« シーバスのナイトゲームは素晴らしい!そして奇蹟が・・・ | トップページ | 福岡市中央区の「Windy」 グループサウンド、ベンチャーズ等懐かしい曲が聴けるライブハウス »

2007.10.24

自作ボートで博多湾単独シーバス釣行、意外なホームレスのおじさんの秘密

スポンサードリンク


 また、シーバス釣りの話かとお思いでしょうが、なにせ、今がシーバス釣りのベストシーズンで12月になるとシーバス釣りも下火になるかと思いますので、よろしくお願いします。

Img_2682syukusyoumoji  10月中旬のある日、自作ボートをカートップに載せて、今回もお気楽シーバス釣行です。さすがに、朝まずめを狙っていくのも億劫になり、常識的な時間、すなわち午前7時頃に自宅を出発しました。

 8時半頃に現場に到着。明るい陽射しの中でボートの準備も久しぶり。何よりホームレスのおじさんに気兼ねせずにボートを運べるのが楽しい。

 今回もまた、安定フロートのセッティング。前回の安定フロート装着実験の反省点を踏まえて、改善策を施したフロートです。まず、前回接合部が外れた部分には接着剤を流し込んで貼りあわせました。

Img_2686syukusyoumoji 横木が水圧で回転しないように、横木とガンネルが合わさる場所に回転止めの金具を付けました。それと、横木の船内設置場所を、中央部から前部の浮力タンク入れのところに変更しました。このことにより、オールを漕ぐ時に邪魔にならなくなりました。

 テレンパレン(博多弁でゆっくりとやる気なさそうにの意味)とセッティングをしていたら、いつのまにか10時を回ってしまいました。2馬力エンジン音も高らかに響かせながら、ポイントに向かいます。

 魚探でベイトの状況を探りながら進んでいきますが、どうも最近はベイトの反応がイマイチです。めげずに人工島沖のポイントまで来ました。

Img_2692syukusyoumoji バイブレーションをセットして実釣開始。セオリー通り、バイブレーションを着底させてから比較的スローに巻き上げてみます。数投後に早速ヒット!! 派手なエラ洗いの後に、結構型の良いフッコクラスが寄って来ました。早速、タモ網ですくいあげました。

 携帯電話を比較対象としてシーバスの横において写真撮影。前回、しこたまシーバスを持って帰り、冷蔵庫にストックしているシーバスもあることから、今回は家に持って帰らないことを原則としていたので、このシーバスはすぐにリリースしました。この日最大のシーバスであったにもかかわらず。

 その後、少し小さめのシーバスがヒットしました。このシーバスは、あまり元気がなく、もうどうにでもしてと言う感じなので、携帯電話のビデオ機能で泳がせている所を撮影しました。

Img_2693syukusyoumoji この後、ポイントを変えてみましたが、潮止まりでもあり食いが極端に悪くなりました。仕方が無いので、橋脚周りにポイントを変えてみました。

 橋脚周りに移動中、とうとう安定フロートの左舷側が水圧で外れてしまいました。このフロートを取り付けようと、安定フロートを手に持って左舷側に身を乗り出して、レンチで取り付けようとすると、急に傾いて危うく転覆しそうになりました。

 転覆防止のための安定フロートのせいで転覆したりすると、洒落にもならないので海上での取り付けはあきらめました。

Img_2694syukusyoumoji  橋脚周りでは、セイゴクラスは飽きない程度にヒットしてきますが、フッコクラスはヒットしません。最近、このパターンが多くなっているような気がします。午後3時にストップフィッシング、納竿としました。

 出航した海岸に戻ってくると、海岸にはホームレスのおじさんが、待っているかのように座っていました。イケスには、生きたシーバスが数匹入っていましたが、持って帰るわけでもないので、おじさんに、「シーバス、よかったらあげるよ」と声をかけました。

Img_2699syukusyoumoji  おじさんは、ビニール小屋に袋を取りに帰り、すぐに戻ってきました。「全部いいの?」と聞かれたので「全部いいよ。でも食べきれんちゃない?」と答えると、「冷蔵庫に入れるから」とのこと。ホームレスのおじさんが冷蔵庫?? ここで少し疑問符。

おじさん、「このエンジンは何馬力?」

私、「2馬力」

Img_2702syukusyoumojiおじさん、「北海道の知床の昆布漁の船は、全部4馬力。競争を公平にするため」

私、「何で知床の船の事知っとうと?」

おじさん、「毎年、北海道に行っているけん」

私 ??? 毎年北海道? なんじゃそりゃ。僕なんか北海道は1回だけ。 それも1泊2日。それも職場の慰安旅行。なんか世の中おかしい。

 このおじさん、シーバスをもらったお礼か、ボートの後片付けを積極的に手伝ってくれました。海岸から、車までアンカーを運ぶやらオールを運ぶやら。お陰でホントに片付けの時間が大幅に短縮して助かりました。

○この日の釣りの記録

潮  小潮
干潮 06:21
満潮 12:57
日出 06:23
日入 17:43
フッコが釣れた時間 11:03 使用ルアー code-fin

  By  Jun

|

« シーバスのナイトゲームは素晴らしい!そして奇蹟が・・・ | トップページ | 福岡市中央区の「Windy」 グループサウンド、ベンチャーズ等懐かしい曲が聴けるライブハウス »

04 自作ボート」カテゴリの記事

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、今晩は。Junです。
ここ、宗像は海に近いのが本当に取り柄です。私の自宅から、海まで10Kmありません。また、シーバスの宝庫である博多湾まで20Kmくらいで行けます。そういった意味では、自然に恵まれたところと言えます。
Ryuさん、最近、料理に熱中との事。いいですね。私も元来食べることには目がないので、料理もしたいと思っています。そのために、ウッドデッキには調理台も作りました。
今はフィッシングですが、この魚のうまい食べ方も勉強したいと思っています。その内、Ryuさんにもお尋ねすることがあると思いますので、よろしくです。

投稿: Jun | 2007.11.08 22:13

Ryuです。
楽しくBLOGを拝見させていただきました。
ますます面白くなってきましたね!ホームレスのおっちゃんのお話もまたまた興味が湧いてきます。海が近いのが良いですね!羨ましいです。我輩はもっぱら料理に熱中しております。沢山釣れたら料理学校の仕入れ担当者にご紹介いたしましょうか?w

投稿: Ryu | 2007.11.07 01:18

take-twoさん、今晩は。Junです。
ホームレスのおじさんの謎の北海道行きはその内、シーバスを餌に聞いてみます。
ウッドデッキ、ブログを拝見しましたが、さすが自作ボートと同じ腕前できれいな出来上がりですね。
ウェスタンレッドシダー材は、デッキに最適ですね。私のデッキは、ホームセンターで普通に売っている材料なので、耐候性に欠けており、10年も持たずに張り替えの憂き目にあっております。
ドゥーパは、DIYをするには最適な雑誌です。色んなヒントが転がっています。特に、写真に。
頑張って良い作品を。

投稿: Jun | 2007.10.28 22:02

ホームレスのおじさんの「毎年、北海道へ」の理由、続報を期待しています。すごく気になります。 追伸:ウッドデッキ、おかげさまで完成しました。ありがとうございました。「ドゥーパ」バックナンバーまで買ってしまいました。DIYにはまりそうです。

投稿: take-two | 2007.10.27 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/16842021

この記事へのトラックバック一覧です: 自作ボートで博多湾単独シーバス釣行、意外なホームレスのおじさんの秘密:

« シーバスのナイトゲームは素晴らしい!そして奇蹟が・・・ | トップページ | 福岡市中央区の「Windy」 グループサウンド、ベンチャーズ等懐かしい曲が聴けるライブハウス »