« 宗像市の十時のチャンポン | トップページ | 福津市の「LAND SHIP CAFE」 海岸に面したウッドデッキのカフェ »

2008.01.27

シャーロック・ホームズ、稀代の名優ジェレミー・ブレット

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Brett_myfairsyukusyoumoji_2  ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)という俳優をご存知の方は、英国ミュージカル映画好きかシャーロック・ホームズの大ファンかもしれません。

 イギリスの俳優で、パブリック・スクールの名門イートン校出身です。1933年生まれですから、存命であれば75歳くらいになります。惜しいことに、1995年に亡くなっています。

 私が、この俳優を知ったのは、1964年製作のミュージカルの名画「マイ・フェア・レディ」 My Fair Lady です。オードリー・ヘップバーンのイライザに恋心を抱く若い貴族のフレディ役でした。

 映画冒頭の雨が降る劇場の前で母親のために馬車を探していましたが、この映画のジェレミー・ブレットの見せ場は、イライザの住む家の前で、「君住む街角」(On the street where you live)を歌い上げるこのシーンでしょう。

 この後、ジェレミーは、「女王陛下の007」のジェームス・ボンド役に立候補しますが、ジョージ・レーゼンビーに取られてしまいました。

 マイ・フェア・レディ以来、私からジェレミーの記憶は消えていますが、15年後、意外な所で再会しました。それが、グラナダ・テレビのシャーロック・ホームズシリーズでありました。

Brettprieresyukusyoumoji

 グラナダ・テレビ(Granada Television)は、マンチェスターを基点とするテレビ局です。普通、日本で見られる英国のテレビ番組は、日本のNHKに相当するBBCの番組が多いのですが、このシャーロック・ホームズのシリーズは、聞きなれないグラナダ・テレビの番組です。

 今まで数多くのシャーロック・ホームズの映画、テレビ番組が作成されましたが、これほどビクトリア朝時代の英国、ロンドンを丁寧に、かつ、再現しているホームズ番組は無いと激賞されております。時代考証も素晴らしく、また、ホームズ物のシンボルであるホームズの鹿撃帽(ディアストーカー)とインバネスコートは、後世のイラストレーターの創作であるとして、あえて使用しておりません。

 最初からこのシャーロック・ホームズに魅せられた私は、毎回、必ず見ていましたが、主人公を演じているジェレミー・ブレットがマイ・フェア・レディのフレディであることに気づくのは相当後のことでした。

 とにかく、このジェレーミー・ブレットの演ずるホームズは、原作のイメージをもっとも忠実に体現しており、ドンピシャのはまり役であり、史上最高のホームズ役者との名声を得ております。あのフレディが、このホームズと同一人物であるとはとうてい想像もつかない役者の凄さであります。

 次のビデオクリップは、ジェレミーのファンが、特別にホームズ役のジェレミーの色々な場面を編集して作成したものです。かなり、若い雰囲気のホームズも出てきますが、私は、後期の貫禄の出てきたホームズの方が好きです。

 ちなみに、ホームズのファンである私はシャーロックホームズの住んでいるロンドンのベーカー街(Baker Street 221B)にも何回か出かけました。また、有名な「パブ シャーロックホームズ」(10 Northumberland Av.- WC2)、ここにはホームズの部屋が再現してありますが、ここもロンドンで訪れる場所となっています。

 なお、このグラナダ・テレビのホームズシリーズは、今でもスカパーのミステリーチャンネルの「シャーロック・ホームズの冒険」でもご覧いただけますので、よろしかったらどうぞ。

 なお、ジェレミー・ブレットの晩年の私生活を支えたリンダさんの手記が英文で刊行されています。

Jeremy Brett - Linda Pritchard Story (ハードカバー)

 *お断り ジェレミー・ブレットの写真中、Burett × Brett ○ ですのでよろしくお願いします。

DVD CD 本 「マイ・フェア・レディ」 
DVD 「グレイテストヒッツ::マイ・フェア・レディ スペシャル・コレクターズ・エディション」。  本「講座『マイ・フェア・レディ』オードリーと学ぼう、英語と英国社会」。 他


DVD ジェレミー・ブレット版 シャーロック・ホームズの冒険
シャーロック・ホームズの冒険 完全版 DVDーBOX 1~4


スポンサードリンク


|

« 宗像市の十時のチャンポン | トップページ | 福津市の「LAND SHIP CAFE」 海岸に面したウッドデッキのカフェ »

09-1 英国・イギリス」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 JUNさん、こんばんわm(_ _)m

 オールドの初回CMは、9歳の時に見ていて強烈な印象を受けました。3歳年上の兄に「このコマーシャルいいねぇ」と言って、「何をナマイキ言ってる」と怒られた事を思い出します。
 特に「泣いている顔がある」の所の、初老の白人男性が雨の中の電話ボックスで電話をかけながらさめざめと涙を流している(「泣いている」というよりも「涙を流している」という雰囲気なんですよねぇ)シーンが子供心にもドキリとしたのを40年たっても覚えています。
 あのCMは2008年の今放映しても、立派に宣伝としての機能を果たしますね(サントリー・オールド自体、当時とさして変わり映えしませんし)。
 その後広告宣伝の制作に一部関わる仕事もしていた立場から言えば、最近のCMが低調な理由の一つは30秒CMをとんと見なくなった事でしょうかね。
 まあ昔も15秒CMで名作はあった訳だし、それだけが理由ではもちろんないのですが。
 考えてみれば今の新シリーズは、オリジナルの放映40周年記念企画でもあるのでしょうかね?

 因みに私の愛車はMGB。それもオリジナルの1800ccエンジンを本国でローヴァのV8エンジンに換装したという変り種です(^_^;)

PS:「シャーロック・ホームズの冒険」の他にも、英国製アクションTVドラマの傑作「特捜班CI5(原題『THE PROFESSIONALS』)もいいですよ。機会があればご覧下さい(^_^)

投稿: Corkey.O | 2008.02.17 21:44

Corkey.Oさん、今晩は。Junです。
はじめまして。
サントリーオールドのCM記事、お役に立てたようで嬉しく思っています。最近のオールドのCM、親子が出てくるCMですが、昔の外国人のCMの方が、もっと良かったなと思うこの頃です。
ジェレミー・ブレットのホームズ、良かったですね。ビクトリア時代のロンドンのおどろおどろしい雰囲気も良く出ています。
古い英国車のスポーツカー、羨ましい限りです。推察するに、MGか、トライアンフか、はたまたロータスか、まさかモーガンとか?
今後もよろしくお願いいたします。

投稿: Jun | 2008.02.17 20:22

 初めまして、Corkey.Oと申しますm(_ _)m
 サントリー・オールドのCMソング「夜が来る」の原曲を長い間探しておりまして、ようやくJUNさんのこのブログで見つかり、感謝の言葉もありません。
 実は「夜が来る」を様々なアレンジで演奏するCDは所有しているのですが、何とそれには肝心の原曲が収録されていないという代物でした。
 で、本題の「ジェレミー・ブレットinシャーロック・ホームズ」ですが、私も露口茂氏の吹き替えも含めて大好きなドラマで、映像化されたホームズ物は多いのに実は原作の忠実なドラマ化、ましてシリーズ化されたものはなかった事が不思議でした。
 このグラナダTV版は正に「決定版」と呼びたい代物で、㈱求龍堂から1998年に発行されたガイドブックも買いました。
 しかしまさかそのジェレミー・ブレットが、あのマイ・フェア・レディのフレディだったとは!
 このブログで初めて教えていただいて、正直言って腰が抜けるほど驚きました。
 貴重な情報をありがとうございましたm(_ _)m

PS:因みに私も英国生まれの古いスポーツカーに乗っております。イギリスには行った事がありませんが(^_^;)

投稿: Corkey.O | 2008.02.16 18:14

Ryuさん、今晩は。Junです。
あの変わった帽子とコートは、ディア・ストーカーとインバネスコートと言いますが、実は、原作にはそのようなものを着ているとは書いてありません。
後の挿絵画家が、書き込んだものです。しかし、これ等を着たホームズが、典型的なホームズ像と定着してきました。
それと、オードリー・ヘップバーンは、確かに魅力的な大女優ですが、ジェレミー・ブレットが出演したマイ・フェア・レディに限ってはミスキャストであったと思います。
元来、舞台のミュージカルでは、ジュリー・アンドリュースがイライザの役をつとめていました。どういうわけかオードリーがイライザ役で映画化されましたが、歌声は吹き替えですし、ミュージカルに限ってはジュリー・アンドリュースの方が適役だったと思います。
しかし、「ローマの休日」で、ジュリー・アンドリュースでは台無しでしょうね。

投稿: Jun | 2008.02.01 21:16

映画評論家Junさん、今晩は!Ryuです。
シャーロック・ホームズ、子供の頃に見ただけですが、あの変わった形の帽子とコート今でもはっきりと覚えています。懐かしいですね!オードリー・ヘップバーン、本当に綺麗でチャーミングな大女優でしたね!あの眼で見つめられたらどうしましょうか…w

投稿: Ryu | 2008.01.29 00:07

Kimico141さん、今晩は。Junです。
はじめまして。
ベーカー街で写真を撮られたとのこと。シャーロック・ホームズファンならばこそのことですね。ベーカー街221B
がホームズの住所ですが、これは当時は架空の番地ですが、確か今はアビーナショナルという保険会社になっていたと思います。
近くの地下鉄の駅、「Baker Street」には、ホームズの姿の小さなタイル張りの模様があって楽しめます。
ロンドンには、ホームズゆかりの場所がたくさんあって楽しめますね。

投稿: Jun | 2008.01.28 23:14

はじめまして。
いつも楽しく拝見させて頂き、参考にしています。

私も、ジェレミー・ブレットが演じるホームズは、イメージぴったりだと思います。
初ヨーロッパ旅行でも、ベーカー街)に行き、写真を撮り、感動したことを覚えています。

久々に、ホームズシリーズが見たいですね。

投稿: kimico141 | 2008.01.28 01:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/17821919

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロック・ホームズ、稀代の名優ジェレミー・ブレット:

« 宗像市の十時のチャンポン | トップページ | 福津市の「LAND SHIP CAFE」 海岸に面したウッドデッキのカフェ »