« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.03.29

飛鳥Ⅱ乗船記、世界一周クルーズ客船の客室とは。はたまたマルクス兄弟とは? 自作動画付き

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 当日のスケジュールは、タイトで船室を見る時間はあまりありませんでしたが。一応一通りを見ることができました。

 飛鳥2の世界一周クルーズでは、100日間あまりをほとんど飛鳥Ⅱの客室で過ごすことになります。一度客室が決まると、変わることはないのですから、滞在地ごとにホテルが変わる普通のツアーとは決定的に異なります。

 この船には、様々なタイプの客室が用意されています。一番高い客室は、ロイヤルスィート、順にアスカスィート、スィート、バルコニー、トリプル、ステートとなっています。

飛鳥Ⅱ廊下

 ハンディキャップルームもありますので、幅広い対応ができるようです。

 ステートは、部屋のバルコニーがないタイプで、ライフボート等の設備のためにバルコニーが設置できないので、角窓タイプの客室です。

飛鳥Ⅱベッド

 バルコニーや窓がない内側の客室もありますが、これらはツアーの添乗員等が利用するそうです。

 基本的には、飛鳥Ⅱに限らず、クルーズ船の客室は、料金が高いほど上のデッキに配置されます。

飛鳥Ⅱアスカスィート

 スィート各種客室は、全て10Fの飛鳥デッキに配置されており、9Fのシーブリーズデッキには、全てバルコニー、9Fには、バルコニーとステートが並びます。

飛鳥Ⅱスィートバス

 部屋の設備や広さは異なりますが、チョッと驚いたのは、基本的には食事内容はあまり差が設けられていないようです。映画タイタニックのローズとジャックが同じ食事とは思えませんよね。、

Photo_4

 乗船、下船の優先扱いやその他のサービスで差があるのかもしれませんが、結構、飛鳥Ⅱでは、民主的なサービスが提供されているようです。

Photo_5

 ここで、昔の映画の船の客室ギャグを紹介しておきましょう。マルクス兄弟の主演映画ですが、マルクス兄弟をご存知の方も少なくなってきました。

Photo_6

 マルクス兄弟と言っても、ユダヤ系アメリカ人で、経済学者のマルクスとは無関係です。彼らの、映画はナンセンス・ギャグのオンパレードで、スピーディさも特色です。

 今回紹介する場面も、客室に船の色んな職種の人が押しかけるだけのナンセンスさですが、正直、笑ってしまいます。4分の画面ですが、後半2分が見所です。

 なお、ハイビジョン的な映像ですので、画面下部の右から2つ目のアイコンをクリックすると、パソコンの全画面に拡大されますので、試してみてください。

 また、480Pで画面が重たい方は、クリックして360Pに変更するといいですよ。

 ビデオ:マルクス兄弟 (残念ながら削除されました)



飛鳥2の木製の組み立てキットです。飛鳥に乗る前、乗った後でも飛鳥2の構造などが詳細に分かりますし、何より記念にもなります。
飛鳥2の精密木製模型 1/350


飛鳥2についての書籍や本です。
飛鳥2でクルーズの計画をする時はもちろん クルーズのお供にいかがでしょうか。
飛鳥2にかんする書籍や本








スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.25

ツイッター(twitter)の使い方とは。ブログに取り入れてみました。

スポンサードリンク


 ツイッター(twitter)とは、なんぞや? 

 このブログの左のサイドバーの一番下部に、ツイッターのブログパーツを取り付けていますので、ご覧ください。

 パーツの最上部に表示されている「junsukabura」が私のユーザー名です。ちなみにスカブラとは、宗像周辺の方言で、役に立たない人、怠け者等の意味があります。

 パーツ上部の「junsukabura」をクリックすると、私のツイッターのサイトにジャンプします。

 このパーツには、私がパソコンや携帯電話を使って、つぶやけばその記事がすぐに反映されて、表示される仕組みになっています。

 ご覧になって分かるとおり、ツイッターとは、ミニブログのようなものです。

 140字以内で記事を書くことになっています。

 記事を書いて投稿することを「つぶやく」(ツイートする)と言うことからツイッターと名づけられました。

 投稿された記事は、ブログのエントリ(記事)と同じで、固有のアドレスを持っています。

 記事を見るには、「福岡市 ラーメン」などキーワードや「junsukabura」などのユーザー名で検索してください。

 鳩山由紀夫総理大臣や原口総務相なども登録があり、それぞれの「つぶやき」を見ることもできます。

 正直、ツイッターをはじめても、何が面白いのか分からないことが多々あるし、そもそもツイッターのはじめ方もよく分からないことが普通でしょう。

 はじめ方は、前述のブログパーツの最下部にある「twitter」をクリックすると無料申し込みの画面にジャンプするので、ご自分のメールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力
すると簡単に登録できます。

 携帯でも使用できますというか、こちらの方が使い勝手が良いので、携帯電話のインターネット機能でツイッターのサイトにアクセスし、ユーザー名、パスワードを入力するとツイッターが使えるようになります。

