« 自作ボートで単独シーバス釣行、釣れた魚は? | トップページ | 第14回ハウステンボス・カップ・ヨットレース前日 »

2007.08.24

行橋の「からあげ太郎」 ケンタッキーフライドチキンを超えた唐揚げ

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 先の記事で、福岡県行橋市のラーメン屋さん、「三徳」を紹介しましたが、今回はすぐ近くにある「からあげ太郎」です。

 行橋市に行く用事ができて、知り合いの方に行橋で美味しいものは何?と尋ねると、「からあげ太郎」の名前が出てきました。

Ca380013syukusyoumoji  唐揚げは、結構色んな場面で食べることができます。コンビニ弁当、鉢盛り、定食そして中華料理とメインと言うより添え物的な感じで出てきます。

 大方の唐揚げは、不味くはないのですが、さりとて、これはうまい!!とポンと膝を叩くような食べ物ではないことも確かです。

 このような日本の唐揚げ世界に、新風を吹き込んだのがご存知、「ケンタッキーフライドチキン」であります。この洋風唐揚げは、圧力釜を使用して揚げているのがもっとも大きな特徴です。このため、なかなか家庭ではケンタッキーのような唐揚げはできないのですが、ダッチ・オーブンで蓋を閉めて唐揚げすれば、ケンタッキーのようになると言われたことがあります。

Ca380030syukusyoumoji  この日本中どこにでもありそうなケンタッキーフライドチキンが、進出ができず、店舗数が極端に少ない地域があります。これが、大分県の北部地方なのです。元来、この地域の人は、昔からの唐揚げが大好きで、特に中津市がその傾向が顕著です。

 このような風土と唐揚げ店相互の競争も激しいことから、さすがのケンタッキーも割り込んではいる事ができない状況になっているようです。

Ca380032syukusyoumoji  行橋市も大分県北部に近いことから、この影響を少なからず受けていて、唐揚げ店が繁盛しているようです。行橋市内にも多くの唐揚げ店があり、「からあげ太郎」もその中のひとつなのです。

 「からあげ太郎」は、いくつか店舗があるようですが、JR行橋駅前の店舗に行ってみました。前に記事を書いたラーメン屋さん、「三徳」のすぐ近くにあります。

 そんなに大きな店ではなく、カウンター中心の客席配置となっています。カウンターに座ってメニューを見ると、「手羽」と「モモ」等があり、それぞれ400円近い値段です。普通、手羽とモモでは、手羽の方が安いのですが、ここでは同じ値段です。

Ca380033syukusyoumoji_2  よくわからないまま、とりあえず手羽とモモを一つづつ、そして飲み物を頼みました。注文しても、なかなかお皿が出てきません。じっくりと唐揚げを揚げているようです。東京新橋のトンカツの名店「燕楽」で注文した時も、低音でじっくり揚げるトンカツで、15分以上待たせられたのをつい思い出してしまいました。

 やがてモモが出てきました。想像以上に大きい唐揚げで、ビックリしました。それ以上に驚いたのが、きれいな焼け色。なんとも食欲をそそる色でした。食べてみると、中はジューシーで食べたことのない唐揚げの味。これなら、ケンタッキーよりも美味しいと思いました。

 次に出てきたのが「手羽」、これもボリュームはモモに負けないもので、手羽というより肉付き手羽で同じ値段がするのも納得。

 「からあげ太郎」の唐揚げは、福岡市内の唐揚げとは異なる次元の唐揚げであり、なかなか同じタイプの唐揚げを見つけることは難しいと思います。もちろん、ケンタッキーフライドチキンが入り込めない理由も何だか分かるような気がします。

 こうなったら、唐揚げの本家本元、大分県北部の中津市へ唐揚げツアーをしても面白いのではないかと強く感じました。

 なお、掲載の写真は、携帯電話のカメラのレンズが曇ったまま撮影しましたので鮮明度が極端に低下しています。すみません。

 参考に、手羽先唐揚げの本場、名古屋の2名店を紹介します。

名古屋名物・風来坊の元祖手羽先唐揚げ 
風来坊の手羽先を、真空パックに入れて一気に冷凍保存

名古屋名物!世界の山ちゃん幻の手羽先
楽天ランキングでも高位をキープ

○ 「からあげ太郎」

所在地   行橋市中央3-5-35  地図はここ Google マイマップ
電話    0930-23-2143
営業時間 17:00~22:00
休日    第2・4・5日曜
駐車場  多分無し

スポンサードリンク

|

« 自作ボートで単独シーバス釣行、釣れた魚は? | トップページ | 第14回ハウステンボス・カップ・ヨットレース前日 »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、今晩は。Junです。
インドネシアのフライドチキン、スパイスが効いていて美味しいのでしょうね。それにしても、頭、首そして足つきでは、日本では難しいでしょう。
食べ物とは、本来、そのような自然の形で供されたのでしょうが、日本では本来の姿で食べることが極端に少ないのです。
私が子供の頃、庭で走り回っている鶏をつぶして、すき焼きにして食べていましたが、それこそ、首、足そして内蔵と頭以外は食べていました。足は、いわゆるモミジと呼ばれる足の先まですき焼きに入っていました。
貴重な鶏は、ほとんど捨てることなく食べていたのでした。
しかし、これは今となっては、最高の贅沢かもしれません。皮肉なことです。

投稿: Jun | 2007.09.05 19:22

ケンタッキーが手を出せない地区があるんですね?KFのチキンも美味しいですが、唐揚げってまた違った旨さがあります。インドネシアにもっと旨いフライドチキンがあります。ニョニャ・スハルティー(スハルティーおばさん)というお店で、地鶏の丸揚げですが私は世界一だと思います。色んな外資が日本上陸しておりますが、頭と首と足がついたままではちょっと上陸難しいのでしょうね?w

投稿: Ryu | 2007.09.03 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/16204614

この記事へのトラックバック一覧です: 行橋の「からあげ太郎」 ケンタッキーフライドチキンを超えた唐揚げ:

« 自作ボートで単独シーバス釣行、釣れた魚は? | トップページ | 第14回ハウステンボス・カップ・ヨットレース前日 »