« 大野城市のまんぷく、天神のサムソンのカレーが復活、詳細な情報が入りました。  | トップページ | 不思議な天体現象、環天頂アークや太陽環と熱中時間の熱中人について »

2010.05.04

宗像市神湊エギングとアキレス(Achilles)315 ゴムボート・インフレータブルボートの試乗体験 自作動画付き

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 連休を利用して福岡県宗像市の神湊及び勝浦海岸そして勝島周りでエギング(イカ釣り)をしてきました。

 同時に、アキレス(Achilles)製ゴムボート LD315タイプの初乗り・試乗も行いました。

 なお、エンジンはホンダの2馬力ですが、ガソリンが古くてエンジンのバラつき現象があり、フルパワーではなく、7~8割程度のパワーしか出していません。また、始動性もかなりよくありませんでした。

宗像・神湊、勝島エギング・ゴムボート使用

 このアキレス・ゴムボートは、ヨットで使われていたものですが、不要になったとの事で譲り受けたものです。

Ld315

 当初、ゴムボートの型番等不明でしたが、インターネットで調べてみると、どうも2007年の「ACHILLES BOAT 2007 LINEUP」で掲載されている、LDシリーズのLD-315に近いタイプのようです。

 もちろん、2007年より古いアキレス・ゴムボートなので、正式の型番は不明です。LDシリーズは、ゴムボート初心者にも無理なく取り扱いでき、中でもLD-315は、走行性や足元の安定にこだわっているとされています。

アキレスゴムボートLDシリーズ

 なお、カタログには、4人乗りと表記されていますが、荷物も何もない乗員運搬だけでは可能でしょうが、魚釣り等の道具等を積み込めば、2人乗りが適正な乗員数と思われます。

ホンダ2馬力エンジン

 アキレス・ゴムボートの船体素材は、「ハイパロン」Hypalonで、「劣化に強い」、「寒さに強い」そして「耐油性に優れる」と言うものです。

 船底は、船底をV字状にする「エアキール」を採用していますが、今回使用したアキレス・ゴムボートは、残念ながら「ハイプレッシャー・エアーボード」ではなく、木製の組み立て式フロアいわゆるウッドフロアを採用しています。

エギング勝島

 海岸から出船する人にとって、最重要なのが重量です。本体25kg、底板18kg、オールなどの付属品6Kg ですから、組み立てて運ぶと50kg近くなります。

 二人で手持ちで運ぶと、一人当たり25kgになります。持ち運べない重さではないですが、帰港後は水を含みますので、かなりの重量感を感じました。

エギング神湊

 今回の出船では、組み立てて運びましたが、楽に運ぶには、波打ち際までばらばらにして運び、そこで組み立てるのが一番楽でしょう。その時、問題になるのは足踏みポンプの労力です。

 電動ブロアー等で膨らませればいいのですが、電源をどうやって確保するかがポイントでしょう。この電動ブロアーについては、稿を改めて解説したいと思います。

艪こぎ

 初めて、この手のゴムボート(インフレータブルボート)を組み立てて、戸惑うのが底板の入れ方です。

 マニュアルがあれば、記載しているのでしょうが、マニュアル無しに底板をはめ込むのは試行錯誤の連続です。基本的には、船体に空気を入れずに組み立てるようです。

アキレスゴムボートサイド

 実際に海の上に出て、FRP船のタイガー号や自作ボートに比べると、抜群の安定性です。あまり進められた話ではないのですが、静水であれば、立ってエギのキャスティングも可能です。他船の引き波の襲来には気をつけてください。

アキレスインフレータブルボート

 また、アキレス・ゴムボートは船底形状の優秀さにより、スピードもかなり出るようです。色々総合して考えてみると、FRP船からゴムボートに鞍替えする人が多いのもうなずけます。特に、2馬力船では。

 最後にエギングの話ですが、神湊沖、勝島周りは全く駄目でした。あたりすらない状態でした。腕のせいもあるかと思いますが、少し早すぎたようです。

アキレスゴムボート船底

 唯一の釣果は、途中で拾ったアップアップ状態のカワハギ1匹だけ。

 冗談ですが、先日、神湊漁港の市場前の岸壁で、エギングの好釣果を目撃していましたのですが、ゴムボートで岸壁前に乗り付けて、釣ってはどうかとも話し合ってしまいました。(^-^;

 ただ、エギングの遊漁船は、ひっきりなしに見かけましたので、やはり好ポイント選択をすれば、釣果の可能性はあるかもしれませんね。

アキレスゴムボート ラインアップ 便利な価格順リスト 
多種類のアキレスゴムボートの価格順一覧表です。どのボートを買うかの検討の参考にしてください。

スポンサードリンク

 

|

« 大野城市のまんぷく、天神のサムソンのカレーが復活、詳細な情報が入りました。  | トップページ | 不思議な天体現象、環天頂アークや太陽環と熱中時間の熱中人について »

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/48262491

この記事へのトラックバック一覧です: 宗像市神湊エギングとアキレス(Achilles)315 ゴムボート・インフレータブルボートの試乗体験 自作動画付き:

« 大野城市のまんぷく、天神のサムソンのカレーが復活、詳細な情報が入りました。  | トップページ | 不思議な天体現象、環天頂アークや太陽環と熱中時間の熱中人について »