« ペンタックスOptioW60 防水・防塵機能が充実のデジカメ  | トップページ | 映画「炎のランナー」 Chariots of fire 1924年、パリ・オリンピックの陸上走者  »

2008.08.16

自作ボートでタンデム釣行 志賀島はベラばっかし

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 先週末、久しぶりに自作ボートで釣行しました。N君と一緒に博多湾口の志賀島(しかのしま)に行きました。

Imgp0037sm  最近、博多湾奥のシーバスは、海水温の上昇とともに不調のようですので、以前、5月頃のMAXさんからのコメントで、志賀島沖はアラカブやシーバスともに絶好調との情報をいただきましたので、かねてから一度は行きたいと思っていました。

志賀島勝馬沖のベラ釣

 問題は、カートップボートのゲレンデ(ボートを降ろす場所)ですが、ちかっぱぴしゃーっとさんも志賀島北側でボートで釣っているとの記事も拝見しましたので、N君に話していたら、早速、偵察に行ってくれて、ボートを降ろすことができる場所を見つけてくれていました。

Imgp0041sm  N君にコンタクトを取り、先週末の早朝でかけました。夕まずめからの夜釣りも考えていたのですが、スケジュールが都合が付かず、結局、朝まずめから暑くなる前に撤収することにしました。

志賀島勝馬沖を航走中

 ということで、集合は午前3時。ほぼきっかりにN君宅に迎えに行き、途中、香椎下原の釣具店ヒダカで、餌の青ケブを購入。ヒダカは午前3時30分に開店で、近辺では最も早い開店時間です。

志賀島勝馬で青磁問答

 後は、コンビニで飲食物の調達ですが、人工島のローソンに入りそびれてしまい、「その内あるくさ」で車を走らせましたが、西戸崎、大岳でも見つけることができず、志賀島に着いてしまいました。志賀島でもコンビニを発見できませんでした。

Imgp0051sm  飲みものは、ペットボトルのミネラルウオーターを2リットル以上持参していましたが、食べ物が全くありません。ま、10時頃には撤収予定でしたので、それくらいなら大丈夫だろうと言うことで、4時半頃に釣り場に着きました。

 海岸には、若者がテントを張って夜通し花火などを揚げて騒いでいて、賑やかなことです。日の出が5時頃なので、まだ真っ暗。全周灯等の夜間航行装備が無いので、明るくならないと出航できません。もっとも、装備していても、知らない海域ではどこに沈み瀬があるか分からないのでとても危険です。

Imgp0053sm_2  昼間でも、ちかっぱぴしゃーっとさんは、沈み瀬で船外機のプロペラのシャーピン(プロペラを留めているピン、衝撃時にプロペラを保護するためにピンが折れてダメージを少なくするもの)を折ったとのことで、この海域は暗いうちは絶対に出航できません。

 東の空が明るくなり、海中も視認できるようになりましたので、出航しました。ある程度の深さになると、斜めに上げていた(チルトアップ)船外機を海中に落とし込みますが、これが落ちてくれません。さんざん、やってみますがチルトを支えているレバーが全く動きません。

 仕方が無いので、波打ち際まで引き返し、レバーにCRCをかけてみるとやっと動きました。いわゆる塩カミ(塩分で固着したもの)をしていたようで、帰着後、水をかけていただけでは駄目なことがわかりました。

 再出航し、魚探をかけながらポイントを探します。魚探では、海底の方で反応があり、ベイトもいるようです。海岸から数十メートル沖くらいで釣り開始。

 青ケブでアラカブ狙いのN君にいきなりのヒット。上がってきたのは、大きなキュウセン・ベラ。かなりの引き味を楽しんだようです。

 私は、レンジバイブによるルアー・フィッシング。もちろん、ターゲットはシーバス。魚探のベイト反応や潮の流れもいい感じですが、これが全くの反応なし。

 その間にも、N君は、キュウセンや普通のベラを快調に釣り上げますが、全くアラカブの反応は無し。そんなにベラを釣ってどうするのと聞きましたが、ベラは煮付けにすると美味しいよとのこと。

 そうこうしていると、だんだんに風が強くなってきました。ボートを引き上げる海岸は、外海に面しているので、波が強くなると非常に危険となります。そこで、ボートを海岸に向けて接岸しようとすると、意外と波打ち際は静か。どうも、この波打ち際だけが風裏になっているようです。

 そこで、再度、沖側に引き返し、釣りを開始。魚探で海底の起伏状況を見ながら、ポイントを探します。水深10m程度から急激に水深2m位までにかけあがる瀬を発見して、イカリで固定して釣りました。そこで、やっと小さなアラカブを1匹釣り上げますが、後は全てつれるのはベラ、ベラ・・・・・ベラ。小さなベラは、リリースしますが、ワンショット・ワンベラの状態が続きました。

 シーバスやアラカブのポイントを発見できれば、ベラ以外にもつれるのでしょうが、とにかくベラの巣だけは間違いの無い事実。N君の「アラカブの巣はどこにあるとや?」の問いかけに私は黙ってうなだれるだけ。

 初めて釣る場所で、シーバスやアラカブのポイントを発見するのが腕の差でしょうが、私達にはそこまでの腕は無い・・・・

 そうこうしている内に9時半になりましたので、ここでストップフィッシング。撤収開始しましたが、まだ暑くなる前で、フィッシング中、撤収中もあまり暑くなく、比較的快適な釣行でした。11時頃から、猛烈に暑くなりましたので、やはり夏の間は、暑さを避けるためにも、朝・夕まずめを中心とした時間帯が体のためにも良いようです。

 なお、当日撮影の写真及びビデオ映像は全て、今回新しく購入したコンパクト・デジカメ、ペンタックス OptioW60で撮影したものです。

○ 当日の釣行データ

釣果(2人) ベラ 5~10匹  多数リリースあり        
釣行時間  午前5時~午前9時半
場所     福岡市東区 志賀島
天気     晴れ
気温     30度
風       北 2m~3m
潮         長潮、 満潮 02:28  干潮 09:46 
海水温    不明

By Jun

|

« ペンタックスOptioW60 防水・防塵機能が充実のデジカメ  | トップページ | 映画「炎のランナー」 Chariots of fire 1924年、パリ・オリンピックの陸上走者  »

04 自作ボート」カテゴリの記事

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/42162647

この記事へのトラックバック一覧です: 自作ボートでタンデム釣行 志賀島はベラばっかし:

« ペンタックスOptioW60 防水・防塵機能が充実のデジカメ  | トップページ | 映画「炎のランナー」 Chariots of fire 1924年、パリ・オリンピックの陸上走者  »