« 自作ボートで博多湾タンデム釣行 シーバスが釣れました | トップページ | 佐賀県呼子のイカと加部島の海 »

2008.05.15

全員揃って、久しぶりのヨットの清掃

スポンサードリンク


Ca380369sm Dsc_8553sm 連休の始まりに、ヨットの清掃をすることになりました。清掃は、年末にしたり、連休にしたりとまちまちですが、ここしばらくしていませんでした。

 午前9時に集合なので、8時45分頃到着すると私が一番乗り。デッキの雨よけである青い色のオーニングを外したりしていると、三々五々とメンバーが集まってきました。今回の清掃には、仲間の5人全員が久しぶりに揃いました。

Dsc_8565sm Dsc_8562sm まず、ソファー、ライフジャケット、毛布等の虫干しが必要なものをキャビンからデッキに持ち上げます。これ等を適当にデッキの上に広げて乾燥させます。デッキの上は、足の踏みどころがないほどになります。

 一方、キャビンの中ではいろいろなものの整理と廃棄です。引き出しや収納庫には、沢山の物品が詰め込まれています。食料、飲み物、クルージングに必要な品物等は、クルージングの度に、増えていきます。

Dsc_8559sm Dsc_8558sm  クルージングでは、海の上はもちろん離島などに行くのですが、手軽に買い物で調達できる状況ではありません。そのため、必然的にかなりの数量の物資を積み込むことになるのです。悪いことには、在庫状況を確認して購入しないために、ヨットにはすでに積み込んでいるものを買い込んで、消費せずに蓄積し続ける傾向があります。

Dsc_8574sm Dsc_8571sm ヨットに限らず船と言うものは、意外と積載容量があり、大抵のものを積み込んでも平気で呑み込んでしまいます。清掃にかかると、これでもかこれでもかという風に物が出てきます。

 今回も、大量の日焼け止めクリーム等が出てきました。また、清掃すると、緊急非常用品の収納位置を確認したり、物品の合理的な整理、機器の作動状況が確認できます。だから、時々、清掃する意義があるのです。

Dsc_8581sm Dsc_8579sm  清掃の最中、デッキに顔を出してみるとなにやら賑やかなことに。一隻のクルーザー、船尾にオーストラリア国旗が出ていますが、ポンツーンに着けようとして難儀している様子。

 操船がまずくて、なかなかポンツーンに着ける事ができません。ポンツーンには、数人のヨットマンが着岸の手伝いに出ているのですが、強風と船体が大きいために皆ドタバタ。

Dsc_8573sm Dsc_8583sm 老年の外国人夫婦の船のようですが、メンバーのHさんによると、退職後、ヨットを買ってそのまま出港して、着いたばかりではないかとの事。あまりに操船が未熟なようだとの事。周りのヨットマンのお陰で、やっとこのヨットは着岸できたようです。

 12時になりましたので、昼食に出かけることにしました。はるさんの車に全員が同乗して姪浜の寿司店、「達揮」に。

Dsc_8575sm  ここは、なかなかの繁盛店で、5人の席が生憎空いてなくて、しばらく待たされました。やがて2階の席に通されましたが、ファミリーやお年寄りのグループが多くいました。

 寿司の定食をそれぞれが注文し、ここの名物のどんたく巻きとバッテラを追加。楽しく歓談しながらの昼食をいただきました。

 それからヨットに戻り、キャビン内の整理をしました。ある程度片がついたところで、先ほどのお騒がせのオーストラリアのヨットを表敬訪問しました。

 50歳代の夫婦のヨットで、気軽にキャビンに入れてくれました。このヨットのキャビンは、チーク材を多用した素敵なもので、整理整頓もできておりました。いかにも外国の豪華ヨット然としたもので、色んな写真も飾ってあり、インテリアとしても羨ましいくらいでした。写真を撮らなかったのが悔やまれます。

 この夫婦は、アメリカでコンサルタント業をしており、半年働いて半年クルージングする生活を20年以上続けているとの事。ほとんど世界1週をしたようです。ヨットも素晴らしいのですが、この夫婦のライフスタイルも日本人には夢のような生活です。

 By   Jun

スポンサードリンク

|

« 自作ボートで博多湾タンデム釣行 シーバスが釣れました | トップページ | 佐賀県呼子のイカと加部島の海 »

06 ヨット」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、お早うございます。Junです。
確かに40数フィートありますので、大きなヨットです。しかし、仲間と話しているのですが、次回買い換える時には、30フィート台の小さめの方がいいかもしれないと。
やはり、体力的な面と手軽さから考えると、この船は大きすぎるのかもしれません。
海の上では、コック長がいらっしゃるのは大変ありがたいことです。ホットミールなり手作りの料理が出るのは、ヨットの楽しさが倍増します。
山荘の様子はブログで拝見しました。海に山に活躍の場が広がっていますね。
長年の夢の実現に張り切っていらっしゃるRyuさん、ますますブログも生活も充実しますね。

投稿: Jun | 2008.05.25 09:43

お久し振りです。
大きなヨットですね!憧れです。
我輩も先日一泊で淡輪から洲本へ行ってきました。
操船は他の人たちに任せ今回はもっぱらコック長として頑張りました。クルージング中は火を使わず片手で食べれるサンドイッチを作りました。海も憧れですが5月から吉野の山村に家を借りました。アマゴや鮎釣りが楽しめる「男の隠れ家」としてしばらく使おうと思っております。詳しくはマイBLOGをご覧下さい。長年の夢が実現しそうで張り切っております。Junさんも釣りやヨットなど頑張っておられるようで何よりです。過去ログは後ほど拝見させていただきます。

投稿: Ryu | 2008.05.19 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/41175258

この記事へのトラックバック一覧です: 全員揃って、久しぶりのヨットの清掃:

« 自作ボートで博多湾タンデム釣行 シーバスが釣れました | トップページ | 佐賀県呼子のイカと加部島の海 »