« 宗像市の「かつ亭」 学生街の洋食店 | トップページ | ブログの記事に携帯の動画を取り入れてみました。 »

2007.10.16

自作ボートで単独シーバス釣行、フロートの実験

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Img_2636syukusyoumoji  9月の三連休のある日、博多湾に単独シーバス釣行に出かけましたが、今回は自作ボートのフロートの取り付け実験も兼ねていました。

 自作ボートに限らずミニボートは、安定が悪いものです。ボートは、小さければ小さいほど横方向の安定が悪くなります。私の自作ボートは、8フィート、2.4mですから、ミニボートでも最小の部類になります。

Img_2639syukusyoumoji  そのため、横の安定性もそれほど高くなく、ボートを出す際や接岸する時には、よほど注意をしなければ、少しでも船べり側に重さがかると、危険なほどに横に傾きます。ただし、これは設計が悪いと言うことではなく、このサイズのミニボートではある意味当然なことでもあります。

 海上で停船中にも、立ち上がることは厳禁で、座りっ放しになります。シーバス釣りも座ったままですが、やはり立ち上がってロッドを振った方が、狙うポイントに的確にルアーを送り込むことができると思います。

Img_2640syukusyoumoji  そのため、この横、つまりローリング方向の安定性を増すためにフロート(浮き)を付けてみる事にしました。発想は、ポリネシアのアウトリガー・カヌーのように腕木にフロートをつけて、舷側から張り出してはどうかということでした。

 ポリネシア等のアウトリガーは、片舷の1本ですが、それではちょっと難しいので、両舷に対象に張り出す型式にしてみました。

Img_2641syukusyoumoji  フロートの部分は、発泡スチロールの防舷材(フェンダー)で、近くの釣具店、スミトモフィッシングで入手しました。1個2000円くらいでした。スミトモフィッシングは、二階にボート用品を置いています。

 腕木の部分は、イレクター(矢崎化工)で組みました。このイレクターで、車のルーフ上のボートキャリアーを作ったりと大変、ボート関係の工作、艤装に便利な材料です。

Img_2642syukusyoumoji_2  問題は、この安定フロートをどうやってボートに固定するかです。私のボートは、カートップで運びますから、屋根に載せる時は、安定フロートを外さなければなりません。そのため、ボートに安定フロートを固定する方法は、単純に細いロープで結びつけるようにしました。

 船内のロッドホルダーの留め金具の隙間に細い紐を通して、直接安定フローとの横木に結びつけるようにしました。

Img_2643syukusyoumoji  この方法で、出航して、実際に海面を走らせて見ると、フロートに受ける水の抵抗で、フローと自体が斜めに海中に突っ込むような形となりました。これは、フロートの横木が水の抵抗で少し回転したためで、この回転を抑える工夫が必要です。

 フロートと海面との間隔も割りとうまくいったようで、左右のバランスを取れば、一方のフローとだけが、少し海中に入り、水の抵抗もそう大きくないようです。携帯電話のGPS機能でボートの速度を計測しましたが、時速8kmを保持していました。フロート無しの計測では、8.8kmを計測していましたので、意外とスピードダウンは避けられたようです。

Img_2648syukusyoumoji  肝心の安定性ですが、確実に安定性は良くなっています。ただし、実験のやり過ぎで転覆しては元も子もないので、控えめの実験動作でしたが、これなら立ち上がってのルアー投入も可能ではないかと思います。実際にしてはいませんので確実なことはいえないのですが・・・・

Img_2656syukusyoumoji  さて、本日の釣果ですが、思わしくありませんでした。出航が午前9時頃だったので、実績のある人工島の沖合いに行きました。早速、クルクルにフッコクラスのヒットがありましたが、惜しくもバラシ。そうすると、一転俄かに掻き曇り、暗雲が漂い始めたので風が吹き出さないうちに、河口内に避難しました。

Img_2658syukusyoumoji  その後、防波堤や橋脚と回りましたが、ベイト気も少なく、ほとんどバイトらしいバイトもなく、午後3時頃にはストップフィッシング。

 本日の釣行の目的の一つである、安定フロートの装着実験ができたということで、少し満足して撤収しました。

 なお、自作のフロートでは、面倒くさい、安全性が疑問だとお考えの方には、市販品もありますので、検討してみてください。

 

各種サイドフロートのリスト 
サイドフロート付2人乗りFRPボート。 
FRPファミリーボート marinPiiyoサイドフロートSETイエロー。


今回の記事で使用したイレクターパイプ 矢崎化工 
イレクターは、軽くて丈夫なスチールパイプです。自作フロート製作にも使用できます。

イレクターパイプ用ジョイント 矢崎化工
イレクターパイプを様々に組み合わせるためのジョイント各種です。


 スポンサードリンク

|

« 宗像市の「かつ亭」 学生街の洋食店 | トップページ | ブログの記事に携帯の動画を取り入れてみました。 »

