« 福岡市・博多の名物B級グルメ・ご当地グルメとなるか 「サバサンド」 ニシパン、鷹ふぐバル松浦など | トップページ | 福岡市の広島お好み焼き ミシュラン1つ星の店の縁続き「博多八昌」でそば肉玉・たっぷり青ネギかけをいただきました。 »

2014.01.13

バイドゥ(百度) Baidu日本語入力の危険性とGoogle日本語入力について

スポンサードリンク


今朝の読売新聞の一面トップは、「無断送信ソフト29府県市で 中国製日本語入力ソフト「バイドゥ」」でした。

内容は、中国検索最大手「バイドゥ」(百度)の日本語入力ソフト「バイドゥIME」が無断でテキスト情報を送信しており、自治体の個人情報がダダ漏れしていたというものです。

バイドゥ、百度、Baidu とは?

バイドゥについては、あまりなじみがないと思いますが、YahooやGoogleと同じインターネットで使う検索エンジンです。

全世界ではGoogleに次いで2番目に多く使用されており、中国国内では最大のシェアがあります。Yahooよりも多く使われているのです。

日本語入力ソフトとは、パソコンで日本語入力する際に使用されるソフトです。あまり気にされていないと思いますが、普通はWindowsパソコンの「Microsoft IME」、一太郎に付いている「ATOK」などがよく利用されています。

バイドゥが提供しているのが「Baidu IME」です。

これらの日本語入力ソフトは、それぞれ特徴があり、自分の日本語入力スタイルに適したものを選ぶことができるのですが、普通は最初からパソコンに入っている「Microsoft IME」などが利用されています。

それでは、なぜ「Baidu IME」が、自治体のパソコンで使われて、そのソフトから個人情報が無断されたのでしょうか。

バイドゥ日本語入力の危険性

それは、「Baidu IME」が自治体職員も気づかないまま、ダウンロードされてインストールされていたからです。

実は私も同じような経験があります。

昨年、10月頃、入力した日本語の漢字変換がいつものようではないのに気づきました。

私は、「Google 日本語入力」を愛用していますが、ふだんのように効率よく変換してくれないのです。

そこで最下部の言語バーに日本語変換モードが表示されていますが、これを確認すると変わっていました。

言語バーを左クリックすると、いつの間にか既定の日本語入力ソフトがGoogleからBaiduに変わっていました。

即、心を込めてBaiduの日本語入力を削除し、Google日本語入力に切り替えました。

なぜこんなことが起きるかというと、無料ソフトをダウンロードしたからです。

無料ソフトの全てではないのですが、無料ソフトのいくつかには、ダウンロードすると抱き合わせで、無断でBaiduの日本語入力ソフトもダウンロードされ、しかも勝手にインストールされます。

このようなやり方をバンドル(抱合せ)商法といいます。人気商品に売れない商品を抱き合わせで売るやり方で、ドラクエやマイクロソフトの商品でみられたことがあります。

私のように、日本語入力の変化に気づけばいいのですが、自治体職員のように気づかなければBaiduのソフトを使い続けてしまい、あまつさえ情報も勝手に無断送信されることになります。

Baiduがなぜ、このようなことをするかといえば、Baiduのソフトが拡散すればそれだけビジネスチャンスが生まれ、勝手に情報を収集できるからでしょう。

何でもありの中国のソフト会社ですから、中国国内であれば批判も起きないかもしれませんが、日本で勝手にダウンロードさせ、インストールまでしてユーザーが知らないうちにパソコンの環境を変えて、情報を抜き取っていくなどが許されるはずがありません。

世界で第2位、中国で最大の検索エンジンの会社が、このようなことをするのですからやはり中国は遅れた国、危険な国と思われてもしかたがないでしょう。

あなたのパソコンの日本語入力がBaiduでないか確認されたほうが良いと思います。

Baidu


私の愛用日本語入力はGoogle

ついでですが、私はGoogleの日本語入力を使用しています。

ブログやサイトの記事を一日に何本も書いていますので、日本語入力の性能が作業の効率に直結します。

Google入力の最大の利点は、ネットの使われ方を参考に辞書を構築しているため、最近登場した固有名詞や流行語を的確に変換してくれることです。

私のブログ等では、最新情報をいち早く届けることが大きな目的の一つですので、これは大変使いやすい機能で、もはや手放すことができません。

ただし、ネットベースですので、正しい日本語はどうかな?という時もあります。

要は、日本語入力もどのような使い方をするかで、正しい日本語を身につけるべき学生や小説家などはATOKを使用し、私のようなブロガーはGoogle日本語入力が向いているということだと思います。

日本語入力を支える技術 ~変わり続けるコンピュータと言葉の世界 (WEB+DB PRESS plus)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

|

« 福岡市・博多の名物B級グルメ・ご当地グルメとなるか 「サバサンド」 ニシパン、鷹ふぐバル松浦など | トップページ | 福岡市の広島お好み焼き ミシュラン1つ星の店の縁続き「博多八昌」でそば肉玉・たっぷり青ネギかけをいただきました。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/58936240

この記事へのトラックバック一覧です: バイドゥ(百度) Baidu日本語入力の危険性とGoogle日本語入力について:

« 福岡市・博多の名物B級グルメ・ご当地グルメとなるか 「サバサンド」 ニシパン、鷹ふぐバル松浦など | トップページ | 福岡市の広島お好み焼き ミシュラン1つ星の店の縁続き「博多八昌」でそば肉玉・たっぷり青ネギかけをいただきました。 »