« 自作ボートで博多湾シーバス親子釣行、60cmアップのシーバスが釣れたよ | トップページ | 福岡・宗像に新しい洋食店 「洋食Kitchen ぐるまんど今村」 »

2009.05.11

北九州市小倉の「カレーの龍」がトリアス久山に

スポンサードリンク


 福岡市のカレー屋、「湖月」、「サムソン」そして「ナイル」と次々に消えてしまって、寂しい限りです。「ナイル」だけは、細々とやっていますが、今や往年の味とは似ても似つかないものになっています。

Dsc_9755sm   また、「湖月」も復活版の店が出ているようですが、こちらもナンだかなーが正直なところ。「サムソン」にいたっては、完全消失。

 北九州市のカレー事情にはそんなに詳しくないのですが、小倉駅前の京町にある「カレーの龍」だけは、何度か足を運んだことがあります。

 風俗店の多い一角に、本当に小さな店で、老夫婦で切り盛りされていました。メニューはカレーだけで、一品もので勝負する店を私は元来好みます。余程の自信のカレーでなければ、こういうことはできないものです。

Dsc_9752sm   カウンターだけの店と記憶していますが、労働者やサラリーマンが多く来店しており、老夫婦の雰囲気から、庶民の味方のような気がしました。実際、カレーもそんなに高くなく600円ぐらいだったと思います。

 先日、福岡市近郊のトリアス久山に買い物に行った時、カミさんがトリアスに黒いカレーの「カレーの龍」の店ができたと言うではありませんか。そう言えば、新聞に、「カレーの龍」の常連客の人が、フランチャイズ化したとの記事を見た記憶がよみがえりました。

Dsc_9750sm  トリアスの駐車場に停めて、トリアスモール近くの「カレーの龍」に行きました。小さな店ですが、小倉の店とは異なり、綺麗でファーストフード的な雰囲気です。

 中に入ると、カウンターだけの小さな店ですが、小倉の店の雰囲気とは似ても似つかない感じ。

Dsc_9751sm  壁に貼ってあるメニューを見ると、男性700円、女性600円と書いてあります。ハーフのカツもあると言うので、それを注文しました。

 出てきたカレーは、小倉本店と同じように黒い色をしたカレーで、味もかなり似ています。少し辛めの独特なカレーで、個人によって好き嫌いがあると思います。ハマル人はハマルと思います。宗像の「路」のカレーと通じるものがあります。

Dsc_9754sm  ただ、小倉本店で食べたことのある人には、「何かが違う・・・・」と思うでしょう。それは、フランチャイズで仕方が無いかもしれませんが、従業員が比較的若い女性であり、見せも小奇麗なことでしょう。

  ラーメンにしろカレーにしろ、個人商店で美味しい所が、フランチャイズ化して美味しいかと言えば、そうでもないようです。「一蘭」が良い例でしょう。

 個人商店で美味しくて、同じ作り方で作ったとしても、作る人がアルバイトであれば自ずと限界があるでしょうし、食べる方も美味しくなる雰囲気をもてませんし、満足感も損なうようです。

 リンガーハットやCoCo一番は、最初からチェーン・フランチャイズですから、個人店の味がそもそも無いのですから、こんなものと思ってそれなりに満足します。

 フランチャイズを否定するつもりはありませんが、津屋崎の宝来軒のラーメンが、フランチャイズ化されたとしても、私はその店に行く気はしないし、本店の方にも足が遠ざかるような気がします。

○ 「カレーの龍 トリアス久山店」

福岡県糟屋郡久山町山田1183-1 トリアス久山レストランモール内 場所はここGoogleマイマップ
092-976-3963
11:00~21:00
年中無休
駐車場有り

スポンサードリンク

|

« 自作ボートで博多湾シーバス親子釣行、60cmアップのシーバスが釣れたよ | トップページ | 福岡・宗像に新しい洋食店 「洋食Kitchen ぐるまんど今村」 »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

コメント

NESAさん、お早うございます。Junです。
小倉の「カレーの龍」によく行かれていたとのこと。小倉の魚町周辺には、美味しくて個性的な店が多いですね。
多分、「はるやうどん」や鳥町食堂街にも足を運ばれたことと思います。
博多には、あのような店や食堂街が少ないような気がします。
トリアス久山、一ヶ月に一度くらいで行っています。イベントではなく、ショッピングです。
時々、フラワーフェスタなどやっていますね。
たまには、イベントを調べてのぞいてみてもいいですね。

投稿: Jun | 2009.05.12 06:28

Junさん、こんばんは!NESAです。
「カレーの龍」がトリアスにですか?
大学受験に失敗した浪人時代、昼食によく行ったものです。肉の味が利いて、美味かったことをよく覚えています。
トリアスと言えば、07年、06年と2年間、仕事で何度も足を運んだところですので、思い入れがあります。
イベント終了後、撤収を見届けてから敷地内にあるスーパー銭湯でささやかな「自分へのご褒美」としゃれ込んだものでした。
回復次第、また行ってみたいものです。
今年はどのようなイベントになるのかも楽しみです。

投稿: NESA | 2009.05.11 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/44793061

この記事へのトラックバック一覧です: 北九州市小倉の「カレーの龍」がトリアス久山に:

« 自作ボートで博多湾シーバス親子釣行、60cmアップのシーバスが釣れたよ | トップページ | 福岡・宗像に新しい洋食店 「洋食Kitchen ぐるまんど今村」 »