« 自作ボート 2.4mプラムの製作(船内塗装と単独航走) | トップページ | 行橋市の「ラーメン三徳」 ハートウォーミングなラーメン屋さん、 »

2007.07.24

自作ボートの進水航走でおきたハプニングとその影響

 自作ボートを初めて海に浮かべた時、それは起こりました。

 O君と二人で、キス釣などをして、もうそろそろ船を陸に引き上げようと、遠浅の海岸に近づいていきました。O君がオールを漕いでいましたので、船首側に座っていた私が、接岸時のボートを船首で押さえる役割を受け持ちました。

 もうほとんど船首が渚に打ち上げようかと言うタイミングに、海に飛び降りてボートの船首を掴んで砂浜に引き上げるのですが、普通ならば船の舷側から降りるのが普通ですが、左右のバランスが取りにくいので、船首から飛び降りようとしました。

 すると、片足は海の底に付いたのですが、もう片方の足は船内に残ったまま。そのままオットトット状態になり、船は進んでいますから押し倒された感じでそのままボチャン。

 水深30cmも満たないところでしたが、うつ伏せに海水に倒れこみました。あわててすぐ立ち上がりましたので、倒れていた時間は5秒もなかったと思います。

Sh901is2syukusyuoumoji やがて重大なことに気づきました。首からぶら下げていた携帯(Docomo SH901iS シャープ)の電源が入らないのです。まことにあっけなく昇天したようです。何度か電源のスイッチを押したのですが、全く駄目。

 帰宅して、ネットで調べてみると、携帯を落水させた時は、電源スイッチを押さずに、バッテリーを外してからドライヤー等で徹底的に乾燥させると復旧することがあるとの事。もちろん駄目なときもあるとの事。

 バッテリー外そうとしてみると、バッテリーが心なしか濡れている感じ。ドライヤーは使用せずに乾燥が激しい冷蔵庫の中へ。

Dsc_6299syukusyoumoji  そのまま二日ほどして取り出してみると、携帯に露が付いてもっと濡れた感じに。これはいかんと思い、室内で自然乾燥に。やはり二日ほどして、乾燥したようなので電源を入れてみましたが、やっぱりうんともすんとも言いません。

 携帯が無い生活もそう不便ではなかったのですが、そうもいかないので、Docomoに行って見ました。一番の気がかりは、携帯の電話帳が復活できるかです。カウンターで、海水に漬けてしまって電源が入らないことを正直に述べました。ここで、ある日突然壊れてしまったなどと嘘をついてもばれてしまいます。というのも、携帯内部には特殊シールが張ってあり、ここが水に濡れると変色してしまうからです。

 カウンターの係りの人は、電源が入らなければ電話帳も復活できませんとのこと。困ったなーと思いましたが、ここで、携帯にSDメモリーを増設しており、電話帳を記憶させていたことを思い出しました。このことを告げると、携帯の中のメモリーの電話帳は残っており、フロッピーに書き出せるとの事。

 早速、電話帳をフロッピーに記憶させてもらいました。この電話帳は、昨年の10月頃に記憶させたもので、それ以降の電話帳の番号等は消失してしまいましたが、90%以上は復活できることになりました。写真や動画の映像記録は、ほとんどパソコンに移していましたので問題ありません。また、メールなどは残すべきものはありませんでしたのでこちらも被害なし。

 いずれにしても、今回の携帯海水漬け事件で分かったことは、電話帳等の大事なものは、パソコン等にバックアップしておくことです。内蔵のSDメモリ等に保存していても、携帯自体を失くしてしまえばアウトです。

 本当に、水に対して携帯電話は想像以上に脆いものです。アウトになってからでは遅いのです。

スポンサードリンク

|

« 自作ボート 2.4mプラムの製作(船内塗装と単独航走) | トップページ | 行橋市の「ラーメン三徳」 ハートウォーミングなラーメン屋さん、 »

04 自作ボート」カテゴリの記事

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

携帯・デジカメ 」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、今晩は。Junです。
四万十川川下り、無事に帰宅されて安心しています。フライでオイカワ、カワムツそしてウグイなど釣られましたね。さすがのお手並みだと感心しています。
携帯の防水措置は、アウトドアでは絶対必要です。それと、万一のための携帯のデータのバックアップもそれ以上に大事なことです。
パソコンに保存もありますが、携帯の会社によっては、その会社のサーバーにも保存してくれます。こちらの方が手軽だと思います。ちなみにAuはしてくれますが、Docomoやソフトバンクは情報がありません。
一度こちらの方も検討されたらどうでしょうか。

投稿: Jun | 2007.08.01 23:45

Junさん、今晩は、Ryuです。お久し振りです。
四万十川から無事帰ってきました。川下りも魚釣りも目的達成(雑魚でしたが)し満足しております。
Junさんの携帯水没事故については以前に読んでおりましたので、Ziplocという防水パックに携帯等をしまっておりましたので大丈夫でした。釣りに夢中になって財布を濡らしてしまいましたが…。
携帯のアドレス、念のためパソコンなどに保存しておく方が良いですね!

投稿: Ryu | 2007.07.31 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/15837970

この記事へのトラックバック一覧です: 自作ボートの進水航走でおきたハプニングとその影響:

« 自作ボート 2.4mプラムの製作(船内塗装と単独航走) | トップページ | 行橋市の「ラーメン三徳」 ハートウォーミングなラーメン屋さん、 »