« 全員揃って、久しぶりのヨットの清掃 | トップページ | 名古屋の「若鯱屋」、まずはきしめんとカレーうどん »

2008.05.20

佐賀県呼子のイカと加部島の海

Dsc_8637sm  連休の中日、ヒョンなことから知人と3人で、佐賀県の唐津・呼子(よぶこ)方面にグルメな昼食とプチ旅行と言うことになりました。知人の車で10時過ぎに博多を出発。

 風は強い日でしたが、天気は快晴。まことにもってドライブ日和。呼子は、佐賀県唐津市の北東にあり、イカ料理と朝市で有名です。最近まで、呼子町でしたが、現在は唐津市に編入されています。

Dsc_8640sm  呼子には、私は普通、ヨットのセイリングの途中に寄港することが多く、陸路から呼子に入るのは滅多にありません。呼子のメインストリートを車で通りましたが、人気の朝市はすでに終了していました。

 昼食のお目当てはもちろん名物のイカ料理。数ある呼子のイカ料理店の中でも、抜群の人気を誇るのが「河太郎」です。当然、「河太郎」を目指していきましたが、車で通りかかった店の前は長蛇の列。

Dsc_8641sm  とてもこれじゃ~という事で、次はイカシュウマイで知られた「萬坊」へ。この店は、日本で初の海中レストラン型式で、水族館のプールの底でご飯が食べられるようなものです。ここも、混むことが予想されましたので、お店の直前で、車内から携帯で念のため聞いてみると、以下の活きづくりは、売り切れましたとの事。

   そんな~と声を上げた所、萬坊の向かい側に1軒のイカ料理屋が・・・・。選択の余地なく車を停めました。屋号を見てみると「いか太郎」。

Dsc_8668sm 河太郎や萬坊の混雑さから考えるとがら空き状態。すぐに座れました。料理は、もちろんイカの活きづくり。「いか活きづくり定食A イカしゅうまい付き」(2980円)を注文しました。

   呼子のイカ料理は、地元では「ヤリイカ」と称されるもので、標準和名は「ケンサキイカ」です。標準和名に「ヤリイカ」と称されるものがあるそうですが、これとは別物だそうです。

Dsc_8666sm 呼子のイカは、呼子近辺で取れたものだと思いがちですが、実は、宗像の鐘崎の波止場で魚釣りをしていると、岸壁にイカが水揚げされ、呼子からのトラックに積み込まれているのを見かけたことがあります。消費量が多いので、地元産ではまかないきれないのでしょう。

  Dsc_8651sm ほどなく3本のイカが活きづくりで出てきました。呼子のイカは、何と言ってもその透明さに特徴があると思います。イカの刺身と言うのは、えてして白濁しているものが多いのですが、写真でお分かりのようにイカのみが透き通っています。                                                                                              

Dsc_8661sm  イカの新鮮さだけが命ですから、その調理時間も極端に短く、あるテレビのグルメ番組では1本30秒以内で一匹のイカの調理を終えていました。この活きづくりの食感は、まさにコリコリとして大変に美味しいものです。

Dsc_8656sm この定食には、「イカシュウマイ」が付いていますが、実は、この「イカシュウマイ」は、目の前の「萬坊」と「木屋」と言うお店の間で、名称をめぐり裁判沙汰になったことがありました。萬坊の方が元祖という事で木屋を訴えたのですが、萬坊側の敗訴となった記憶があります。

Dsc_8674sm 平らげられたイカの残り身は、通常、天ぷらか焼きゲソにします。ところが、このお店は、私達の選択を聞かないまま、勝手に天ぷらにしてしまいました。この辺は、是非改善してもらいたい点です。私は、たまたま天ぷらが好きですが、焼きが好きな方もあると思いますので、これはNo Goodでしょう。

Dsc_8673sm あと、イカ墨のデザートが出ました。これは、珍しいものですが、味は普通でした。

 昼食後は、加部島に行きました。呼子とは呼子大橋でつながっている島で、風の見える丘公園や田島神社などの見所があります。

Dsc_8683sm 当日は、強風ではありましたが、空気が澄み切っており、大変に良い眺めでした。加部島の北部牧場から白波で荒れ狂う海を見ていると、ハウステンボスレースの帰り、同じように荒れたこの海を苦労しながら博多湾を目指してクルージングをしていたことを思い出し、感慨もひとしおでした。

ふんわりとした食感が自慢の逸品呼子の朝市・木屋 いかしゅうまい(8個入)【佐賀県産】 
呼子で生まれた名物いかしゅうまいです。ふんわりとした食感が自慢の逸品です。

呼子のイカと旅館・ホテルの空室検索と予約 評価が高い順リスト 
旅館綿屋のお部屋でゆっくり♪呼子(よぶこ)イカの活き造りプラ。  海辺の宿清力の【平日特割】イカ活き造りスペシャルプラン★朝・夕お部屋食♪。 他  

新鮮・美味 佐賀県呼子のイカ 
いか道楽の呼子イカ・活きてるまんま、
旨さの秘密は秘伝のタレ!呼子・いかじまん など

Dsc_8684sm○ 海鮮門いか太郎

所在地   佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦1946-2 (萬坊のすぐ近く) 場所はここ Google マイマップ
電話    0955-82-4517
営業時間 11:00~21:00
休み    なし
駐車場   あり

スポンサードリンク

|

« 全員揃って、久しぶりのヨットの清掃 | トップページ | 名古屋の「若鯱屋」、まずはきしめんとカレーうどん »

03 グルメ・東京、大阪、福岡県外」カテゴリの記事

コメント

シビソルートさん、お早うございます。Junです。
コメントありがとうございます。遅くなってすみません。
「若潮丸」と言う店は気づいていましたが、まだ行ったことがありません。
呼子と変わらないイカ料理が食べられるとは、魅力的ですね。2500円でも、ガソリン代や労力を考えると充分引き合いますね。

投稿: Jun | 2008.06.08 09:52

呼子のイカは玄海灘産。結構有名な話ですね。
ところでJunさんは「若潮丸」というお店行ったことありますか?
http://www.citydo.com/prf/fukuoka/guide/sg/500001081.html
私も萬坊には一度行ったことありますが、この店呼子に遜色ない
イカ料理が食べられます。
宗像で2500円はちょっと...って感じもしますが、
行かれたことないなら行ってみられてはいかがでしょう?

投稿: シビソルート | 2008.06.02 23:50

maxさん、お早うございます。Junです。
シーバス釣り、他の人に比べたら行けている方ではないかと思いますが、毎週、行っていることでもありません。
趣味一般に言えることですが、あまり頻繁にできると言うよりも、少し不満を感じながらやっていった方が、趣味から得る喜びも大きいのかもしれません。
バイク、私も10数年前には、ヤマハのビラーゴ(アメリカンタイプ)に乗っていました。加部島あたりのツーリング楽しそうですね。
「かべしま」、私も気づいていました。見つけにくい加部島の奥まった所にあり、穴場ではないかと思っています。

投稿: Jun | 2008.05.27 06:32

お久しぶりです。シーバスは楽しめていないですね?
ブログ見たら忙しそうですもん。大変そう(笑)
しかし加部島ですか・・・
私のバイクでのお気に入りのポイントです。
嫁と走りに行くと必ず行くのがこの牧場で、手前の「かべしま」って店で食べています。(笑)
今までは携帯でブログを見ていましたが画像は無かったので、今回はパソコンで確認させてもらいました。

自家製ボートもわかりましたので、発見次第やんわり近づきま~す!
じゃあまた書き込みますね!

max

投稿: max | 2008.05.26 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/41249807

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀県呼子のイカと加部島の海:

« 全員揃って、久しぶりのヨットの清掃 | トップページ | 名古屋の「若鯱屋」、まずはきしめんとカレーうどん »