« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.25

博多湾でシーバス陸ッパリの成果は?

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


7月の初旬に久しぶりにシーバス・ルアーフィッシングに出かけてきました。

それも、陸ッパリ。陸ッパリとは、ルアー釣りの用語で、ボートではなく、陸から釣ることを言います。

ボートの新艇を最近入手したのに、何故出船しないかですが、夜に行ったのです。つまり、ナイトゲーム。

博多湾内で、夜に、シーバスやチヌが釣れていると言う情報が入りました。ベイト(魚の餌になる小魚)が、岸近くまで押し寄せてきており、そのベイトを狙うシーバスやチヌも岸近くに寄っているとのkと。

一般に、魚に限らずほとんどの動物や魚は、どうやって餌を得るかで行動しています。釣りや狩猟は、その捕食行動を把握し、対応していけば、獲物が取れやすくなります。これ、基本中の基本。

さて、当日は、夕方頃現地着の予定で自宅を出発。途中、三苫の釣具屋さんによって、氷とルアーを買いました。

ルアーは、シリテンバイブとレンジバイブ。シリテンバイブは、小沼正弥氏が釣り番組中でよく使っているシーバス用ルアー。バイブレーションでは珍しいシリコンボディです。

レンジバイブは、言わずと知れた博多湾のシーバスフィッシングの定番ルアーです。私も、このルアーで90cmのシーバスを釣り上げました。

さて、博多湾の人工島近くのポイントに着きました。まだ、日は暮れていませんでしたが、潮は満ちこみ始め。

短めのロッドに、Ima comomoSF125をセッティングしてフルキャスト!

しかし、真正面からの強めの風で、ほとんど飛ばない状況。

そこで、さっき買ったシリコン製のシリテンバイブに換えてみましたが、これもあまり重量がないせいかほとんど飛びません。

仕方が無いので、ザウルスを装着。ザウルスビブラは、バイブレーションで背中に大きなヒレがあるのが特徴。結構、シーバスの食いつきが良いので、レンジバイブと共に私の1軍ルアーです。

さすがに、重量のあるバイブレーションですから、向かい風でもよく飛びます。

ふと、波打ち際を見てみると、小魚の群れが見えます。ボラの子の群れのようです。ベイトを視認できると釣れるのではないかと期待はいやがうえにも高まります。

ザウルスビブラをキャストして、リトリーブ(引いて)いると、フックに小魚が刺さって上がって来ます。

余ほど、小魚の密度が高く、針がかりしているようです。魚種は、ハゼの一種のようでボラの子、イナッコではありません。

それにしても、風が強く、なかなか遠投で来ません。1時間ほどキャストしましたが、ノーバイトです。

試しに、もう一本3本継ぎのサーフ用のロッドを持参していましたので、これに換えてみました。

すると数投で、いきなりヒット!! オー、これはすごい! 結構な引きがあります。暗闇の中でのファイト。

しかし、岸近くに寄ってきたものの、エラ洗い一発であえなくもフックアウト。暗い中でしたの魚体は確認できませんでしたが、結構な引きなど判断すると50オーバーのシーバスではなかったかと・・・・・

それにしても、ボートからは数多くのシーバスを釣りましたが、陸ッパリでは初めてのシーバスをかけました。

ボートで釣る前には、1年以上も毎週のように陸ッパリでシーバス釣りに通っていましたが、ノーバイトの日々。

今夜が陸ッパリからのシーバス初ヒットでした。

やはり、ベイトの状態が良ければ、シーバスをフッキングできる確率が高まるようです。

これ以降は、なかなかバイトも出なかったので、地合も過ぎてしまったようです。

当日は、夜でしたので、写真も撮らずじまいでテキストだけの記事となってしまいました。


【新品】マドネスジャパン:シリテンバイブ53 #08:豆アジ
シリコン製ボディの珍しいバイブレーションです。小沼正弥氏が関与しているようで、よく使用し、大変釣れているルアーです。

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.18

東京銀座・資生堂パーラーの辛口ビーフカレーを家庭で

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


東京の顔とも言える銀座。私も、上京の折にはかなりの確立で訪れる場所です。

銀座4丁目の交差点から中央通りを新橋方面に向かって歩き出します。いわゆる銀ブラですね。

もう死語となった言葉ですが、銀座をブラブラと歩きます。さすがに、パリのシャンゼリゼ、ロンドンのリージェント・ストリート、ニューヨークの5番街と肩を並べる銀座です。

超有名なブランド店を眺めながらしばらく歩くと右手に見え出すのが。資生堂パーラーのビルです。

改装などがあった時は、しばらく別の場所に移ったこともありましたが、1902年の開店以来この場所で、資生堂パーラーは営業をしてきました。

もともとは、資生堂薬局内のソーダ水とアイスクリームを製造販売する「ソーダファウンテン」として始まったものです。

その後、1920年代にレストランとなり、銀座の洋食レストランの代表格として君臨してきました。

その頃からの看板メニューの一つがカレーなのです。

Dsc_1688sm

資生堂パーラーのカレーの特徴は、まず、カレーとライスが別々に出されること。銀製のソースポットが使用されます。

私も、一度資生堂パーラーのカレーを食べた事があります。ここのカレーは相当高いです。当時の値段は忘れましたが、現在のビーフカレーライスは2,940円もします。

力をふりしぼって、カレーライスを注文したのを覚えています。

Dsc_1691sm

店も、カレーも豪華なのですが、とりわけ、カレーの付け合せも豪華でした。福神漬けや、ラッキョウをはじめ、緑色の漬物をみじん切りにしたものなど、5~6種類の付けあわせが、ガラスの器に綺麗に
区分されて出てきました。

全部の味を試したかったのですが、そんな事をすると田舎者だと思われても嫌なので、(そう考えること自体がすでに都会的ではなかったのですが・・・)2種類だけ食べてみました。

Dsc_1692sm

なにしろ、綺麗に盛ってあるので、スプーンで取り分けるとどれを食べたかすぐ分かるのです。

カレーも美味しく食べた後、ボーイが付け合せの皿を、引き下げようとした時に、あろうことか、床の上にひっくり返してしまったのです。

そんなことなら、全部食べておけばよかったと、また変なことを考えてしまいました。

ところで、資生堂パーラーのカレーが市販されていました。一皿2,940円のカレーが、525円です。

そりゃ、同じ味がするはずがありませんが、以前食べた味もあまりに時間がたちすぎて覚えていませんので、美味しかったです。

資生堂パーラーともあろうものが、こんなものを売り出してと言う思いはありますが、これはこれで手軽に資生堂パーラーの片鱗をうかがえるものかもしれません。

レトルトカレーを食べる機会があれば、候補の一つと考えても悪くはないでしょう。



辛いだけじゃ無い!コクのある辛さ。資生堂パーラー ビーフカレー辛口
記事の中で食べているのがこのカレーです。詳細は、記事を読んでいただければと思っていますが、レトルトカレーの中では美味しいほうです。

;

東京銀座の洋食店 資生堂パーラーのカレーいろいろ 
「資生堂パーラーのカレー5種類が入ったギフトセット」、「資生堂パーラーのビーフカレー」、「資生堂パーラーチキンカレー」等

・資生堂パーラー公式ホームページ http://www.shiseido.co.jp/parlour/html/index.htm

さすがに品のあるサイトですね。

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.11

SEO 検索エンジン最適化のお話(2)

スポンサードリンク


前回の記事では、SEO(検索エンジン最適化)とは、検索エンジンの結果に特定のサイトを上位表示させるための方策と説明しました。

ここでは、もう少しSEOの実態をお話しましょう。

そもそも検索エンジンの検索結果とは何かですが、検索エンジンは検索語を入力して検索してくる人に対して、その検索語に関して最も役に立つ、価値のあるサイトを上位表示させようとしています。

つまり、「宗像市 グルメ」と検索してきた人には、最も役に立ちそうな宗像市のグルメ情報が充実しているサイトを紹介しようとしているのです。

何を持って、役に立つ情報なのか、価値のある情報なのかは、個々人によって異なるので非常に難しいのですが、検索エンジンは、ある評価基準を持っていて、その検索語にたいするサイトのランク付けを行っています。

前回の記事からおさらいすると、インターネット上にある無数のサイト群に対して、検索エンジンは、ロボット、スパイダー、クローラー(全部同じもの)と呼ばれるプログラムで巡回し、サイトのデータを取り、そのデータを評価し、ランク付けしています。

たぶんそのランク、評価点数の高い順に上位表示させていると思われます。

その評価要素は、一説には200以上あると言われています。つまり、そのサイトがどれだけ古いのか、更新回数は頻繁なのか、文章量は多いのか少ないのか等です。

そう言う要素の中で、Googleが最も重要視しているのが、他のサイトからどれだけリンクを受けているかだそうです。つまり被リンク数またはバックリンク数です。

あるサイトが多くの他のサイトから、リンクされていれば、そのサイトが優れているのでリンクを受けているのであり、その数が多ければ多いほど良いサイトと判断すると言うものです。

この考え方は、Yahooでも、重要な考え方であると言われています。

極端な話ですが、内容が質・量とも最低のサイトでも、被リンクの数さえ集めれば、ある程度検索結果上位表示されると言うことになります。

しかし、他のサイトからリンクしてもらうと言っても容易なことではなく、見ず知らずの人にリンクしてくれとお願いしてもリンクしてくれるわけでもありません。

そこで、検索結果上位表示に狂奔している人たちは、どうするかというと自分でサイトを量産してその大量のサイトからリンクを自分の上位表示させたいサイトにリンクを貼ります。

つまり自作自演リンクと言うことです。

その数も半端ではありません。一人が、ブログを1000個~数千個所有しているのも珍しくありません。

自作の数千個のブログから、自分のメインサイトに数千個のリンクを貼り付けて上位表示をさせようと言う算段です。

「SEO」に関する初心者用の本を見ると、「初心者ですから、毎週20個づつ、1ヶ月で80~100個のブログ・サイトを作ることを目標としましょう。」なんて書いてるくらいです。

当然、これらの大量生産ブログ・サイトは、人に読んでもらおうという意図はなく、ひたすら上位表示をしたいサイトにリンクを送るだけですから、サイトの内容はどうでもいいのです。

ただ、文章量がないとリンクの力が弱いので、文書量だけはあるようにします。

で、次のサイトを見てください。これが、大量生産ブログの一例です。

「(FX)今日は何を? えびす ジーンズ 1月15日23時33分『新幹線時刻表』」

文書量はそこそこありますが、タイトル同様、内容は支離滅裂ですね。どうやら、自分のFX(投資)に関するサイトの上位表示を狙ったものと思われます。

これらのサイトは、人間が作ったものもありますが、大部分は、自動大量生産プログラムによって、機械的に作られます。

つまり、自動プログラムによって、人のサイトから勝手に文章を一部分切り取ってきて、それらを寄せ集めて一つのサイトを作っています。

この作業を自動でしますので、あっという間に数百、数千のブログ・サイトを作っているようです。

当然、この自動プログラムは無料ではなく、有料で販売されています。

こういうインチキなブログをスパム(迷惑)・ブログとも呼びますが、一説によるとインターネットの全ブログ数の40%を超えているのではないかと推測されています。

しかし、検索エンジン側もこういうやり方を把握していて、大量生産ブログ等によるリンク数が多いサイトについては、上位表示どころか検索エンジンのデータベースから削除する等のペナルティを課すよ
うになってきています。

いかがですか、毎日見ている検索エンジンの画面の裏側でこのようなことがあっているのです。

検索エンジンの上位表示されることで、莫大なお金が左右されており、上位表示を巡って検索エンジンとスパム・ブログ等運営者との間で熾烈な戦いが行われていることがご理解いただけましたでしょうか?

参考までに、私がもっともSEOの本として参考にしているのを紹介しておきます。この本を、実務的には頼りにしています。


SEO 検索エンジン最適化を行うにあたって、巷間色んなやり方が言われていますが、その効果が実際どれほどあるのか検証と経験を交えて解説しています。また、SEO効果が強い無料ブログの紹介も大変参考になります。

最速SEO 

SEO対策に関する書籍・本等 楽天ブックス売れている順リスト
 「最速SEO
 たった28日で上位表示する驚速ビジネスサイト構築術」、「SEO成功の法則 確実に結果を出す実証 的SEOの新常識」、「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書 SEO(検索エンジン最適化)」等

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.04

アクセス数が少ないサイトをお持ちの方のために  SEOを知っていますか?

スポンサードリンク


昨年の暮れ、宗像市内のおせち料理を注文できる店をインターネットで探してみましたが、そもそもサイトを作っているお店が少なく、サイトがあっても検索エンジンに引っかからないのが現実でした。

飲食店のサイトを良く見てみると業者に注文して高いお金で作ってもらっても、アクセスが極端に少なく閑古鳥が鳴いているサイトのいかに多いことか。

そこで、サイトを持っていても、ほとんどアクセスのない方のために役立つ情報をお伝えしましょう。

ちょっと難しい言葉ですが、SEOと言うのを聞いた事があるでしょうか?

この語を知っている方は、余程のインターネット通であるかもしれません。

皆さんは、インターネットで調べ物をしたり、情報を得たいと思った時、検索エンジン、Yahoo やGoogle で検索されると思います。

その時、検索結果が画面に表示されると、上から順に読んでいき、良さそうなサイトがあればクリックして中身を見ますね。

肝心なことは、読んでもらえるサイトは、検索結果の上位にあることなのです。

通常、検索結果は、1ページあたり10サイト単位が多いので、せいぜい上位20位くらいには入っていないとほとんど読んでもらえないのが現実です。つまり、2ページくらいしか読まないのです。

このことから、検索結果の上位に入らないサイトは、インターネットでは存在していないのと同じと言われています。

つまり、宗像市のグルメ名スポットを探そうとした人には、「宗像 グルメ」と言う語で検索をかけて、検索結果の上位20位に入らないと、自分のお店のサイトを見てはもらえないと言うことです。

それでは、検索結果の上位に入るようなサイトはどのようなサイトなのでしょう。

直感的に考えると、アクセス数の多いサイト、人気のあるサイトではないかと思うのでしょうが、そうではないのです。

サイトのアクセス数を検索エンジンは把握していませんし、人気のデータはそもそもインターネットにはありません。

ここで、検索エンジンのメカニズムを紹介しましょう。

YahooにしろGoogleにしろ、クローラーと言う仕組みを使っています。クローラーとは、インターネットを徘徊するロボットで、インターネットにあるサイトを次々に回ってサイトのデータを取っています。

この収集した各サイトのデータを検索エンジンのデータベースに登録して、評価を行い、その評価に応じてランクを決めて、順位を表示しています。

つまり、検索エンジンの評価方法が分かれば、それに応じた対策をサイトに施せば、めでたく上位表示されるのですが、当然ながら、この評価方法の内容は検索エンジンの最高秘密です。

もし、あなたがこの評価方法を完全に知ることができれば、それだけで間違いなく億万長者になれます。

そこで、インターネットの世界では、この評価方法をいろんな人が研究し、こうなのではないかという説がでてきて、検索エンジン上位表示対策を行っています。

この、検索エンジンに自分のサイトを上位表示させるための方法をSEO、Search Engine Optimization、検索エンジン最適化と言います。

自分のサイトを検索エンジンに高評価してもらうため、サイトに様々な方策を施すことをSEOと言います。

もちろん、SEO対策をしなくても、サイトの内容が抜群に良ければ、検索エンジンで上位表示は可能です。

ただ、人並みのサイトであれば、逆にSEO対策をしなければ、上位表示は難しいと言うことです。それと、SEOの存在を多くの人が知るようになってきており、どんどんSEO対策をし始めている現状では、何もしなければ、それだけ順位が落ちていくことになります。

それでは、SEO対策を施すには、どうしたらよいかですが、それは次回にしましょう。


EO対策に関する書籍・本等 楽天ブックス売れている順リスト
最速SEO
 たった28日で上位表示する驚速ビジネスサイト構築術」、「SEO成功の法則 確実に結果を出す実証的SEOの新常識」、「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書 SEO(検索エンジン最適化)」等

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »