなもんかな〜などと考えているしだいです。

海の上でお会いできたらうれしいです。いろいろとご教授ください。よろしくお願いします。

投稿: hanami | 2007.07.20 19:43

hanamiさん、今晩は。Junです。
はじめまして、よろしくお願いします。
hanamiさんのブログ拝見しました。掲載記事の写真が宗像の海でしたので、海上でお会いするかもしれませんね。
一輪車ドーリーの記事中に2馬力エンジンのパワーダウンのことを書いてありますが、ひょっとしたら古いガソリンをお使いではありませんか?私も、8馬力エンジンで、パワーダウンを経験しましたが、原因は1年以上も前のガソリンを使用していました。ガソリンは、できるだけ新しいものを使用したほうがトラブル防止になります。ガソリンは生ものだそうで、一度、ガソリンスタンドで購入したばかりのガソリンを使用されて変化を見られては堂でしょうか。ひょっとしたら、キャブなども原因かもしれませんが、一度ガソリンを疑ってみてください。

投稿: Jun | 2007.07.18 23:21

Ryuさん、今晩は。Junです。
進水式らしきものはしていませんが、すでに数回、海に浮かべています。
ボート作りは、雑誌の記事を参考に作成しましたが、木工を少しやっていれば、比較的スムーズに、全くのビギナーでも時間をかければできると思います。
ただし、雑誌の自作記事程度の情報は必要でしょう。私の場合も、雑誌の記事が無ければ、とうてい自作は無理なような気がします。
船名は、ほとんど考えていませんが、強いて付けるとすれば、タイガー・ジュニアでしょうか。そもそもタイガー号も船名を表示していません。
タイガー号の名前も船舶登録の関係で付けたもので、自発的な名前ではありません。
タイガー号命名の珍騒動は、カテゴリ「フィッシング・釣」の「釣ボート登録時の小さな騒動」に記しておりますのでよろしかったらご覧ください。

投稿: Jun | 2007.07.18 22:56

はじめまして。 hanamiと申します。
私は、2馬力インフレータブルで試行錯誤の釣りを楽しんでおり、貴HPもいろいろと参考にさせて頂いております。
また、グルメを楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: hanami | 2007.07.17 11:55

Junさん今晩は!Ryuです。
今夜の11時前、激しい雨と雷が轟いています。愛犬クッキー嬢はブルブル震えて家内の膝の中。

船外機つけると、更に船が船らしくなってきましたね!素人が船を作れるなんて想像もしなかったのですが、JunさんのBLOGを見ているとしっかり研究しながら進めれば出来る物だと実感しました。勿論Junさんは素人の中の玄人ですが。

まだまだ艤装など作業が残っているようですが、進水式は何時頃になるのですか?船名はどのような?楽しみですね!

そして、試験航海にしてはなかなかの釣果、ナイスです。四万十から帰ったら山登り、釣り、ヨット、ボートと忙しくなりそうですが、遊んでばかりもいられない状況になってきました。

そろそろ梅雨明けか?どでかい雷が鳴り続けています。

投稿: Ryu | 2007.07.16 22:55

haikei31さん、お早うございます。Junです。
メールでお尋ねした事を参考にしてホンダの2馬力にしました。お礼が送れて申し訳ありません。
未だ、2回しか実際に使用していませんが、なかなか快適です。8馬力と比較すると確かにパワーダウンは否めませんが、8馬力を自作ボートに搭載するとオーバーパワーで逆に危険なことになります。何事も適材適所が肝心なのだと思いますね。
夏の釣、お互いに大いに楽しみましょう。海上でお会いしたらよろしくです。

投稿: Jun | 2007.07.15 08:16

ホンダ2馬力はどうでしたか?
やっぱり8馬力になれてると途轍もなくパワーダウンですよね。
でも、2馬力に慣れてる自分には全く気になりませんよ。
台風一過で、しばらくすると福岡も梅雨明けでしょうか?
これからが夏の釣り本番ですね!

投稿: haikei31 | 2007.07.14 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/15720132

この記事へのトラックバック一覧です: 自作ボート 2.4mプラムの製作(2馬力エンジンの装着と2回目の試験航海):

« 玄界島復興と博多湾クルージング | トップページ | 宗像市のラーメン店「天龍軒」は「祇園清水」で営業中 »