« 自作ボートで博多湾タンデム釣行、メバルとシーバスが釣れました。 | トップページ | 枝雀と春団治のご存知「代書屋」 落語嫌いの方にもお薦め、 »

2008.04.10

福岡市博多区のナイルのカレーの今と昔

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 福岡でカレーと言えば、私の記憶に残る店は、「湖月」、「サムソン」そして「ナイル」です。

Ca380294sm  「湖月」は、中州にありました。子供の頃、親戚のおじさんが、平和台で西鉄ライオンズの試合を見た後に連れて行ってくれた記憶があります。2階の席には、1階で出来上がったカレーが、小さなエレベーターで上がってきていました

 「サムソン」は、天神の天神ビル地下街にありました。英国式カレーで、辛さに順番が付いていてました。ライスは、レーズン入りのバターライス。カレーのルーは、銀の魔法のランプのような容器に入っていました。

Ca380296sm  「ナイル」は、天神の西鉄名店街や博多駅にありました。天神の店は、天神のスケートセンターでのスケートやセンターシネマで映画を見た後に食べたりしていました。

 「湖月」も「サムソン」もすでに閉店してしまいました。最近、「湖月」の後継店を称しているお店がいくつか市内にありますが、私にはとてもあれが「湖月」のカレーだとは思えません。「サムソン」は、閉店して影も形もなくなりました。

Ca380297sm  唯一、残っているのが「ナイル」なのです。以前は、市内にいくつかあったようですが、現在では、渡辺通りの電気ビルの地下、そして博多駅地下街の二つの店しか残っていません。

 最近、その博多駅地下街の店に行ってみました。昔の「ナイル」のカレーは、カレーと頼めば一種類のカレーしか出てきませんでした。

 しかし、今の「ナイル」には、甘口と辛口の二種類あります。私が、昔よく食べていたあの「ナイル」のカレーは、甘口です。カレーに、「甘口」と名づけることからして、すでに商売を投げているような気がします。

Ca380298sm  ほとんどのお客さんは、当然、辛口を注文しています。しかし、昔の「ナイル」のカレーをしのびたければ、甘口なのです。以前は、甘口に何の説明もしていなかったのですが、最近は、店の方も懐かしい「ナイル」のカレーは甘口ですと表記しています。

 私は、甘口のカツカレーを注文しました。「ナイル」の甘口カレーは、昔の「ナイル」カレーではありません。まず、色が黄色すぎるし、サラサラしすぎです。

 昔の「ナイル」のカレーは、もっとネットリしていました。味も、昔の「ナイル」カレーの独特のコクが全くありません。西鉄名店街の「ナイル」の店では、カレーの材料の説明があり、バターなども入れていたようですが、そんなことも今の店ではしていないのでしょうか。

 今の「湖月」の継承店が、中州の「湖月」のカレーでないのと同様、残念ながら博多駅地下街の「ナイル」のカレーも、私にとっては、昔の「ナイル」のカレーとは別物との印象を持ちます。

 私は、お店の味が変化していくことに反対しているわけではありません。しかし、それは美味しい方に、人を魅きつける味に変化していくべきでありましょう。それができなければ、せめて同じ味を維持してほしいだけです。

 それでも私は、このようになってしまった「ナイル」には、時々行くことになるでしょう。昔の「ナイル」の味の片鱗が僅かにでも残っているからです。思い出とは、まことに辛いものであります。


昭和の博多を代表するナイルカレーです。 正直、あのナイルカレーと全く同じ味ではないのですが、面影はあると思います。
博多ナイルカレー

○ コーヒーとカレーの店「ナイル」

所在地   福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
電話    092-431-1874
営業時間 
10:00~20:00
休み     なし
駐車場   なし

 * 掲載の写真は、すべて携帯のカメラですので、少し不鮮明ですみません。

スポンサードリンク

|

« 自作ボートで博多湾タンデム釣行、メバルとシーバスが釣れました。 | トップページ | 枝雀と春団治のご存知「代書屋」 落語嫌いの方にもお薦め、 »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

