« 赤兎馬(もつ鍋・地鶏)等の新規開店速報 | トップページ | Gorilla、シェささ原、ハイポーのセール・キャンペーン速報 »

2010.05.23

午前十時の映画祭 「アラビアのロレンス」を観てきました。

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


 午前十時の映画祭で福岡東宝シネマに行って、アラビアのロレンスを見てきました。

Ban120

 午前十時の映画祭については、このブログで以前書いたことがありますが、再度どういう映画祭であるかと言うと、次のように主催者のホームページに書いてあります。

(右のアイコンをクリックするとホームページにジャンプします。)

 「映画の黄金時代(1950年~70年)を中心に外国の傑作娯楽映画50本を選んで全国25の劇場で1年間にわたり連続上映する。それが『午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本です。』

 50本の選考方法ですが、品田雄吉氏やおすぎ氏をはじめとする選定委員と一般映画ファンの投票によって決められたものです。

 で、選ばれた50本と言うのがこれ。 50本の作品一覧です。

Svlawrence_narrowweb__300x4_2

 これが入っていて、あれが入っていないなどと言い出すと限がないのが映画ファンの常ですが、私としては、「フォロー・ミー」と「アラビアのロレンス」が入っていてうれしい限り。

 「フォロー・ミー」については、以前書きましたので、今回は「アラビアのロレンス」。

 1960年代半ばの公開ですから、私自身は、あまり映画館で見た記憶がありません。多分、見たのではないかと思っているのですが・・・・

 ただ、「アラビアのロレンス」と言う言葉自体は、常に頭に残っていました。

Webley_military_mark_iv_1793

 1973年に渡英した時に、ロンドン滞在中に王立戦争博物館 Imperial War Museum に行ったことがあり、そこでロレンスの愛用拳銃を見た記憶があります。

 映画の中で、ロレンスがガイドのベドウィン人に拳銃をプレゼントする場面がありますが、あの中折れ式拳銃である「エンフィールド」(ウェブリー)です。このピストルは、インディ・ジョーンズの愛用銃でもあります。

Lawrenceofarabiaposter

 この辺の話をしだすと、キリがなくなるのでやめますが、何の話だったけ。あ、そうそう英国の英雄として、アラビアのロレンスは非常に有名でして、日本でも映画「アラビアのロレンス」で知られるようになりました。

 私も、この映画は大変好きでして、ビデオで何回も見ておりました。特に、ホームシアターの120インチの画面で見るとそのスケールの大きさに息を呑むほどであります。

 今回、午前十時の映画祭で、劇場のスクリーンで見ることができるチャンスに恵まれました。

Dsc_1565sm

 家で、120インチスクリーンにハイビジョン放送を録画したものを投影した画像との比較です。

 映画のストーリーは、嫌と言うほど見ているので全く関心がありません。

 で、結論は、やっぱりと言うかごく当たり前ですが、劇場スクリーンの圧倒的な勝利です。

ビデオ 「アラビアのロレンス」(注意 音が出ます。

*ハイビジョン画像ですので、インターネット回線に余裕がある方は、画面の下で、720Pを選択すると最高の画質でご覧いただけます。

 劇場の方が迫力、解像度、色調すべてに勝っています。私のホームシアターの機材は、ビギナークラスですので比較するのが間違っているのですが、それにしてもです。

 映画の黄金期にハリウッドが総力を挙げて作り出したスペクタクル映画、「アラビアのロレンス」や「ベン・ハー」等は劇場スクリーンで見て、何ぼの世界です。

 それと「アラビアのロレンス」は、CGを全く使っていません。列車の転覆シーンなどは実写です。CGは、CGの良さもありますが、実写は、一発撮りで現実ですから、その緊迫感はすさまじいものがあります。「戦場にかける橋」の橋爆破シーンも同じですね。

 この手の歴史映画は、歴史を押さえていくともっと面白みがあります。アラビア半島の当時の勢力図、外交の動き等の予備知識があると、映画の深みが増します。

 映画の人物の台詞には、それらを知らないと分からない珠玉の言葉が数多くあります。

 午前十時の映画祭。映画ファンでご覧になっていない方は、是非おすすめします。この手の映画祭は、来年以降何時あるかわからない状態ですので。

海外のT.E.Lawrenceのマニアサイト T.E.Lawrence Studies

日本のT.E.Lawrenceのマニアサイト アラビアのロレンスを探して

 

【21%OFF!】アラビアのロレンス 完全版 デラックス・コレクターズ・エディション 【ベストコレ...

映像特典:メイキング・ドキュメンタリー『名作誕生秘話』(約61分収 録)/スティーブン・スピルバーグ「アラビアのロレンス」を語る/撮影の舞台裏/ニューヨークでのプレミア/タレント・ファイル/オリジナル劇場予告編集 「アライビアのロレンス」「戦場にかける橋」「ナバロンの要塞」/公開時の宣伝キャンペーン/DVD-ROMフィーチャー:「アラビアのロレンス」アーカ イブ(史実にもとづく写真と撮影風景で綴る舞台裏)、ロレンスとの旅(中東インタラクティブ・マップ)

アラビアのロレンスに関する本・資料等 
アラビアのロレンス (1963年) (岩波新書)、
アラビアのロレンス (平凡社ライブラリー) (単行本)他

スポンサードリンク

|

« 赤兎馬(もつ鍋・地鶏)等の新規開店速報 | トップページ | Gorilla、シェささ原、ハイポーのセール・キャンペーン速報 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、お早うございます。Junです。
マカロニウェスタン、私も大好きです。若かりしクリント・イーストウッド、リーバン・クリフと名優揃いでしたね。
決してスペクタクル映画ではありませんでしたが、あれはあれで1時代を画したものにちがいはありません。
まだ、アバターは、観ていません。多分、3Dのブルーレイで観ることになる公算大です。

投稿: Jun | 2010.05.28 06:05

お久し振りです。
元気にあれこれやってます。昔の映画ってスケールがでっかくて良かったですよね!蟻のように見える戦士や村人が全てエキストラ(本物)なんですからね!最近はCG合成ですから奥行きがありません。最近TVでマカロニウエスタンを良く観ています。(アバター3Dは最新CG技術の進歩に驚かされました)

投稿: Ryu | 2010.05.27 14:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/48432731

この記事へのトラックバック一覧です: 午前十時の映画祭 「アラビアのロレンス」を観てきました。:

« 赤兎馬(もつ鍋・地鶏)等の新規開店速報 | トップページ | Gorilla、シェささ原、ハイポーのセール・キャンペーン速報 »