« 宗像市の新規開店の速報を掲載 | トップページ | 宗像市のリニューアル開店とキャンペーン等速報 »

2009.07.23

福岡市小戸ヨットハーバーとヨットの整理整頓は安全につながる? ビデオ動画付き

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 私達のヨットは、福岡市ヨットハーバー、通称小戸ヨットハーバーに係留しています。

 ヨットを係留できる他の施設は、福岡市内には、小戸近くの「西福岡マリーナ マリノア」や東区にある「海の中道マリーナ」などがあります。

○ ビデオ The road to 小戸ヨットハーバー (ラジオの音が出ます)

 

 小戸ヨットハーバーは、福岡市の条例によって設置されており、公営のハーバーであるため、他の二つのハーバーよりも、係留料金が安くなっています。

 このハーバーは、昭和50年に開設されました。私達は、開設後から数年後にヨットの活動を開始しましたので、もう20数年も通っています。

 初期の頃は、ヨットの係留希望が殺到し、陸置きのディンギー、係留のクルーザー共に満杯で、係留場所の取得にはプレミアムが付いて大変高額になったものです。

○ 小戸ヨットハーバー散策

 しかし、現在では、陸置き、係留のどちらも空きスペースが目立ち、ひところの賑わいはなくなってしまいました。

 ところで小戸ヨットハーバーは、通常、ヨット関係者だけが出入りしていますが、ヨットに興味のある方は見学されてはいかがでしょうか。

 入場時に、管理事務室に声をかけて、許可を得て入ればいいのではないかと思います。

○ ヨットの整備

 クルーザーが係留している浮き桟橋やディンギー(小型ヨット)の艇置き場には入っていはいけませんが、邪魔にならない場所で、大型クルーザーを眺めたり、スロープ近くでは、ディンギーの操作状況も見ることができます。

 ヨットの魅力に、少しふれてみてもいいのでは。

Dsc_0178sm  さて、今回、私達の仲間が3人寄り集まり、ヨットの整理、整備をすることになりました。ヨットは乗るだけではなく、日頃のメンテナンスが、海上の安全につながります。

 メンテナンスの第1歩が、船内外の整理です。ヨットに限らず、船は、乗り物としては考えられないくらいの資材を積み込めます。

Dsc_0181sm  特に、海上では気軽にお店に立ち寄ることもできないため、考えられる限りの状況を想定して、食料や機材を持ち込みがちです。そのため、船内のあらゆる場所にモノがあふれかえることになります。

 特に食料品や飲み物が要注意です。クルージングの度に、在庫を確かめて買えばいいのですが、大量に買い込み、それらを消費しきれずに残っていきます。

Dsc_0184sm  大掃除をすると5年前くらいの消費期限が切れた食料品が出てくることなどザラにあります。これは、ゲスト用などと言わずに、即刻廃棄でしょう。

 また、簡易机椅子等のキャンピング用品やコンロ等の機材も大量にでてきます。

 いずれも、船内の整理が悪くて保有機材や在庫食料品を把握できていないために買ってしまった結果です。

 今回の大掃除でも、大量に出てきたために、私達は、新しくルールを作ることにしました。

 食料は、クルージング毎に残ったものは、持ち帰る。機材は、保有状況を確認してから購入すること。以上二つのルールです。

 特に、機材の整理、保有状況の確認が大事です。いざ緊急時と言う時に、適切な機材が持ち出せないと遭難につながりかねません。

 このことは、ヨットだけに限らず、家庭や職場など、どんな所でもあてはまることですね。

 また、遭難を避けるために最大限努力することは必要ですが、自然が相手のことなので不測の事態があるかもしれません。

 そのためにも、レジャー保険等の備えをしておき、起こってしまった事態にできる限りの対応をすることも予防措置以上に大事なことと思います。

【無料】最大15社の生命保険を一括パンフレット請求!

【無料】不測の事態に備えるためにも、各社の生命保険や傷害保険の資料を請求して検討を

○ 福岡市ヨットハーバー (小戸ヨットハーバー)

福岡市西区小戸3-58-1 小戸公園横
092-882-2151
駐車場  あり(有料)

By Jun

スポンサードリンク

|

« 宗像市の新規開店の速報を掲載 | トップページ | 宗像市のリニューアル開店とキャンペーン等速報 »

06 ヨット」カテゴリの記事

コメント

白髭爺さん、今晩は。Junです。
マドリード番長会の情報ありがとうございます。
私は、ずっと福岡に住んでいます。白髭爺さんとは、ヨーロッパ旅行の時期がずれていたようですが、何年経っても懐かしいですね。
懇親会の様子、教えていただけたらありがたいです。

投稿: Jun | 2009.07.27 19:42

貴兄が1974年に欧州一人旅をされたブログを拝読しました。その中の「マドリード番長会」について。あれから40年近くなりますが、現在も日本で「マドリード番長会」が継続存在しています。かつてマドリードのユースホステルに宿泊した仲間が時々集まって懇親会をやっています。「Jun」さんは現在福岡在住ですか?私も1963年から1973年までの10年間福岡に住んでおり、1970~1971年に欧州アジア旅行をし、マドリードのユースホステルにはお世話になりました。コンタクトが取れるとうれしいです。現在の「マドリード番長会」の会員は、福岡、神戸、名古屋、長野、横浜、東京、旭川などに在住しています。ではアディオス。

投稿: 白髭爺 | 2009.07.27 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/45682902

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市小戸ヨットハーバーとヨットの整理整頓は安全につながる? ビデオ動画付き:

« 宗像市の新規開店の速報を掲載 | トップページ | 宗像市のリニューアル開店とキャンペーン等速報 »