« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012.06.28

福岡市の中華 博多駅前のホテル日航福岡の「鴻臚」でお得な平日ランチ

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


6月下旬のある日の朝、家でパソコンを打っていたらヨット仲間のSさんから電話。同じヨット仲間のHさんと一緒に博多駅前のホテル日航福岡で今から昼ごはんはどうかとのお誘い。

久しぶりにヨット仲間で楽しい昼食も悪くないと思い、即決で参加表明に。

約束通りに、11時40分頃にホテル日航のロビーで待ち合わせました。

Imgp7839sm

Sさんのお目当ては、同ホテルの2階にある中国料理「鴻臚」の平日限定のランチ。

ちなみに「鴻臚」(こうろ)とは、平安時代に設置された外交および海外交易の施設である「鴻臚館」から取ったもので、筑紫の鴻臚館は現在の福岡市中央区城内にあったものです。遺構が見つかっている唯一の鴻臚館です。

鴻臚の平日限定ランチには、「紅玉」、「碧玉」があります。

私たち3人が選んだのは、「碧玉」の方です。

「碧玉」は、 4種類の料理からお好みで二品選んで頂けるメインのおかずに点心、デザートがついた平日だけの特別コースです。

Imgp7836sm

選べる料理内容は週によって変わる、飽きのこない彩り満点のランチです。

2012年6月11日~2013年3月31日
ランチ営業時間 11:30~14:30

~メニュー~
◇【選べるお料理2品】

Imgp7832sm

◇本日のスープ
◇鴻臚特製焼き餃子
◇点心
◇白飯
◇杏仁豆腐

◇選べるお料理内容

Imgp7835sm

《第1週、第3週》
・唐津産若鶏の唐揚げ 葱生姜ソース
・水イカのボイル フィッシュソース 旬野菜添え
・国産牛のオイスターソース炒め
・本場四川風麻婆豆腐

 

Imgp7827sm

《第2週、第4週》
・カニ玉
・小海老のチリソース煮込み
・九州産若鶏と旬野菜のあっさり炒め
・酢豚

Imgp7828sm

これで、1人  2,000円でしかもホテルでは異例の税金とサービス料を含んでいますので、狂喜乱舞号泣したくなるような価格設定です。

味は、一流ホテル内の中華レストランですから、お墨付きです。

それと、私は玉ネギが嫌いなので、酢豚を避けて、カニ玉にしましたが、ビデオでご覧のとおり酢豚にはほとんど玉ネギが入っていなくて後悔しました。

Imgp7833sm_2

また、「紅玉」の内容は次のとおりです。料金は同じく 2,000円です。

2012年6月11日~2013年3月31日
ランチ営業時間 11:30~14:30

Imgp7842sm

《Aコース》
◇選べる麺1品(下記9種類からお選びいただけます)
・四川風坦々麺・白葱とチャーシュー入りあっさり汁そば
・四川風辛味そば・上海風まぜ焼きそば
・五目汁そば・五目焼きそば・海鮮汁そば
・海鮮焼きそば・五目冷麺
◇チャーハン
◇鴻臚特製焼き餃子
◇杏仁豆腐

《Bコース》
◇選べる飯1品(下記8種類からお選び頂けます)
・香港風特製中華丼・旬野菜入り海鮮丼
・海鮮入りふわふわ玉子丼・四川風麻婆茄子丼
・五目あんかけチャーハン・海鮮とレタス入りチャーハン
・国産牛とレタス入りチャーハン
・梅と青紫蘇の和風仕立てあっさりチャーハン
◇本日のスープ
◇鴻臚特製焼き餃子
◇杏仁豆腐

◯ ホテル日航福岡 中国料理「鴻臚」

福岡市博多区博多駅前2丁目18番25号 ホテル2階
TEL.092-482-1111

JR博多シティ(博多駅)から徒歩3分!旅の時間が活きるロケーション。福岡・博多を楽しむ、人気急上昇中「エンジョイ博多」に夏バージョン登場☆九州ならではのグルメプランや、ファミリープランも好評♪
ホテル日航福岡 楽天トラベル

ホテル日航福岡 (福岡県)

スポンサードリンク

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.21

福岡市のピザ ピッツエリア・ダ・チールッツオ  本場ナポリの巨匠が認める世界レベルのピッツア店

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日のRKBテレビ「今日感テレビ」で面白いレポートがありました。

福岡市西区の今宿駅前にある「ピッツエリア・ダ・チールッツオ」(Pizzeria da Ciruzzo)です。

2年前にオープンした本格ナポリピッツア・レストランです。

そして今年、ナポリピッツアのオリンピック、ナポリピッツア協会の認定試験に挑戦し、数々の難関を突破し、最後の本審査を迎えることとなったそうです。

ちなみにこの認定試験は、毎年世界で30店舗のみが選ばれるそうです。

堀坂シェフが、この試験に挑戦した理由は、本格的ではなくて真のナポリピッツアを提供したいと考えたからそうです。

堀坂シェフは、ナポリや関西の名店で修行した後、独立しましたが、イタリアでは、ナポリ沖のイスキア島の名店「ピッツエリア ダ・ガエターノ」で修行しました。

ここで、ピンときた方は、ピッツエリア好きでしょう。

そうです、中央区薬院にある「ピッツエリア ダ ガエターノ」です。

ここのオーナーシェフのTOMMYさんも、イスキア島のガエターノで修行し、マエストロ・ガエターノ氏の弟子です。

奇しくも、ガエターノの店出身の料理人二人が福岡で店を開いているのです。

さて、先日、「真のナポリピッツア協会」のファッツイオ・ガエターノ技術主任が、今宿の店にやってきて本審査を行いました。

このガエターノ氏が、ナポリピッツアの巨匠と言われているガエターノ氏で、堀坂シェフの親方です。

「真のナポリピッツア協会」と奇妙なな名称ですが。御多分にもれず、別に「「ナポリピッツァ職人協会」という団体が別にあります。

ガエターノ氏によると本審査では、「ナポリ式ピッツアの伝統的製法が正しく守られているかを審査するとのこと。

真のナポリピッツア協会が定める条件とは、次のとおりです。

1 生地に使用する材料は小麦粉、酵母、塩、水の4つのみ。

2 生地は手だけを使って延ばす。

3 窯の床面にて直焼きする。

4 窯の燃料は薪もしくは木くずとする。

5 仕上がりはふっくらとして「額縁」がある。

6 上にのせる材料にもこだわること。

本審査では、まず材料、道具などをチェックしました。

次に、実際に焼いたピッツアで審査がありました。

ナポリの伝統的ピッツアである「マリナーラ」、「マルゲリータ」、「DOC」の3枚が課題メニューです。

ガエターノ氏の審査では、焼き加減に難色が示されましたが、再度チャレンジが許された結果、見事合格されました。

本場のナポリピザを食べてみたい方は、一度訪問されてはいかがでしょうか。

また、、YouTubeにガエターノ氏がナポリのお店でピッツアを作る動画があります。この動画の中で日本人スタッフらしき方が写っていますが、堀坂シェフかどうかは確認できません。

なお、ヨット仲間のCapt.Senohさんのサイトに訪問記がありますのでご覧ください。

http://www.koharu-home.jp/editor/year2010/gourumet/winter2000/newpage1.html 「美味イタリアン処! ピッツエリア・ダ・チールッツオ」

イタリアのガエターノ氏の公式サイトは次の通りです。

http://www.pizzadagaetano.it/「Da Gaetano」

◯ ピッツエリア・ダ・チールッツオ

福岡市西区今宿駅前1-9-8 1F
TEL   092-805-1770
営業時間:11:30〜14:30 18:00〜22:00
定休日:不定

スポンサードリンク

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012.06.18

博多阪急 スープストックトーキョーのオマール海老のビスクを食べてみました。 

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、博多阪急のデパ地下にオープンした「家で食べるスープストックトーキョー博多阪急店」の記事を紹介しましたが、早速スープを買って来ました。

