« 福岡市中央区のイタリアンの「ラヴェンナ」でランチ (ビデオ動画付き) | トップページ | 名曲「釜ヶ崎人情」の音源を発見! »

2009.06.23

佐賀市のラーメンの老舗、一休軒本店 (ビデオ動画付き)

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 一休軒本店は、佐賀市を代表するラーメン店の一つですが、実は、一休軒ではなくて、別のラーメン屋さんがお目当てでした。

 

 九州の豚骨ラーメンのルーツは、久留米にあるというのが定説です。九州で初めてのラーメン店は、久留米の「南京千両」。昭和12年のことです。ここのラーメンは、豚骨でしたが、澄んだスープで、白濁したスープではありませんでした。

Dsc_9919sm 白濁したスープは、昭和22年に開業した杉野勝見氏の「三九」。ここで、偶然に煮込みすぎたスープが白濁したのをラーメンスープに使い出したのがルーツです。

 この杉野勝見氏の弟と四ヶ所出光氏が、昭和31年に佐賀市でラーメン屋、「三九軒」と「三九」をそれぞれ開業します。弟の「三九軒」は後に廃業となりますが、四ヶ所氏の「三九」は、熊本県の玉名市に支店をだし、これが後の玉名ラーメンや熊本ラーメンに引き継がれていきます。

Imgp2144sm 私が、今回行きたかったのは、本来、「三九」でしたのが、いい加減にインターネットをチェックして、ゴロが似ている「一休軒本店」に行ってしまいました。一休軒に行って、ナンだか違うなと思っていて、後で、念のためインターネットで再チェックした所、「三九」と間違ったのが判明しました。

 とは言っても、「三九」の四ヶ所氏の指導を受けながら開業した一休軒は、、佐賀のラーメンを語る上で、この店も絶対外せない店の一つです。

Dsc_9916sm  なお、上記の佐賀ラーメンの云々かんぬんは、あまり確証のあるものではなく、間違いがあるかもしれませんので、ご容赦ください。

 店に入った時は、客は他に一人ぐらいでしたが、徐々に増えてきました。2代目である店主の方ともう一人ご婦人が切り盛りしていました。

Dsc_9917sm  素直にラーメンを注文。出てきたラーメンは、丼のデザインとあいまって実に端正な様子。麺は少し、私にとっては、柔らかめでしたが、スープも実にコクがあり、さすがに佐賀を代表するラーメンだけの事はあると思いました。

 佐賀に行く機会のある方は、ここ、「一休軒本店」と「三九ラーメン」のどちらかに行かれてもいいんじゃないかなとおすすめします。

久留米大砲ラーメンを含む豚骨ラーメンがたくさん、九州のJR九州商事オンラインショップ  
長浜ラーメン名島亭、久留米大砲ラーメン、熊本桂花ラーメン、鹿児島串木野まぐろラーメ等

○ 一休軒本店

佐賀市松原3丁目2-2  場所はここ Googleマイマップ
0952-26-5226
11:00~22:00 
定休日 毎週月曜日
駐車場 なし?

スポンサードリンク

|

« 福岡市中央区のイタリアンの「ラヴェンナ」でランチ (ビデオ動画付き) | トップページ | 名曲「釜ヶ崎人情」の音源を発見! »

03 グルメ・東京、大阪、福岡県外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/45423501

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀市のラーメンの老舗、一休軒本店 (ビデオ動画付き):

« 福岡市中央区のイタリアンの「ラヴェンナ」でランチ (ビデオ動画付き) | トップページ | 名曲「釜ヶ崎人情」の音源を発見! »