« アクセス数が少ないサイトをお持ちの方のために  SEOを知っていますか? | トップページ | 東京銀座・資生堂パーラーの辛口ビーフカレーを家庭で »

2010.07.11

SEO 検索エンジン最適化のお話(2)

スポンサードリンク


前回の記事では、SEO(検索エンジン最適化)とは、検索エンジンの結果に特定のサイトを上位表示させるための方策と説明しました。

ここでは、もう少しSEOの実態をお話しましょう。

そもそも検索エンジンの検索結果とは何かですが、検索エンジンは検索語を入力して検索してくる人に対して、その検索語に関して最も役に立つ、価値のあるサイトを上位表示させようとしています。

つまり、「宗像市 グルメ」と検索してきた人には、最も役に立ちそうな宗像市のグルメ情報が充実しているサイトを紹介しようとしているのです。

何を持って、役に立つ情報なのか、価値のある情報なのかは、個々人によって異なるので非常に難しいのですが、検索エンジンは、ある評価基準を持っていて、その検索語にたいするサイトのランク付けを行っています。

前回の記事からおさらいすると、インターネット上にある無数のサイト群に対して、検索エンジンは、ロボット、スパイダー、クローラー(全部同じもの)と呼ばれるプログラムで巡回し、サイトのデータを取り、そのデータを評価し、ランク付けしています。

たぶんそのランク、評価点数の高い順に上位表示させていると思われます。

その評価要素は、一説には200以上あると言われています。つまり、そのサイトがどれだけ古いのか、更新回数は頻繁なのか、文章量は多いのか少ないのか等です。

そう言う要素の中で、Googleが最も重要視しているのが、他のサイトからどれだけリンクを受けているかだそうです。つまり被リンク数またはバックリンク数です。

あるサイトが多くの他のサイトから、リンクされていれば、そのサイトが優れているのでリンクを受けているのであり、その数が多ければ多いほど良いサイトと判断すると言うものです。

この考え方は、Yahooでも、重要な考え方であると言われています。

極端な話ですが、内容が質・量とも最低のサイトでも、被リンクの数さえ集めれば、ある程度検索結果上位表示されると言うことになります。

しかし、他のサイトからリンクしてもらうと言っても容易なことではなく、見ず知らずの人にリンクしてくれとお願いしてもリンクしてくれるわけでもありません。

そこで、検索結果上位表示に狂奔している人たちは、どうするかというと自分でサイトを量産してその大量のサイトからリンクを自分の上位表示させたいサイトにリンクを貼ります。

つまり自作自演リンクと言うことです。

その数も半端ではありません。一人が、ブログを1000個~数千個所有しているのも珍しくありません。

自作の数千個のブログから、自分のメインサイトに数千個のリンクを貼り付けて上位表示をさせようと言う算段です。

「SEO」に関する初心者用の本を見ると、「初心者ですから、毎週20個づつ、1ヶ月で80~100個のブログ・サイトを作ることを目標としましょう。」なんて書いてるくらいです。

当然、これらの大量生産ブログ・サイトは、人に読んでもらおうという意図はなく、ひたすら上位表示をしたいサイトにリンクを送るだけですから、サイトの内容はどうでもいいのです。

ただ、文章量がないとリンクの力が弱いので、文書量だけはあるようにします。

で、次のサイトを見てください。これが、大量生産ブログの一例です。

「(FX)今日は何を? えびす ジーンズ 1月15日23時33分『新幹線時刻表』」

文書量はそこそこありますが、タイトル同様、内容は支離滅裂ですね。どうやら、自分のFX(投資)に関するサイトの上位表示を狙ったものと思われます。

これらのサイトは、人間が作ったものもありますが、大部分は、自動大量生産プログラムによって、機械的に作られます。

つまり、自動プログラムによって、人のサイトから勝手に文章を一部分切り取ってきて、それらを寄せ集めて一つのサイトを作っています。

この作業を自動でしますので、あっという間に数百、数千のブログ・サイトを作っているようです。

当然、この自動プログラムは無料ではなく、有料で販売されています。

こういうインチキなブログをスパム(迷惑)・ブログとも呼びますが、一説によるとインターネットの全ブログ数の40%を超えているのではないかと推測されています。

しかし、検索エンジン側もこういうやり方を把握していて、大量生産ブログ等によるリンク数が多いサイトについては、上位表示どころか検索エンジンのデータベースから削除する等のペナルティを課すよ
うになってきています。

いかがですか、毎日見ている検索エンジンの画面の裏側でこのようなことがあっているのです。

検索エンジンの上位表示されることで、莫大なお金が左右されており、上位表示を巡って検索エンジンとスパム・ブログ等運営者との間で熾烈な戦いが行われていることがご理解いただけましたでしょうか?

参考までに、私がもっともSEOの本として参考にしているのを紹介しておきます。この本を、実務的には頼りにしています。


SEO 検索エンジン最適化を行うにあたって、巷間色んなやり方が言われていますが、その効果が実際どれほどあるのか検証と経験を交えて解説しています。また、SEO効果が強い無料ブログの紹介も大変参考になります。

最速SEO 

SEO対策に関する書籍・本等 楽天ブックス売れている順リスト
 「最速SEO
 たった28日で上位表示する驚速ビジネスサイト構築術」、「SEO成功の法則 確実に結果を出す実証 的SEOの新常識」、「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書 SEO(検索エンジン最適化)」等

スポンサードリンク

|

« アクセス数が少ないサイトをお持ちの方のために  SEOを知っていますか? | トップページ | 東京銀座・資生堂パーラーの辛口ビーフカレーを家庭で »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/48848232

この記事へのトラックバック一覧です: SEO 検索エンジン最適化のお話(2):

« アクセス数が少ないサイトをお持ちの方のために  SEOを知っていますか? | トップページ | 東京銀座・資生堂パーラーの辛口ビーフカレーを家庭で »