買ってきたのは、「オマール海老のビスク」。

スープストックトーキョーのスープの中で一番人気を誇っている商品です。

オマールは、フランス語の 「Homard」 と言い、英語ではロブスター 「Lobster」です。

なお、広い意味のロブスターは、伊勢海老も含んでいるようですが、オマールは一般的には大きなハサミを持っているものを指すようです。

ちなみに「オマール」と言う意味は、「ハンマー」のことで、ハサミがハンマーのように見えることに由来しています。

オマールの原産国は、主にカナダです。、ヨーロッパでも獲れますが、ほとんど日本には入って来ません。ブルターニュ産のオマールは、パリでもそれなりのレストランでしか出て来ません。

スープストックトーキョーのオマールもカナダ産です。

Imgp7732sm

特に有名なのが、大西洋岸で、赤毛のアンで有名なプリンス・エドワード島州、ノバ・スコシア州、ニュー・ブランズウイック州、ニューファンドランド&ラブラドール州の4州です。

オマール海老のビスクの「ビスク」とは、フランス語で「Bisque」と書き、滑らかでクリーミーなフランスのスープのことを言います。

オマールや蟹、海老などを裏漉しした物をベースとして作られます。

ビスクは、フランス語のスペルでお分かりのように、フランスの西部にあるビスケー湾に由来するものと考えられます。

元来ビスクは、市場に出せないオマール類を利用する目的で作られていたようですが、殻もペースト状にすり潰され、スープの濃度を高めるために用いられています。

日本料理でも中華料理でも、エビ類の殻は、味のコクを出すために用いられますが、それと同様の手法です。

で、肝心のスープストックトーキョーのオマール海老のビスクですが、私は500gの大袋を買いました。一人用の180gも販売されています。

Imgp7742sm

カチンカチンに冷凍されていますので、家でも冷凍庫で保存します。

食べる時には、湯煎で5分ほど温めるだけですので、とても簡単です。

味は、濃厚なオマール海老の風味がとても良い物で、さすがに人気ナンバーワンのスープだけのことはあります。

甲殻類のアレルギーがなければ、おすすめの逸品です。

これだけでも十分に美味しいのですが、ちょっと自分流にアレンジすれば面白いと思います。

スープストックトーキョーでも、好みで胡椒をトッピングすることをすすめています。

博多阪急の売り場では、試食することもできますので、それから選んだ方が良いと思います。

 

スープストックトーキョーの一番人気のオマール海老のビスクです。オマール海老の濃厚な旨みと、トマト、香味野菜が入っており、ミルクでまろやかに仕上げられています。

スープストックトーキョー オマール海老のビスク 500g

スープストックトーキョー オマール海老のビスク 180g

スポンサードリンク

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.17

東芝レグザサーバーDBR-M190/M180 タイムシフトマシン・全録画ブルーレイレコーダーを購入しました。

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


新しくハードディスク・ブルーレイレコーダーを購入しました。
それが、東芝・レグザサーバーDBR-M190です。

下の写真の、パイオニアのアンプに乗っているのがブルーレイレコーダーです。

Imgp7736sm_2

実は、ブルーレイレコーダーはすでにSONY社のBDZ-RX55(500ギガ)を持っています。茶の間に設置していて、このブログを書いているパソコン部屋でも茶の間でもホームネットワークで見られるようにしています。

じゃ、何でもう一台ブルーレイレコーダーが必要なのかという疑問が当然湧いてくると思います。

答えは、ズバリ情報収集のためです。何に使う情報収集かと言えば、ブログやサイト運営のための情報集です。

ブログ等で記事を書いていくためには、ネタが必要です。ネタには、新鮮さと人の役に立つもの、面白いものが欠かせません。。

そのためには、日頃から新聞、雑誌、ネット等から情報を得ていますが、何と言っても新鮮で面白く、かつ多くの人の目に触れているのがテレビの情報なのです。

じゃ、すでに持っているSONYのBDZ-RX55でいいじゃないかと言う意見も当然あるでしょう。

しかし、BDZ-RX55にはなくて東芝・レグザサーバーDBR-M190にある機能の決定的なものが、タイムシフト機能、つまり全録画機能なのです。

タイムシフトマシンであるDBR-M190には、地デジ6チャンネルを24時間まるまる15日間録画してくれ、下の写真にある、「過去番組表」からいつでも呼び出せることができます。

Imgp7740sm

つまり、事前に録画をセットする必要がないし、人からあの番組が良いよと聞いて録画セットしていなくて、後で悔しい思いもしなくてすみます。

このことはある意味、日々の生活のリズムやライフスタイルまでも変えると言っても言い過ぎではありません。テレビの見方が変わりますよ。

地デジ6チャンネル、まるまる24時間15日の録画をするために、ハードディスクの容量が4TB、そしてその他にBSや地デジの高画質録画のために1TB、合計5TBもあります。

私は、実際に地デジ6チャンネル、まるまる24時間15日で使用していますが、深夜番組を除くなどの設定もできますし、例えば1日8時間録画やチャンネル数を減らしたりする設定をすれば、その分、高画質で録画できます。

地デジ6チャンネル、まるまる24時間15日モードで録画した画面は、ブロックノイズものりやすく、映画・スポーツ鑑賞やオーディオ的にも苦しいものがあります。

しかし、動きの少ない場面では、結構見られる画質を実現しており、グルメ番組などの情報収集には全く問題ありません。

「過去番組表」をチェックしていると、思いもかけない番組を発見したりしますのでこの効用も相当大きいと思います。

なお、この全録画機能は、テレビマニアにはお馴染みのあの東芝の高級テレビ「セルレグザ」に搭載されていた「レグザエンジンCEVO」の恩恵です。

詳しいことは、このスペースで説明は不可能ですので、興味のある方はネットで検索してください。

現在の価格が、通常のブルーレイレコーダー2台分の東芝・レグザサーバーDBR-M190ですが、廉価版のM180もあります。

当然、ホームネットワーク機能やタブレットにダビングして番組を外に持ち出せる機能などもありますので、ブルーレイレコーダを購入する計画がある方は、検討する一台とされてもいいのではないでしょうか。

タイムシフトマシン機能、地デジ6チャンネルまるまる24時間で15日も録画できるブルーレイレコーダーです。
東芝・レグザサーバーDBR-M190


スポンサードリンク

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.03

築地藪そば、博多阪急の「江戸・東京の味と技」で食べてきました。

スポンサードリンク

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


前回の記事で博多阪急の8階で「「江戸・東京の味と技」が開催中と紹介しました。

東京のグルメな老舗が勢揃いですが、会場で実際に食べることが出来るイートインスペースのある出店が、「築地藪そば」、「つきじ喜代村すしざんまい 」の二つです。

この内、「築地藪そば」を食べる機会がありました。

Img_0249sm Img_0247sm

江戸・東京の蕎麦屋の老舗としては、主に「更科」、「砂場」そして「藪」と三系列あると言われています。ただし、「砂場」は、大阪を起源としていますが、いわゆる「江戸三大蕎麦」は、この三つでしょう。

「藪」の起源ですが、江戸後期から明治にかけて、うまいそば屋として盛名を馳せた駒込・団子坂に「蔦屋」という店がありました。この店には周辺に大きな竹藪があったので、いつしか、「藪そば」と呼ばれるようになったという説があります。

しかし、それ以前の1700年代にも「藪蕎麦」という店が存在していたようで、実は、「藪」の始まりは諸説あり定まっていないようです。

Img_0248sm Img_0245sm

いずれにしろ、現在では「かんだやぶそば」、「並木藪蕎麦」そして「池之端藪蕎麦」が「藪蕎麦御三家」と言われています。

さて、「築地藪そば」は、「かんだやぶそば」の系列のようです。

上野藪そばが総本店の当店は横浜本牧で30余年営業していましたが、築地に出店してきました。

上野藪そばは、明治25年創業ですが、「かんだやぶそば」からの、のれん分け第1号の店です。

つまり「藪蕎麦御三家」の孫弟子のような蕎麦屋さんでしょう。

「築地藪そば」の蕎麦は、北海道産石臼挽そば粉を使用したそばと、伝統のかえしからとった辛めの汁が特徴だそうです。

ただ、博多阪急のイートインスペースでのお蕎麦は、たしかにつけ汁は、辛めの江戸風でしたが、蕎麦も汁も凡庸であると思いました。

博多の甘めのつけ汁も、閉口することがありますが、蕎麦自体は博多でももっとうまいところはあると思いました。

スポンサードリンク

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »