« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.27

ビデオで紹介 福岡市城南区 ビーフカレーのカレー屋辛樹

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


○ ビデオ 福岡市城南区カレー屋 辛樹の特製ビーフカレー

元来インドのカレー料理が、植民地支配をしていたイギリスに伝わり、イギリス海軍を手本としていた日本の海軍に取り入れられて、その後、市中に広まったと言うことです。

Dsc_0338sm  現在、福岡市内で食べることのできるカレーは、私の用語ですが本格インド式と日本式の2種類あります。

 本格インド式とは、インド人もしくはインド料理に精通した日本人が、できるだけ本場のインドのカレーと同じようなものを作ろうとするものです。

Dsc_0337sm  しかし、昔の福岡では、本格インドカレーと看板に書いてある店のカレーライスに、しっかりと福神漬けとラッキョウが付いてきていましたが・・・・・

 通常、この本格インド式カレーの福岡市で最初の店は、親不孝通りの入り口にある「ナーナック」と思われます。

Dsc_0322sm  いやいや、ナーナックの以前に天神のトーカンビル地下にできたカレー店、名前はうろ覚えですが、確か「ガンジス」だったような。この店が、いわゆる本格インド式カレー店の福岡市の最初ではなかったかと思います。1980年頃でしたか。 

Dsc_0327sm  金属の小皿に数種類のカレーが載ったターリー、タンドゥーリチキン、ナンやラッシーと言ったものは、私ははじめてこの店で食べました。数年間は、営業していたのですが、いつしか閉店してしまいました。

 ちょっと脱線気味ですが、「カレー屋 辛樹」は、日本式カレーですが、最も、本格インド式と距離が離れた対極にあるようなカレーです。

Dsc_0331sm  しかし、味はけっこう洗練されています。最もおすすめのカレーは、特製ビーフカレーだと思います。950円とカレーにしては、高目ですが、キッチンで忙しく立ち働いている、いかにもマニアチックな、店主の研鑽の結果のようなカレーですので、それなりに満足できます。

Dsc_0329sm  そもそも、福岡市のカレー好きには、昔から知られているカレー屋さんの一つです。ただ、ロケーションが、不便な所にあるため、近所の人が立ち寄るか、根っからのカレー好きが、わざわざ出かけているような店なので、若い女の子対象のグルメ雑誌等にはあまり載っていません。

Dsc_0332sm  私も、10年位前に一度、訪れたことがあり、今回は2回目です。

 福岡のカレーをおさえるには、外せない店だと思います。私は、カツカレーが好きなので注文していますが、純粋にカレーの味を堪能するには、トッピング無しの方が最初は良いと思います。

 なお、最期の写真の小皿のライスは、追加のライスです。念のため。

 カレー好きの方のために参考として、全国の人気カレーを紹介しておきます。

楽天のカレー週間ランキング登場店

上野のカレーの名店 デリーのカシミールカレー等

新宿中村屋のチキンカレー

○ カレー屋 辛樹

福岡市城南区友丘 3-6-9
092-801-7443
11:30~15:00、18:00~23:00(L.O.22:30)
火曜休み
駐車場 店の前にあり

By Jun

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.08.25

20年以上も通っている英会話サークル

スポンサードリンク


 毎週1回、福岡市にある英会話サークルに通っています。同じサークルでもう20年以上になります。ひょっとしたら30年近いかもしれません。分からないくらい長く続いています。

 商業ベースのサークルではなく、仲間がお金を出しあって、講師の先生にお願いしています。

Imgp2641sm_2 最初にサークルを作った人たちは、もういませんが、途中参加である私を含めて4人は、20年以上の同じメンバーです。その他の人たちも10年以上になります。

 講師の先生も、アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人と色々替わりましたが、平均すると同じ先生が5年以上も続いています。

 週1回、あるところに集まって、2時間の授業です。最初の30分くらいは、自分の近況を話したりします。その後は、前の週に先生が配ってくれた、新聞記事などを読みます。

 その後は、皆で選んだ英会話のテキストを勉強します。最初の近況発表や新聞記事で、盛り上がればそのままその話題を話します。

Imgp2645sm  このような英会話サークルが20年以上も続くこと自体驚きです。英語が上達することが目的ですが、やはり英語の上達だけでなく、人と人との交流、色んな人と色んな話ができることが長く続いている最大の理由だと思います。

 また、外国人の先生にも恵まれてきました。色んな国の文化や歴史、生活習慣などを英語を通じて熱心に教えてくれました。

 英語は目的ではなく、手段だと思います。英語の上達だけを目的とすれば、なかなか長続きはしないと思います。何のために英語を勉強するのか、それは人それぞれだと思いますが。

 ほとんどの趣味は、それ自体も楽しいものでもありますが、やはり、趣味を通じての人と人との交流が楽しいから続いていくのかも知れません。私にとって、釣りも、ヨットもそのようなものだと思っています。

 By  Jun

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.23

宗像市とその近郊の新規開店及びキャンペーン速報

スポンサードリンク


《グルメな新規開店》

○ パルド(pardo) 洋食レストラン

宮若市本城119 いきいき本城Ⅱ 場所はここ Googleマイマップ
0949-35-1095
11:30~15:00 (Lunch time)
18:00~Last  (Dinner/Bar time)
定休日 不明
キャッチフレーズ : カジュアルだけど本格洋食レストランの味 手づくりソースに舌づつみ

《キャンペーン》

○ グローバルアリーナ レストランGAクラブ

・ブルガリアフェア
キャッチフレーズ : ブルガリアの伝統料理をバイキングに取り入れました。オーガニックはちみつを使ったデザートも好評です。
期間 : 9月1日(火)~9月30日(木)

宗像市吉留46-1 場所はここ Googleマイマップ
0940-9234
11:30~15:00 ラストイン
17:00~20:30 ラストイン

 なお、不都合を避けるために、お出かけの際は、必ずお店に電話をかけて、情報を確認してください。

By  Jun

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.20

ビデオ付き 宗像市の釣り 鐘崎漁港でルアーのカマス釣り

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 このごろ、暑いせいもあり、とんと釣りにご無沙汰をしていましたが、久しぶりに、ロッド(竿)を振ってきました。

 先日、宗像市東郷橋のヨシダ釣具に「ルアー・フィールド」(九州のローカル釣り雑誌)を買いに行ったところ、レジのところで、大川店長さんから「カマスが入ってきてますよ」との耳打ちが。

 ビデオ 福岡県宗像市鐘崎漁港でのカマス釣り

 釣具店は、釣り用具や餌を売るだけでなく、このような情報の提供が肝心です。釣りは、1に場所、2に時間(餌もあり)3に腕と一般的に言われるように、釣れる場所に釣れる時間に行くことが、まず基本中の基本です。

 この場合、宗像の海に適切な時間に行くと、カマスが釣れる可能性があると言う情報をくれたわけで、後は、カマス用のルアーを持って、朝まづめか夕まづめに、潮通しの良い岸壁に行くかどうか決断するだけです。

Imgp2808sm で、結局、行くことにしました。カマス釣りの名人、N君に連絡を取ると、先にポイントに行ってくれたら、後でそのポイントに追いかけていくからとのこと。

 8月中旬の某日、朝まずめの6時頃、場所は今まで実績のある宗像市の鐘崎漁港。

 5時半に起床して、グズグズしていたらポイント到着は6時30分頃。もう、すっかり夜は明けて、明るくなっていました。本当は、まだ薄暗いほうがいいのですが。

Imgp2810sm 車を停めて、白灯台を目指しました。白灯台手前のポイントに到着。白灯台付近には、先行者が3人ほどいました。

 ファイヤーラインにジグをセットしました。7cmほどのメタルジグ。カマスには、このメタルジグがいいようです。

 波止場と波止場との間の潮通しの良さそうなところにジグを投げ込みます。海底まで落とし込んだ後、ジグを引きながら巻き上げます。

 数投すると、なにやら数匹、メタルジグを追いかけている魚影が・・・・ カマス! あまり大きくありません。

 しばらくすると釣り座近くで浮き上がって、水面を引かれているメタルジグに、チュポッとバイトがありましたが、フッキングまでいたらず。

 追いかけては来るのですが、なかなかです。あれやこれやとワームに変えてみますが、駄目。

 8時前頃に、携帯電話がプルプル。出てみると、N君。ヨシダ釣具にいるとのこと。カマスが追いかけてくるよと伝えると、ジグを買ってみるとのこと。

 しばらくしてN君到着。最初は、エギングでサイトフイッシング。生まれたばかりのイカの新子はいましたが、ノーバイト。

 N君も、カマスを狙って、メタルジグを投入。すると、しばらくしてカマスがヒット!! 釣り上げたのは、25cmくらいのカマス。

 たまらず釣り方を聞いてみると、リトリーブ(巻き上げ)の時に、トゥイッチ(しゃくり)を入れているとのこと。私は、メタルジグに変化を与えない棒引きでした。

 釣り上げたカマスを、近くで昼寝していた猫にあげると、なかなか食べないので、猫も食べないカマスかと思っていたら、カマスを口にくわえて、とことこ歩き出しました。

 N君によると、どうやらこの猫は母猫で、子猫にカマスを持って行っているようでした。思わぬ猫の親子愛を見せられて感動しました。

 その後も、N君は2匹目を釣り上げました。私は、トゥイッチを入れたりして工夫してみましたが、バイトもありませんでした。

 9時半過ぎになり、朝食も取っていなかったので、私はここでストップ・フィッシング。

 N君は、この後、釣り続けましたが、結局、釣れなかったそうです。やはり、カマスは朝まずめの地合いを逃すと駄目なようです。

 鐘崎漁港のカマス釣り、これからですよ。


カマス釣り用仕掛
がまかつ(Gamakatsu) カマス・アジ・コハダ仕掛 鈎6/ハリス2 白ジグとサビキが合体した仕掛け!シーフィールド レオンジグサビキ 40g。



カマス釣りに使える竿・ロッド
 【メバル・カサゴ・カマス・メッキ・アジに!】パーフェクト メバル 7.0FL ソルトルアー竿 カーボンロッド。  シマノ(SHIMANO) オシア AR-C Ultra light S706UL。他


スポンサードリンク

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.08.14

ビデオ 佐賀市の美味しい店  しるこ一平

  さて、お盆も真っ只中ですが、お坊さんも忙しく檀家の家々を回られていることでしょう。

 できるだけ、檀家の要望に応えて、真摯な気持ちでお経を上げているお坊さんが大部分だとは思いますが、この時が稼ぎ時とばかり、スクーターのエンジンを金切り声をあげさせて飛び回っている方々も中にはいるかもしれません。

Dsc_9958sm  今年、初盆でお坊さん予約のだんどりをした知人の一人が、この時の体験を下に、面白い言葉を編み出しました。

 この知人も、予約をお願いしたのですが、相手のお坊さんが、一人でも多くの檀家まわりをしたいがためか、検討中という事でなかなか予約の日時を決めてくれず、知人がイライラして考え出した言葉。

Dsc_9942sm  名づけて

「プロ坊主大作戦   ~ 無駄なく、漏れなく、より多く ~ 」

 意味:お布施集めに狂奔するプロの坊主が、いかに効率的に檀家を回るか作戦を練ること

Dsc_9955sm  冗談は、これくらいにして、佐賀市の「しるこ一平」です。

 白山文雅で、カレーを堪能した後、大通りの方へブラブラと歩き出したら、ふと、しるこ屋さんの看板に気づきました。カレーをお腹いっぱいに食べていましたから、どうしようかと迷いましたが、ただならぬ気配についフラフラと。

 店内は、レトロな雰囲気ですが、作られたものではなくて、昔からある本当のレトロ。満腹でしたが、何か注文しなければならないので、とりあえず「ぜんざい」を頼みました。

Dsc_9943sm  ぜんざいが来る間、店内を眺めていると、壁に一枚の写真を発見。田中絹代等の往年の銀幕の大スターのサイン等です。

 なぜこのような色紙があるのですかとご主人に尋ねると、実は、ご主人の父君は、活動写真(映画)の弁士をしていましたが、収入が少なくなったので、このしるこ屋を1931年(昭和6年)に開業したとのこと。

 そう言えば、壁に開店70何年目の礼状が書いてあったので、なるほどと思いました。

 やがて、でてきた「ぜんざい」ですが、何せカレーで満腹の身には正直こたえました。こんなことなら、カレーを腹八分目にしたものをと思いましたが、後の祭り。白山文雅は、ライスを食べ放題なのですから。

 ただ、材料を吟味した「ぜんざい」は、美味しいもので、見事に完食をしました。ここの、名物料理は、「あわぜん」と言う蒸した「粟」(あわ)に小豆の餡(あん)をかけたものです。

Dsc_9948sm  東京のグルメに詳しい方は、ここでピンと来るはず。そうです、神田須田町の名店「竹むら」で、先代は修行したとのこと。神田須田町・・・、蕎麦の「神田まつや」、あんこう鍋の「いせ源」、寿司の「笹巻きけぬき寿司 」、元祖ホットケーキの「万惣フルーツパーラー」等々とグルメのパラダイス。

色々なぜんざい一覧 

私は、未だ「竹むら」に行ったことはありませんが、浅草の甘味処「梅むら」では、「豆かん」を食べました。ここの蜜豆の原型である「豆かん」は絶品でした。ここまで来ると、どこかに「松むら」でもありそうですが・・・・・

Dsc_9954sm 閑話休題。「一平」で気になったのは、テーブルと椅子です。尋ねてみると、やはり先代の店の時からの家具だそうです。今時、このような椅子とテーブルは絶対にありませんので、店に行かれた方は、是非ご覧ください。

 あと、黒柳徹子さんが、この店の「あわぜん」のファンで、手紙でよく注文してくるそうです。「徹子の部屋」で、女優の松雪泰子氏が出演した時の会話。

Dsc_9949sm徹子:「あーら!あなた佐賀出身なら、しるこ一平さんご存知?」

松雪:「いーえ!存じませんが・・・なんですか?」

徹子:「あなた佐賀出身なのに何で知らないの?私はいつも、佐賀の「しるこ一平」さんから『あわぜん』をお取り寄せしてるのよ~まぁ!あんなに美味しいのを知らないの佐賀なのに・・・」

Dsc_0185sm このことからわかるように、「あわぜん」5個セットで配送してくれます。

 佐賀市に行かれる方は、白山文雅でカレーを控えめに食べて、すぐ近くのしるこ一平で和風デザートを食べるのが、ゴールデンコースだと思いますが、いかがでしょうか。

なお、追加情報として、2011年9月23日の「はなまるマーケーット」で黒柳徹子さんが出演された際にも、おめざとしてしるこ一平のあわぜんざいが紹介されました。

全国の甘~い「ぜんざい」
ぜんざい発祥の地 出雲
の新食感!おこげと食べる本格ぜんざい 神在餅、甘さひかえめであっさりとしたぜんざいの京風ぜんざい など

○ しるこ 一平

佐賀県佐賀市白山1-2-20 場所はここ Googleマイマップ
0952-25-0535
11:00~22:00
不定休
駐車場 多分なし

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.11

動画付き イスティクラル通りのレストランで昼食 イスタンブール旅行記

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


2008年9月11日(木)午後 イスタンブール・イスティクラル通り

 午前中は、イスタンブールの目抜きのイスティクラル通り近辺をブラブラとした後、グルメな昼食を取ろうと言うことになり、通り沿いのレストランに入ることにしました。

○ ビデオ イスタンブール イスティクラル通りのレストランでトルコ料理の昼食 (注意 会話する声が出ます。)

 イスティクラル通りは、東京で言えば銀座の中央通りのような所で、通りにあるレストランはトルコ人にしてみると、高級レストランの部類に入るのではないでしょうか。

 レストラン名が思い出せないのが残念ですが、タクシム広場からトンネルに向かって少し歩いた左側にあるレストランです。

Imgp0867sm  通りに面して、多くのトルコ料理が見えるように工夫されていて、この辺は、サンプル品を見えるようにしている日本とは大いに違います。しかし、最近では、なかなかサンプル品を置いている店も少なくなりましたね。

 店のテーブルに座る前に、入り口付近に置いてある四角い金属性の容器に入っているトルコの色々な料理から品定めをします。

Imgp0869sm  アルパイ君は、魚料理がいいよといってくれたので、小魚のフライと鯖の焼いたものにしました。

 アルパイ君も小魚のフライともう一皿別に取りました。

 ビデオでもあるように、これ等の料理は典型的なトルコ、イスタンブール料理だそうです。前にも書きましたが、世界の三大料理は、フランス料理、中華料理そしてトルコ料理だそうです。