04 自作ボート」カテゴリの記事

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

12 DIY・日曜大工」カテゴリの記事

コメント

haikei31さん、お早うございます。Junです。
このフロートは、カートップにするために取り外しできますし、横木とフロート部も、車内格納のために取り外せます。その点は、便利なのですが、もう少し強度が必要と考えています。
さて、前回の釣行の時に、ボートを出している海岸のホームレスのおじさんに釣果のシーバスをプレゼントしました。
その時、おじさんが海岸でボートを組み立てて出している人がいるよと話してくれました。どうもhaikei31さんのポータボートのようでした。
27日の青物釣り、好釣果を期待しています。サゴシやヤズでしょうか? ヤズは湾内では厳しいかも知れませんね。
それでは、安全で楽しい釣行を!!

投稿: Jun | 2007.10.19 06:59

Junさんこんばんわ。
自作フロートさすがです!
この大きさならカートッパーにも問題ないですね。
27日に最後の青物狙いで船を出す予定です。
もちろん湾内ですが(笑)。

投稿: haikei31 | 2007.10.18 22:17

Junさん レスありがとうございました。

今後もちょくちょく覗かせていただきます。
お気をつけて釣りを楽しんでください。

投稿: no | 2007.10.17 23:30

Ryuさん、今晩は。Junです。
必要に迫られての自作ですが、なかなかうまく行きません。フロートにはかなりの水圧がかかり、イレクターの部材では強度が不足かもしれません。
もう少し、発想が必要な気がします。いずれにしろ、フロートの水圧による傾きを抑えることを考えています。

投稿: Jun | 2007.10.17 19:19

今晩は!またまたやっていますね!次から次へとアイデアが必要にせまられ湧き出していますね!これが自作の面白さなんでしょうね!2年後3年後、どんな形に進化しているのか本当に楽しみです。

投稿: Ryu | 2007.10.17 01:01

noさん、今晩は。Junです。
ボートの制作費ですが、実は、いくらかかったか判然としないのです。
それでは、ミモフタモありませんので、分かる範囲でお答えします。
材料費としては、耐水ベニアで2万円以内、エポキシ等の接着剤関係が1万5千円くらいです。基本的にはこれでボートの形にはなります。ペンキ代が1万円くらい。
これで5万円以下になります。これらの積算は、思い出し思い出し書いていますので非常にアバウトです。
これに2馬力エンジンが、8万円くらい。都合、13万円くらいになります。
手漕ぎボートにすれば、エンジン代は要らなくなります。
オールやアンカー等は、10フィートのボート用の手持ちがすでにありました。
それと、電動工具が必要になります。インパクトドライバー、サンダー、電動丸ノコ等です。私は、日曜大工が好きなので手持ちがありました。もし、手持ちの電動工具がなければ、購入の必要がありますが、この額は馬鹿にならない額です。
考えようによっては、市販のゴムボートのほうが、手間隙かからずコストパフォーマンスはあるかもしれません。
しかし、市販では自作の楽しさが味わえません。
どちらが良いのか人それぞれだと思います。
アルミボートをお持ちでしたら、ポイントさえ探し出せば、たくさん釣れると思います。ポイントの情報をどうにかして見つけてください。
私は、博多湾のシーバスのブログ等を参考にしています。
何か分からないことがありましたら、遠慮なくお尋ねください。

投稿: Jun | 2007.10.16 22:00

はじめまして こんにちは
クルクルのことを調べていて訪問しましたが自作ボートの記事が面白く、一気に読んでしまいました。
自分でボートを作る予定は無いのですが、参考までに今回作成したボート本体の制作費がどれくらい掛かったか教えてください。

ちなみに私はアルミボートを利根川に浮かべてシーバスを狙ったりしています。結構上流の方でも釣れるらしいのですが今だ釣果は0です。

投稿: no | 2007.10.16 15:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/16741703

この記事へのトラックバック一覧です: 自作ボートで単独シーバス釣行、フロートの実験:

» SAILING! [Da Iki Va'a Project || ダ・イキ・ヴァア・プロジェクト アウトリガーカヌーのデザイン、製造、販売]
SAILING VA'A [続きを読む]

受信: 2007.10.18 00:53

« 宗像市の「かつ亭」 学生街の洋食店 | トップページ | ブログの記事に携帯の動画を取り入れてみました。 »