« このブログ「Jun's my Taste」の楽しみ方 | トップページ | 自作ボート 2.4mプラムの製作(2馬力エンジンの装着と2回目の試験航海) »

2007.07.05

玄界島復興と博多湾クルージング

Dsc_6211syukusyuoumoji Dsc_6205syukusyoumoji 2005年の8月に、沖ノ島クルージングで一緒だった京都のO先生が、来福されるので、週末博多湾クルージングに行こうということになりました。

 当日、朝9時に集まったのは、ヨット仲間のKさん、Hさん そしてHさんの職場の知人の方、(この方は昨年の5月に博多湾シーバス釣に同行された方)そしてゲストのO先生と私の5人でした。

Dsc_6218syukusyoumoji Dsc_6212syukusyoumoji  2年前の沖ノ島クルージングのメンバーだったハルさんとMさんは、共に残念ながら仕事の都合で不参加となりました。

 博多湾のシーバスも可能性があると言うことで、ヨットの後部に私が持参したポータプル魚探をセットしてみました。一番の問題は、音波を海中に送り込む振動子(音波センサー)の取り付けですが、クランプと木材を組み合わせて取り付けました。

Dsc_6225syukusyoumojiDsc_6220syukusyoumoji  しかし、意外と航走中の水の抵抗は大きく、手で木材を押さえなければ外れそうになります。30分程度は、頑張ってみましたが、魚探にはベイト(小魚の群れ)の反応も無く、能古ノ島を抜ける頃には撤収してしまいました。

 やがて、大原海岸に到着して、今がシーズンのキス釣を開始しました。100mくらい沖の水深5m程度のところで、ヨットを流しながら、仕掛けを投入しますが、なかなか当たりがありません。今時のキスであれば、居れば必ず釣れますので、キスが居ないと言うことで場所をチェンジ。

Dsc_6229syukusyoumoji Dsc_6228syukusyoumoji すると、数匹釣れましたが、本格的な釣れ具合ではありません。そろそろ昼時にもなりましたので、昼食のため宮の浦の漁港に入港しました。

 宮の浦では、行きつけのお寿司屋さん、「海香」があります。念のため、海上から営業しているかどうか確認していきました。

Dsc_6237syukusyoumojiDsc_6234syukusyoumoji 到着して、握り寿司を5人前とイカの煮付けを注文すると、握り寿司はすぐに出てきました。どうやら、営業の確認をした時に、どうせ握りを注文するからと言うことで早めに作っていたもののようです。もし、握り寿司を注文しなかったらどうなるのだろうかと思いました。

美味しく昼食をいただいた後、宮の浦漁港を出発して、玄界島に向かいました。この島は、博多西方沖地震で、壊滅状態に近い被害を受けた所です。しかし、復興の槌音も高く、遠方の方から、島の南側の斜面には土地の造成がかなり進んでいることがわかりました。

Dsc_6251syukusyoumojiDsc_6243syukusyoumoji 南側の斜面にへばりつくように密集していた集落は跡形も無くなっており、新興住宅地のような造成が見えます。国からの援助等で地震の復興が急ピッチで進んでいました。すでに、島内には県営住宅等で島民の方々も一部帰ってきていますが、全部の島民の方々が早く元の生活に戻られるよう祈るばかりです。

 玄界島を後にして帰路に着きました。途中、能古の島の西側を通り過ぎ、小戸のヨットハーバー近くで、急に海面が騒ぎ出し、小魚の群れが大きな魚から追いかけられてできるナブラが出ました。早速、ルアーを投入しましたが、残念ながらヒットはありませんでした。

 どういう魚のナブラかも確認できませんでしたが、この下にはシーバスがいたかもしれません。残念でした。

  By  Jun

スポンサードリンク

|

« このブログ「Jun's my Taste」の楽しみ方 | トップページ | 自作ボート 2.4mプラムの製作(2馬力エンジンの装着と2回目の試験航海) »

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

06 ヨット」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、今晩は。Junです。
ヨットでの釣ですが、実はあまりヨットは釣には向いていません。
というのも、航走中は比較的安定して揺れませんが、停船すると不安定な揺れになります。
それと、船上にはロープや手すり等、釣り針に引っかかりやすいものが多くあります。
フィッシングボートほど快適な釣にはなりませんが、釣ろうと思えば釣ることはできます。
地震が起きたとき、海上にいる場合ですが、比較的沖にいる場合は、直下で無い限り大丈夫のようです。ただし、漁港内や海岸に近い場合は、波が大きくなりますので避難が必要でしょう。
携帯は、最悪の事態になった時、防水携帯でない限りあまり役には立たないのではと思います。普通携帯は、海水にわずか濡れただけでも、一瞬にして通話不能になる可能性があります。事実、私も自作ボートの1回目の試験航海で、わずか30cmの深さの海で転んですぐ立ち上がりましたが、携帯は一発でアウトでした。
そのおかげで、今の私の携帯は、カシオの防水携帯となっています。

投稿: Jun | 2007.07.18 23:10

Junさん、またまた今晩は!Ryuです。
クルージングにいかれたのですね!まだヨットで釣りをした事が有りませんが、釣れれば楽しさ格別でしょうね!毎月のヨットクルージングがスケジュールが会わずに不参加となっております。今月も駄目です。8月にはと思っておりますがどうなる事でしょうか?地震といえば今日も新潟方面で大きな地震がありましたね!自然には逆らえないですが、どうにかならないものでしょうか?地震で津波が起きた時に海の上にいたらどうすれば良いのでしょうか?携帯電話に頼るしかないのでしょうね!雨脚が更に激しくなってきました。

投稿: Ryu | 2007.07.16 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/15612529

この記事へのトラックバック一覧です: 玄界島復興と博多湾クルージング:

« このブログ「Jun's my Taste」の楽しみ方 | トップページ | 自作ボート 2.4mプラムの製作(2馬力エンジンの装着と2回目の試験航海) »