« 豊前海一粒かきのカキ小屋「蓑島カキ直売所」で焼き牡蠣を堪能しました。 | トップページ | 福岡市早良区田村の「カキ小屋 祭」。毎日カキ食べ放題です。 »

2014.02.13

コメダ珈琲店福岡八田店の看板商品シロノワールをいただきました。

スポンサードリンク


最近の傾向として、コーヒーショップが都心だけではなく郊外に進出しています。

あのスターバックスさえも、現時点では東京だけですが、トライアルで住宅地に「インスパイアード バイ スターバックス」として新スタイルの店舗を2つ展開しています。

このトレンドを反映して、最近、九州・山口にもあの「コメダ珈琲店」がついに上陸してきました。

コメダ珈琲店は、名古屋発祥の喫茶店で全国に545店舗を展開しています。

そして、昨年9月には福岡市東区に福岡八田店、同じく12月に筑紫野市にゆめタウン筑紫野店、今年2月4日に早良区原店をオープンさせました。

いずれの店舗も、広い駐車場がある郊外型の店舗です。

コメダ珈琲店の元々のコンセプトは、「くつろぐ、いちばんいいところ」となっており、そのためには、店舗のサイズや駐車場も広く取る必要があり、どうしても都市部よりは郊外への出店が多くなっています。

Dscf4062auto

そして、コメダ珈琲の最大の特徴、サービスといえるのがモーニングサービスでしょう。

コメダ珈琲店は、名古屋発祥の喫茶店ですが、名古屋には昔から「モーニング文化」というものがあり、朝ごはんにドリンク、トーストそしてゆで卵などを食べる習慣があります。

Dscf4066sm

これを具現化しているのがコメダ珈琲のモーニングです。

コメダのお得なモーニングサービスは、午前11までなら、全てのドリンクに「トースト」と温かい「ゆで卵」を無料サービスしてくれます。

また、コメダ珈琲の不動人気の看板メニューが「シロノワール」です。

Dscf4069autoミニ・シロノワール

コメダといえば、「シロノワール」というくらい全国的にも有名なスイーツです。

簡単にいえば、デニッシュパンの上にソフトクリームをのせて、シロップをかけて食べるものです。

熱いものと冷たいものとを同時に楽しめるコメダのオリジナルスイーツです。

Dscf4068autoミニ・シロノワールとウィンナコーヒー

シロノワールの名前の由来は、フランス語で黒いことを「ノワール」と言いますが、黒っぽいデニッシュの上に白いソフトクリームを乗せていることから「白ノワール」、「シロノワール」と名づけたそうです。

私も、コメダ珈琲店福岡八田店でシロノワールをいただきました。

Img_0483sm

ただし、通常のシロノワールでは量が多すぎますので、ミニサイズのシロノワールにしました。

確かに、フワフワ熱々ののデニッシュにソフトクリームを乗せて食べれば、ソフトの冷たい食感とデニッシュの食感がミックスされて新しい感覚の食べ物で、インパクトがあります。

また、コメダ珈琲店の店舗では、各種新聞、週刊誌、雑誌等が多数揃えて自由に読むことができます。

元来、喫茶店とは、コーヒーなどを飲む場所ですが、一方、暇つぶしなどで利用する場所でもあります。

スターバックスなどのシアトル系コーヒーショップは、全くその辺の配慮がなく一切、新聞や週刊誌等がありません。

そのことから言って、コメダ珈琲店のような喫茶店が増えていくことは大歓迎です。

普段スターバックスなどに寄り付きもしない高齢者の方々にも優しいのがコメダ珈琲店だと思います。

◯ コメダ珈琲店 福岡八田店

福岡市東区八田1-6-25
092-691-5080
07:00~11:00
年中無休 (年末年始には変更あり)


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

|

« 豊前海一粒かきのカキ小屋「蓑島カキ直売所」で焼き牡蠣を堪能しました。 | トップページ | 福岡市早良区田村の「カキ小屋 祭」。毎日カキ食べ放題です。 »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/59119208

この記事へのトラックバック一覧です: コメダ珈琲店福岡八田店の看板商品シロノワールをいただきました。:

« 豊前海一粒かきのカキ小屋「蓑島カキ直売所」で焼き牡蠣を堪能しました。 | トップページ | 福岡市早良区田村の「カキ小屋 祭」。毎日カキ食べ放題です。 »