 携帯電話からつぶやいても、このブログパーツに反映されます。どこにいてもつぶやけるし、他の人のつぶやきを閲覧できるのが最大のメリットでしょう。

 ツイッターは、新しいコミュニケーションツールです。ほとんど無料ですし、このツールをどう使うかは自由、また、使わないのも自由です。

 通勤電車の中の暇つぶし、知らない街に旅行した時のグルメ情報収集等で使えるかもしれません。

 ツイッターは、全世界でも使っていますので、「London」と入力し検索すれば、ロンドンの街にいる人のつぶやきも見ることができます。

 一昨夜、東京の埼京線で電車の事故があり、数時間電車が動きませんでしたが、閉じ込められた電車の中では、電車内の状況を携帯電話でつぶやいた人もいれば、電車の中で外部の情報をツイッターで収集した人もいるのでしょう。

 このように現場にいる人の携帯電話によるつぶやきは、テレビの現場中継よりも早くて貴重なのではないでしょうか。

 こういった意味では、人類はブログやホームページよりも強力な個人的コミュニケーションツールを持ち始めたのかもしれませんね。

ツイッター(twitter)をもっと理解するための本 売れている順リスト 
「iPhoneとツイッターで会社は儲かる 」。 「夢をかなえるツイッター いいことが起こるつぶやきのコツ」。 他

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.22

世界一周クルーズ客船の飛鳥2(Ⅱ)に乗船しました。  自作動画付き

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


飛鳥2遠景

   まず、飛鳥2とはどんな客船なのかを知らない方も多いかと思いますが、いわゆる外航クルーズ客船であり、日本国籍、郵船クルーズが所有する船です。

飛鳥2舷側

注意 下のビデオは、ハイビジョン画像です。回線が重たい方は、画面の下の「720P」をクリックして「480P」以下にすると、快適にご覧になれます。なお、720Pの右横のアイコンをクリックすると画面いっぱいの高画質映像を楽しめますので、是非、試してみてください。

 

 画面いっぱいのハイビジョン映像、いかがでしたでしょうか。youtubeもここまで進化しています。すごいですね。、

飛鳥2ハリウッドシアター

 当初、クリスタル・ハーモニーと言う船名で、就航しましたが、2006年1月に、飛鳥Ⅱ(以降、飛鳥2)としてデビューしました。  

 総トン数50,142トンは、日本最大の客船であり、あのタイタニック(46,328トン)を超えており、船体規模からみると、ほぼ同格の船です。

飛鳥2アスカプラザ

 この飛鳥2が、3月中旬に博多港に入港し、この機会を捉えて乗船見学会が開催されたものです。とは言っても、実態は、旅行会社による来年4月に実施予定の世界1週クルーズの販促イベントです。

 飛鳥Ⅱの船内見学と一緒にフルコースの昼食が取れると言うことで、カミさんと一緒に行ってみる事にしました。

飛鳥2天井

 10時頃、乗船した私たちは、まず、船内映画会が催されるハリウッドシアターに案内されました。椅子がずらりと並んでいて200人以上は入れるようです。


飛鳥2レセプション

 ここでは、船内見学会を主催した旅行会社が飛鳥2の説明と来年4月の世界1周クルーズの案内がありました。

 最初は、飛鳥2のビデオが上映されました。私は、単に船内を見たいのと昼食を食べたいだけなので、このビデオを見ながら、このビデオではなくて、ジェームズ・キャメロンの「タイタニック」でも流さんですかと不謹慎なことを考えていました。

ビデオ 飛鳥2船内パブリックスペース

飛鳥2エレベーターホール

 映画「裸のガンを持つ男」の中で、飛行している旅客機の機内ムービーが「エアポート’79」で、乗客は旅客機が操縦不能におちいったシーンを笑いながら見ていました。

 説明会は、30分ほどで終わり、1時間ほどの船内見学が始まりました。

飛鳥2ライブラリ

 5万トンのオーシャンライナーとなると、さすがにすごいものがあります。乗客数は、800人程度だそうですが、食事を取る場所だけでも、メインの場所が4ヶ所あり、その他スナックなど軽食を取るコーナーも。

 豪華クルーズ船は、ホテルに例えられることもありますが、ホテル以上です。

飛鳥2階段

 ホテルは、宿泊だけですが、クルーズ客船は、世界1周の場合は100日以上暮らす場所となります。

 クルーズ船に慣れていない乗客は、暇をもてあますことを心配するようですが、夜毎のイベント、手芸や陶芸などの教室、図書室、アスレチック施設等をフルに利用すれば、もてあますどころか時間が足りないと思うそうです。

飛鳥2ジュークボックス

 また、飛鳥2は、日本籍のため、海外のクルーズ客船にはない施設として、大浴場があります。また、風呂好きの国民性のため、キャビンはバスタブがほとんど付いてます。

 わずか、1時間の見学でしたが、豪華クルーズ客船 飛鳥2のすごさを垣間見た気がします。


飛鳥2の木製の組み立てキットです。飛鳥に乗る前、乗った後でも飛鳥2の構造などが詳細に分かりますし、何より記念にもなります。
飛鳥2の精密木製模型 1/350

飛鳥Ⅱやサン・プリンセスなどのクルーズ客船のサイトが有りますので紹介します。

クルーズ・船旅 日本と世界の客船ガイド

飛鳥2についての書籍や本です。
飛鳥2でクルーズの計画をする時はもちろん クルーズのお供にいかがでしょうか。
飛鳥2にかんする書籍や本







 スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.19

ココログの裏技・カスタマイズ 各記事にページの「トップへ戻る▲」リンクを付ける

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 ココログのブログに関するカスタマイズ・裏技です。

 大部分の読者の方に関係ないココログの技術情報を掲載しており、申し訳ありません。

 本来、こういう情報は、ブログに掲載せずにパソコンへ保存しておけば良いのかも知れませんが、パソコン保存しても、すぐにどこへ行ったか分からなくなったりします。

 その点、ブログに掲載しておけば、見つけやすくなります。備忘録としてもブログは最適です。

 また、少ないと言っても、ココログの利用者は多く、ココログのマニュアルに載っていない技術情報を公開することも、意義があるのかなとも考えています。よろしくお願いします。

 今回は、各記事の下に「トップへ戻る▲」と言うリンクを付けてみます。

 このような機能は、カスタマイズや裏技で付けるような物ではなくて、ブログ本来の機能で持つべきものだと思いますが、無いのでしかたがありません。

 FC2ブログでは、当然付いているでしょうね。このようなことの積み重ねが、人気ブログサービスにつながっていくのでしょう。ココログは、ブログ管理者に対して、と言うよりブログを見る人に対して配慮を欠いていると言わざるを得ません。

 さて、各記事の下に、「トップへ戻る▲」と言うリンクを付ける方法です。

 「マイリスト」に下のコードをコピーして、サイドバーに貼り付けてください。右のサイドバーのほうが良いそうです。

 初心者の方は、どうやってマイリストに貼り付けるのか等戸惑われるかとは思いますが、ココログのヘルプ等を参考にしてください。この記事では、長くなり過ぎますので説明できません。すみません。

 上級テンプレートの方は、「sidebar」テンプレートに貼り込んで下さい。

<script type="text/javascript"><!--

// e: node
function getPostedDiv(e) {
while (e) {
  if (e.nodeName == "P" && (e.getAttribute("class") == "posted" || e.getAttribute("className") == "posted"))  return e;
  e = e.nextSibling;
}
}

function addBackToTop() {
var h3s = document.getElementById("center").getElementsByTagName("H3");
for (var i = 0; i < h3s.length; i++) {
  var h3 = h3s[i];
  var div = getPostedDiv(h3);
  var a = " | " + '<a href="#container">' + "
<b>TOPへ戻る▲</b>" + '</a>'
  div.innerHTML += a;
}
}

addBackToTop();
// --></script>

 上記の方法は、「バッグス」さんのサイト「Bugsなうさぎの憂鬱」の次の記事を参考にしています。

 

http://bugsbunny.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_9ff9.html">「各記事にページのTOPに戻るリンクを付ける」

 なお、上記機能の追加のため、テンプレートを修正する場合には、必ずコピーをした上で、完全自己責任で行ってください。

 何らかの不都合が生じても、一切の責任を負うことができませんのでよろしくお願いします。

ココログ関連書籍等 
「ココログオフィシャルガイド(2005)」。 他

HTMLに関する参考書籍等 
「HTML/XHTML &スタイルシートレッスンブック ステップバイステップ形式でマスターできる」。  「詳解HTML & CSS & JavaScript辞典第4版」他

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.16

福岡市中央区の天神に「キルロイ」が現れる・・・「KILROY'S」

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 前回の記事で、「キルロイ」(Kilroy)と呼ばれた男として、「ロイヤルホスト」の創業者、江頭匡一氏のことについて書いてみました。

Kilroy_28_173sm

 「キルロイ」とは、前回でも紹介しましたが、キルロイ参上(Kilroy was here)のフレーズがよく知られています。

 キルロイは、第二次世界大戦中にアメリカ軍の兵士の落書きにより広まったと言われておりますが、日本にはまだあまりよく知られていないキャラクターと言えるでしょう。

 この「キルロイ」は、現在のアメリカ軍でも忘れられずに広まっており、イラク戦争のニュース映像にも出たことがあるそうです。

 注意深く見れば、古いニュース映像や戦争映画などにも現れているかもしれませんね。

Kilroys

 ところが、この「キルロイ」(Kilroy)と言う語が、天神の街角に見られることはご存知でしょうか?

 場所は、中央区の渡辺通り、トヨタのすぐ横にリッチモンドホテルと言うホテルがあります。

Kilroys2

 この1階に、「Kilroy's」と名付けられたカフェ・レストランがあります。ここは、ロイヤルホスト系の店で、江頭匡一氏の「キルロイ」にちなんだ店名のようです。

Photo

 なお、右側に「Kilroy's」の店内写真を掲載しています。分かりにくくて申し訳ありませんが、3人の写真が見えますが、この3人は板付けの米兵でその間に立っているのが、「キルロイ」時代の江頭匡一氏だそうです。

 ダイナマイト・ハンバーグが名物のようですが、一度、福岡市の天神に出かけられた時には、立ち寄ってみるのもいいかもしれませんね。

 なお、「キルロイ参上」については、日本の本が無く、品切れながらも洋書があります。
 ここの書名を参考にして、興味のある方はアマゾンや神田神保町の古書街あたりで探してみてください。

キルロイ Kilroy was here をもっと知りたい方のための本
「Kilroy Was Here: The Best American Humor from World War II」。 「Kilroy Was There: A GI's War in Photographs」他

○ Kilroy's

福岡市中央区渡辺通4丁目8-25 リッチモンドホテル福岡天神1F
092-741-5413
6:30~24:00
無休
駐車場 不明


スポンサードリンク

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.15

フェンスの向こうのアメリカ 1950年代の米軍板付基地、築城基地の動画発見

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日の記事で、「奈多利庵」を取り上げました。奈多と言えば、西戸崎・志賀島にドライブ行く時に通り過ぎる場所ですね。

 昔、むかし 西戸崎に米軍がいた時、この奈多あたりからアメリカの匂いを感じていました。

 今では、痕跡もほとんど見当たらなくなりましたが、雁ノ巣には「Brady Air Base」(空軍)と西戸崎には「Camp Hakata」(陸軍)がありました。今の福岡空港には、「Itazuke air Base」。

 これらの米軍施設は、1950年に朝鮮戦争が始まって、韓国に近いことから米軍の先端補給基地となっていたものです。

 1972年に基地は返還されましたが、それまで、西戸崎の街中は米兵相手の商店やバーなどがあり、日本ではないような光景が広がっていました。

 また、西戸崎から博多へ通じる道が通る奈多あたりでも、テールフィンを突っ張ったフルサイズのアメ車が道幅いっぱいに走っていたものです。

 私は、この風景が好きでした。この情景を歌にしたミュージシャンがいます。

 米軍基地のある横須賀に育ったロッカー、柳ジョージの曲です。

 「フェンスの向こうのアメリカ」

  石畳の坂を登れば海の見える丘に出た
   防波堤に当る波間に俺を呼ぶ声が聞こえた
   どんなに離れてもけして忘れなかったよ
  朽ち果てた俺の家と鉄のフェンス

  エリアワンの角を曲がれば お袋のいた店があった
  白いハローの子に追われて 逃げてきたPXから
  今はもう聞こえない お袋の下手なブルース

  俺には高すぎた、鉄のフェンス
  あばよの一言も無く 消え失せたあの頃
  帰りたい ホームタウンスイート ホームタウンスイート 

  省略

当該ビデオは事情のため削除しています。

 西戸崎にもフェンスがあり、フェンスの向こうはアメリカそのものでした。

 フェンスの向こうから出てくるツートン・カラーのアメリカ車。それは夢の光景でした。

 私が、’50年代~60年代のアメ車のフルサイズカーが好きなのも、この頃の経験の影響があります。

 その時代の日本人の生活には、車などはとんでもなく、冷蔵庫も洗濯機もやっと普及しはじめた時代です。

 このような記憶も風化が激しくなってきています。

ビデオ 1954年 米軍板付基地(当時の米軍人撮影)

 米軍が博多に駐留していたことすら知らない世代の時代となってきています。

 私は、福岡のグルメの歴史に興味がありますが、博多に駐留していた米軍の兵士が基地の外で何を食べていたのか。米軍相手のレストランや食堂にどのようなものがあったのか・・・

ビデオ 板付基地で少年期を過ごした米軍人の子供の想い出 注意 音が出ます

 この辺の情報は、ネット上にも少なく、いずれ調べてみたら面白いテーマになるかもしれません。 

Kilroy_28_173sm

 さて、今の福岡空港にあった板付ベース(基地)内に、「キルロイ」(Kilroy)と米兵から呼ばれていたマスコットがいました。「キルロイ」とは、ヨーロッパ戦線で米兵が架空の人として作り出した名前です。

 呼びにくい日本人の名前の代わりに「キルロイ」と名づけられた人がいました。後の「ロイヤル」の創業者江頭匡一氏です。ロイヤルと言う名称は、キルロイから派生したものと言われています。

ビデオ 1954年の米軍築城基地 注意:音が出ます

 この「キルロイ」は、基地内の見習いコックを経て、まず、機内食を手がけ、それから
レストランをはじめました。

 彼は、レストランのコンセプトをアメリカの中流家庭の生活に合わせました。

 それは、ベース内で見た夢のようなアメリカ人の生活への憧れだったのでしょう。

 このレストランは、同じようにアメリカの文化に強く引きつけられていた福博の人々に広く受け入れられ、後にロイヤルのファミリーレストランの展開につながっていきました。

 江頭氏もまた、「フェンスの向こうのアメリカ」に強い憧れを抱き続けた人だったのでしょう。

柳ジョージのCD,DVD等 売れている順リスト 
CD 「ゴールデン☆ベスト 柳ジョージ&レイニーウッド Bourbon Years」。 CD 「プレミアム・ベスト 柳ジョージ」。他

在日米軍をもっと理解するための本、書籍等 
「在日米軍最前線」。  「在日米軍最前線軍事列島日本」。 「情報公開法でとらえた在日米軍」。他

スポンサードリンク

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010.03.13

ココログのカテゴリー表示をタイトルリスト表示にするカスタマイズ・裏技

 ココログのカスタマイズ・裏技です。

 このブログ、「Jun's my Taste」は、ココログと言うブログサービスを利用しています。

 ブログを運営する上で、ココログが用意してくれている色々な機能がありますが、ブログ管理者がブログでしたい事を全て用意してくれているわけではありません。

 例えば、カテゴリーをクリックするとその内容の記事をずらずらと表示してくれますが、タイトルと本文を表示するため、大変長くなってしまいます。

 それで、タイトルだけ表示してくれると読者も希望の記事を探すのに便利です。

 ところが、ココログにはそんな機能がありません。

 そこで、色々なエキスパートが知恵を絞って、この機能を実現してくれています。

 ココログのカテゴリ表示をタイトル表示するには、次のようにします。

 ただし、この機能は、上級者テンプレートをいじる必要があり、ココログフリーやベーシックの管理者は無理だと思います。

○バックナンバーテンプレートの内「Category Archives」のページ

・、<MTEntries>から</MTEntries>の間に、次のコードを挿入します。

<MTEntries>

<$MTEntryTrackbackData$>

<MTWeblogPostIfShow field="date_header">
<MTDateHeader>
<h2><$MTEntryDate format_weblog_date="1"$></h2>
</MTDateHeader>
</MTWeblogPostIfShow>

<a id="a<$MTEntryID pad="1"$>"></a>
<MTWeblogPostIfShow field="post_title">
<h3><a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a></h3>
</MTWeblogPostIfShow>

</MTEntries>

 この情報は、「ロージナ茶会 元老院」さんのサイト「K's Diary@cocolog」の記事を参考にさせていただいております。

http://kira.txt-nifty.com/blog/2004/11/post_6.html">ココログメモ:カテゴリの表示をタイトル表示に変更

 なお、上記機能の追加のため、テンプレートを修正する場合には、必ずコピーをした上で、完全自己責任で行ってください。

 何らかの不都合が生じても、一切の責任を負うことができませんのでよろしくお願いします。

ココログ関連書籍等 
「ココログオフィシャルガイド(2005)」。 他

HTMLに関する参考書籍等 
「HTML/XHTML &スタイルシートレッスンブック ステップバイステップ形式でマスターできる」。  「詳解HTML & CSS & JavaScript辞典第4版」他

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.12

福岡市東区奈多ではなくて雁ノ巣にある創作料理「奈多利庵」

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 さて、「奈多利庵」と言う店名ですが、これが福岡市東区の奈多ではなくて雁ノ巣にあるイタリアンレストランです。

奈多利庵店内

 ところで、「奈多」と言う地名の由来をご存知でしょうか? 小学校では、自分の住んでいる地名の意味を調べさせる宿題があります。昔であれば、土地の古老なんかに尋ねたりしたのでしょう。

 その事により地域のお年寄りと子どもたちの交流が生まれ、老人の生きがい対策などになるのでしょうが、今時の子どもはいきなりインターネットの掲示板なんかに土地の由来の質問などを書き込んだりして、全く可愛げがありません。

奈多利庵スープ

 で、奈多小学校のホームページには、奈多の由来として次の通り説明しています。

 奈多・・波立つ・・なた
浪が多い.波立つ国、筑紫の日灘の国。

奈多利庵サラダ

筑豊沿海誌では、
「海辺にて波立つ処なれば(浪立)の意なるべし」
と記してあります。

 当然、波立つのは、玄界灘側で博多湾側ではありません。

 さて、「創作ダイニング 奈多利庵」です。知人からの情報により以前から知っていましたが、たまたま近くを通る事があり、寄ってみました。

 奈多利庵のホームページによると、「奈多漁港であがった活きのいい魚や産地直送の野菜たちをふんだんに活かした優しい味に料理しました。スタイルにこだわらない創作料理をお楽しみください。」と書いてあります。

奈多利庵パン

スタイルにこだわらないとありますが、基本的にはイタリアンがベースとなっているようです。

 ちょうど昼時でしたので、お昼のスペシャルランチを注文しました。

 内容は、日替わりで本日のメインディッシュのラザニア、日替わりリゾット(ハーフサイズ)、サラダ、パン、スープ、ソフトドリンク(Sサイズ)付きです

奈多利庵ラザニア

 奈多利庵のラザニアは、トマトソースとも調和が取れていて、なかなか美味しいものでした。また、リゾットも、トマトソース味ですが、適度な固さもあり、シェフの腕の確かさを感じさせてくれました。

 1200円くらいのランチでしたが、コストパフォーマンスは十分にあると思います。

奈多利庵リゾット

 その証拠に、ランチのテーブルは、ほぼ満席。ほとんどが女性だけのグループ客でした。

 志賀島へのドライブ時などに奈多利庵に寄ってみるのも悪くはありません。

パスタ ラザニアです。 
青の洞窟 ラザニア・エミリアーナ。  
バリラ ラザニア。 他

イタリアのお米料理 リゾット 
ボンビ・デリ ボン中野シェフ監修!あったか、美味しい!こくうま、ヘルシー!新食感のリゾットダイエット。  ピアット 予約でいっぱいの店の地中海トマトのリゾット。他

○ 創作料理 奈多利庵

奈多利庵コーヒー

福岡県福岡市東区雁の巣2丁目22-30   場所はここ Google マイマップ
092-608-7360
11:00~23:00
ランチ   11:00~14:00
ディナー 17:30~
定休日  火曜日(変更有)
駐車場  あり

公式サイト http://www.natarian.net/

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.10

トルコ軍のキプロス侵攻 1974年7月 ファマグスタでの目撃者アルパイ君にビデオ・インタビュー

スポンサードリンク


アルパイ君とイスタンブールの旅行記を書いていますが、今回はアルパイ君へのトルコのキプロス軍事侵攻に関するインタビューです。

Qr

 そもそも、アルパイ君と知り合ったのは、1974年(昭和49年)の3月、地中海西の端の島国キプロスのファマグスタと言う港町です。

 1973年の9月からヨーロッパ諸国を旅行していた私は、ロンドンに住んでいた時に、英語学校に何人かのキプロス人(トルコ系)と知り合い、彼らの母国のキプロスを見てみたいと思ったのがキプロスに行った理由です。

Sm

 彼らは、キプロス島東側にあるファマグスタを故郷としていました。そのファマグスタで、いきなり話しかけてきたのが当時高校生のアルパイ君でした。

 私たちは、二日間行動をともにした後、私は4月に日本に帰国しました。

 その3ヵ月後の7月14日に、突如、トルコ軍はトルコ人保護のためと称して、キプロスに軍事侵攻しました。

 この詳しい経緯については、省略しますが、簡単に言うと、当時のキプロスは、国内にギリシア系とトルコ系の住民が混在していました。

 ギリシア系とトルコ系から構成されるキプロス政府内にギリシア併合を要求するクーデター騒ぎが起こり、トルコ系住民の安全が脅かされていると言うのが侵攻の理由です。

 そのようなことから、トルコ軍はファマグスタに上陸し、私の滞在していたギリシア系のホテルも空爆で破壊されたと聞いた記憶があります。

 今回、イスタンブールで再会した機会を捉えて、当時、ファマグスタで学生生活を送っていたアルパイ君にトルコ軍の侵攻がどのような状況であり、アルパイ君自身どのように過ごしていたのかを聞いてみました。

 インタビューの日時は、2008年9月9日午前10時30分頃、場所はイスタンブール沖のプリンセス諸島のクユブ島のあのボラレたレストラン、「MADO」です。

 インタビュー内容の補足説明です。

 侵攻当時、アルパイ君は高校生くらいで、ファマグスタのギリシア人地区にある学校で勉強していました。

 ファマグスタは、当時は、ギリシア人とトルコ人が共に住んでいて、ギリシア人が26,000人くらい。トルコ人が約8,000人住んでいたようです。

 トルコ人は、昔の城壁に囲まれたトルコ人地区、ギリシア人はその外側に住んでいました。ビデオ中、しきりに出てくるWall(壁)は、トルコ人地区を取り巻く壁のことです。

ファマグスタのトルコ人地区の衛星写真 城壁に囲まれた地域です。

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&ll=35.124682,33.942218&spn=0.01569,0.050855&t=h&z=15&brcurrent=3,0x0:0x0,1

 侵攻当日の朝、アルパイ君は学校内の寄宿舎にいました。他にも、学校にはトルコ人の学生もいたようですが、校外からの通学のため、早朝に学校に居たのはアルパイ君がただ一人のトルコ人で、残りはギリシア人の学生だったようです。

Turk_airdropsm

 侵攻がおきるいやいなや、落下傘兵を見たギリシア人は全て逃げてしまって、アルパイ君一人が学校に取り残されました。

 アルパイ君は助けを求めに校外に出ようかと考えたようですが、途中で撃たれるかもしれないと考えて居残りました。

Imagessm

 トルコ人地区の警察署の署長が心配してくれて、この人は私も会って一緒に食事をしたこともあったのですが、彼が車でアルパイ君の救出に学校まで来てくれました。

 そうして、とりあえず警察署まで連れてきてくれて、アルパイ君はそこの留置所に泊まりました。

 この署長は、ギリシア人地区のホテルに泊まっていた私に、ホテルを引き払って留置所に泊まったらと言ってくれました。もちろん、冗談ではなくて、親切な申し出だったのです。

 アルパイ君は、警察署に一泊した後、トルコ軍の船で、トルコ本土に帰国しました。

Photo_2

   港には、お母さんと叔父さんが待っていてくれていました。

 以上が、今回、アルパイ君へのインタビューで判明したことです。

 トルコ軍侵攻後の、キプロス及びファマグスタですが、それまではキプロス全土で混在していたトルコ人とギリシア人は、南北キプロスの境界線を隔てて分断され、北側がトルコ人支配地区、南側がギリシア人のキプロス政府の支配地区となりました。

 つまり、かつてのインドとパキスタンと同じような状況が起こり、ファマグスタを含む北側のギリシア人は南側へ、南側のトルコ人は全員北側に強制移住となりました。

 ここで、興味深い状況が起こりました。それは、ファマグスタ市内のギリシア人地区は閉鎖され、誰も入れない状況となっているようです。アルパイ君のバリヤー発言は、このことを意味しています。

 つまり、侵攻したトルコ側は、あくまでトルコ人の安全確保で侵攻したのであり、ギリシア人の財産等欲しさに攻め込んではいないと言うことを侵攻の大義名分としたから、ギリシア人の遺留財産には手がつけられないようです。

 それで、ファマグスタ海岸に林立するギリシア人所有の高級ホテルや商業地区は、ゴーストタウン化しております。

 そのため、ファマグスタ市のGoogleの衛星写真を見てみると、トルコ人地区の城壁の南側海岸沿いのホテル島が並ぶ地域には、車が一台もなく、広大なゴーストタウンの様子がよくわかります。なかなか見ることができない衛星写真の一つだと思います。

 http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&hq=&hnear=%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E5%AE%97%E5%83%8F%E5%B8%82%E6%B1%A0%E7%94%B0&ll=35.10017,33.96566&spn=0.001962,0.004088&t=k&z=18&brcurrent=3,0x0:0x0,1

 南キプロス側は、何とかこれを開放して欲しいと要求しておりますが、北キプロス・トルコ側はこれを拒否しています。

 さりとてトルコ側でこれらホテルを稼動させるわけにも行かず、放置されたままです。トルコ人と言えども、この旧ギリシア人地区に無断で入ると罰せられるそうです。

 ま、中東地域では、このような歴史、環境の中で人々は生活していることを知っていただけたら幸いです。

キプロスに関する本(楽天)  
「キプロス島歴史散歩」。 

キプロスに関する本(アマゾン)
「複合民族国家キプロスの悲劇 (新潮選書) (単行本)。」  
交錯する文明―東地中海の真珠キプロス (単行本)

キプロスを舞台にした映画 栄光への脱出 
第2次世界大戦後、パレスチナは英国の統治下になり、聖地復興を目指すユダヤ人のパレスチナ移住が始まった。だが英国は彼らを捕まえて途中のキプロスへ送り込む政策をとった。脱出船"エクソダス号は、パレスチナの入国許可を求めてキプロスの港を離れた……。 ポール・ニューマン、エバー・マリーセイント出演

スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.05

アラジン・ブルーフレームがあるバス停カフェ バンビーノ 動画付き

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 宗像市赤間のサンリブ・クリエイトに行く道の途中、「中央公民館前」バス停横に気になる店がありました。

 喫茶店らしいのですが、あまりにぎにぎしく宣伝をしていないので、よくわからないといったところでしょうか。

 で、ネットで調べてみると「バス停カフェ バンビーノ」と言う名称のようです。

 で、早速行ってみました。

 「バンビーノ」と聞いて、「ローマーの休日」を思い出す人は、映画通かもしれません。ヘップバーンとグレゴリー・ペックが出会い、タクシーを降りたとき、タクシーの運転手が、「家には子供がいる」としきりに言っていました。その子供のイタリア語が、バンビーノです。

 駐車場が無いのかもしれないと思い、真向かいの「ほたるの里」の駐車場に車を入れてしまいましたが、バンビーノの横に駐車場がありました。

 小さな店ですが、入ってみるとそこそこお客さんが来ても大丈夫でしょう。

カフェバンビーノ外観

 道路に面してカウンター席とテーブルが2台あります。

 女性一人でバンビーノをきりもりしているようです。

 お、! アラジンのストーブがある!!

アラジン ブルーフレーム

 福津市のイタリアン上々屋にもある英国発祥のアラジンのストーブがここにもありました。

 アラジンのストーブがあると言うことはと、店内を見回すと、やはりインテリアや小物には相当こだわりを持った店主のようです。

ターシャ・チューダー

 女性雑誌にもでてきそうなインテリアです。

 店内の中央に、木のテーブルが置いてあります。オーク(樫)と思いますが、この辺も店主こだわりが感じられます。

 これらの趣味の良さは、店のホームページの作り方にも現れています。

 カウンターの一隅には、書籍が並べられていますが、「ターシャの庭」に関する本に目がとまりました。

 米国女性のターシャ・チューダーは、古き良きアメリカの家、庭そして生活様式を実践した方です。

カフェバンビーノ書棚

 彼女の庭の写真集が、多数出版されており、昔から人気を博していました。

 このターシャ・チューダーの家に、数年前、NHKのハイビジョンカメラが訪れ、ターシャの庭の鮮明な画像を放送したのを私も興味深く観ましたが、あの庭と家は、ほとんど物質文明に汚染されていない聖地のようなものでしたね。

カフェバンビーノパスタ title=

 ちょっと話がそれましたが、このバンビーノもある意味、Cozy 居心地の良いものです。

 私は、コーヒーではなく、パスタを注文しました。ハーブソーセージと豆が入ったトマトソース味のパスタです。850円と少し割り高な気がしないでもありませんが、スパゲティの麺も、細めですが、ちゃんとアルデンテも感じられて美味しくいただきました。

カフェバンビーノスパゲティ拡大

 このバンビーノは、グルメはもちろんですが、インテリアや小物雑貨等が好きな方には、行って良かったと思えるようなスポットだと思います。

ターシャ・チューダーの書籍・洋書・DVD 
DVD 「喜びに満ちた人生を!~ターシャ・テューダーの魔法の世界」。 洋書「Tasha Tudor's Garden」。

石油ストーブ アラジン・ブルーフレーム 
青い炎が静かに燃えながら部屋全体をやさしい暖かさで包み込んでくれる アラジン・ブルーフレーム・ヒーターBF-3905-1 こだわりのインテリアを好む人に

○ バス停カフェ バンビーノ

福岡県宗像市須恵332-8  場所はここ Google マイマップ
0940-51-6108
13:00~21:00
定休 月曜、木曜
駐車場 あり
公式ホームページ http://bambino-cafe.com/top2.html

スポンサードリンク



| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010.03.03

アルパイ君と最後の晩餐、その後グルメなサライのカスタード・プリン  動画付き イスタンブール旅行記

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 明日は、いよいよアルパイ君もノルウェーのオスロに帰る日となりました。

 実は、イスタンブールから二人が出会ったキプロスのファマグスタへ行ってみようと計画していました。

 ファマグスタがある北キプロスへの航空チケットが、行きの便は予約できていたにもかかわらず、帰りのフライトを確保できませんでした。

 キプロス行きを残念ながら取りやめることにしたので、明日、帰ることになったのです。

 イスティクラル通りをいつものようにぶらぶら歩き、インターネットカフェで、アルパイ君がノルウェー帰国便の予約ドキュメントをプリントアウトした後、タクシム広場近くのケバブ屋に入りました。

イスタンブール ドネル・ケバブ 音が出ます。

 このファーストフードのようなケバブ屋さんは、1階の入り口付近で、くるくる回しながらドネル・ケバブを焼いており、注文すると、そのケバブをナイフで削ぎ落としてくれます。

 受け皿に落ちたケバブをフランスパンのバゲットのようなパンにサンドイッチにしてお客さんに渡すのです。

Dsc_9261sm

 東京あたりで見かけるケバブ屋さんと同じスタイルです。

 私とアルパイ君は、、二人分のケバブサンドイッチとドリンクを受け取り、2階に上がりました。ちょうど、マクドナルドのハンバーガー屋さんみたいでした。

Dsc_9260sm

 テーブルに座って食べ始めました。考えてみると、イスタンブールに着いて最初に二人で食べた晩ご飯の場所が、このケバブ屋さんで、イスタンブール最後に二人で食べる晩ごはんが同じ場所であることに気づきました。

 このことをアルパイ君に話すと、そうだねと笑っていました。

Dsc_9259sm

 さて、ドネル・ケバブですが、ケバブとは、カバブとも言われており、肉を焼いたものの総称です。

 日本でも良く知られているシシ・カバブーは、シシ(串)に刺した焼肉(カバブー)の意味です。

 ドネル・ケバブは、垂直にした金串に、スライスした肉を積み重ねていったものです。それを電熱器で回転させながら焼いていきます。この焼いているところを見ると、無性に食べたくなるから不思議です。

 肉は、トルコでは豚は駄目ですから、主に羊肉や鶏肉が使われています。羊肉といっても、私には余り臭いは感じません。この晩も、大変美味しく食べました。

 ちなみに、日本の東京などで売っているドネル・ケバブは、羊肉を使用していないため、トルコのドネル・ケバブとはかなり異なる風味となっており、トルコ人には不評とのことで
す。

 夕食後、イスティクラル通りのいつもの高級スィーツ店、サライに行きました。ここでは、甘~いバクラバを食べていましたが、さすがに今夜はバクラバをやめようと思い、ショー
ケースを眺めていたら、日本のカスタード・プリンと同じお菓子を発見!!

イスタンブール サライのカスタード・プリン  音が出ます

 早速、これをとアルパイ君に言うと、アルパイ君も同じように注文しました。

 食べてみると、味も匂いも日本のカスタード・プリンと全く同じ。これには、感激しました。

Dsc_9255sm

 そもそも、カスタード・プリンもヨーロッパ、北米だけではなく、世界中に広く食べられており、その意味では世界的な食べ物で、トルコにあっても、日本にあってもおかしくないものです。

 アイスクリームがどの国にもあるようなものでしょう。洋の東西を問わず、美味しいものはすぐに広まるのでしょう。

 それにしても、サライは、素敵なレストラン・ケーキ屋さんです。イスタンブールに行かれたら、一度は訪れてはいかがでしょうか。 

 Saray Muhallebicisi(サライ ムハッレビジシ

住所 Istikral Cad.102,Beyoglu,
電話 0212-292-3434
公式ホームページ http://www.saraymuhallebicisi.com/english/index.htm



トルコ食品の宝庫 ドアル Dogal
トルコのオリーブオイル、チーズ、調味料、ピクルス、お菓子、ワイン等色々ありますよ。

海外航空券+ホテル+α 楽天トラベルのパック検索 
トルコを含むヨーロッパその他の世界地域へのパック旅行を簡単検索・予約システム

楽天トラベルの海外航空券検索 
トルコを含むヨーロッパその他の世界各都市への航空券簡単検索・予約システム


スポンサードリンク


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »