« ハウステンボスカップ 2009 ヨットレースもこれが最後? | トップページ | 佐世保市のビッグマン (Bigman)は佐世保バーガーの代表選手 »

2009.10.25

佐世保市の長崎カレーの本家 蜂の家 東京・銀座にも出店中

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


  ヨットレースの前日、宗像から車でハウステンボスのある佐世保市に向かいました。

 途中、お昼の食事を佐世保で取ることにして、ネットで調べておいていたカレーの「蜂の家」(はちのや)に行くことにしました。

○ 佐世保市 蜂の家

 佐世保と言えば、通常、佐世保バーガーかレモンステーキの方が名物なのですが、「蜂の家」も結構、ネットでは見かけるグルメスポットです。

Dsc_0524sm この店は、カレーと言うよりシュークリームのほうが有名かもしれません。それも、ジャンボシュー。

 しかし、昼のランチにシュークリームと言うわけには行きませんので、カレーにすることにしました。

 蜂の家は、1951年に平倉・田渕兄弟により創業された喫茶店で、カレーは食事として提供されました。

Dsc_0533sm その後、1953年にシュークリームを発売。と、言うことで蜂の家のカレーとシュークリームは、50年以上の歴史があります。

 佐世保市民にとって、蜂の家のカレーとシュークリームは、親子代々引き継がれてきた味と言えるでしょう。

 さて、近くのパーキングに車を停めて、「蜂の家」に行きましたが、店構えはかなり小さめの店です。

Dsc_0527sm 入口近くが、ケーキ等のコーナーになっており、名物のジャンボシュークリームも置いてありました。

 お客さんの数は、そうありませんでしたので、奥のほうのテーブル席に座れました。

 メニューを見て選んだのが、ビーフカレー。普通、知らない店でもカツカレーをよく頼むのですが、この日はビーフカレー。

Dsc_0529sm 運ばれてきたビーフカレーを食べた第一印象が、甘い! カレーというものは、辛いのが多いのですが、とにかく甘い。甘い中にも、辛さが出てくるカレーもありますが、甘い。

 昔のナイルカレーも甘かったのですが、それとは違う甘さ。カレーに辛さを求める方には、辛い(つらい)ものがあるかもしれません。

Imgp2852sm  私には、少し合わないカレーですが、佐世保の市民の方に親しまれ、東京の銀座にも進出しているカレーですから、まずいはずはありません。

 佐世保にお出かけの節には、レモンステーキと蜂の家のカレーとシュークリームは、ぜひ押さえておきたい地域グルメでしょう。

 なお、ここのカレーは、お取り寄せもできますので、佐世保に行かなくとも楽しめます。

○ レストラン 蜂の家

長崎県佐世保市本島町4番4号
0956-24-4522
10:00~22:00
年末年始休み

By Jun

スポンサードリンク

|

« ハウステンボスカップ 2009 ヨットレースもこれが最後? | トップページ | 佐世保市のビッグマン (Bigman)は佐世保バーガーの代表選手 »

03 グルメ・東京、大阪、福岡県外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/46578416

この記事へのトラックバック一覧です: 佐世保市の長崎カレーの本家 蜂の家 東京・銀座にも出店中:

« ハウステンボスカップ 2009 ヨットレースもこれが最後? | トップページ | 佐世保市のビッグマン (Bigman)は佐世保バーガーの代表選手 »