Imgp0868sm  ところが、どうも私たちが、イスタンブールで食べるトルコ料理は、それほどバラエティに富んでいるでもなく、なかなか三大料理と言う実感が湧きませんでした。

 小魚のフライも、レモンをかけて食べるのですが、それほど味が付いているわけでもなく、普通のフライを食べるような感じです。

Imgp0870sm  ドルマも、トルコを代表する料理の一つですが、ブドウの葉で米などの具材を包んだものです。

ドルマなどのトルコ食品が豊富 ガラタバザール

 酢やオリーブオイルで味付けしてあります。トルコだけでなく、ギリシアなど近辺の諸国でもよく食べられています。私も、キプロスで食べたことがあります。

オリーブオイルならトルコのオリーブオイル ドアル Dogal

 パンも、フランスパン風ですが、フランスパンほど風味があるわけでもありません。バターなどは、出てきたことがありませんし、そのままパクパク食べます。

Imgp0871sm  イスタンブールの食事で残念だったことは、スープ類が出てこないことです。頼めばあるのでしょうが。

 日本人は、食事には、けっこうスープ類、味噌汁や澄まし汁などが安い定食でも出てきますが、アルパイ君との食事では、全くお目にかかりませんでした。

 トルコの美味しいスープは、アルパイ君がノルウェイに帰国した後、一人でエディルネというブルガリアの国境近くの街に出かけた時に、レンズ豆のスープ堪能することができました。この時の、スープは本当に美味しかった!!

 By  Jun

スポンサードリンク

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.09

ビデオ 玄界灘クルージング 宗像市のグルメ 筑前大島の旅館沖廣屋の夕食と朝食

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 ○ ビデオ 筑前大島 旅館沖廣屋の一泊二日の夕食(追加料理無し)

 いきなりの筑前大島入港で、予約もせずにずぶ濡れの6人を受け入れてくれたのが、旅館沖廣屋。

 通常、夕食の魚の手配等ができないので、事前予約なしでは、引き受けてくれないことも。そこを引き受けてくれた沖廣屋さんにまず感謝。

 ところで、インターネットでは、旅館の予約はできるのですが、大島にあるような比較的小さな旅館や民宿では、空室検索や予約がほとんどできないようです。

 私が知る限りでは、民宿の空き室検索や予約が唯一できるシステムがこれ。

楽天トラベルで、民宿のキーワード検索し、九州エリアを選択した結果

 福岡県は1軒だけですが、鹿児島県55軒、長崎県31軒と他県なら意外と使えるかも・・・・ 

○ ビデオ 旅館沖廣屋の朝食

 大島には、旅館数軒と民宿が10数軒あります。魚釣り、海水浴、島内観光そして魚料理を食べにと、多くの利用客があるようです。

Dsc_0245sm 大島の旅館や民宿は、概ね、普通の料理で1泊2食で1万円くらいと考えてよいでしょう。もちろん、もっと安い料金もあると思います。

Dsc_0235sm_2

 さて、時化(しけ)の荒波や風雨に叩かれた後では、熱い風呂と温かな夕食、揺れない寝床が何よりの楽しみとなります。

 当日は、風波はあまり強くなかったのですが、雨には相当やられました。レインギア(雨具)を装着した人は、大丈夫でしたが、私を含め、数人は気温が高いこともあり、レインギアを着けるのを怠ったため着衣がずぶ濡れとなりました。

Dsc_0228sm  お風呂に入った後、6時半頃から夕食となりました。相当広いところの部屋食ですから、大変気分のいいものです。

Dsc_0222sm 大きなテーブルにずらりと料理が並びます。

 最初は、アワビ、鯛などの刺身が3皿。天ぷら、玉子、カニ、もずく、サラダ、漬け物などが5皿。

Dsc_0223sm  そして、石鯛の活きづくりがドーンと来ました。この石鯛は、旅館に入る前、ヨットの横で話してくれた漁師さんの石鯛。私も、石鯛の活きづくりなどは、滅多に食べたことがありません。

Dsc_0224sm  この石鯛は、ハルさんによると、福岡市天神の石鯛の刺身は問題にならないくらい美味しいとの感想。天然の玄界灘の石鯛は、本当に脂がよくのって、ヒラメの縁側のような味。

Dsc_0225sm  天神の居酒屋等の石鯛は、天然であっても、イケスに長く入れて、味が落ちたのかもしれません。

 私も、石鯛がこんなに美味しい魚だったのかと認識を新たにしました。ただし、当夜の石鯛は、漁師さんとの偶然の出会いの賜物で、必ず夕食に付くかどうかは分かりません。

Dsc_0240sm  このあと、ベラの唐揚げ、甘酢あんかけが出ましたが、仲居さんによるとこれが沖廣屋の名物料理だとのこと。

 そもそもベラと言う魚は、私達の釣りでもよく釣れますが、あまり美味しい魚でないとの感覚から、そのままリリースすることがほとんど。

Dsc_0231sm  しかし、沖廣屋のこのベラの料理は、そんなことを一蹴するくらい美味です。どんな魚でも工夫次第で美味しく食べることのできる良い例ですね。

 あと、魚のお澄ましも出てきて、大満足の沖廣屋の夕食でした。ちなみに、この夕食は通常の一泊二食の料金内で追加の料理はありませんでした。

Dsc_0253sm  翌朝の朝食も部屋食。目玉焼き、味噌汁、ひじき等の煮物、さざえのつぼ焼き、ウニ、魚のしょうゆ漬け、ノリなどがずらり。 魚のしょうゆ漬けは、お茶漬けで食べました。

 これらの二食付の宿泊料金が、夕食のお酒、あまり無茶苦茶飲むと言うことではなく、ごく常識的な量を含めて一人当たり1万円でお釣が来ました。

 宿泊せずに食事だけを楽しむこともでき、目当てのお客さんも多いようです。

○ 旅館 沖廣屋
福岡県宗像市大島1042   場所はここ Googleマイマップ
0940-72-2005

By  Jun

スポンサードリンク

;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.08

宗像市のキャンペーン等速報

○ 玄海ロイヤルホテル

・洋食&中華 ランチバイキング 
・大人(中学生以上) 1,800円 小人(小学生以上) 1,000円 幼児(3~6歳) 600円
・期間    7月1日~8月31日
・営業時間 11:30~14:00 (OS 13:30)
・電話    0940-62-4111

○ 和食の店史
・天然本鮪の中とろ鉄火丼定食 天婦羅・茶碗蒸し・デザート付き (一日限定 10食 ランチのみ)
・特製温泉豆腐コース(全八品) 2,625円 2名様よりご予約ください。
・宗像市田熊4-2-12 JR東郷駅より徒歩5分
・電話 0940-37-2222

○ 焼肉梁山
・生ビール中ジョッキ半額 白水(焼酎米・麦) 100円
・期間 8月7日~9日
・宗像市三郎丸1-4-31
・電話 0940-33-1918

* 不都合が生じないようにするため、いずれの店も、必ず内容を電話でご確認をお願いします。

By Jun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.03

玄界灘 筑前大島クルージング GARMIN社製ハンディGPSは凄い!

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 私と仲間達は、福岡市ヨットハーバー(小戸ヨットハーバー)でヨットを楽しんでいますが、7月の下旬、京都から二人のゲストを迎えて、世界遺産登録で話題の沖ノ島が浮かぶ玄界灘のクルージングに行ってきました。 

○ ビデオ 玄界灘クルージング 小戸ヨットハーバーから筑前大島へ

* ビデオの中で、宗像大社 辺津宮とあるのは中津宮の誤りです

* ビデオ撮影機材 コンパクトデジカメ ペンタックス OptioW60

 後継機種が、新発売されています。Pentax社直轄のOnline Shopでは、特別色ハニービー 300台限定のカメラが入手できます。

 実を言うと、昨年も玄界灘クルージングを計画したのですが、台風のためにやむなくクルージングを諦めた経緯もあり、例年なら7月下旬には梅雨明けなので、参加者のスケジュールをあわせて出発することにしました。

 出航の当日、ゲスト二人と仲間のKさんは、夕方、小戸のハーバーで落ち合い、私とHさんは、午後8時頃ハーバーに着きました。

Sm  皆で揃ってハーバー近くのホームセンターにでかけ、電池、蚊取り線香等の雑品や氷、食料などを調達してヨットに運び込みました。

 その夜は、ヨットのキャビンで就寝。あまり、暑苦しくもなく快適に眠ることができました。

 翌朝、Oさんがヨットに到着して、参加メンバーの6人が揃い踏み。

 午前7時頃、ヨットハーバーから出航。天候は曇りで気温は25度前後。まあまあの天気ですが、雨が心配。

Dsc_0211sm  エンジンでしばらく航走後に、セール(帆)を張りました。

 博多湾口の志賀島をかわして、進路を東に向けました。博多湾から東に向かうことは、最近ほとんどありませんでした。と言うのも、西には壱岐、五島などの大小様々な島々がありますが、東には相島、筑前大島くらいで変化に乏しいのです。

 また、人間は西に向かう方が心が安らぐのではないのかと思っています。古来、浄土思想では、西方の太陽の落ちるその彼方には、極楽浄土があるとしています。

 浄土思想に限らず、人々は、新天地を求めて西に旅したのでしょう。シルクロード、アメリカ大陸発見、米国の西部開拓とすべて落陽の向こうにあるものを目指したような気がします。

 相島あたりまで、快調にセーリングしていましたが、だんだん風が強くなり、ジブセール(前帆)を縮小しようとしましたが、セールをかみこんだらしく巻き取ることができなくなりました。

 そうこうする内に、雨脚も強くなり始めましたので、筑前大島港に入ることにしました。

Dsc_0213sm  筑前大島に接岸したのはいいのですが、宿泊する所を決めていなかったので、私の友人で、大島出身のOさんに電話して聞いたところ、旅館の沖廣屋を紹介してくれました。

 早速、携帯電話で空き部屋や値段を交渉していたら、偶然通りがかった漁師さんが会話を聞きつけ、沖廣屋に泊まるのなら、手持ちの石鯛を納めるので、ぜひ沖廣屋に泊まりなさいとのアドバイス。

Dsc_0214sm  旅館の主人も6人の宿泊オーケーと言うことで、沖廣屋に向かいました。

 沖廣屋は、コンクリートの3階建ての大島では大きなほうの旅館です。通された部屋は、海に面した大きな部屋で、6人では広すぎるくらい。ビックリしたのは、年代物のジュークボックスがありました。壊れて使えないようですが、昭和の旅館を実感させてくれました。

Dsc_0215sm  荷物を置いて、早速島内見物に出かけることにしました。

 まず、宗像大社の中津宮へ、。宗像大社は、陸地にある辺津宮、通常これを宗像大社と呼んでいますが、実は、辺津宮と筑前大島の中津宮、沖ノ島の沖津宮、これら3社を総称して宗像大社となります。

Dsc_0219sm  海際から石段を上ったところに、中津宮はあります。ちょうど神職の方が掃除中でしたので、色々聞いてみると、このお宮は江戸時代の建物であるとのことでした。雨の中の、中津宮は静かでより荘厳さが増したような風情でした。

 中津宮を参拝した後、極端に雨が強くなり、おまけにヨットの係留場所の移動やなんやかやでずぶぬれになりながら作業をしました。

Dsc_0220sm  夕方になったので、沖廣屋で夕食。

 この夕食の模様は、別記事で掲載したいと思います。

 夕食後は、昼間の疲れもあったせいか、結構早めに就寝しました。夕食を取った大広間の横に眠るための別の大広間があり、こんな贅沢をして良いのかというくらい広々としたところで眠ることができました。

 夕食と言い、眠るところと言い、沖廣屋さんに感謝。

 なお、一番上の写真で今回のクルージングの航海軌跡図を載せていますが、これは、Oさん持参のハンディGPS、ガーミン社(Garmin)のオレゴン300が記録したデータを地図に落としたものです。

 大変な優れもので、海はもちろん、山でも現在位置を地図上に示してくれます。アウトドアに必要不可欠なフィールド・ギアです。特に、山歩きをする方にお薦めの逸品です。

By Jun

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »