« マルヒチ商店 宗像の超こだわりのお肉屋さん 肉マニアにおすすめ | トップページ | DIYでフローリング フローリング材にチークの無垢材を選定しました »

2012.10.05

DIYでフローリング 板を張る前の下準備

スポンサードリンク


DIYでフローリング。

今回は、下準備です。

下準備とは、フローリングの板を床に張り込む前の作業です。

家具を取り除いたりするのもした準備と言えばした準備ですが、普通は畳を外したり、カーペットを剥がしたりします。

私の場合、カーペットが敷き詰められていましたので、まずカーペットを取り除きます。

カーペットは、毛足の長いタイプのもので、長年使い込んできたので、人がよく歩いた部分は毛足も押し付けられてペッタンコになっていました。

隅から剥がしていきます。

カーペットの下はフェルトが敷いていて、フェルトとカーペットは両面テープで貼り合わせられていました。

フローリングとカーペット

道具もいらず、手で引っ張れば外れてくれます。

ただ、一枚張りでしたので、途中で、カッターナイフを用いて切断しながら剥がして行きました。

カーペットを全部剥がすと、次はフェルトです。

フローリングとフェルト

見た感じでは、フェルトの上に直接、フローリングの板を置いてもよさそうですが、ネット等で調べると、フェルトも剥がすようにと書いてありましたので、そのとおりにしました。

フエルトは、接着剤で「捨て張り」というのでしょうか、ベニヤ板の下地板を貼り付けられていました。

ただ、これも手で引っ張ると、ベリベリと簡単に剥がれました。

フローリングの下地

カーペットもフェルトも外すと、次は、床と壁の境目にある幅木を外すことになります。

Imgp8396sm

これは、木の壁面に無頭釘で止めてありましたので、壁面と幅木の間にインテリア用のバールを差し込んでこねると外れました。

このインテリア用のバールは、幅木を外すに具合が良いことだけでなく、結構、いろんな場面でも使えて重宝しています。もちろん、反対側を使えば釘抜きにも使えます。

次々と巾木を外していくと、南側と西側の壁面と床の間に隙間ができていました。15ミリ以上もあるところがあります。

フローリング

私の家は、軽量鉄骨で、柱は鉄骨が使われており、壁面は丈夫なことから、床面が沈下したものと思われます。

床面を上げるためにジャッキアップも大変なので、このままフローリング材を張り、隙間は巾木で隠すことにしました。

古い家は、DIYで色々扱うと、このような家のヘタリを見つけることができます。

下準備ができましたので、後はいよいよフローリング材を床面に張ることになります。


私のフローリング作業で幅木を外すのにも使用している土牛のインテリアバールです。ステンレス製は高価なので普通のものです。
土牛のインテリアバール



DIYでフローリングをするにしても、基本的な情報は必要です。ネットで得られることもありますが、参考書を見ながらするのも効率的です。
わが家の壁・床DIYリフォーム―徹底ガイド





スポンサードリンク

|

« マルヒチ商店 宗像の超こだわりのお肉屋さん 肉マニアにおすすめ | トップページ | DIYでフローリング フローリング材にチークの無垢材を選定しました »

12 DIY・日曜大工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/55813843

この記事へのトラックバック一覧です: DIYでフローリング 板を張る前の下準備:

« マルヒチ商店 宗像の超こだわりのお肉屋さん 肉マニアにおすすめ | トップページ | DIYでフローリング フローリング材にチークの無垢材を選定しました »