« 北九州市小倉の「カレーの龍」がトリアス久山に | トップページ | 福岡市東区の能古うどんの味噌モツ鍋とおじや »

2009.05.13

福岡・宗像に新しい洋食店 「洋食Kitchen ぐるまんど今村」

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


Dsc_9829sm   宗像にできた新しい洋食店の紹介です。3月18日にオープンしたようですから、まだ、2ヶ月経っていないお店です。ほとんど、インターネットにも登場していませんので、グルメ・リポートは、この記事が最初ではないかと思っています。ちなみに、「グルマンド」と言う意味は、フランス語で「食いしん坊」の意味です。

Dsc_9826sm  5月の上旬の土曜日、12時30分頃店内に入りましたが、この時間で客は私一人。4月30日には超満員であったとの掲示板の記事がありましたので、正直拍子抜けました。

 店の前の案内板にあるように、ランチは「ぐるまんどランチ・プレートセット 1350円」のみで、他のメニューはありません。

Dsc_9827sm  選びようがありませんので、素直にプレートセットに。すると、セットのメイン料理が選べるとのことで、「チキンのケイジャン焼き?」か「め鯛のクリーム・ポワレ?」。 すみません両方ともうろ覚えです。

 「ケイジャン」とは、アメリカのルイジアナ州に移住したフランス系の人々で、ケイジャン焼きとは、主に彼らの料理で、タマネギ、セロリ、ピーマン(全部私の嫌いな素材)を使います。

ケイジャン料理とケイジャン・スパイス各種 
ピリカラ!くせになる味です
メキシカンジャンバラヤ、アンデューイ・ソーセージ(ルイジアナスタイル生ソーセージ)、マコーミック ケイジャン シーズニングなど

Dsc_9817sm  ケイジャンの意味は、後日、ネットで調べたもので、これが分かっていれば、め鯛のほうを選んだのに・・・・

 さて、まず、カップに入ったトマトベースのスープが運ばれます。このスープは、まずまずの感じ。とりたてて目立って悪い印象はありません。

Dsc_9801sm

 プレートランチですが、小さなポーションの寄せ集めで、どれがメインなのか分かりません。営業方針なので、あまりとやかく言えませんが、正直、何を食べたか思い出せないのです。

 特に、メニューを見ると、この店の売りは「8日間煮込み続けたデミグラスソース」のようですが、このデミグラスソースの存在感が、ランチには全くありません。

Dsc_9802sm 本来、ランチと言うものは、夜がやや高い店であっても、手ごろなランチを用意することによって、店の雰囲気や特徴を知ってもらい、夜につなげていくのも一つのあり方でないでしょうか。

 また、このランチ・プレートは、成人男子には量が少ないように思えます。また、他のメニューが選べないのは、正直、厳しい。デミグラスソースが売りならば、ハンバーグのメニュー一つでもいいし、客は、あそこのハンバーグをと目指してくるものだろうと思います。

Dsc_9804sm  このプレートランチでは、ランチにまた来ようと印象付けるには、弱いような気がします

 次に、コーヒーとデザートです。このデザートは、彩りもよく、そう悪くはありません。なかなかだなとの印象です。味も、格別目立ったものはないですが、こんなものでしょう。

Dsc_9803sm  全体的に、1350円の値段からすると、良く頑張っているとは思います。スープ、プレートランチ、デザート、コーヒーですから、コストパフォーマンスはそう悪くはありませんが、リピーターになるかと言えばそこまでいかないと言うのが、私の感想です。

Dsc_9813sm  それと、気になったのがサービスです。客は私一人ですから、忙しくて構えないと言う状況ではないのに、お冷のサービスがありません。

 とっくの昔に、コップの水がなくなっており、デザートを供する時に、その皿をコップの横に置いたのに、水を注いでくれませんでした。

Dsc_9812sm  私は、このコップの水に対する気の配り方をレストランの評価の基準の一つにします。サービスの質を見るのに割と良いのではないかと思っています。

 1回のランチだけでは、このお店のほんの一部しか見ていないのかもしれません。夜のDinnerでは大化けする可能性もあります。参考として、デミグラス・ソースのメニュー掲載説明文とメニューDsc_9814sm の一部を掲載しておきます。

(メニューから)

当店こだわりのデミグラスソース

Dsc_9815sm  牛筋、牛骨、魚、鳥ガラを香ばしく焼き、香味野菜、水、トマトと共に、コトコト煮込む。丹念にアクを取りながら、約12時間後に、漉し、次の日も同じ行程を8日間続ける。
8日目は、バター、小麦粉をオーブンで焼き、ソースと合わせ煮込んでいくと、デミグラス特有の温度と艶まで出てくる。
Dsc_9822sm このベースに赤ワインやマデラ酒などを入れ、お客様の口へ運ばれていきます。

洋食一筋26年 真心込めた料理をお楽しみください。   店主

美味しいデミグラスソースも色々あります 
有名レストランや企業のデミグラスソースを満載

夜のメニュー

海老とペンネのグラタン、カニクリームコロッケ、煮込みハンバーグ、黒毛和牛のホホ肉の赤ワイン煮込み、特上黒毛和牛ロース石焼ステーキ等  約1000円~4000円くらい

 参考として、デミグラスソースを使用する東京老舗洋食屋のメニューを紹介しておきます。

○洋食Kitchen ぐるまんど今村

宗像市田久2丁目? 田久交差点横 吉武ビル 場所はここGoogleマイマップ
電話番号不明
11:45~15:00     18:00~22:00
月曜定休 祝日の場合は翌火曜日
駐車場 あり

By Jun

スポンサードリンク

|

« 北九州市小倉の「カレーの龍」がトリアス久山に | トップページ | 福岡市東区の能古うどんの味噌モツ鍋とおじや »

01 グルメ・宗像市・近隣」カテゴリの記事

コメント

 かたりなさん、お早うございます。Junです。

 東郷のどっきり亭が、閉店してからは、なかなか美味しい夕食がいただけなくなっていました。

 「Dice まごころ厨房」の情報ありがとうございます。こういう店は、なかなかみつけられません。

 まさに口コミで広がる店なのでしょうね。

 なるべく早く、行ってみたいと思っています。

 これからもよろしくおねがいします。

投稿: Jun | 2009.06.17 07:00

5/27 葵さんが書いていらしたお店、「DICE」(まごころ厨房)とありますが、ダイニングバーです。3人のお兄ちゃんがいて、店長さんはフレンチ、イタリアンを修行したとか・・。和風、洋風取り混ぜですが、「リセット」のコースがあり、(2200円)、食いしん坊のおばちゃんでも満腹。オードブルから4種盛りのデザートまで、8種類くらい出ます。goodです。タンシチューおいしかった!!若い女性が多い・・ようです。教えたくないお店かも。今、月に2回くらい通っています。

投稿: かたりな | 2009.06.16 18:27

葵さん、今晩は。Junです。
そうですね、ボリュームの点では小食の私が物足らなかったので、もう少し頑張りがほしい所です。
通りの向かいの新しい店舗には気づきませんでした。
サンリブや夢タウンに出かける時に、時々通りますので、注意してみます。
情報ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。

投稿: Jun | 2009.05.27 20:56

私もここを通った時「あれ?なんかできてる」と思ってました。早速のレポありがとうございます!
もうちょっとボリュームがあったら嬉しいですね。
パンよりもごはん派ですsmile
ここの斜め向かいのクリーニング屋とかソフトバンクがある敷地内にもなんかできてますね。
名前は覚えてません。和食の創作ダイニング…みたいなとこです。

投稿: 葵 | 2009.05.27 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/44977619

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡・宗像に新しい洋食店 「洋食Kitchen ぐるまんど今村」:

« 北九州市小倉の「カレーの龍」がトリアス久山に | トップページ | 福岡市東区の能古うどんの味噌モツ鍋とおじや »