« 博多湾でシーバス陸ッパリの成果は? | トップページ | 福津市の「福間海岸ハワイアンリゾート マハロ」 新しいハワイの風が »

2010.08.01

ホープボート社製 ドルフィン110Sの初進水とキス釣り 宗像市神湊勝浦浜

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


先々月に、初代タイガー号(ヤマハ 釣りっこ太郎)をタイガーⅡ号(ホープボート ドルフィン)に買い換えました。

買い換えた理由等については、6月26日の記事に書いていますが、簡単に言うと、タイガー号の船体の老朽化とその重量が手におえなくなった私たちの老朽化です。

釣りシーズンの真っ只中、1ヶ月以上も乗らずにいましたが、さすがにそろそろ海に出ようと言うことになり、進水を兼ねて7月下旬に釣りに行くことにしました。

メンバーは、いつものO君、N君と私の3人。

Imgp4656sm

メールのやり取りで、対象魚種はキス、釣り場は宗像市神湊西海岸勝浦浜沖。暑くならないうちに釣りを終えたいので夜明け過ぎに出船、帰港は午前中と決めました。

久しぶりの釣行なので、結構準備が大変でした。長い間、ボートを使わないでいて、いざ、ボートを使おうとすると、ポイントはガソリンの鮮度です。

車の場合は、頻繁に給油するのであまり考えずに済みますが、1年ぶりくらいにボートを出して、エンジンがトラブルのは、ガソリンが古すぎることがあります。

Imgp4657sm

古いガソリンでは、まず、エンジンが起動しにくくなります。やっと、起動しても回転がばらついたり、パワー不足が生じます。

これらの現象が、ガソリンの古さとは気づかずに、エンジン本体の不調と思うことも多いので気をつける必要があります。

今回使用するのは、ホンダの2馬力エンジンではなく、ヤマハの8馬力エンジンです。このエンジンは、2サイクルですので、ガソリンもオイルを混合させておく必要があります。

昔は、2サイクルエンジンも多く、また、分離給油も無かったため、ガソリンスタンドで混合ガソリンを販売していましたが、今は、そのようなガソリンも無く、携帯のガソリンタンクにレギュラーガソリンを買ってきて、自分で、エンジンオイルを計量して混ぜる必要があります。

Imgp4663sm

混合比は、50:1 ですので、10リットルのガソリンであれば、200ミリリットルのオイルを混ぜます。この作業が意外と面倒です。

新しいガソリンを購入し、オイルも混合して準備はできました。

ところが、O君が、都合で参加できなくなり、N君と2人で釣行することになりました。

釣行当日、4時半に私の自宅に集合し、ボートをカートップに載せこんで出発。

まずは、朝5時に開店するヨシダ釣具店で、青ケブと砂ゴカイ、キス釣りやひらめ釣りの仕掛を購入。その後、神湊近くのコンビニで飲み物を買って、現場到着。

早速、ボートを下ろしますが、やはり90Kg近かった初代タイガー号と比べてタイガーⅡ号は、50kgくらいですので、格段に下ろしやすさが違います。

エンジンをかけてみると、新しいガソリンのお陰で、しばらくすると起動しました。回転のばらつきもありませんでした。

海面上には、多少キス釣りの船が出ています。それよりも陸からのキス釣りの人たちが多く、50m沖くらいに並んでいます。

この時期の、キスは比較的岸よりにいますので、ボートが岸に近寄りにくくなりました。

岸からの投げ釣りの邪魔にならないように、と言うより、鉛の直撃を避けるため沖寄りでキスを釣り始めましたが、なかなか釣れません。当たりはあるのですが、針がかりしないのです。

場所を転々と変えましたが、サッパリ。終には、津屋崎の白石浜まで機動力を発揮して行きましたが、駄目。

5cmも満たない小鯛が数匹釣れましたが、肝心のキスは一匹もかかりません。

7月の中旬頃に、ボートでキスが1匹も釣れないとは想像もしていませんでした。玄海灘の海中はどうなってしまったのでしょうか。

あ、それとホープボート社のドルフィンの感想ですが、8馬力エンジンのフルスロットルで、非常に快調に波を滑っていきます。

当日は、ベタ凪でしたが、初代タイガー号に比べると非常に滑りが良いようです。振動も少なく、船底の形状が進化しているせいでしょう。

時化気味の海面では、どうか分かりませんが使いやすいボートです。




HONDEX ホンデックス オプションパーツ 万能パイプ BP03
上の魚探HE-51Cの振動子(センサー)を船べりに固定するパイプです。私は、以前は木で自作していましたが、タイガーⅡ号購入の際新調しました。ビデオでも映っています。早く買えばよかったと思うくらい便利です。

スポンサードリンク

|

« 博多湾でシーバス陸ッパリの成果は? | トップページ | 福津市の「福間海岸ハワイアンリゾート マハロ」 新しいハワイの風が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホープボート社製 ドルフィン110Sの初進水とキス釣り 宗像市神湊勝浦浜:

« 博多湾でシーバス陸ッパリの成果は? | トップページ | 福津市の「福間海岸ハワイアンリゾート マハロ」 新しいハワイの風が »