« 20年以上も通っている英会話サークル | トップページ | ビデオで紹介 宗像に新しく開店したベーカリー「シゲパン」  »

2009.08.27

ビデオで紹介 福岡市城南区 ビーフカレーのカレー屋辛樹

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


○ ビデオ 福岡市城南区カレー屋 辛樹の特製ビーフカレー

元来インドのカレー料理が、植民地支配をしていたイギリスに伝わり、イギリス海軍を手本としていた日本の海軍に取り入れられて、その後、市中に広まったと言うことです。

Dsc_0338sm  現在、福岡市内で食べることのできるカレーは、私の用語ですが本格インド式と日本式の2種類あります。

 本格インド式とは、インド人もしくはインド料理に精通した日本人が、できるだけ本場のインドのカレーと同じようなものを作ろうとするものです。

Dsc_0337sm  しかし、昔の福岡では、本格インドカレーと看板に書いてある店のカレーライスに、しっかりと福神漬けとラッキョウが付いてきていましたが・・・・・

 通常、この本格インド式カレーの福岡市で最初の店は、親不孝通りの入り口にある「ナーナック」と思われます。

Dsc_0322sm  いやいや、ナーナックの以前に天神のトーカンビル地下にできたカレー店、名前はうろ覚えですが、確か「ガンジス」だったような。この店が、いわゆる本格インド式カレー店の福岡市の最初ではなかったかと思います。1980年頃でしたか。 

Dsc_0327sm  金属の小皿に数種類のカレーが載ったターリー、タンドゥーリチキン、ナンやラッシーと言ったものは、私ははじめてこの店で食べました。数年間は、営業していたのですが、いつしか閉店してしまいました。

 ちょっと脱線気味ですが、「カレー屋 辛樹」は、日本式カレーですが、最も、本格インド式と距離が離れた対極にあるようなカレーです。

Dsc_0331sm  しかし、味はけっこう洗練されています。最もおすすめのカレーは、特製ビーフカレーだと思います。950円とカレーにしては、高目ですが、キッチンで忙しく立ち働いている、いかにもマニアチックな、店主の研鑽の結果のようなカレーですので、それなりに満足できます。

Dsc_0329sm  そもそも、福岡市のカレー好きには、昔から知られているカレー屋さんの一つです。ただ、ロケーションが、不便な所にあるため、近所の人が立ち寄るか、根っからのカレー好きが、わざわざ出かけているような店なので、若い女の子対象のグルメ雑誌等にはあまり載っていません。

Dsc_0332sm  私も、10年位前に一度、訪れたことがあり、今回は2回目です。

 福岡のカレーをおさえるには、外せない店だと思います。私は、カツカレーが好きなので注文していますが、純粋にカレーの味を堪能するには、トッピング無しの方が最初は良いと思います。

 なお、最期の写真の小皿のライスは、追加のライスです。念のため。

 カレー好きの方のために参考として、全国の人気カレーを紹介しておきます。

楽天のカレー週間ランキング登場店

上野のカレーの名店 デリーのカシミールカレー等

新宿中村屋のチキンカレー

○ カレー屋 辛樹

福岡市城南区友丘 3-6-9
092-801-7443
11:30~15:00、18:00~23:00(L.O.22:30)
火曜休み
駐車場 店の前にあり

By Jun

スポンサードリンク

|

« 20年以上も通っている英会話サークル | トップページ | ビデオで紹介 宗像に新しく開店したベーカリー「シゲパン」  »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/46038428

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオで紹介 福岡市城南区 ビーフカレーのカレー屋辛樹:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/08/28 09:01) [ケノーベル エージェント]
福岡市城南区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009.08.28 09:01

« 20年以上も通っている英会話サークル | トップページ | ビデオで紹介 宗像に新しく開店したベーカリー「シゲパン」  »