« トルコ・イスタンブール旅行記 トラムと公衆マナー  | トップページ | 宗像の新しいソバの店 「そばの丘」  »

2009.03.22

自作ボートで博多湾タンデム釣行 メバルが釣れましぇーん

 水ぬるむ春となり、自作ボートでメバルとシーバス狙いで今年初の博多湾に出かけました。同行者は、ヨット仲間のKさん。

 釣りの記事は、昨年8月の志賀島釣行以来です。今回までに、8月から全く釣りに行かなかったわけではなく、9月のイスタンブール旅行以来、専らイスタンブール滞在記の記事を書くことに追われて、釣りの記事まで手が回らなかったのです。

 10月、11月そして12月までシッカリ釣には行っていました。ただ、昨年の秋は、一昨年の秋に比べると、シーバスの魚影は薄く、いつも釣れていたポイントでもなかなかヒットしない状況でした。

 気温も少し上がりだしたので、そろそろメバルもいいかなと今回の釣行。朝4時に起床して、5時に自宅を出発。6時に博多湾の集合場所に到着。ボートや釣の準備を終えて7時半に出航しました。

 気温は、すっかり冷え込んでおり、摂氏7度くらい。風は、弱く2~3m/くらいか。潮は5時50分頃が干潮で、少し潮が上がってきています。

 魚探を作動させながら走航していますが、魚短の液晶画面にはベイト(小魚)の反応はほとんどありません。かすかに海底付近に反応がある程度。

 お目当てのポイントに入り、まず第1投。仕掛けは、メバル狙いでピンテールのワーム、1.5インチくらいに1グラム程度のジグヘッド。

Imgp1860sm  いきなり同行者のKさんのワームに型の良いメバルがチェイス。私も負けずに、ワームを放り込むといきなりのライントラブル。昨夜、リール・カルディアKIXのラインを8ポンドのファイヤーラインに巻き換えたのが裏目に出て、巻き過ぎのためかボゴッとラインが出てしまいました。

 あわてて、ワームを水中に放り込んだまま、ラインの絡みを修復していると、メバルの当たりがロッドに伝わりました。仕方が無いので、ラインを手で取り込んでいると・・・・バレた・・・

 このポイントも30分くらいで切り上げて、次のポイントへ。ところが、ここではメバルの当たりは全くありませんでした。しかし、巻き上げてきたルアーを追尾してきたのか、70オーバーのシーバスが、ボートのすぐ横にユラ~と姿を見せました。

 しかし、このポイントの見せ場もこれだけ。だんだんと風も強くなり、海面にはウサギが飛びはじめました。つまり、白波がたってきたのです。

Imgp1859sm これはいけないとボートを多々良川河口に向けました。西風が強く吹いており、波が斜め前方から押し寄せます。2m40cmの小さなボートですので無理はできません。しかし、舷側が高いせいもあり、波が打ち込むことはありませんでした。

 多々良川河口付近に来ましたが、沖防の一文字に入ることにしました。ここには台船もありシーバスポイントの一つにもなります。一文字防波堤の内側に入り込みましたが、西風のせいか内側も波立っていました。

 一文字の一番奥の内側にボートを寄せ、係留して防波堤に上陸しました。満潮に近いので、防波堤には簡単によじ登れました。ここでひとまず、昼食にしました。

 昼食後、防波堤をテクトロで探りましたが、全く魚信は無し。沖は相変わらず白いウサギが飛び跳ねているので、多々良川河口から上流の橋脚へ。

 さすがに橋脚付近は、波は無いのですが、ついでに当たりも無し。魚探にもベイトの影も無く、ここでストップフィッシング。ボートで出て、久しぶりの完全坊主。

 ついてない時は、悪いことも重なるもので、海岸でボートの後片付けをしている際に、船内に入った海水で重くなったボートを引き揚げるため、船首部分の板に手をかけて思い切り引っ張ると、ベリッ。

 そうです船首の板が一部剥がれてしまったのです。エポキシとグラスウールで接合した部分が破れてしまいました。自作ボートですから、全て自分の責任なので文句の言いようもありません。

 ただ、破損の修理は、自作ボートですので大変簡単に修理できます。つまり、作った時と同じようにステッチ&グルーで貼り合わせればいいだけです。

 これにめげずに修理してまたメバルとシーバス狙いに釣行したいと思っています。

By; Jun

|

« トルコ・イスタンブール旅行記 トラムと公衆マナー  | トップページ | 宗像の新しいソバの店 「そばの丘」  »

04 自作ボート」カテゴリの記事

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/44371640

この記事へのトラックバック一覧です: 自作ボートで博多湾タンデム釣行 メバルが釣れましぇーん:

« トルコ・イスタンブール旅行記 トラムと公衆マナー  | トップページ | 宗像の新しいソバの店 「そばの丘」  »