« トルコ・イスタンブール旅行記 夜のブルーモスクとメヴレヴィー教団の旋舞  | トップページ | 博多のブリ雑煮、おせち料理そしてコンパクトカメラでハイビジョン撮影 »

2009.01.01

豊前一粒かき、玄界灘を見ながらを網焼きで

スポンサードリンク


 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

 さて、昨年から、知人を通じて豊前ひと粒牡蠣を3Kg買っています。我が家では、カミさんは、牡蠣を食べませんので、私一人で食べることになります。

 昨年は、12月31日の午前に牡蠣が到着したので、紅白歌合戦を見ながら、生牡蠣を食べました。

 翌日の元旦には、ウッドデッキにコールマンのツーバーナーを持ち出して、焼き牡蠣にして堪能しました。一人で、3kgですから堪能したというより、食べも食べたりで、もう当分牡蠣はいらない状態となりました。

 今年は、一週間ほど早めに到着するよう手配しました。宅配便で配送された日に、幼なじみのN君とO君に連絡を取り、明日の昼に牡蠣を食べないかと誘うと両君とも快諾。

 カミさんに、明日、牡蠣を友達と食べると言った所、この年末の忙しい時にそんなのん気な事は、家の外でやってくれと言われました。それもそうなので、牡蠣はウッドデッキではなくて、海岸でも行って食べようと言うことにしました。

高画質ビデオ : 玄界灘を見ながら「豊前一粒かき」を堪能 (音に注意)

 当日の朝、コールマンのツーバーナーの燃料として、ホワイトガソリンを近所のホームセンターに買いに行きました。ついでに、缶ビール、レモンなどもスーパーで買い込みました。

 帰宅して、ツーバーナーを点検してみると、昨年の焼き牡蠣の時に掃除したつもりでしたが、メインのバーナーの火口が少し、その時の焼けカスがこびりついてガスの穴がふさがっていました。これでは、チョッと点火は無理かもしれないので、急遽、七輪と炭で焼くことにしました。

 レガシィに、牡蠣、食材そして必要な機材を積み込んで、友達を迎えに行きました。二人を乗せて、出発! とりあえずは、釣川の河口に行ってみることにしました。ここで風向きが悪ければ、勝浦浜かなということで。

 江口の河口、右岸に着いてみると、海岸はサーファーの車で混雑。海には当然、サーファーの大群。これでは、牡蠣を焼く雰囲気でないと早々に退散。

 海岸道を鐘崎方面に行くと、途中に良い所があるとの事でドライブ。しかし、その良い所は、海岸に入る道がブロックされていてダメ。次は、鐘崎の上八(こうじょう)の防波堤が良さそうと言うことで、行ってみることにしました。

 上八の防波堤は、人もいなくて良さそうだったので場所はここに決定。眼前には、玄界灘が広がっています。早速、レガシィから機材を下ろして準備に。

 まず、七輪に炭を入れて火起こしです。着火は、新聞紙と木切れではなくて、カセットボンベを装着するガスバーナーを使用しました。結構火が強いのですが、なかなか炭全体に火が回ってくれません。それで、渋ウチワでパタパタ。パタパタ  パタパタ・・・・

 交代しながら、根気よくうちわで煽ぎ続けるとやっと火が起こってきました。しかし、焼き網と炭の火の間が近すぎるようなので、ボルトを回すレンチの4つのヘッドで高さを調節しました。

 牡蠣を次々に並べて焼き始めました。割と早めに焼きあがります。昨年は、焼く前に全て、牡蠣のフタを牡蠣ナイフで開けていましたが、今回は、ふたを開けずに焼きました。ある程度、火が通ると自然にふたが開きます。しかし、中には開かないのもあります。

25%OFF [和食小物]ヴォストフ オイスターナイフ 4283 ★キッチンポイント最大10倍★1028
刃物の街として古くから知られるドイツ・ゾーリンゲン。 多くの刃物メーカーがひしめき合う中、ヴュストホフ社は老舗トップメーカーとして常に質の高い刃物を供給し続けています。ヴュストフ社製の牡蠣ナイフは、むきやすさで定評があります。

 戸外で海の見えるところでの焼きたての牡蠣は絶品であります。家の中でいただく牡蠣とは異なる美味しさのスパイスが海岸にはあるようです。

 時には、焼きすぎの牡蠣もあります。これはこれで香ばしいのですが、やはり牡蠣は、ウェルダンよりもミディアムが一番のようです。プリプリとした食感が抜群です。おまけに、牡蠣のからには、煮汁がたまっており、これがまた堪えられません。

ここで、気づいたのは、牡蠣はタイミングよく食べることが大事だと言うこと。つまり、焼きすぎても、焼き足りなくてもノーグッド。適当に並べて焼くとつい焼きすぎることに。これを防ぐには、自分の食べる分だけ、焼き網に載せて、それぞれ自分でその牡蠣の焼き方に責任を持つことです。

 このことは、焼肉でも一緒です。時として、バーっと肉を網に載せて焼くことがありますが、これでは本当に美味しい焼肉を食べることができないと思います。自分の肉は自分でほしいだけ焼くのが、いいのではないでしょうか。

 焼き牡蠣は、七輪で戸外が一番です。なにより、牡蠣が熱で飛び散っても心配ないし、いくら煮汁がこぼれてもノープロブレム。それに、最高に美味い!

 3kgを3人ですから、一人当たり1kg。丁度良い量のようでした。多すぎるでもなし、少なすぎるでもなし。

 デザートとして、この前作ったスモークチーズと温州みかんで〆。久方の最高の焼き牡蠣パーティでした。

殻付き牡蠣 広島産
カキの生産地として全国的に有名な広島のカキです。





◯ 当ブログのカキに関する記事

糸島の唐泊恵比須かきが国際ブランドに!
糸島・岐志のカキ小屋 徳栄丸で牡蠣ざんまい。
糸島のカキ・牡蠣小屋情報 2012
糸島岐志のカキ・牡蠣小屋 2011 福岡市から車で行けるシリーズ
福津市のカキ(牡蠣)小屋 B-GROW が福間海岸にオープンしました。動画付き
Googleストリートビュー付き 宗像市・福津市のカキ小屋、ラーメン店の新規開店速報
豊前一粒かき、玄界灘を見ながらを網焼きで
「豊前海一粒かき」 ウッドデッキで焼き牡蠣 

スポンサードリンク

|

« トルコ・イスタンブール旅行記 夜のブルーモスクとメヴレヴィー教団の旋舞  | トップページ | 博多のブリ雑煮、おせち料理そしてコンパクトカメラでハイビジョン撮影 »

11 料理」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、あけましておめでとうございます。Junです。こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
初詣には行かれましたでしょうか。私は、近所の神社に参詣して先ほど帰宅いたしました。
今から、福岡のブリ雑煮の記事を書こうかなと思っています。
楽しんでいただければ幸いです。

投稿: Jun | 2009.01.02 14:47

明けましておめでとうございます。
玄界灘を見ながらご友人と焼き牡蠣ですか、至福のひと時ですね!
牡蠣はパンパンと殻がはじけるので屋外が一番美味しくいただけます。
本年も楽しい記事、宜しくお願い致します。

投稿: Ryu | 2009.01.02 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/43586804

この記事へのトラックバック一覧です: 豊前一粒かき、玄界灘を見ながらを網焼きで:

« トルコ・イスタンブール旅行記 夜のブルーモスクとメヴレヴィー教団の旋舞  | トップページ | 博多のブリ雑煮、おせち料理そしてコンパクトカメラでハイビジョン撮影 »