« 東京の「みかわや」 蔦の絡まる銀座の一軒家レストラン | トップページ | 東京の「ナイルレストラン」 インド独立運動の闘士が開業したカレー屋さん »

2007.11.15

自作ボートで博多湾タンデムシーバス釣行、渋い状況が・・・

 今回の自作ボートでの釣行は、写真がありません。ボウズに終わったからです。今までのシーバス釣行でボウズは無かったので、いかに今回がタフ・コンディションであったか、はたまたシーバス釣りの腕が未熟であったか、定かではありませんが、今までの釣がいろんな意意味で恵まれていたのでしょう。

 さて、週末のある日、Nさんと一緒に出発。途中、コンビニで飲み物と食料を調達。私は、つぶアンのアンパンとカレーパン。もちろん、アンパンには定番の牛乳をチョイス。しかしいつものことなんですが、つい釣りに夢中になって、食事を満足に取ることがありません。その結果、半分くらいは残してしまいます。

 この日の博多湾は、北から東の風が強く、海面もかなり波立っていました。そのため、いつもの人工島の沖のポイントには入りづらいので、湾の東部の風裏になるシャローな海に入りました。

 いつもは単独ですが、この日はタンデム、つまり二人乗りです。このような日に限って風が強いとは、全くついていませんが、自然のことですから仕方がありません。

 まず、お決まりの橋脚回りを攻めてみました。かなりタイトにルアーを投げるのですが、全くバイトがありません。どうも、ベイトもいないようです。私よりも一緒に来てくれているNさんにバイトがあってほしいので、ベストポジションが取れるようにエンジンやオールでボートを操作しているので、かなり橋脚スレスレの所にクルクルが通るのですが、駄目です。

 あきらめてオープンエリアに出てみました。この狭い海域に、当日は数隻のプレジャーボートが出ていて、シーバスを釣っているようなので、どうしてかなと思っていましたら、後で、博多湾西部にあるマリノア(マリーナ)主催のシーバストーナメントが、当日の朝、強風のために延期になっていました。

 延期になったからといって、ほとんどのボートは準備していたので、諦めきれないボートが風裏の博多湾東部に集まってきたようです。これらのボートのほかに、遊漁船であるシーバスボートも集まってきていました。

 私達のミニボートも、魚探でベイトを探りながら、流しました。とある場所で、比較的ベイトが多そうな場所があったので、エンジンを止めて流しながらルアーを投入。私は、レンジバイブの70で、Nさんはクルクル。

 すると、数投のうちに私にヒット! ゴン!と言う感触の後にかなりの引きが始まりました。するとすぐに強烈な締め込みが・・・。あわててドラグを緩めました。キャストの前にドラグを確認するようにとYさんに教わっていたのに、今回もまた確認していませんでした。しかし、ドラグの調整は間に合ったようで、ドラグが効きながらラインが引き出されています。

 この引きからするとセイゴクラスではなく、フッコクラス以上のようです。おー、これは楽しいと思いながら、ラインを巻き上げていると、フッと軽くなりました。そうです、またもや痛恨のバラシ!! 今回は、水面でのエラ洗いもなく、従って全く魚体を見ないままのバラシ! 渋い状況での貴重なヒットでしたので、本当に残念無念でした。

 この後は、バイトすらなくフィッシング終了となりました。この日は、風も強く私たちには渋い状況でしたが、お客さんを乗せていたシーバスボートの釣果は、結構良かったようなので、結局は、私の経験不足、未熟さが出たようです。

 今回の釣りの反省点は、橋脚にとらわれず、オープンエリアを丹念に魚探で探りながら、広くルアーをキャストすべきであったこと。Nさんが折角指示してくれたにもかかわらず、貴重なヒットがあった海域の位置把握がまずく、その海面でのルアー再投入のチャンスをみすみす逃してしまったことなどがあります。こんな時に、GPS付きの魚探であれば、位置が記録できたのにと思うとともに、強く反省。

○ 当日の釣行データ

潮   大潮
満潮 10時31分
干潮 16時:01分
ヒット時間 14時頃
ヒットルアー レンジバイブ70 イワシカラー

By  Jun

|

« 東京の「みかわや」 蔦の絡まる銀座の一軒家レストラン | トップページ | 東京の「ナイルレストラン」 インド独立運動の闘士が開業したカレー屋さん »

04 自作ボート」カテゴリの記事

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、今晩は。Junです。
あの釣行の日以外、福岡は連日快晴、ほとんど風が無い日々が続いています。
今月中に後1回は釣行をしたいと思っています。大きい魚が釣れたらいいな。

投稿: Jun | 2007.11.15 20:06

逃がした魚、大きそうでしたね!本当に残念無念、よ~くわかります。これから寒くなり風も強くなりますが、良い天気を狙ってまた頑張って下さいね!

投稿: Ryu | 2007.11.15 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/17058671

この記事へのトラックバック一覧です: 自作ボートで博多湾タンデムシーバス釣行、渋い状況が・・・:

« 東京の「みかわや」 蔦の絡まる銀座の一軒家レストラン | トップページ | 東京の「ナイルレストラン」 インド独立運動の闘士が開業したカレー屋さん »