« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011.08.31

ハウステンボスカップヨットレース2011に参加しました。

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


長崎県の佐世保にあるテーマパーク、ハウステンボスで行われたヨットレースに行ってきました。

注意:ビデオを再生すると音が出ます。


このハウステンボスカップレースも18回目ですので、もう18年にもなります。

Dsc_2020sm

初期のころから、ほぼ毎年私たちは参加していて、昨年の17回大会だけはメンバーの都合がつかず、不参加となりました。

今年は、昨年の不参加もあったからか、メンバー5人が全員参加することになり、京都から参加のお二人をはじめとして、ゲストは6人も集まり、合計11人が乗船することに。

Sm

前日の土曜日午後から、三々五々と集まり、Mさんが代表して17時からの艇長会議に出席しました。

その後、ハウステンボス近くの小串郷駅から少し離れた漁港の民宿「磯の家」で、豪華な夕食を取りました。

Dsc_2045sm

夕食後は、ハウステンボスに戻り、午後20時くらいからの花火大会を楽しんでから、就寝。

翌28日の朝に、宿を発って、ハウステンボスに直行し、レースの準備。

以前のハウステンボスカップレースはロングとショートの2レースありました。ロングでは、比較的真剣にレースに取り組むヨットが参加し、ショートにはこれまたお気楽モードの艇が参加していたように思います。

Dsc_2047sm

ところが、今年のレースは、ロングのみ。

そのせいか、例年、100艇以上は参加していたのですが、今年は80艇程度と減少しました。

ある意味、一種のお祭りとして気軽にショートレースに参加していた方々が、ロングでは距離も長いし、強豪ぞろいのレースに参加しても上位入賞の確率もほとんどないということで敬遠したのかもしれません、。

Dsc_2050sm

どれほど、このハウステンボスカップレースが、ハウステンボスの経営にプラスになっているのかどうかわかりませんが、ヨットレースというイベントをうまく利用してレース参加者にも喜ばれ、また、ハウステンボスにもプラスになるような運営が望ましいと思います。

そうは言っても簡単なことではないでしょうが。

Dsc_2053sm

9時半のスタート時刻に間に合うように出港し、レーススタートの海面に到着しましたが、風がまったくありません。

例年、風がないことばかりのハウステンボスのスタートなので、驚きませんが、今年も例外ではありませんでした。

9時半に、フライング艇もなく、順調にスタートしました。

Dsc_2057sm

まず、第1マークに向かいました。

第1マークを回航して、第2マークを回って、ハウステンボス近くでゴールとなるのですが、この第一マークが遠いこと、遠いこと。

風がほとんどないので、ゆっくりゆっくり進んでいくのですが、潮が逆に流れており、水面を見ると進んでいるのですが、地形から見ると逆進している始末。

いつまでたっても、第1マークが近まりません。例年ですと、このあたりで風が吹き始めるのですが、今年はその兆候もほとんどありませんでした。

2時30分まで二ゴールしないとゴールと認められないルールですが、絶対にゴールできないと判断して正午過ぎにリタイアしました。

その後、エンジンを回してハウステンボスに戻りましたが、ハウステンボス付近では、皮肉にも結構風が吹き始めました。

ハウステンボス付近では、遊覧のワンピース号の出迎えを受けながら、途中、給油して桟橋に戻りました。

このまま、ヨットはハウステンボスに係留したままとし、帰路につきました。

来週は、ヨットをハウステンボスから福岡・小戸ヨットハーバーに回航することになります。

なお、花火の次のユニークな写真は、メンバーのHさんの一眼レフカメラの魚眼レンズで撮影したものです。


ハウステンボスを代表するホテルヨーロッパです。
実際にオランダにある豪華ホテルと同じ建て方をしています。迎賓館にはあのマイケル・ジャクソンも宿泊しました。
ハウステンボスでは、一度は泊まってみたいホテルでしょう。
ホテルヨーロッパ (長崎県)


ハウステンボスの運河の畔に建つ大きくて豪華なホテルです。
かけ流しの温泉も好評です。
また、ハウステンボスの入り口ゲートにも近く、ホテル専用クルーザーでの入園もできます。
ハウステンボスジェイアール全日空ホテル (長崎県)


スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.20

Googleのことについてもっと知りましょう。

最近、検索エンジン大手のGoogleが、125億ドルでモバイルハンドセットメーカーのモトローラ社を買収したとのニュースがありました。

今日は、ちょっとこのGoogleについてお話しましょう。

皆さんは、Googleと言えば、パソコンで何かを調べたり探したりする時ぐらいしか使わないし、いや、そんな時はYahooを使っているよと言う人が多いと思います。

しかし、Google社は本当は凄いを通り越して物凄い会社なのです。

例えば、youtube社を16億5000万ドル(約1960億円)で買収したことはよく知られていますが、その他にも画像共有サイトのPanoramio、RSSサービスのFeedBurner社、モバイルサービス企業のJaiku、Technologiesを約1億650万ドルで買収、OCR技術を保有するreCAPTCHA社、モバイル広告企業のAdMobを7億5千万ドルで買収、無料IP電話ソフトで知られるGizmo5社、ディスプレイ広告等で知られる米Teracent、共同編集エディタEtherPadを開発しているAppJet社、ダブルクリック|株式会社のDART事業、ソーシャル検索サービス企業のAardvarkを5000万ドルで買収まだまだたくさんあるのですがキリがないのでやめます。

これらの企業を買収するには、巨額のお金がいるのですが、そもそもGoogle社はどこでどんな風にして収益を上げているのかご存知ですか?

私たちは、Googleのサービス、検索エンジン(パソコンで検索するときの画面)、Googleの地図、あのGoogleEarth、メールサービスのGmail、動画共有サイトのyoutubeこれら主なサービスを利用しても無料ですね。

これらのサービスを維持するだけでも、設備・人件費等が巨額になり、その上、企業買収を積極的に行っているのですから不思議です。

そもそもGoogleは、「人類が使うすべての情報を集めて整理する」という壮大な目的を持って設立されたのです。

1996年に、スタンフォード大学在学中の在籍していたラリー・ペイジ氏とセルゲイ・ブリン氏によって開発された検索エンジン(検索するシステム)が原点です。

彼らは、友人のアパートで仕事を始めました。この辺は、マイクロソフトのビル・ゲイツやアップルのスティーブン・ジョブたちと共通していますね。

彼らの検索エンジンは非常に優秀だったので、またたくまに検索エンジンのシェアを拡大したのです。

Googleを使用する人が膨大な数に上りました。このことが、Googleの収益の源です。

具体的にいうと、Googleは検索エンジン上の広告収入が収益の大部分なのです。

例えば、Googleで検索すると最初の検索入力画面は大変シンプルでどこにも広告はないのですが、検索結果の画面をよく見ると、画面の最上部と下部、右側に小さく「広告」と書かれたスペースがあり、リンクがあります。

当然、求める検索結果は、中央部にあります。この部分は純粋にGoogleが評価した検索順位です。

しかし、広告のエリアは、スポンサーがGoogleにお金を払っています。そのお金も入札制ですから、たくさんお金を払えばそれだけ広告に有利な位置、上の方に置いてくれます。

もう少し具体的にいうと、ダイエットと検索して表示される広告と束子(たわし)を検索して表示される広告は掲載する料金が雲泥の差になります。

ダイエットで検索する人は、ダイエット商品を買う気満々の人も多いし、大きなビジネスにつながります。

一方、束子を検索する人は、買う気はあっても単価は低いし、あまりビジネスにはつながりませんね。

このようにインターネット広告は、Googleの屋台骨です。このシステムは、ちょうど民間テレビがCMを番組の途中に入れているので、視聴者は無料で楽しめる構造と似ています。

パソコンの小さな画面にひっそりと入っているGoogleの広告ですが、その収益は莫大な額になり、無料サービスや企業買収の源となっているのです。

無料サービスといいますが、これらによって膨大なアクセス数をGoogleは集めていて、それがまた収益となっているのです。

スポンサードリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.11

阪急と英国の老舗百貨店ハロッズの共通点は?

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


博多阪急が、3月にオープンして大盛況でしたが、やっとデパ地下にも落ち着きが出てきたようです。

さて、前々から気にはなっていたのですが、博多阪急のロゴに例の英語のロゴをあまり見かけませんね。

博多駅の外壁にも「阪急」と大きく看板が出ていますが、英語のロゴの看板はありません。

ところが、この英語のロゴですが、イギリス・ロンドンの超有名デパートのハロッズのロゴとそっくりなのです。

これが、阪急とハロッズのロゴです。よく似ているのがお分かりと思います。

Hankyuharrods_2

ハロッズは、ロンドンのハイドパークの南、ナイツブリッジにあります。高級百貨店として有名です。

残念なことに今はイギリス資本ではなく、エジプト出身の富豪・モハメド・アルファイドが、買収してしまいました。

ダイアナ妃が交通事故で亡くなった時、同乗していたのがモハメド氏の息子ドディ・アルファイド氏でした。

余談ですが、このドディ氏、映画の「炎のランナー」のプロデューサーでもありました。

さて、このハロッズは、日本で言えば三越のようなもので、格式と伝統があります。

英国王室御用達で、例えば、エリザベス女王からは、食料品と生活用品が御用達です。その他英王室メンバーもそれぞれ御用達の指定をしています。

また、クリスマス限定店舗や地下の食料品売り場は、そのディスプレイの仕方や美しさで知られており、私もロンドンに行った時は、必ずハロッズの食料品売り場は行くことにしています。

Harrodsfoodsm_2

さて、一昔前、Mr.Bean と言う英国のコメディがありましたが、ビーン氏がクリスマスプレゼントをロンドンのデパートに買いに行くというシーンがあります。

この舞台となったのが、ナイツブリッジのハロッズです。ビーン氏がキリストの生誕のフィギュアでふざけるのが見所の場面です

話がそれましたが、ハロッズと阪急のロゴが酷似している件ですが、いろいろ調べてみましたが、業務提携などをしているわけではなく、単なるパクリのようです。

三越デパートは、創業者がハロッズをモデルとして開業したという経緯から今でもかなり関係があり、紅茶などの食料品を中心にハロッズの商品を取り扱っています。

しかし、阪急とはそのような関係はなく、ロゴも模倣したらしいのです。

日本を代表する大百貨店の話としては何とも不思議な話ですね。



イギリスの抱腹絶倒のコメディ「Mr.ビーン」の短編を集めたDVDです。英国独特のブラックユーモアもあり、世界共通の御笑いで楽しめますよ。
MR.ビーン Vol 1~3 DVD




スポンサードリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.08.04

糸島カレーフェスティバル2011が8月21日に開催予定です。

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


7月30日の朝、地元ローカルのKBCテレビの「きままにLB」を見ていたら、8月21日に開催予定の第6回糸島カレーフェスティバル2011の情報がありました。

7月30日の「きままにLB」では、カレーフェスティバルに参加する「スラージ」、「Rei Flange」そして「KINGYO(きんぎょ)」のカレーが紹介されていました。

スラージは、天神の水鏡天満宮横の路地にあり、博多駅の「くうてん」にも出店しているので知っていましたが、あとの2店は私も知りませんでした。

そもそも過去5回も行われてきた糸島カレーフェスティバルの事も初耳でした。

主催者は、糸島カレーフェスティバル実行委員会です。どういう団体なのかネットで調べてみましたが、いまいち情報がありません。

おそらく出店するカレー屋さんのどなたかとも思いますが・・・。

Photo_2

開催場所は、芥屋海水浴場の海の家「磯の屋」です。入場料が大人2800円、小学生1500円です。ちょっと高めですが、これだけ払えば出店22店のカレーが食べ放題になると思われます。

要注意なのは、ゴミ削減のため、食器(お皿、スプーン、コップその他)は持ち込みで自分で用意しなければなりません。

また、ゴミは持って帰らなければなりませんし、カレーやご飯は売りきれもあり得るそうです。

2800円で元が取れるかどうかは、分かりませんが、いろんな店のカレーを少しづつ食べる楽しみはありそうです。

ただ、福岡のカレー店の有名どころはあまり出店していなくて、私も知らないお店が多いようです。

同カレーフェスティバルのポスターを良く見ていたら、何と! 第1回篠栗カレーフェスティバルが10月2日に開催決定だそうです。

以下が、糸島カレーフェスティバルに出店するカレー屋さんです。

〇RUSTIC BARN(ラスティックバーン)
糸島市志摩大字桜井5618

〇海 猫 軒(うみねこけん)
糸島市志摩大字芥屋914-2

〇Mile Post Dining
糸島市志摩野北夕陽ヶ丘公園

〇ROASTER'S CAFE MANO+MANO
福岡市中央区天神5-6-13 カトレア天神ビル1F

〇芫(げん)
福岡市中央区清川1-2-22

〇P o a
福岡市中央区平尾1-12-28

○スラージ
福岡市中央区天神1丁目15-3(水天満宮横丁)

○KINGYO(きんぎょ)
福岡市中央区高砂1-14-14-1F

○おむすび・かふぇたろう
福岡市中央区平尾1-9-9藤崎ビル1F

○うまか処たつみ屋
福岡市博多区美野島2丁目15-16古屋アパート1階

○御 縁 屋
福岡市中央区天神3丁目5-12今泉第2ビル1F

○カレー屋キレン舎
福岡市東区香住ケ丘2-5-13

○喫茶 陶花
糟屋郡篠栗町大字金出3280

○海の家 磯の屋
糸島市志摩芥屋海水浴場

以下の5店は初出店です。

○ROJY(ロジィ)
福岡市早良区城西2丁目11-28

○cafe de h(カフェドアッシュ)
福岡市中央区今泉1-18-50

OGASAWARA
福岡市中央区薬院 2-16-1 ロマネスク薬院第3 1F

○食堂クーネル(大名のワイン洋食店)
福岡市中央区大名1丁目9-24 マザーハウス1F

○福岡ヤギカフェ【レムリアフード ユグドラシルcafe】 
筑紫郡那珂川町山田152-32


昭和の博多を代表するナイルカレーです。 正直、あのナイルカレーと全く同じ味ではないのですが、面影はあると思います。
博多ナイルカレー

スポンサードリンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »