« 忠臣蔵の名場面、大石内蔵助と垣見五郎兵衛との相対の場の結末は? | トップページ | 今夜はクリスマス・イブ »

2007.12.23

クリスマス・イルミネーションにセンスは必要なのでしょうか?

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 クリスマスイブも、もうすぐそことなりました。毎年、この時期になると個人の家庭のクリスマスイルミネーションも、キラキラと夜空に光り輝いています。

 私も、元来、イルミネーションを飾り付けることなどは嫌いではないのですが、家の前の道路が突き当たりの袋小路であること。当然、通りがかりの人もなく見てくれる人が少ないこと。近所では誰もしていないこと等を理由に自宅にはしていません。

Dsc_7690syukusyoumoji  自宅ではしていないので、近所の家のクリスマス・イルミネーションを見物に行くことを楽しみにしています。

 自宅でのクリスマス・イルミネーションが行われ始めたのは、福岡では10年にもならないと思いますが、私が最初に見物に行ったのは、福岡市東区の青葉台という新興住宅地です。地元新聞に、数軒の家が、クリスマス・イルミネーションで飾り付けているという記事が載ったので、早速、カミさんと一緒に出かけてみたのでした。

Dsc_7692syukusyoumoji  それ以降、毎年、クリスマス時期になると、カミさんとクリスマス・イルミネーション見物に出かけるのが恒例行事となっています。

 主に行くのは、福岡市郊外の新興住宅地ですが、最近は、宗像市内でもチラホラとやってくれていますので、市内見物にとどめています。

 さて、昨年、この時期のテレビ番組を見ていたら、クリスマス・イルミネーションに全力投球をしている家庭が紹介されていました。東京郊外の家庭でしたが、とにかく、巨額のお金をかけて、自宅を飾り付けていましたが、ビックリしたのはその電気代のことでした。

Dsc_7694syukusyoumoji  当然、半端でない電気代がかかるのですが、一軒の家ではまかないきれず、両隣の家の電気を使用しなければならないというものでした。ということで、その家では、クリスマスイルミネーションを点灯する月は、両隣の家から電源を拝借し、当然、両家の電気代は一月分全部負担しているとの事でした。

 そこまでしなければならないのかという疑問は当然ありますが、この家の前は、クリスマス時にはごった返しており、見物人の山ということです。

Dsc_7695syukusyoumoji  最近では、イルミネーションの光源も豆球やムギ球ではなく、より省力的で耐久性もある発光ダイオードが主力になりつつあるようです。最初の購入費は高いのですが、ランニングコストや買い替えを考えると結局はお得なようです。

 この光源のダイオード化により、白熱球の黄色い灯りより、青色、白色が最近目立つようになりました。

 しかし、自宅でのイルミネーションが盛んになるにつれ、どれも同じようになってきています。同じようなホームセンターで、同じような機材を買ってくるのですから、当然といえば当然ですが、こうなったらもう物量の勝負のような気がします。

 クリスマスツリーは、まだまだセンスが活かせる様な気がしますが、イルミネーションはどれほど光量を放出させるかのようです。本当は、センスも必要なのでしょうが、そこまで到達していないのが実情です。

 ちなみに掲載の写真は、宗像市の大井台で撮影しました。

 また、イルミネーションの初心者・ベテランのための入門・解説書を紹介しておきますので参考になれば幸いです。

DIYで楽しむ!イルミネーション入門BOOK
手本にしたいお宅の飾りつけ集、厳選イルミネーションアイテムカタログ150点等

ドリームライト―幾千の星々が地上に舞い降りた (単行本) 
日本各地のイルミネーター紹介、実際の取り付け方法や注意点、購入先等、イルミネーションのバイブル!

イルミネーション入門ブック 
プロ&エキスパートの飾り付け22例、イルミネーションライトカタログ70点

 By  Jun

|

« 忠臣蔵の名場面、大石内蔵助と垣見五郎兵衛との相対の場の結末は? | トップページ | 今夜はクリスマス・イブ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

Ryuです。今晩は!今日はスケッチ教室から帰り、家内のためにディナーを作ってやりました。ささやかなディナーでしたが鶏のモモ肉がこんがりパリッと焼き上がり美味しかったです。料理教室に通っていますが、今日はアウトドアークッキングみたいな物で学んだテクニックが活かせませんでした。wイルミネーション、我が隣町でも有名なプライベートスポットが有ります。先日テレビで紹介されておりましたが、設備に800万円、庭への立ち入りOK、ガードマンなどなど、大変な見物客だそうです。我家は今年は飾り無し、無しと言うより忘れておりました。w

投稿: Ryu | 2007.12.25 23:56

ヒロさん、お早うございます。Junです。
折角のランチで、掲載のお店を探せなかったとの事、すみませんでした。
まず、「五丈原」ですが、今年になって移転しています。教育大前付近で、新しい店には私も未だ行っていません。
「chezささ原」は、南口ロータリーには比較的近いのですが、少し入った通りにあります。この店は、看板等も目立たず、店の前でもなかなかわかりにくいと思います。
和食のビストロささ原は、親戚の方が経営している姉妹店です。
「アレッタ」は、南口ではなく反対側の大型スーパー、サンリブクリエイトの中にあります。
ブログの記事は、掲載後、ある程度時間が経つと古くなり、移転などがあると反映されないことが多々あります。ある程度は、フォローしているのですが、移転情報自体がわからなかったり、情報の更新をついついおろそかになったりします。
それと、店舗の所在も、できるだけGoogle Mapを使用して分かりやすいようにしていますが、いざ現場では迷ってしまうこともあります。
私の場合、迷った時には、店舗に電話していますが、そのためにはメモか携帯等で電話番号を探す必要があります。携帯で番号を探すのも、なかなか難しいのも一般的でしょう。
なかなかお答えにはなっていませんが、今後もできるだけお役に立てるようなブログにしていこうと思いますので、よろしくお願いします。


投稿: Jun | 2007.12.25 06:40

記事とは関係ないのですが、最新の情報をおたずねしたいので!
来年、姪が日赤看護大に行くことになったので、先週赤間に行きました。
ブログの赤間駅南口で紹介されていた美味しい店で、ランチを食べようとしたけど、「五丈原」も「Chezささ原」もくりえいとの「アレッタ」も探せませんでした。
 南口には、大通り左側に「和食ビストロささ原~昼は開いてなかった」とアフリカーナ?と駅前食堂ノイボイの3店でした。
結局、ノイボイでランチしましたが。
 込み入った場所ではなかったので、探せないはずはないのですが(??)
 

投稿: ヒロ | 2007.12.24 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/17450998

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス・イルミネーションにセンスは必要なのでしょうか?:

« 忠臣蔵の名場面、大石内蔵助と垣見五郎兵衛との相対の場の結末は? | トップページ | 今夜はクリスマス・イブ »