« FMV-BIBLO NW/D90D 富士通ノートパソコンを便利なグレードアップキャンペーンでVistaからWindows7へ | トップページ | 映画「トプカピ」とトピカピ宮殿の秘宝「トプカピの短剣」とトム・クルーズの「ミッション・インポッシブル」のつながりは? »

2009.11.18

沖ノ島へ玄界灘クルージング ヨットでクルージングでの食事はどうなの?

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 前回の玄界灘クルージングは、雨が降って急遽、筑前大島に入港してしまいました。旅館で大変美味しい石鯛などを堪能してそれなりに楽しかったのですが、クルージングとしては不十分でした。

9月に玄界灘クルージングに再チャレンジ!

○ ビデオ 小戸ヨットハーバーから沖ノ島まで


 メンバーは、前回の京都からのお客さんお二人の内お一人が来れずに、代わりにKさんの息子さんのT君が来てくれました。後は、前回と同じメンバーの京都からのOさん、Kさん、福岡市のOさん、そして私の計5人。

 出航前夜は、7時頃小戸ヨットハーバーに集まり、それから姪浜の「みその」で夕食。夕食後は、スーパーでクルージングに必要な食料や資材の買出し。

○ 沖ノ島 船上の食事は、ペンネとトマトソース


 ヨットに帰って午前零時頃に就寝。翌朝は、早めに起きてモーニングコーヒーの後、午前6時に出港しました。

 風も無く、雨も無くで、まことに快適な朝のクルージング!

Dsc_0762sm  能古島の西側を通過して、博多湾口へ。左舷には、錨泊している豪華客船飛鳥Ⅱも見えています。

 湾口を抜けて、針路を東へ。前回は、この辺からかなりの雨にたたかれましたが、今回は本当に良い天気です。

 途中、異様な形の船とすれ違いましたが、これが、台船に建造中の船の船橋(ブリッジ)部分を積載したもの。韓国の文字が見えていました。

Dsc_0764sm   やがて、10時頃、前回のクルージングで行きそびれた沖ノ島の島影が見え出して、12時頃に沖ノ島の岸壁に接岸しました。

 ちょうど、お昼時でしたので、昼食の準備。今回のクルージングシェフは、T君。

Dsc_0763sm  慣れないヨットのギャレー(キッチン)で、ペンネをゆがいて、瓶詰めのトマトソースを温めます。

 このペンネとトマトソースは、今回は不参加のMさんが、長崎五島クルージングの時に買い込んでいたもの。

Dsc_0767sm  しかし、大量の乾燥ペンネとトマトソースが残ってしまい、今回のクルージングでできるだけ消費するようにしたものです。

 ペンネとは、イタリアのパスタの一種です。形がペン先のようになっているのでペンネ。

バリラの最高級品 ペンネリガーテ「セレツィオーネオーロシェフ」
三年の歳月をかけてイタリア全土のホテルレストラン、一流リストランテのシェフ達との 共同開発によって誕生した最高級パスタです。

Dsc_0771sm  ペンネもトマトソースも、賞味期限が切れていましたが、変な臭いや味がすれば食べるのをやめればいいだけのこと。

しかし、ペンネもソースも大変美味しくいただきました。

 夜は、鶏やツクネで鍋。スープに味がついている寄せ鍋です。これまた、T君シェフが活躍して作ってくれました。

Dsc_0775sm  ヨットでは、島などに入ると食堂も無く、ヨットで自炊になることが良くあります。山でもそうでしょうが、大きな楽しみの一つが食事です。

 ただ、これも自炊の経験豊富な人がいるといいのですが、そうでない時は焼肉やカップラーメンになりがちです。

 鍋なども簡単そうですが、野菜を切ったりするので結構大変です。特に、海の上で航走中は、波の揺れもあり大変です。キャビンの中にいるだけでも私などは船酔いしてしまいます。

 ただ、昔と比べて、レトルトや瓶詰め等の簡便な食事も充実してきています。今回の、ペンネのソースも、夜の寄せ鍋のスープも、既製品を利用しました。便利な世の中になったものですね。

寄せ鍋スープが盛りだくさん

By Jun

スポンサードリンク

|

« FMV-BIBLO NW/D90D 富士通ノートパソコンを便利なグレードアップキャンペーンでVistaからWindows7へ | トップページ | 映画「トプカピ」とトピカピ宮殿の秘宝「トプカピの短剣」とトム・クルーズの「ミッション・インポッシブル」のつながりは? »

06 ヨット」カテゴリの記事

11 料理」カテゴリの記事

コメント

我輩の先輩はクルーザーを所有していますが停船すると船酔いを。だからいつも走ってばかり。勿論食事は陸上のみ。www

投稿: Ryu | 2009.11.20 15:17

Ryuさん、今晩は。Junです。
Ryuさんが、ヨットでコック長なのは大変うらやましいヨットですね。
私たちのヨットは、比較的料理の上手な人はいますが、Ryuさんほどではありません。
また、ギャレーで調理中に船酔いしないとは、すごいですね。
私は、キャビンに入るとかなり早く船酔いしてしまいます。
時には、デッキでも船酔いしています。情けないヨットマンです。

投稿: Jun | 2009.11.19 18:04

こんにちは!
楽しいクルージングを楽しまれましたね。おっしゃるように海原を走っているヨットの中でのクッキングはちょっとしたスポーツをしている感じですね!我輩もコック長担当ですから時にはギャれーで揺られながらフライパンを握る事もしばしば。船酔いはしませんがリズムをとりながら調理するのは大変です。落とさないように、こぼさないように、こかさないように等など最新の注意が必要となります。食事は食べるのが一番!でもJunさん達のヨットは大きいからデッキでも充分調理できるのが羨ましいです。

投稿: Ryu | 2009.11.19 15:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/46781507

この記事へのトラックバック一覧です: 沖ノ島へ玄界灘クルージング ヨットでクルージングでの食事はどうなの?:

« FMV-BIBLO NW/D90D 富士通ノートパソコンを便利なグレードアップキャンペーンでVistaからWindows7へ | トップページ | 映画「トプカピ」とトピカピ宮殿の秘宝「トプカピの短剣」とトム・クルーズの「ミッション・インポッシブル」のつながりは? »