« 宗像市神湊漁港でエギング、アオリイカ、モンゴウイカそしてタコ 自作動画付き | トップページ | 宗像市神湊エギングとアキレス(Achilles)315 ゴムボート・インフレータブルボートの試乗体験 自作動画付き »

2010.05.02

大野城市のまんぷく、天神のサムソンのカレーが復活、詳細な情報が入りました。 

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 福岡市天神の天神ビル地下にあった「サムソン」、英国風カレーが美味しかった店が、大野城市内でそのグルメなカレーが食べられそうだと言う事をお知らせしました。

 やっと、後継店と思われる大野城市の「まんぷく」のデータ等の詳細な情報が入ってきました。

 と言うのも、ヨット仲間で大野城市に近い方が、実際に「まんぷく」を訪問して、詳しくその様子をメールで送ってくれました。

 「まんぷく」の所在地や電話等のデータは、後述しますが、店内やカレーの感想について、メール文からお伝えします。

「店は、大野城の「まどかぴあ」のすぐ近くでした。駐車場も4台分あります。

 カウンター8席、テーブル席3卓・8席くらいで、店長と奥さん二人で切り盛りしている街の小さな定食屋という感じでした。

 会社員や地域の方々で賑わっていました。

 定食や丼もの、麺類などのメニューで450円から700円円程度。

 本日の日替わり定食は、チキンカツ、アジの南蛮漬け、コンニャク煮付け、ご飯と味噌汁で650円。しかも、ご飯、味噌汁はお代わり無料。

 3月25日に開店したとの事。

 さて、入店一番、お目当てのカレーを注文しました。定食屋さんのカレーとあまり期待していませんでしたが、なんと、あの懐かしいサムソンのカレー風味でした。

 ご飯は、干しブドウ入りのバターライスではありませんでしたが、街の定食屋には似合わない、価格600円にしては、なかなかのビーフカレーでした。」

 以上が、「まんぷく」についてのメール文からの抜粋です。Kさん、レポート本当にありがとうございました。

 「まんぷく」の開店は、どうもRKBラジオで話題になったようです。どのような内容かは把握していませんが、ラジオ放送、このブログを含むインターネットにより、サムソンのカレーの復活が広く伝わり、お客さんが多くなるかもしれません。

 このことが、開店して1ヶ月を過ぎた「まんぷく」の経営の一助になれば幸いです。 

湖月、ナイルそしてサムソンと、往年の福岡のカレーシーンを彩ったカレーの名店の味が、まず、サムソンから復活してくれて嬉しい限りです。

○ まんぷく
大野城市曙町3丁目2の7  場所はここ Googleマイマップ
092-584-5246
11:00~14:00  17:00~21:00
定休 日曜
駐車場 あり

◯ 当ブログ内の関連記事

「K.サムソン」、天神ビルにあったカレー屋さんが復活!2010.04.22

「サムソン」、天神にあったあの懐かしのカレーの名店が大野城市で復活確認 2010.04.30

懐かしの福岡天神・サムソンのカレーを求めて 大野城市 「まんぷく食堂」 2010.08.14


サムソンのカレー以前に博多で大人気だったのがナイルのカレーです。
この商品は、完全にナイルのカレーを再現しているとはいえませんが、何となく雰囲気は出ています。
色などを含めて懐かしい当時のナイルのカレーならば断然甘口がおすすめです。
ナイルのカレー



スポンサードリンク



「サムソン」、「まんぷく」に関する当ブログ内の関連記事
あの湖月のカレー、復活?
福岡市博多区のグルメ ナイルのカレーの今と昔
福岡市のグルメ 「K.サムソン」、天神ビルにあったカレー屋さんが復活!
大野城市のグルメ 「サムソン」、天神にあったあの懐かしのカレーの名店が大野城市で復活確認 

|

« 宗像市神湊漁港でエギング、アオリイカ、モンゴウイカそしてタコ 自作動画付き | トップページ | 宗像市神湊エギングとアキレス(Achilles)315 ゴムボート・インフレータブルボートの試乗体験 自作動画付き »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/48233438

この記事へのトラックバック一覧です: 大野城市のまんぷく、天神のサムソンのカレーが復活、詳細な情報が入りました。 :

« 宗像市神湊漁港でエギング、アオリイカ、モンゴウイカそしてタコ 自作動画付き | トップページ | 宗像市神湊エギングとアキレス(Achilles)315 ゴムボート・インフレータブルボートの試乗体験 自作動画付き »