コメント

ハビさん、お早うございます。Junです。

あれほど行っていた自作ボートによる博多和のシーバス釣りですが、ここ最近ほとんど行っていません。
自作ボートは、車庫でゆっくり休んでいます。

ただ、友人のボートで最近、博多湾でサゴシを釣りました。
来年は、もう少し釣りに行きたいと思っています。

ナイルカレーの情報有り難うございます。さすがに、実際に従事されていた方のお話は具体性がありますね。
私は、ナイルカレーの旨さの基本は、バターかと思っていましたがラードだったのですね。

今後もよろしくお願いします。

それでは良い年をお迎えください。

投稿: Jun | 2014.12.29 08:07

JUNさんこんにちは。
博多湾の釣りいかがですか。自作ボートも健在でしょうか。
さてさてナイルのカレーですがスパイスパウダーは5種類で香りを提供していましたね。何せ一皿100円でご提供でしたのでかなりシンプル。ただしうま味をたすのは添加惣菜。基本は「ラード」です、これにバター、生クリーム、トマトジュース、ウスターソース、醤油。高圧釜でポークの角切りと玉ねぎをボイル。この肉が一人前に2~3個入っていたはずです。玉ねぎは溶けてしまいます。
工場は2階建てでしたが、2階、中2階、1階の実質3フロアーで操業、南区の平尾でした。昨土曜に行ってみましたがすでに簡易マンションが建っておりました。工場は当時では最先端の様子でしたよ。すべてがわが社の考案です。どこに行ったのかな工場施設。

投稿: ハビ | 2014.12.28 15:44

ハピさん、お早うございます。Junです。

このナイルカレーの記事には、大変多くの方からコメントをいただいています。

ナイルカレーへの注目の高さだと思います。

そのような中で当時のナイルカレーの具体的なお話ありがとうございます。

パウダーブレンドの問屋を探さないと絶対不可能なのですね。

やはり当時のナイルカレーの味の復元は難しいですね。

投稿: Jun | 2014.12.24 08:48

はじめまして、たまたま博多湾のメバルの情報を検索していたらこのページに出会いました。現在福岡市内には多くの独創的なカレーショップが増えてきました。その中で昔懐かしいナイルのカレーが復帰してきました。じつは昭和43年ごろと記憶していますが当時ナイルを起こした親会社とのつながりがあった南区の㈱西日本○○という会社で技術担当でおりましたときに「ナイルのカレーの半自動生産化」の依頼で平尾に工場を起こし日5000食のラインでナイルカレーを作ってきました。当時ではかなり斬新な製造工程でしたよ。詳細なレシピは契約終了で焼却しましたが材料は鮮明に頭に入っていますね。投稿者の中に小さな肉の塊がありましたというくだりはすごい記憶と思います。またナイルカレーが一躍脚光浴びたのは味もあるでしょうが、一皿100円というところがミソでした。今は「マルマサ」というところがオーナーと聞きましたが多分商標の譲渡があったのでしょうね。設立は福岡では海鮮の老舗で「海○」と言って福ビルの地下で老舗のお店がナイルの母体です。当時のカレーのシェフは高○チーフで眼光鋭い方でしたよ。昔の味を求めるのは難しいでしょうね。パウダーブレンドの問屋を探さないと絶対不可能だと思われます。

投稿: ハビ | 2014.12.23 12:28

Ryo Matsuさん、お早うございます。Junです。

スケートの帰りのスケートは、天神のスポーツセンターでしょうか。
スケートか天神シネマで映画を1本見てからのナイルのカレーは最高でしたね。

本当の味のナイルが消えてしまってほんとうに残念です。
そしてナイルを超えるカレーが天神にはなかなか無いのがもっと残念です。

投稿: Jun | 2013.05.07 07:56

私も福岡市西区に住んでいたのが昭和51年まででスケートの帰りによく行った味のタウンのナイルカレーはごちそうでした。電気ビル旧館地下のナイルは本物でしたが博多駅のは違いますね。旧館がなくなり本当にナイルカレーが消えてしまいました。残念です。

投稿: Ryo Matsu | 2013.05.06 15:13

まつけんさん、お早うございます。Junです。

サムソンは、経営していた方が大野城市で「まんぷく」と言う食堂をされていて、カレーも提供されています。

このブログでもそのことについての記事があります。

ナイルは、益正のグループですか。何となくそんな気はしていたのですが・・・

益正の社長のお父さんが経営していて引き継いだものですか。

おっしゃるように何とかして当時のレシピで作っていただきたいものです。

あの味は、当時のナイルを知らない若い世代にも支持されると思うのです。

投稿: Jun | 2011.10.07 07:00

昔の記事なのに、すいません。
3店とも、懐かしいです。

サムソンは、昭和末期の激辛ブームの頃、W死ね辛というのがありましたよね。当時は、舌がしびれて食べれなかった、今なら自信があるのですが・・・w

ナイルは、現在のお店は益正のグループなんですよね。で、益正の社長のお父さんが経営してたから、それを引き継ぐというか、復活させた、と。

当時のオリジナルレシピ、可能なら食べてみたいですよね。

投稿: まつけん | 2011.10.03 19:43

JUNさん

東です
ナイルでカレーを作ってましたなどと申し上げましが、実際には仕込みをした鍋に会社で作って既に袋詰めにされたもの(ルー)を移し、後は火を通しただけで肝心な「ルー」のレシピは知りません。
偉そうにごめんなさい。

甘口
辛口 1辛~5辛まで有りましたね
後、ハヤシライスも出してたな~

投稿: 東 | 2011.09.27 20:03

東さん、お早うございます。Junです。
コメントありがとうございます。
このナイルのカレーの記事は、皆さんからのコメントも多く、いかにナイルのカレーが愛されていたかが分かります。
さて、市販のナイルカレーですが、おっしゃる通り色だけはそれらしいのですが、まったくあのナイルのカレーではありません。
博多阪急のデパ地下にもナイルの店があり、いかにもナイルカレーの味を再現したかのように書いていますが、これもナイルではありません。
湖月のカレーしかり、ナイルのカレーしかり、昔の味を知っている人にがっかりさせるものばかり。
ナイルのカレーを知らない人に、これがナイルのカレーと思ってしまわれたら、非常に残念です。
いいかげん、このような商法はやめてほしいですね。
ところで味のタウンのナイルのカレーは、ナイルの中でも特に好きなお店でした。

投稿: Jun | 2011.09.27 06:57

天神地下
味のタウンの元従業員です
勿論ナイルでカレーを作っていました。
現在鹿児島県在住なのですが、先日鹿児島では大手のスーパータイヨーにナイルカレーが陳列されていまして
ナイルは閉店したと聞いてたのですがそれはそれはびっくりしました。
子供と妻に是非ナイルの味を体験させてあげようと購入しましたが…
味がwww全然違いまする
案の定売れてなく現在半額で処分の棚に陳列中ですね
復活を詠うなら昔の味を復活させて欲しかったです。非常に残念。

投稿: 東 | 2011.09.26 19:25

おはようございます!
カレーが食べたくて・思い出します、ナイルのカレー
大きい白い皿にごはんとカレーを大きく(薄く)盛った
角肉が2個~3個・具なし(玉ねぎ他とろけているため形は見えない)・そのように記憶している、アー食べたい。
福神漬け・ラッキョウも一緒に!

投稿: umamogu | 2011.06.22 09:27

良ちゃんさん、お早うございます。Junです。
ナイルのカレーを懐かしく思う方が結構いらっしゃいますね。
「味のタウン」ですが、岩田屋の地下とつながっていた西鉄名店街味のタウンのことですね。
あそこのナイルのカレーが最もナイルらしいカレーだったと記憶しています。
当時のナイルカレーは、店内で原材料名の一部がメニューに記載されていたのですが、確かにバターも入っていました。
あのコクのある味の秘密はバターなのかもしれませんね。
博多阪急の地下のナイルの前はよく通りますので、今度寄ってみます。
貴重な情報ありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。

投稿: Jun | 2011.05.19 06:32

ナイルのカレーがなくなって さみしく思っていたおじんです 市役所の喫茶がナイルのカレーだと聞いて行ってみましたが どこか違う 高校時代味のタウンでナイルのカレーを食べて 隣のうどん屋で エビのかき揚げうどんを食べて 満足して帰宅していました 私にとってナイルカレーはソウルフードです 飽食の今若い人にはわからないでしょうね。
一昨年レトルトのナイル黄金カレーというのを通販で購入しましたが 似て非なるものでした。
ところが 博多駅の 阪急デパ地下で ナイルカレー復刻版なるものを見つけて 5個ばかり買って帰りました。
今まで食べた中で これが一番あのナイルカレーに近いとおもいます少しバターを溶かすと完璧です。
また博多駅に行ったら 大量に買い占めて 冷凍しておこうと思います('▽') アハハ

投稿: 良ちゃん | 2011.05.19 00:30

OZMAさん、お早うございます。Junです。
ナイルのカレーは、安くておいしかったですね。
ナイルのカレーは、だんだん少なくなっていましたが、今年の3月に新しい博多駅ができ、博多阪急のデパ地下にナイルカレーが出店しました。
手軽に食べられるようになっています。
ただ、以前食べられたナイルのカレーと同じ味であるかどうかは定かではありませんが、博多にお出での節は、お寄りになってもいかかでしょうか。

投稿: Jun | 2011.04.12 06:32

はじめてコメントします!
当方2002年まで福岡在住でした。
当時はまだ金もなくナイルのカレーはありがたい食事で
良く行っていた記憶があります。

以前はパピヨンプラザにもあった記憶がありますが
今はもうなくなってしまったようで
少々寂しい気がします。

投稿: OZMA | 2011.04.11 20:10

博多のポン太さん、お早うございます。Junです。
私も、味のタウンには、スポーツセンターでのスケート、センターシネマでの映画の帰りなどに寄っていまし。
岩田屋のデパ地下を歩き続けると、銘菓の売り場を通り過ぎてから味のタウンに入っていましたね。
味のタウンでは、ナイル、ちんめんの甘太郎、大福うどん?などがありましたが、ナイルももちろん行きつけでした。
味のタウンのナイルの味が、本当のナイルの味ではなかったでしょうか。
博多駅の阪急デパ地下にも新しくナイルが出店しています。確かめてはいませんが、おそらく味のタウンのナイルの味とは異なると思います。
そのうち行ってみて、レポートしたいと考えています。

投稿: Jun | 2011.03.11 06:41

現在は50代半ばを越した親父です
私は高校時代に良く学校帰りに天神の「味のタウン」(現在の三越の地下)に行ってはナイルカレーを食べてましたね!
仲間と行っては、テーブルに置いてある
福神漬とらっきょを全て食べて、何度かおかわりを
してはお姉さんに笑われてましたね・・笑

投稿: 博多のポン太 | 2011.03.11 00:49

Junさんへ
早速のお返事ありがとうございました。いろいろと調べて頂いて本当に感謝しております。東映会館の湖月は中州の湖月の支店になります。たしか3人で思考錯誤しながら湖月の味を完成させたそうです。そして、その内の1人が東映会館で店を開いたそうです。詳しいことは諸事情があるので書けませんが、私はその人の親族にあたります。
やはり、現時点で湖月のカレーの味を忠実に継承されているお店を探すのは難しいですか・・・。当時、私はまだ子供だったのでその味を知りません。お店も何十年も前に閉店し店主もすでに他界しております。一度でいいからどうしても皆が言う伝説の湖月のカレーを食べてみたかったのですが・・
母曰く、とてもシンプルなカレーだったけど、どんなカレーよりもおいしかったと言っていました。
もしjunさんが本当の湖月のカレーに出会われたら教えて頂ければ幸いです。私も自分なりに調べてみたいと思います。長々書いてしまってすみません。
いろいろとありがとうございました。

投稿: にゃーこ | 2011.03.05 18:39

にゃーこさん、おはようございます。Junです。
はじめまして。
湖月のカレーは、小倉の東映会館にもあったのですか。初めて知りました。
ネットで調べてみると、東映会館の湖月も、中洲の湖月の支店のようですね。
湖月のカレーの様子を書いていただいていますが、おおむねその通りです。
湖月のカレーの継承店と称しているカレーは、全く中洲の湖月のカレーとは異なっています。
知人の方の見解の通りです。
ナイルのカレー、これも現在のナイルのカレーとは異なっています。1960年代から70年代にかけてのナイルのカレーが抜群のおいしさでしたが、現在のナイルのカレーとは異なります。
湖月のカレーとは異なり、何となく昔の面影はあるのですが。
1970年代のナイルのカレーと湖月のカレーは、味に近さはありませんでした。全く別物です。
それぞれ個性的でしたので、大福うどんと因幡うどんのようではなかったのです。
それで、湖月のカレーの味を求めて、ナイルを食べても(その当時の)意味はないと思います。
これだけ、カレー店があるのですから、ひょっとしたら往年の湖月のカレーの味に近いものがあるのかもしれません。
ただ、それには往年の湖月のカレーの味を知っている方が必要で、かつネットで情報発信してくれなければなりません。残念ながら、そのような方もあまりいないような気がします。
私もそのような店を発見できれば、お知らせしますが、まだそのような店に巡り合っていません。
否定的なコメントで申し訳ありませんが、参考になりましたでしょうか。

投稿: Jun | 2011.03.05 10:49

初めまして。突然おじゃましてすみません・・・。どうしても湖月のカレーが食べたくて情報を探していたらここに辿り着きました。昔、北九州の東映会館の地下に湖月のカレーがあったのですが、その時の味を忠実に再現しているお店をご存じないでしょうか。ルーはさらさらで玉ねぎも溶けてしまっていて、ルーの上にお肉がちょっこり浮いているそうです。口に入れて少しするとぴりっと辛さがきて、初恋の味と言われていたそうなんです。ご飯は丸い皿に平ぺったくのっていてご飯の上にはレーズンなど何ものっていません。ずいぶん前ですが、福岡の地下にある湖月の継承店に行ったのですが、聞いていた味と全く違っていました。湖月の味を知っている方に食べてもらったのですが、残念ながら全然違うとの答えでした・・・。私自身は一度も食べたことがないのですが、どうしても一度でいいので本当の湖月のカレーを食べてみたいのです。ナイルのカレーが湖月のカレーの味に近いのでしょうか?長々と書いてしまってすみません。

投稿: にゃーこ | 2011.03.04 22:18

やまさん、お早うございます。Junです。
こちらこそはじめまして。
あのナイルでアルバイトされていらっしゃったのですか。
それでは、あの懐かしいナイルの味のエキスパートですね。
博多駅は、現在新博多駅への新築中で、その関係で地下街もかなり影響されています。
長らくあったナイルの店が現在どうなっているかは不明です。
この前、ちょっと通りかかったら、どうもその辺一帯が閉鎖されているような気がしました。
不正確な情報ですみません。
閉鎖されているとすれば、ナイルは再開されるのかな?
ナイルの昔の味とはかなり違ってしまったナイルのカレーですが、やはりナイルと言う名のカレー店は残ってほしいものです。

投稿: Jun | 2010.12.14 06:51

はじめまして。
私は記事中にある、ナイルカレーの博多駅地下街店にてアルバイトをしていました。
と言っても、今となっては24年も前の話です。
Junさんのいう 「懐かしいナイルのカレー」 の味を知っている人間の一人でしょうね^^
当時は記事中の写真のような店舗ではなく、中央部分にU字型のカウンターがあったのを覚えています。
今もこの博多駅地下街店は残っているんでしょうか。
先日、博多駅地下街を訪れた際に、懐かしくて探してみたんですが無くなっていたような・・・・。
場所が変わったのか、それとも私が場所を忘れただけなのか^^;

あの頃、閉店後にまかないとして食べていたカツカレー (もちろんルーは甘口で) が懐かしく思い出されます。
また食べたいなぁ。

投稿: やまさん | 2010.12.14 03:38

中洲が正解さん、お早うございます。Junです。
はじめまして。
ナイルのカレーには、仰るように肉の塊がありましたね。
あれは、豚の脂身だったのですか。現在のナイルのカレーには見当たりませんね。
さて、先日、渡辺通りの電気ビル地下のナイルが閉店したとの報道がありました。
この店は、昔のナイルの味を良くまもっていたようでした。
この店の存在を私は知らなかったので、閉店前に行きたかったなと思いました


投稿: Jun | 2009.08.28 06:44

昔のナイルのカレーは
ルーの湖の上に一個だけ豚の脂身が乗っかってる
記憶があります。

投稿: 中洲が正解 | 2009.08.28 03:01

丹下右全さん、お早うございます。Junです。
博多駅、天神とナイルのカレーはよく食べたものです。
現在は、博多駅くらいしかお店を知らないのですが、丹下右全さんが食べられたナイルのカレーと、現在のナイルのカレーは別物だと思います。
あの、バターがたくさん入ったネットリしたカレーではありません。
お店はかろうじてありますが、想い出のカレーはどこに行ってしまったのでしょう。

投稿: Jun | 2008.11.27 06:17

もう何十年も前の事、ナイルのカレーに引かれ博多駅と言えばナイルに通ったものです。幼心と手軽にカレーが食べれる唯一の楽しみでした。店内に入ると即、運ばれるカレーは、大皿に整えられたライスが印象的で、満足感一杯で私の思い出の店でした。今も健在ですか・・・?

投稿: 丹下右全 | 2008.11.26 21:53

そうでした。スポーツセンターですね。
若いとき薬院の親戚に遊びに行ったとき
天神をぶらぶらしました。

ラドンは子供のときに映画を見ましたが
阿蘇でしょうか?
大きな卵が孵るところが今でも覚えております。

昔の懐かしいことのお話があり
時々覗いております。

投稿: コスモス | 2008.04.11 23:48

コスモスさん、今晩は。Junです。
中州の湖月の2階は、厨房が1階でしたので、そんなオーダーだったのでしょうか?
小さなエレベーターで運ばれていたのを思い出します。
天神のスケートセンターは、スポーツセンターと呼んでいました。冬はスケート場となっていましたが、相撲の福岡場所があったり、イベント行事があったりしていました。
筑豊生まれのラドンが襲いかかって壊したりしていました。

投稿: Jun | 2008.04.11 21:18

中州の「湖月」2階でカレーを注文すると一枚、2枚だけの
オーダーだったような気が?

「ナイル」も名前は聞いたような?

天神のスケートセンター懐かしいですね。

投稿: コスモス | 2008.04.11 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/40680793

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市博多区のナイルのカレーの今と昔:

« 自作ボートで博多湾タンデム釣行、メバルとシーバスが釣れました。 | トップページ | 枝雀と春団治のご存知「代書屋」 落語嫌いの方にもお薦め、 »