« ハウステンボスカップ・ヨットレース スタート直後から帰港まで | トップページ | ハウステンボスヨットレース 平戸港~福岡小戸ヨットハーバーへの回航 »

2008.10.02

ハウステンボスからの回航、平戸で豪華夕食とともに一泊

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 8月24日にハウステンボスカップレースが終わりましたがヨットを置いたまま福岡に帰りました。 レース終了が昼過ぎとなり、帰れないことはないのでしょうが、西海橋や平戸の潮具合、福岡帰着が真夜中になることから現実的ではありません。

 そのような訳で毎回、翌週にハウステンボスから福岡小戸まで回航してきました。私も、毎回、ハウステンボスから乗船して、福岡小戸までの開講に参加して きましたが、今年は、諸般の事情から途中参加になりました。

 ヨット仲間のKさんとOさんが、8月30日の午前11時30分頃、ハウステン ボスマリーナを出港し、午後16時30分頃平戸港に入港予定と言うことで、私 とMさんは、平戸港で合流することにしました。  

 私とMさんが、福岡市天神のバスセンターから高速バスとローカルバスを乗り継いで、 平戸に到着したのが、18時頃。桟橋に行ってみると、すでにヨットは係留して いました。

 先行のKさんとOさんから、ハウステンボスから平戸までの回航状況を聞いてみ ると、風は、少しあったが波もそう立たず、比較的海況は、悪くなかったとのこ と。ただし、平戸の瀬戸で、急にエンジンがストール、つまり止まってしまった との話がありました。

 平戸の瀬戸は、潮の流れが速いので有名ですが、丁度、潮止まりの時間だった ので事なきを得たとのこと。原因は、不明だが、しばらくするとエンジンが起動 し、それ以降は何ら異常が無く、平戸の桟橋に着けることが出来たとのこと。

 しばらくして、お風呂の後、夕食を取ろうと言うことになりました。Mさんの提 案で「ひろさち」という所に行くことにしました。

 Mさんが、何度か行ったことのある魚料理屋さんで、以前は桟橋の近くにあった ものですが、平戸島の奥の方に移転したとのこと。

Imgp0409sm  タクシーで行くことにしたのですが、片道4000円かかるそうです。帰りは 、料理屋さんのご主人が送ってくれるとMさんが交渉してくれました。

 タクシーで行きましたが、こんな山道の奥に人家があるのかと言うくらいの所 に、電飾で光り輝く「ひろさち」がありました。  奥の畳の部屋に通され、ご主人が出てこられましたので、注文をしました。

Imgp0387sm  やがて出てきた活き作りは、大変見事なものでした。驚いたのは、マゴチの活 き作りが出されたことです。私も、マゴチの刺身は初めての経験でした。これが 、美味いの一言。 その他にも、平戸の海の幸がてんこ盛り。全て新鮮です。と いうのもご主人は漁師で自分の船で、取ってきたものですから、まずかろうはず がありません。

 それに、これで一人当たり4000円くらいですから、コストパフォーマンスもバッチリ。ただ、この辺の醤油は大変甘いので、辛口の醤油で食べたい方は、持参された方がよいかもしれません。

 遠く福岡市はおろか大阪あたりまでの人が食べに来るというのもうなずける話 。大満足の夕食を終えて、約束通り、ご主人の車で桟橋まで送っていただきまし た。

 桟橋では、横抱きで係留していた北九州市から来ていた「ファルコン」の方々 と愉しいヨット談義で盛り上がりました。

 明朝、荒れる玄界灘を航海することになりそうなので、ほどほどに切り上げて 、ヨットのキャビンで寝ることにしました。

長崎県平戸産の海産物等 
最高級のあご(とびうお)で有名な長崎県平戸産の焼きあご、平戸産 さよりの味醂干し、平戸名産アゴ(飛魚)等

 ○ 刺身の家 ひろさち

長崎県平戸市紐差町1079 場所はここ Googlemap
0950-28-2588
営業時間 不明
休業日   不明
駐車場   あり

* 念のため、電話してから行くようにしてください。

By  Jun

スポンサーリンク

|

« ハウステンボスカップ・ヨットレース スタート直後から帰港まで | トップページ | ハウステンボスヨットレース 平戸港~福岡小戸ヨットハーバーへの回航 »

03 グルメ・東京、大阪、福岡県外」カテゴリの記事

06 ヨット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/42655147

この記事へのトラックバック一覧です: ハウステンボスからの回航、平戸で豪華夕食とともに一泊:

« ハウステンボスカップ・ヨットレース スタート直後から帰港まで | トップページ | ハウステンボスヨットレース 平戸港~福岡小戸ヨットハーバーへの回航 »