« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008.09.29

ハウステンボスカップ・ヨットレース スタート直後から帰港まで

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Imgp0258sm  大変、記事更新が遅くなって申し訳ありません。何しろ、写真だけなら手間がかからないのですが、ビデオ映像を記事に取り込むのは時間がかかります。

 特に、コンパクトデジカメで撮影したビデオ画像を、ココログのサーバーに登録するのに膨大な時間がかかっています。今回の記事のビデオも相当に時間がかかりました。

 お断りしておきますが、今回以降の記事は、相当ビデオ画像を多用しますので、以前のように3日に一度の記事更新頻度はできそうにありません。決して、サボっているわけではありませんので、よろしくご理解のほどお願い申し上げます。

 さて、ハウステンボスカップ・ヨットレースに参加した私たちのヨットの奮戦記をビデオ画像でご覧ください。

 ハウステンボスのヨットレースと言えば、夏の最中でもあることから、とにかく風が吹かない。風が吹かないので、ヨットの速度が出ず、コース短縮もザラにあるレースとして定評がありました。

Imgp0340sm  しかし、今年のレースは、風に恵まれました。また、通常、スタート時は向かい風であるのに、今回は追い風でした。そのため、スタートラインも通常より広い範囲が各艇取れました。

 また、追い風であるので、スタートからスピンセールを使用する必要がありました。通常、私たちのレースは、向かい風なのでジブセールだけで第1マークを周り、そのごもスピンセールを張らずに、帰ってきていましたので、帰りのレグにはゴボウ抜きされるのが当たり前でした。

 今回は、スピンを張らないといきなり取り残されてしまいそうで、スピンを使用することにしました。しかし、ここ10年くらいは、スピンセールを張ったことがないので、相当トラブルかと心配しましたが、ビデオ画像の通り、比較的うまく張れました。

 第1マークを回るまでの追い風では、そんなに強く風を感じませんでしたが、マーク回航後は、上りの風が相当に強く、面白いレースとなりました。

 今回のレースは、久しぶりに私たちのヨットの仲間、5人が揃いました。5人が全員レースに参加できたのも、ここ何年かなかったことです。

Imgp0359sm  そう言ったこともあり、今年のハウステンボス・レースは、思い出に残るレースの一つとなりました。

 私たちのレース成績ですか? 結果発表まで残らず、ハウステンボスを出発しましたので詳細は不明ですが、多分中くらいの成績ではなかったかと信じています。

 なお、ビデオの映像中、オフコース等の音楽が聞こえますが、これは後で挿入したものではなく、レース中にヨットのデッキに流れていたものです。また、風のノイズを相当拾っていてお聞き苦しいと思いますが、ご容赦願います。

By Jun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.23

第15回ハウステンボスカップ・ヨットレース スタート前後

 しばらくお休みをいただいておりましたが、再び記事掲載ができるようになりました。掲載中断の折は、ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。

Imgp0240sm  鋭意、記事を書いておりますが、コンパクトデジカメ、ペンタックスのOptioW60で撮影したビデオ画像を多く利用しています。これが、全てフリーソフト、つまり無料のソフトでやっておりますので、やたら時間がかかります。遅筆に輪をかけて遅くなっておりますので、ご理解をお願いします。

 さて、今年も長崎県佐世保市のハウステンボスでのヨットレースに参加できました。例年、参加しておりますが、夏の恒例行事となってきました。

Dsc_8937sm  このレースの主催者は、ハウステンボス株式会社です。レース前日には前夜祭等があり、これ等はすでに記事で紹介しました。

 今回の記事は、8月24日の日曜日に行われたレースの模様をお伝えします。

 レースといっても、2種類あります。ハウステンボスカップとハウステンボスミニです。私達は、それらのコースの長さからそれぞれロングとショートと呼んでいます。ロングは12マイル、ショートは6マイルのコース長となります。

Racecoursesm  ロングは、午前9時30分にスタート。ショートは、1時間遅れの10時30分となります。私たちのヨットは、いつもショートのレースに参加しています。ロングのコースは、シビアなレース展開となり、 どちらかというとレース命のような艇が参加しています。

 それにひきかえショートコースは、クルージングを楽しんでいるような艇、私たちのような勝負と言うよりも酸化することに意義があるといった風な感じが多いようです。もちろん、ショートでも真剣にレースをしている艇もあります。

 午前9時前、快晴のハウステンボスマリーナのポンツーン(浮き桟橋)を出航した私たちのヨットは、まずはロングのスタートの観戦です。

 ヨットレースのスタートとは、あらかじめ決められた時間、ロングは9時30分ですが、その時にスタートラインの内側にいて、本部船からの合図があればそのラインを超えてスタートできます。

Dsc_8941sm  スタートラインは、停泊している本部船と係留されているブイの見通し線となります。ビデオで、P旗がどうとか言っていますが、本部船に掲げられているP旗が降下された時がスタートの合図となります。この他、警笛等も鳴らされます。

 通常、スタートする時は、向かい風が多いのですが、今回は少し船尾寄りから追い風が吹いており、そのためスピンセイルと言う追い風専用の色とりどりの帆を揚げています。今まで、ハウステンボスレースでスタートでスピンを揚げたことはあまり記憶にありません。

 10時半に近まると、いよいよ私たちのショートコースのスタート準備です。今回のスタートは、向かい風になるので、久しぶりにスピンセールを揚げることにしました。10年以上もスピンを揚げたことがないので、マスト付近で打ち合わせをしています。

 10時半ジャストに、無事スタートしました。追い風でもあり、比較的広い範囲からのスタートでしたので、向かい風(上りの風)に比べると、ヨットのひしめき合いも少ないのですが、それでも緊張感が漂いました。

 この後、スタート後のレース展開も記事にしようとしましたが、ビデオの処理に手間取っており、次回の記事で紹介します。

 なお、写真のサムネイル(縮小写真)をクリックすると、拡大写真がポップアップで表示されておりましたが、ココログ本体の支障により、うまく表示されておりません。ココログのメンテナンスで改善されると思いますが、それまでしばらく我慢してください。

By Jun

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.05

佐賀の北山ダムの隠れ家、ピザ・レストラン「ヴェローナ」

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 ハウステンボスカップ・ヨットレースの前日、車で福岡市から佐世保市に向かいましたが、途中、昼食を取ろうと言うことになりました。

 私は、唐津市で蜂のハンバーグでもどうかなと思っていましたが、同行のKさんが、知っているピザ屋さんがあるよとのこと。

 私の知らないお店の方が、世界が広がりますのでKさんに案内してもらうことになりました。福岡市の早良区と佐賀市を結ぶ国道263号、三瀬トンネル有料道路の新しいループ橋を通って、北山ダムへ。

Imgp0183sm  北山ダム湖には、トレーラーに積まれて来たアルミのバスボートがチラホラ。カートッパー、つまり車を利用してボートを運搬する者としても、大変興味深い光景。

 Kさんの的確なナビゲーションを聞きつつ、運転していきますが、こりゃカーナビで登録しておかなければ、次回は相当苦労するだろうなと正直、思いました。

 幹線道路から外れた道路をしばらく行くと、到着しました。外見からしてもなかなか素敵なレストランのようです。広々とした駐車場に車を停めて、店内に入りました。

 広々とした店内は、まことに結構なインテリアであります。イタリアの田舎の家を模したような感じで、家具はオーク製と思われます。最近にないインテリアで、このインテリアを楽しむためだけにきても良さそうなレストランです。

Dsc_8924sm メニューを見ると、あまり品数は多くありません。パスタとピザだけで数種類、それもピザの方が種類が勝っています。とりあえず、2枚頼みました。それにしても、ピザは1500円から2000円と、正直、少々高めです。

 やがて、ピザが来ました。プレーンな具があまり載っていないピザと、生ハムが載ったピザです。かなり生地が薄めなピザ。

Dsc_8927sm しかし、一口食べて、その絶妙な味は表現できかねます。生地とチーズと具材が口の中でハーモニーを奏でています。確かに高いですが、700円のピザを3枚食べるよりも、1枚2000円のこのピザの方が、断然、コストパフォーマンスがあります

 食事を終えて、お店の方とお話をしましたが、この店は、天神のトヨタの近くにある「ヴェローナ」の姉妹店です。また、10年以上も昔、天神のアクロスの近くに「ヴェローナ」と言う当時はセンセーショナルであったイタリアンレストランがありましたが、同じオーナーの店だそうです。

Dsc_8931sm  このお店は、いつも空いているわけでもなさそうで、お店は、元来、通信販売で注文が来るピザを作る工房であります。ということで、この店に来るときは、電話して開いているかどうか確認していった方が良いようです。

 世の中に隠れ家レストランと言う店があるそうですが、この店こそ隠れ家の名にふさわしいものだと言えるでしょう。

北イタリア ヴェローナ地方の食材 
「アレーナ(Arena)」オリーブオイル、コンソメスープ・
ウェル社ポルチーニブロード、ウェル社ペッシェブロード《海の幸コンソメ》等

トスカニー@伊ワイン&グルメ食材 
イタリア料理の各種食材とイタリアンワインのショップ

○ ヴェローナ

場所     佐賀県? 北山ダム近く
電話     不明
営業時間  要電話確認 電話番号不明ですみません
休日     要電話確認
駐車場    あり

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »