« 楽天うまいもの大会 in 博多阪急 (2) 洋・和スイーツ | トップページ | 世界にはこんな珍しいバスが! とトルコのバスの珍事件 »

2012.03.24

博多阪急であのつけ麺の六厘舎が東京に行かなくても食べられる  

スポンサードリンク

   



このエントリーをはてなブックマークに追加


博多駅の博多阪急で開催されている楽天うまいもの大会が開催されています。

九州初上陸の催しで、楽天市場で人気のグルメやスイーツ店など約50店舗が博多駅の博多阪急にやってきます。

この催しは、すでに東京、大坂で行われており、3番目の開催ですが、九州初になります。

当ブログでも、この楽天うまいもの大会の個人的な大注目の店は、「六厘舎 TOKYO」のつけ麺がイートインで実際に食べられるであると紹介しました。

この店は、楽天市場でも2年連続ラーメン部門グルメ大賞を受賞しています。

また、この店はラーメン、つけ麺業界でも超人気店でもあります。

店主の三田達生氏は、あのつけ麺・ラーメンで名を馳せた東池袋大勝軒の山岸氏のもとで修業しました。

2006年に品川区大崎で六厘舎本店を開業しましたが、その特徴的な「超濃厚スープ」が人気となり、雑誌やテレビのマスコミでも紹介っされたところ、行列が常態化し基本的に2時間待ちとなり、この結果、近所迷惑となると言って、2010年8月に閉店しました。

ただ、本店以外にも六厘舎の名前で展開が行われており、「六厘舎TOKYO」は、東京駅の東京ラーメンストリートに2009年に開店したものです。

で、博多阪急8階のイートンイン会場の「六厘舎TOKYO」にでかけてきました。

平日の11時10分頃到着しましたが、行列は5人程度。

しばらくして入場できました。

普通のつけ麺が900円、煮玉子付きは1000円で私は煮玉子付きを注文しました。

少し待たされましたが、つけ麺登場。

ビデオは音が出ますので注意してください。

昔、池袋の大勝軒で大行列に並んで山岸大将のつけ麺を食べたことがありますが、あれによく似た感じだと思います。

太い麺に別丼のスープです。

スープだけ一味食べてみると、かなり魚の味がします。豚骨系や醬油系とは全く別物の超濃厚スープです。

Img_0188sm_2 Img_0189sm_2

高級食材は使っていなくて、13時間かけて色々な食材を煮込んだスープで、魚粉も大量に使用されているそうです。

スープの中には、大きな豚肉と思われる肉の塊がゴロゴロしています。

また、麺も太くて弾力があります。何でも、浅草開化楼に特製麺を発注しているんだそうです。

Img_0190sm Img_0187sm

こればかりは食べてみないと分からない別次元のつけ麺だと思います。

量もかなり多く、満腹となります。

壁には、麺を食べ終えた後は、スープ割を従業員に申しつけてくださいとありましたが、私は時間がなくて、スープ割は食べませんでした。

Img_0186sm

東京までに行かないと食べられないし、東京でも相当並ばないとありつけない超人気つけ麺は、このチャンスを逃すと福岡では当分食べられません。

ラーメン・つけ麺好きな方はいかがでしょうか。

ただし、平日の11時50分ごろに食べ終えた時は、行列は20人から30人くらいになっていたので、食事時は避けるか、それなりの覚悟をした方がよいでしょう。

記事で書いている六厘舎のつけ麺が自宅で楽しめます。
期間限定なので、いつもあるとは限りません。
今回は3月月末まで申し込めます。
六厘舎TOKYOのつけ麺


スポンサードリンク

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 楽天うまいもの大会 in 博多阪急 (2) 洋・和スイーツ | トップページ | 世界にはこんな珍しいバスが! とトルコのバスの珍事件 »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

02-2 博多駅」カテゴリの記事

02-3 博多阪急」カテゴリの記事

03 グルメ・東京、大阪、福岡県外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/54292200

この記事へのトラックバック一覧です: 博多阪急であのつけ麺の六厘舎が東京に行かなくても食べられる  :

« 楽天うまいもの大会 in 博多阪急 (2) 洋・和スイーツ | トップページ | 世界にはこんな珍しいバスが! とトルコのバスの珍事件 »